うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

March 2015

引越し荷物は運んだものの。

引越し荷物は運んだものの、
娘が仙台に引っ越して行く準備が完了していないため、
家の中が必要・不要なモノでいっぱいになっているので、
息子の仙台からの引越し荷物を運んで来たのは良いけど
全ての荷物を家に運び入れることが出来ないのですよ。

なんだかヤヤコシイですね。
「息子:卒業=仙台から山形に戻る」
「娘:入学=山形から仙台に行く」
ということを同時にやるので、こうなっちゃうのです。
(息子はプータローでは無いです、次の入学がもう少し後の時期なのです)

今日は息子が住んでいたエレベーター無しの5階の部屋から
着替えだの本だのレンジだの炊飯器だの運び下ろし、
クルマに積んで山形まで帰って参りました。
猫の手も借りたいくらいなので、娘の手ならなお借りたい。
ということで、もちろん娘も連れて行き働いてもらいました。
クルマが小さいので、明日もう一往復ですかね。

山形に帰って来てから、娘が部屋を整理したために出た大量のゴミを
(つい先日までゴミではなかったのであんまりゴミとは呼びたくない、
 努力の結果のプリントの山とか本とか3年間お世話になった服とか)
焼却場に運び込んで処分しました。
焼却場ではゴミの重量によって料金が変わるので、計ってもらいましたら…
120キロでしたよ。
息子のときは100キロでしたが、それを上回る重量です。

人間が暮らしていくのって、大量にモノを消費するんですね…。

ついでに物置も整理して、リビングも整理して、
何やら家の大掃除(正確に言うと大片付け)の様相を呈して参りました。
引き続き明日も頑張ります。

昨日と一昨日、ハイヒールで結構な距離を歩いたので足が痛んだのですが、
湿布を貼って一晩眠ったらバッチリ回復しました。ありがたや。
でも今日はエレベーター無しの5階を何往復もしたので太ももがプルプル。
今夜はビタミン剤でも飲んで早く寝なくちゃ〜。

仙台にて。

昨日24日は♪東北の作曲家2015 in 仙台 〜新作展〜でした。

今年は出品しませんでしたが、聴きに参りましたよ。
JFC東北(日本作曲家協議会東北支部)の総会、打ち上げにも参加、
師匠・藤原義久先生にお会いすることも出来ました。

個性溢れる作品をたっぷり楽しみました。
曲そのものを演奏とともに楽しむ、という機会はなかなか無いと思います。
東京でも仙台でもお客様が少なめでしたが、昨日は多かったですね。
「おもしろい!」と思って下さる方が増えるのは嬉しいです。
そういえば東京より仙台のお客様のほうが反応がよくて楽しいです。

高橋侑子さんの「見えない雨」。
=原発事故後、空から降下する見えないものへの恐怖を
チェンバロを用いて表現されるのにグッと来ました。
繊細で美しい…のですが、美しさの続きがあるのですよ。

宮城先生の「紙の舟」。
宮城先生ご自身がアジア各国を廻って集めた様々な民族楽器を使って
アジア的ゆるさが奏でられます。アルトフルートがツボでした。

司会の石川先生が冴えていらっしゃいましたね。
門脇治さんのバーチャルオーケストラによる「測度空間 第3番」、
パソコンに向かって指揮をする門脇さんを評して
「新興宗教の教祖みたい」。
宮城先生がお召しの タイ(?)の服をご覧になって
「なぁに着てんの、それ。」
確かに、シリアスな内容を多分に含むコンサートではあるのですが
所々で爆笑しました。

打ち上げでは久しぶりにアルコールを摂取しましたよ。
ホテルも取ってあったので、日付が変わるころまで
演奏家の方々とともに非常に楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
岡崎先生、ご無事にお戻りになられたでしょうか……………

2015-03-25-09-43-37で、今日は仙台市体育館にて息子の卒業式。
スクリーンが3つ出ています。
スーツ、袴姿の若者がぎっしり。
2階の保護者席もぎっしり。
木島の父も来ていたのですが、
会えたのは式のあとでした。

震災の年、入学式もなく始まった学年でした。
息子、卒業おめでとう。

あの大混雑のなか、なんとか捕まえられて嬉しかった笑
明日は息子の引越しです。やれやれ、かーちゃん頑張らなくては。

おそうじ

部屋の掃除じゃありません、パソコンの掃除です。

私が使っていたノートパソコンを娘に譲ることにしたので、
パソコンの管理者を変更したり、パスワードを設定したり。
中に入っている文書データやiTunesデータをCDに焼き、
娘用のメールアドレスを新規に取得し、
mail、Skypeなどのアカウントを設定しなおしたり。
とにかく中身を整理するのに掛かり切りの一日でした。

子ども達がiTunesに入れた曲をCD-Rに焼くのに
途切れ途切れではありますが約5日ほど掛かりましたかね。
娘が操作に四苦八苦してましたが…CD-R、いったい何枚になった??
「ゴミ箱」に入れたデータを「確実にゴミ箱を空にする」
という操作で完全消去したら、完了するのに一晩掛かりましたよ。
どれだけ大量に入ってたんだか。
…というよりも、どれだけ入るんだか、Macintosh。

今度はプリンタ。インクを買い足さなくちゃ。高いわ〜
電子辞書は、高校で使っていたものは、文系の学生には
特に英単語の語彙数が全然足りないので、新規に購入。
電子辞書の検索のスピードが、どれだけヤル気をアップさせるかを
身を以て知ったので、ここは頑張って購入しました。

イマドキの学生は電子機器が多くて大変。親が。経済的に。
でも授業もレポートも、パソコンが必須なんだもんねぇ。
でも、まぁ、ここまではかーちゃんが頑張ったから、
ここから先は娘が頑張れ。

ファンタジック!

佐藤寿一指揮:山形交響楽団 in 山形市民会館。
ファンタジックコンサートが賑々しく開催されました♪
第二部では吉田仁美さんが登場して
とっても明るく元気に歌に踊りに大活躍でしたよ。

客席には小さな小さな子がとても多かったですね。
やっと歩けるようになった小さな女の子が
真新しい小さな靴を履いて、座席につかまり立ち。
身体いっぱいにビートを感じています。
パパにだっこされた男の子がしばらくぐずっていましたが
音楽なぞなぞが始まったらものすごい集中力。

私としては「ピーターと狼」を生で聴けるのが嬉しかったのです。
ですが、途中…難しかったかなぁ?…と心配しました…けど、
そんな心配もいらない子もたくさんいましたね。
子どもはわけが分からなくても、何でも吸収しますね。
だから本物を届けなくてはならないんですよ。本当に。

IMG_0117開演前のホール内の様子です。

開演直後、司会の板垣さんが言ってましたね。
「ママと来た人〜?」
「はぁーい!(小さな手がたくさん)」
「パパと来た人〜?」
「はぁーい!(小さな手がたくさん)」
「ひとりで吉田さんを追っかけて来た人〜?」
「はぁーい!(大きな手が数人)」
うふふふ。
遠くから山形へおいで下さいまして、ありがとうございました!!


さて、私の仕事は
昨日のリハーサルで終わったのであって、今日ではないんです。
今日の仕事は「VS・バーサス〜オフィスにて〜」のデータ送信です。
とっくに改訂版は出来ていたのですが、細かい校正に手間取り、
データ送信が遅くなってしまい、たった今完了したところです。
ごめんなさぁぁい

コーダ、とっても無駄に華やかにしてみました笑
ひらのに貰ったヒントがここからどうなるか、楽しみ。

明るく楽しく元気よく!

今日はハラグロなどと言っている場合ではありません。
明日行われるファンタジックコンサートのリハーサルですよ。
山形市民会館大ホールで行われるこのコンサート、
NHK教育「うたっておどろんぱ」レギュラー出演されたり、
プリキュアシリーズのEDを歌われる吉田仁美さんをゲストに迎え、
佐藤寿一さん指揮・山形交響楽団の演奏による、
歌あり、踊りあり、なぞなぞあり、音楽物語ありと、
とってもとっても盛りだくさんなのです。

で、「プリ○ュアメモリ」と「Alright!ハートキャッチ○リキュア」
2曲のオーケストラアレンジをさせて頂いたのでした。
アクセントが抜けたり、スラーが抜けたりしたところが
2曲で合計7カ所、事前に全ての演奏者にお伝えして演奏開始。
吉田さんの歌と合わせてあっという間に仕事は終わり。

明るく楽しく元気よく!
明日はちびっこがたくさん聴きに来てくれると良いですね!!
IMG_0116
今日の市民会館は仕事に行ったはずなのですが、
様々なかたにお会いしていろいろ
お伝えしたりお渡ししたり頂いて来たり。
ものすごく貴重なCDも頂きましたし、
「山形市児童劇団創立40周年記念の脚本集4」
が完成したので頂いて来ましたよ。
劇音楽もCDとして収めて頂きました♪
Mちゃん、Yさん、お世話になりました。
ありがとうございます!

で、家に帰って来てから何となくだるかったのですが
食後に1時間ほど眠ったら回復して元気になりました
もう夜中なんだけどこんなに元気でどうしよう



ハラグロ・2

「VS・バーサス〜オフィスにて〜」推敲完了。
明日校正してお届け予定です。
お待たせしてすみません。

あの〜。
コンサートをお聴き下さるお客様に謹んで申し上げますが。
直子さんがこの曲を歌ったとしても
直子さんのことを「ホントはこんなひとだったのね(怒)」
って思わないで下さいね。
歩美ちゃんがこの曲を歌ったとしても
歩美ちゃんのことを「実はこんな子だったのね(怒)」
って思わないで下さいね。

宮下くんもやっぱりこんなひとでは無いはずです。
この曲の中では「両手に花」状態ですけど。
あれ?否定しちゃダメなのかな?あら?

既に譜面を出してしまった曲に手を入れるのは
本当は好きじゃありません。
15年ほど前にやった舞台で、半年ほどそれを延々とやり続け、
キャストに酷い負担を掛け続けた経験があるため、
どれだけ大変なのか知っているからです。
ごめんなさいね。本当に。

それでもあえて手を入れるからには〜
徹底的にやろうと思ってるんだけど〜〜
こんなになっちゃって〜〜〜〜〜汗汗汗汗
でも真実のココロの叫び満載です。
歌なら現実では言えないことも言えるもんね。
作詞作曲同時進行なので、これが可能なのですよ。
ぶふふふふふふ

あっ。「ホントはこんなひとだったのね(怒)」は
私に向けられるべき言葉ですね。ほーっほっほっ!

ハラグロ

ミュージカリィ第二弾「VS・バーサス〜オフィスにて〜」推敲中。
日曜の稽古のあと、演出のひらのに全体を観てもらったら
流れをもっとスッキリ運べる方法が見えてきたので、
主に後半に手を入れています。

ひらのに言われたから手を入れているわけじゃありません。
作品が“生煮え”の状態で譜面をお渡ししたわけでもありません。
一度はきちんと私の中で完成させたものだったのですが、
ひらのの視点が入ることで別の視点から物事が見えたこと、
それによってぐっと先が見えた、という感じ。

女性が社会で生きて行くのに感じる様々な違和感を
笑えるかどうかギリギリの線で攻めて行こうと思います。
あまりに多角的に物事を考えすぎるのも
可笑しさが減じてしまうから、その辺を削りますよ。
私たちブラックだなぁ。ハラグロってやつね笑

昨日一日かかって推敲し、今日は手を付けず“寝かせて”います。
明日もう一度データを開けて練り直します。
出演者のみなさま、ご負担をお掛けしてしまいますが
良いものを目指して参りますのでよろしくお願い致します。

それと明後日がオケのリハーサルだから私用の譜面を用意しないと。
それと某所に書類を提出しないと。催促来ちゃったし。
今日は懸案事項を一通り終わらせたけど、やり残したことが二つ。
なに?なに?なに?なんでこんなに用事が重なってるの?

まずは作品の推敲に集中しますよ!

そういえば「ノドグロ」っていう魚がいましたね。
アカムツですね。どうでもいいですね。




ごぶさたしてました&おしらせ

しばらくブログも書かずにいましたが、
皆様お元気でお過ごしでいらっしゃいましたか?

こちらは主に娘の“巣立ち”の準備に時間を取ることと、
そのほか友人たちに会ったり美味しいものを食べたり、
「受験の打ち上げ」と称して東京に遊びに行ったり、
レッスンをしたりコンサートの準備をしたり、
あまりアトリエでパソコンを開くこともなく忙しくしておりました。

東京では六本木でルーブル美術館展へ。
ヨーロッパの人々の日常生活の情景を描いた風俗画をたっぷりと。
その後ディズニーリゾートを半日+1日。
夢の二日間でした。

娘との二人旅では、いろいろなことを話せました。
巷には「ゆるふわ女子」「ぽちゃカワ女子」などなど、
可愛らしい女の子を表現する言葉は様々ありますが、
娘は「具だくさん女子」を目指すのだそうです。
たくさん経験を積んで、いろんなことを考え、いろんな事を感じ、
心の中に「具」がぎっしり詰まっている、ということ。
おぉ。大いに頑張ってもらいたいものです。


さて、ここからはお知らせです。
来月19日に恒例の
「盒仰昌劼般快な仲間達のティータイムコンサート」が開催されます。
二度目のご出演の宮下通さん、初出演の奥山歩美さんの共演で、
ミュージカリィ「VS・バーサス vol.2〜オフィスにて〜」が初演されます。
昨日から稽古が始まりました。どんなふうに仕上がるか楽しみ♪

詳しい情報はこちら。多数のご来場をお待ち申し上げます!

==========================

盒仰昌劼般快な仲間達の 第12回 ティータイムコンサート
〜さくら・さくら・さくら〜

★日時:2015年4月19日 14:00〜(13:30会場)

★場所:文翔館議場ホール

★チケット:一般2,000円 高校生以下1,000円(当日は各200円プラス)
 取り扱い先は富岡本店・辻楽器・十字屋山形店・大沼本店

★出演者:奥山歩美 木島由美子 須藤円 高橋直子 中島春乃 宮下通

★演出:平野礼子

★プログラム

・歌に会いに出かけよう(木島由美子作曲)

・谷川俊太郎&谷川賢作ソングブックより
 歌に恋して・ほん・猫にみられる・生きとし生けるものはみな
 ほほえみ・さようなら など

・新作ミューカリィ「VS・バーサス vol.2〜オフィスにて〜」
        (木島由美子作曲)

・さくら(中田喜直作曲)
・さくら(森山直太郎作曲)
・さくら(日本古謡)
・花(滝廉太郎作曲)
・関白宣言(さだまさし作曲) 他

★お問い合わせ先 090-7067-5306(盒供

=================================

直子さん直子さん。
出演者のお名前を五十音順に並べ替えましたよ。うふふ

ごほうこく

一月に息子の桜が咲きました。
二月に生徒の桜が咲きました。
三月、娘の桜が咲きました。

ご声援下さった方々、本当にありがとうございました。
親&教える側は寿命がだいぶ縮みましたが、
やっと明るい春がやって来ましたよ。

ヒ・モ・ノ

楽譜作成、完了。Kちゃん、後をよろしくお願いします。

どうしてもうまく送ることが出来ないパートがあるから
明日事務所に聞いてみよう。
おかしいなぁ。この楽器の担当の方に嫌がられてるかなぁ

ここからは、ないしょの話。
ブログに書いたらないしょじゃないけど、とにかく独り言。


編曲と作曲では(私は)疲れ具合が全然違います。

そもそも「これで完成!」と言い切れるときが
有るようで無いようで…なのが作曲。
アドレナリンが分泌しまくるので、非常に元気です。
その代わり、中断したときの疲れ具合はハンパじゃないんですが。
アイディアに詰まると、散歩に出たり映画を観たり美術館に行ったり、
本を読んだり、誰かと話したり、空を眺めたり、ずっとぼ〜っとしたり、
贅沢に時間を使って中身が豊かでいられるよう、自分を保ちます。
(それが出来ないときは作曲を一時放置しますが)
自分と(大概は自分の小ささと)真正面から向き合わなくてはならないので
かなり気力体力を使います…食べる量も増えますねそういえば。
でも、今のところ止めようとは思わないんですよ。
書ける!と思った瞬間に力がわぁぁぁっと湧いてくる感じ。


一方、創作の部分のアタマを使わないので、あまり疲れないのが編曲。
(他のアレンジをされる方々をどうのこうの言うつもりはありません。
 だから作曲が尊くて編曲はそうでもない、という話でもありません。
 あくまでも私の中での比較の話です。)

中身が空っぽのままでも、思いつきのみでも、力ずくでも書けます。
既存の音楽のサイズと、注文のあった編成で書いて行けばOKです。
ただし、消耗します。編成が大きければ大きいほど消耗します。
何といっても中身が空っぽのままで書くことも多く、
「絞ったおしぼりをなお一層絞る」みたいなことになるので
からからヒモノみたいなことになりますよ…。


で、今、ヒモノです。

みりんとお醤油でこんがりと。あらすてき。




Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ