うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

February 2015

えらそうでごめんなさい汗

世の中では、悲しい出来事や残虐なことがたくさん起きて
ニュースとなって流れてきます。
財政赤字の話や値上げの話や、捏造やウソ、ごまかしや隠蔽、
もうこの国は終わりじゃないかと思えることが
たくさんたくさんあって暗くなってしまいます。

しかし、ごく一般の方々はごく真面目に誠実に生きてらしていて、
希望を持って努力を続け、伸びていく子ども達が大勢いる
ということを、このごろ特に思います。

ニュースになるのは酷いこと、悲しいこと、変わったこと。
そこだけ見て将来を悲観するのは間違っていますね。

今、大人に出来ることは、
その「ニュースになるような特異なこと」にならないよう、
伸びて行く若者達の妨げにならないよう考えるべきだと思います。

妨げ、というのはごく広い意味でのことです。
例えば、愛情をたっぷり受けるべき時期に育児放棄すること。
子どもの好奇心の芽を潰すこと。
善悪の区別をしっかり付ける時期に何もせず放置すること。
危ないから、と何も経験させずに社会に出してしまうこと。

あるページで見つけた文章ですが、
私がおばあちゃんからたびたび言い聞かせられたことが
ほとんどそのまま書いてあるので引用させて頂きます。


   「子育て四訓」

1.乳児はしっかり肌を離すな

2.幼児は肌を離せ 手を離すな

3.少年は手を離せ 目を離すな

4.青年は目を離せ 心を離すな


大正生まれのおばあちゃんは、息子が小学生のときに亡くなりましたから、
4.は教わらなかったのですが、なるほどと納得出来るものがあります。
実は、1.と2.が上手く行けば3.以降は親の心がけ次第なのでは。

でも、お子さんが健康に恵まれず
「手を離せ」なかった友人もありましたから一概には言えません。
それぞれの家庭の事情もおありですし。
それでも、どの子もどの子も愛情をたっぷり受けて大きくなって欲しいです。

母親業はこの世で一番大変なこと。
子育てはこの世で一番創造的なこと。


日本を脱出した息子〜!いまどこにいる〜!?

ふっかつ。笑。

さきほど、娘が無事に帰宅しました。
兄とは正反対で、一人旅などしたことがない「箱入り娘」ですので
ハラハラドキドキ、必要以上に心配しましたが、
ちゃんと目的地に行き、二泊し、試験を受け、帰って来ました。
これだけで〜〜なんだか〜〜〜感激です〜〜〜〜涙

今度こそホッと一安心。
どれくらい安心したかというと「終わったよー!」のメールを貰ってから
なんだかおなかがシクシク痛み始め、夕方には酷くなってきたけど
娘の顔を見て、晩ご飯を食べさせたらケロッと治っちゃったのです。
一時は今夜の当番の病院ってどこかな、などと思い始めたり
寒気がし始めて発熱を心配したりしたのですが。

うーん。祖父母にもあまり懐かず、
本当に私にくっついてばかりいた子なので…。

でも、進学のため家から出るとしてもその辺はあまり寂しくないです。
私自身が、大学こそ人生の始まりのように思った経験がありますから。

オーケストラアレンジのほうは。
参考までに原曲のオケアレンジの演奏が無いかな〜と調べたら
某a○azonでDVDが出ていまして…

…買っちゃいましたよ…この私が○リキュアのDVDを買うだなんて。
でも、あくまでもオケの音を参考にするためです。
決して画像と一緒に歌って踊るためではありません。念のため。



ありがとうございました!

新庄市立萩野学園は、今年4月に新しく開校します。
近江正人先生作詞の、萩野学園校歌を作曲させて頂いたのですが、
今日は合同練習会が開かれたので、新庄へ行って参りました。

萩野小学校はインフルエンザ流行のため残念ながら欠席でしたが、
泉田小学校、昭和小学校、萩野中学校の児童・生徒が集まり、
元気な歌声を聴かせてくださいましたよ。

子ども達の練習用にと、
山形県少年少女合唱団とサンサーラ合唱団にご協力頂いて
サンプル音源を11月に録音しましたが、
しっかり聴いて覚えてくださったのですね。
大きな口を開けて、とても立派で感激しました。
中学生も果敢に混声三部合唱に挑戦したのを聴けて、とても嬉しいです。

何といっても、歌は“声”と“歌詞”ですね。
しっかり覚えて歌ってくださいね。


昨日の仙台の用事は夜まで掛かり、今朝自宅を出たのが8時過ぎ。
帰りの電車はもう眠くて眠くて眠くて。
お昼の山形線のちょうどいい普通電車がなかったので
新幹線に乗ってしまいましたが、乗り心地のよさに終始ウトウト。
山形を乗り過ごしてしまうととんでもなく遠くまで連れて行かれそうなので
熟睡しないように努力し続けましたから、結構疲れました。笑。
でも最速の新幹線でしたので、午後2時半にはアトリエで仕事開始です。

さて。過密スケジュール。8日の締め切りまで頑張ります〜。
丈夫な身体に生んでくれた親に感謝しましょう〜〜〜。

ひとくぎり×2

山形市児童劇団第40回公演、おかげさまで午前と午後で
1,000人を超すお客様においで頂き、大変感激しております。
ご来場下さったみなさま、心より感謝申し上げます。

光を浴びて輝く子どもたち、本当に頑張りました。
大きな達成感は貴重な体験なのではないでしょうか。
次への成長につなげましょうね。
次はどんな楽しいことをしようか?
次はどんな楽しい音楽を作ろうかな?

子ども達の弾ける元気と笑顔が本当に大好きです。

舞台、照明、音響の皆さんと
ちょこちょこ話せたのが楽しかったですねー。
えみ先生に教わって舞台袖に関わったのも楽しかったですー。

例によって、写真を全く撮ってないんですよ。
もう、「撮る」という神経がゼロなんですよね、私。
視覚が退化してるかも…聴覚で生きてるので。たぶん。

さて、
今日は朝早くから今(23時)まで掛かって
「VS・バーサス〜オフィスにて〜」を仕上げました。
出来たかも。出来たようだ。出来た気配がする。
なので、.pdfファイルをメール添付にて送信。

がっくり腑抜け。
このままお風呂に漬かって寝ようか。
明日は7時まで寝られる〜。嬉しすぎる〜〜。

さて。

劇団は今日の午前中がゲネプロ。(詳しくはこちら→山形市児童劇団ブログ
裏方のみなさんに勉強させて頂いています。

それが終わったら、今週分の食料品の買い物。
帰宅して、家の片付けと掃除。
当番なので、近所のゴミ置き場の掃除。
夕食の下ごしらえ。
作品の推敲。
ピアノレッスン。
娘をクルマでお迎え。
夕食のこと、作る、食べる、片付ける、一通り。
作品の推敲。推敲。推敲。推敲。

現在、
劇団のゲネプロ・本番と、作曲中の作品を仕上げることを同時進行。
力技的な仕上げ方ですが、なんとか8割ほど出来上がってきました。
午前中、なおこねーさんが市民会館にいらしたので、
直接作品についてのいろいろを話し合えたので、
(私の中で)劇的に進みました。

よし、これで行こう。
週明けにはお渡しします、ねーさん。

らるら〜

やり取りしていると見えてくることってありますね。

今日の午後はちょうどそれでした。
現在作曲中の「VS・バーサス」、
中途半端な感じがして、非常に迷うところがいくつかあったのですが
友人と話しているうちに、なぜこれを書こうと思ったのかを思い出し、
枝葉末節のことで本質のことが見えなくなっていることに気づきました。

細かい歌詞の変更はあっても、構成は変えないことにしました。
コーヒーとか飲み会とかは瑣末なことであって、
もっと一般的なこと…もっと本質的な、
女性が社会で感じる違和感をキッチリ書こうと思います。

ここから先のことも見えて来ましたが、
それは次作に取っておくこととしましょう。

だいぶ春めいてきた青い空と、桃色の陽射し。
久しぶりに会った友人とたっぷり話せて、幸せな午後でした。

…煽りのメールを頂いてしまった…急がなくては。
でも明日はもうリハーサル。
また分身の術が欲しくなって来たな。笑。

まっくろ

今日は、確定申告や銀行など片っ端から雑事を片付け、
作っている途中の曲を推敲して推敲して推敲して、
夕方から劇団夜間練習その2。

「きつね森〜」は今日から舞台袖でお手伝い。
小道具の出し入れや、着替えのお手伝いです。
正確に言うと、お手伝いの見習いです。
早く一人前にならないと。

というわけで、クロコになるわけですから、
本番の日は上下全て黒い服を着なくてはなりません。
困ったなぁ。ロクなクロが無いんだよなぁ。
伴奏なんかで使うスカートならあるんだけど。
でも、劇団でスカートなんかはいたら
ヤル気あんのかって叱られちゃう。
第一、動きづらいことこの上なし…汗

劇音楽のほうは、一部めちゃくちゃワガママを言いまして
音響さんがそれをきちんと聞いて下さいまして
感謝感激でございます。ありがとーーう、Nさん!!

それにしても…大道具も小道具も照明も音響も
凝りに凝った舞台で…
みなさん、本業の方は大丈夫なの???

一応カタチにはなったっぽい

歌手の皆さまをお待たせしております、
「VS・バーサス〜オフィスにて〜」。

歌詞を厳選しつつ、推敲しつつ、ためつすがめつ238小節。
演奏時間9分ってところかしら。
なんとかコーダまで書き終えました。

一度印刷し、ピアノ部分の検討のため全部を弾いてみる段階に入ります。
しかし…印刷するにはレイアウトを整えないと…
「空白の小節を隠す」という操作をしないと
スコアが40ページほどになってしまうから読みづらくて仕方ない。
それにト書きも含めて読みやすくするにはまだまだ操作が必要。うぅ。

歌詞を全部書き出さないと。
原作者、演奏者、友人のみなさんに意見を聞きたいけど
どうにもこうにも時間が無いっぽい。
でも出来るところまでやろう〜〜〜〜〜〜〜。

再びクルマでの娘の送り迎えを始めました…あと少しだもんね。
確定申告の書類作成終了。明日行ってこよか。
今日の仙台の用事はお断りしてしまいました…
ピアノレッスン終了。
明日は午後から市民会館で照明・音響さんたちと打ち合わせ。
その後、劇団の夜間練習その2。

おぉ〜。これだけ忙しいと
めちゃめちゃ「生きてる」っていう感じがする。笑。

20150222
ところで、ここで少々宣伝を。

山形市児童劇団の本番は今週日曜、
午前10:00〜/午後1:30〜の
2回公演です。

「きつね森分校の夏まつり」
「あいうえおサーカス」の
2本の音楽を担当しています。
それぞれ工夫を凝らした舞台、
とっても楽しいですよ〜〜。

子ども達の詳しい様子は
山形市児童劇団のブログでどうぞ。

残念なり。

23:00、この時間で力尽きました。
「VS・バーサス」四重唱を215小節を書き出したところで中断。
転調やそれに伴う各々の歌手の音域など何度も検討するのと
歌詞に簡潔な言葉を選び直しをしつつ進めるため
だいぶ時間が掛かっていますが、今日はここまで。
もう目が開かない。

明日は事務処理と劇団の夜間練習が始まるため
作曲はあさってまでおあずけ。
えーん

東北の作曲家×仙台フィル!

東北の作曲家によるオーケストラ新作展

2015年2月15日(日)午後3時開演
日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)

指揮:大井剛史
メゾ・ソプラノ:井坂惠

<プログラム>
大場陽子:ミツバチの棲む森
木村政巳:交響曲 .ad aquilonem(北へ) .vox(声) 
八島 秀:交響詩「森のコラール」(委嘱作品)
小山和彦:オーケストラのための協奏曲(委嘱作品)

==========================

ごめんなさい、今日も時間も気持ちも余裕がないので
本当にさらっと。

午前中〜お昼の劇団の稽古を途中で抜け出して仙台へ。

四人四様の音楽、素晴らしかったです。
どんな風に凄かったかが細かく書けません、すみません。

木村先生には20代のころヤマハの講師としてお世話になりました。
八島先生には、私がまだ小学生でヤマハ音楽教室に通っていた頃、
創作でご指導頂きました。
小山さんとはJFC東北(日本作曲家協議会の東北在住会員の組織)にて
お付き合いがありまして、今回チケットのお世話を頂きました。
大場さんは、以前米沢市での企画=国宝「上杉本 洛中洛外図屏風」
で書き下ろされた曲を聴かせて頂きました。
カエル・シンフォニーなど、たくさんの楽しい企画と作曲をされる方で
以前から注目していましたが(させていただいていましたが…汗)
今回の「ミツバチ〜」も面白かったですねえ!

そうですね、物事はやれるところまでやらないと。
可能性は無限です。ハンパは嫌です。
受け取った様々なことを胸に帰宅しました。

往復のバスは熟睡、貴重な休憩時間でした。
明日からまた部屋に籠りますー!

Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ