うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

November 2015

片付けられないの

image午前中はピアノ、曲集をひとつ。
笛、相変わらずあんまり音出ない。
午後は某所でレッスン。
夜は、届いた脚本を読み込む。

…えっ…ほんとうにこれ私がやるの?
という仕事が増えて来たのですよ。
手に余る感じだけど、出来なくもない。
でも「引き出し」が全然足りない。

幕末も面白いけど飛鳥時代の舞台を作るのもめちゃめちゃ楽しそう。
でも、だから、何からどうやって勉強していこうかな??
本を読んで、演劇やテレビドラマなんかも観て、ダンスや合唱も。
えーと、んーと。しばらくもがきます。

というよりまず子どもたちの歌と、それから合唱曲etc.書かなきゃ。
現在、私の中で仕込んだり寝かせたり転がしたりしている舞台はみっつ。
うひょー。アトリエが資料でいっぱいになってきちゃった。
子どもたちのレッスンのために一度片付けてみたら
かえって混乱してきたから、何か他の手だてを考えないと…。
でもしばらくこのままのような気がする。うん。
(いやいや、レッスンはどうするんだ私。困った私。)

山響定期と…ひみつ。

山形交響楽団 第248回定期演奏会
2015年11月28日・29日
〜ベートーヴェンに至る轍(わだち)〜

指揮:飯森範親
ピアノ:小林有沙

<プログラム>
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 op.73「皇帝」
バッハ/ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048
ハイドン/交響曲 第99番 変ホ長調

============================

私は音楽そのものに大変興味がありますが、
「この曲のこの演奏がいい」
「いや、この楽団だったらこの年のこの指揮者のがいい」
と言ったような、「演奏そのもの」にはほとんど興味がありません。
演奏が良いなぁと思えるものであれば、音楽的に納得出来れば、充分です。
同じ曲のCDを何枚も買ったり聴いたりはほとんどしません。

ただ、「演奏家」には興味があります。
つまり、「そのひと」がどんな音楽を奏でるのかに大変興味があります。
同じ演奏家であっても、時間や場所、さまざまな環境などで変わります。
同じ演奏家であっても、演奏する曲によって様々な表情が感じられます。
それが面白いなぁと思うのですよ。

クラシック音楽と呼ばれるジャンルを聴くのにあちこち出歩かないのも、
山形交響楽団をずっと聴き続けているのも、そういう理由…なんでしょうね。
(他人事のようですが
どの曲も楽しかったんですが、特にハイドン。
いいわぁ。楽しかったですー♪
それと、トップが変わると音楽が変わりますね。


今日の午後はヒミツの仕事でした。
こちらもうんと楽しかったー♪
S先生、Sさん、Bさん、ありがとうございましたー♪♪

幸せなことと、そうでないこと。

くくぅ。間に合わない。一生懸命やってるんだけど。
(「うそだ」という声が聞こえてきそう
うーん。仕事の順序を入れ替えようかな。
いやいや、そうするとダンスの先生が困る。
やっぱり劇団の音を作るのが先。

というわけでDTM。初めてGuitarの音をいじってみました。
やってみたかったけどGuitarを弾けないから避けてた部分です。
でも今までのサウンドの全体の印象が
どうも「おこちゃま」の域を脱出できないので敢えて挑戦してみました。
(いや、児童劇団なんだからおこちゃまで良いと言えば良いんですけど)
(私がマンネリを感じてつまんなくなっただけ)
おおおおおおおおおおおおおおおおおお。知らない世界だ。

そんなこんなでiTunesでいろいろ探したり聴き始めたりしてみたり。
このトシになっても知らない世界はまだまだいっぱいあります。
音楽やっててよかったなぁ、と思う一瞬デス。
へたくそだけども、とにかくここを進めてみよう〜!

明日は仙台→実家。
実家へは先週は行けなかったけど、娘が様子を見に行ってくれたもよう。
手分けしてでも、なんとか顔を出して様子を見たいと思います。
老老介護の果て…とか、孤独死のニュースを見聞きするたびゾッとしますね…。

どーうして〜そうなった〜〜♪

image今日も会いたいひとに会いに行きました。
今日会った友人は、かじともちゃん。

かじともちゃんは11月にお誕生日なので
毎年この時期にランチに誘うのです。
今年は本格的カレー屋さんカシミール

この写真のチキンカレー、大きなナンとコーヒーも付いて¥650。
美味しい上にお得感たっぷりです(^^)

今年は、かじともちゃんが出演するコンサートに聴きに行けなかったので
顔を見て話すのは本当に久しぶり。
楽しいひとときを過ごしました…楽しい…ええ、涙が出るほど笑うくらいに。

ええと、(突然ですが)私にはヒミツがあるのです。
あまりちゃんとひとに話したことは無かったのですが
今日初めて、最初から最後までちゃんと話せたので嬉しかったのですよ。
で、彼女が大変楽しんでくれたのは良かったのですが…
思ったよりツボにはまったようで……思いがけずドツボにはまったようで。

アリジゴクの巣にずるずる引きずり込まれるというよりも、
アリジゴクの巣のど真ん中にダイビングのようなことになった件と、
もう一つの企ても彼女の妄想を刺激してしまったようで。
Twitterのやり取りでは「どうしてそうなった!」と夜になっても笑っています。

私のほうこそかじともちゃんに問いたい。どうしてそうなった?
やはり類は友を呼ぶのだ。わはは。

連日美味しいものの写真を載せていますが、ちゃんと仕事もしていますよ。
ええ、とても忙しく仕事してます。ウソじゃありません(若干震え声)

会いたいひとに会いに。

2015-11-24-11-44-09image2015-11-24-12-32-16

今日は米沢「うふcafe」へ、亀岡亜希子さんの原画展を観に。
うふcafeは全体的にハンドメイドな感じの、居心地のいいお店です。
人気が高い理由がよくわかります…これは長居したくなるわー。

亀岡さんは2年前の2月に山形交響楽団「音楽絵本読み語り“はるをさがしに”」
ご一緒した、現在米沢市在住の絵本作家です。
いつかじっくりお話したいなぁとずっと思っていたのですよ。
原画展に行ってもご本人に会えるかなぁと、不安でしたが、
ばっちりお会いできた上に亀岡さんを独り占めしてしまいました(^^)

塩味を自分で調節するキャラメルクレープを亀岡さんと二人でいただきました。
熱々のコーヒーは二杯分ポットに入って出て来ます。
亀岡さんとわけっこですご馳走さまでした

image作者の許可を得ましたので、
作品をポストカードにしたものの一部を
載せさせて頂きますね。
この丁寧な、細かい、優しい色使いの絵。
原画はもっと鮮やかな色。
こまやかさがストレートに伝わります。
ん〜次の個展では原画を買いたいなぁ〜。

クリエイターがフリーランスとして生きて行くこと。
作品を生み出すこと、外界と繋がること(=つまり営業ってこと)、
自分の中の「引き出し」、「枠」をはめられたくないこと。
あまり長くはありませんでしたが、濃いひとときを過ごしました。
嬉しいなぁ。ありがとうございました、亀岡さん。

うふcafeの玄関を出たら、空には大きな虹が…。
幸せなお昼でした。
またお会いしましょうね!

追記:絵本「さいこうのスパイス」が売り切れてしまって
購入出来なかったのが心残りです。
明日、本屋さんに行ってみなくちゃ!(絵本はネットで買う気がしないので…)

この辺りの趣味が私らしいといえば私らしい、11月。

そんなことがあるもんなんだな。
なんて思えることが一度にいくつも起きたので
なんだか涙涙の三連休最終日。

だいじょぶ、元気です。
本当に悲しいことはひとつ、あとは嬉しいこと。
いっぺんに重なってるのでとっても複雑です。
感情の振れ幅が大きすぎてちょっとぐったり。

山形大学地域教育文化学部音楽研究会内トロンボーン研究会による、
「Sounds of Bones Vol.11」を文翔館で聴いて参りました。
あぁ、学生頑張ってますね。上手になったなぁ。
それにしてもピアノがすごく光ってますね。
音楽をうまくリードしています。
若者たちの明日に期待しましょう。

さきほど書いたように複雑な午後だったので
コンサートを聴くというより癒されにいったような感じでした。
涙。Sang till Lottaをまた聴けるとは思わなかった。

明日は米沢まで亀岡亜希子さんの原画を観に行くとしましょう。
12月はすぐそこなんですねぇ…。

三連休なんてどこの話よ?

昨日も今日も朝8時始動でした。私にしては驚異的時間です
授業、レッスン、出張レッスン、リハーサル、打ち合わせ。
打ち合わせのためにCDを聴き、ピアノを弾き。
終業は夜11時ほど。こちらは普通ですな。

こんななか、昨夜は劇団山形「闇に咲く花」を観てきました。

私は、戦争に関する映画や朗読や芝居や本を読むたびに
「どうしてそうなったの?どうすればよかったの?
 これからどうすればいいの?」と何度も思うのですが
それに対する答えのひとつ、、、のお芝居でした。

「過去の失敗を記憶していない人間の未来は暗い。
なぜって同じ失敗をまた繰り返すにきまっているからね。」

同じ失敗…失敗のひとつに「精神論」があるような。
あの戦争に対して「本土決戦一億総玉砕」などと狂ってるとしか思えない。
その土壌は今でも残っているのではないかしら。
気持ちが足りない。気合いで乗り切れ。その果てのブラック企業とか。

大きな主題でした。
愛するひらの、おつかれさま。おもしろかった。


まっくろくろ

本格的に作曲に入る前に…劇団の音源作っとこうかな。
…と、その前に明日の仙台の授業の準備しなきゃ。
…と、その前に耳コピーの件がひとつあったんだっけ。

と、逆算していったから、取りあえず午前中の仕事は耳コピーでした。

イマドキのはやりうた。
フレーズもあんまり考えなくていいしテンポのゆれもないし、強弱もない。
ただし、リズムが激ムズカシイーーー。ま、パターン通りだけども。

日本のお座敷歌や民謡を譜面に起こしたときも苦労はしましたが
全く質の違う苦労です…どこまでこの細かいリズムを拾えばいいんだろう?
歌は装飾を入れているので、もともとの芯を拾えばいいと思うけど
問題はGuitarとPianoが重なってる大量の音がある部分…
音を取れないことはないけどご注文は「ピアノ譜」なんだから、
指10本分しか音使えないんだよね。しかも指が届く範囲の。
こりゃアタマ使うわ。

耳コピーしてオケ譜を何度か書いたけど、そっちのほうが遥かにラク。
拾った音をそのまま全体に広げればいいわけで。
効果的に響くしかもピアノで弾けるくらいの少ない音を吟味して、
このリズムのオニ難しい曲を、しかも、しかも「かっこよく」。
マジか〜〜〜〜〜?!?!?!

とは思ったけど、でもやっぱりはやりうたの常で
コードもリズムも細かいけどパターン通り、予想通りなのですよ。
譜面は真っ黒にはなったけど。とにかく終了。

気がついたらびっしょり汗。
最近は集中すると汗をかくので暖房の温度を下げています。
アタシがハツネツすると地球にヤサシイらしいです。爆。


業務連絡を含みますよ

e75d65c3b18d471902de82f43816a8e9諸事情が重なり、今日午後にやっと
例の自作曲を発送しました。
今までになく緊張しています。
初めて我が子を幼稚園に登園させる、
あのドキドキに似てるかも。
きっとあの子も
ドキドキしてると思います。笑。

明後日には着くと思います、よろしくです、Kさん。
(ちなみに写真は何の関係もございません汗)

今夜だけちょっと休憩。
「ライラの冒険・黄金の羅針盤」…以前読んだ本を読み返しています。
お話の設定がめんどくせーーので、入り込むまで時間が掛かりますが
(つまり本も読んだし映画も観たのによく覚えてないってことで泣)
まぁ、ハリーポッターシリーズもそうでしたから黙って読み進めましょ。

しかし…あちらの文化は「考えの違うひと=悪」なんですね。
例えば異教徒なんか人間ですらなかった時代が長かったわけで。
どこか譲り合う気持ちを持てない限り、決して分かり合えない部分です。
うーむ。

てはつたえる→てつだえる

タイトルは矢野顕子さん作曲の歌の歌詞から拝借です。

今夜は、2通ほどお手紙を書きました。

1通目は長いので、パソコンで打って署名だけ自筆にしましたが、
2通目は…手書きで書きたかったのですよ。
宛先のかたが心身ともに弱っていらっしゃるようなので
短く、でも伝えたいことをしっかりと書きたかったのでした。

なんとなく、こういう時は手で書こうかな、と。
つまり「気にかけています」みたいなことは手で書こうかな、と。
つまり愛は手で伝えたいな、と。…伝わるといいな…。


ところで、今月届いたドイコーヒーはとっても美味しい!
これですこれです、待っていたのは!!
香りがよくてするする飲めてしまいます。朝も昼も夜も。
隔月の定期便にしてるのに…もはや無くなってしまいそうな勢い。

コーヒーショップも楽しいけど、自分でいれたコーヒーが一番、という贅沢。
というかコーヒーだけ異常に贅沢してるのです。
私の中では↓こんな感じ。すみませんね本当に。

音楽>コーヒー>>>>>>>服、化粧品、靴、バッグなど


トリコロールはファッションではありません。
もしも100年前のヨーロッパだとして、もしも撃たれたのが皇太子なら、
その後の展開はと言えば…そのまま世界大戦でしょう。
今回もそれくらい重いことなんじゃないですか?
非常事態宣言を3か月間まで延長されたあの街から
そういうことにならないって誰も言えないんじゃないの?
それであの街に、あの国に、注目していたいのです。
憎しみの連鎖。本当に「正義」って何なんだろう。
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ