うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

January 2016

はぁ??

なんですか、これ。

「女性にも男性並みの発言の権利を与えるべき」 そう考える日本人女性は53%という異様

感謝と謝罪を乱発すべし!専門家が教える「永遠に愛される」秘訣4つ

はぁ?
要するに「男性が上で女性が下」という態度でいれば
全て丸く収まっていつまでも幸せでいられる、って言いたいの?
だから日本女性は男性並みの発言の権利はいらない??

なんなの、どこ見てんの、このアンケート。
それとナゾな「秘訣」。ぷぷぷぷ。

お盆とお正月、ずっと台所に立って食事の仕度や後片付けをするのは
ほとんど女性じゃないですか。
某保護者会の集まりでも、飲み食いしているのは父親たちで
母親たちは手間ひま掛けて料理の用意でしたよ。
それがどーにかなんないのかと思ってるのは私だけではないはず。
日本の社会の問題は「発言の権利」とかじゃないんだって。

でも、裏を返せば同時に
「男性にも女性並みの権利を与えるべき」ということでもあるよね。
仕事仕事で家に帰って来られないのはほとんど男性ですよ。
かーちゃんがもっと働くから、とーちゃんを家に返してくれよって
何度思ったか知れやしない。

そして同時に
「男性も感謝と謝罪を乱発すべし!」なんですよ。

要するに、人としてしっかりしましょう、ということなんじゃないかと。
例えば優しさや思いやりは女性だけに求められることではないし、
例えば家庭や職場の責任は男性だけに求められることでは無いでしょ。
本当はね。

ということで、まだまだ言いたいことはあるけど
とにかく今日はこのへんで。さいなら〜

ふたぁつ

序曲〜オープニングの場面の作曲及び編集。

発想の転換。
よし、手応え。
どんどん行きます。


ところで、最近、心に残った言葉。


「あなたの心が正しいと思うことをしなさい。
 どっちにしたって批判されるのだから」
鋭く刺さって来ますね。
そうだよ、生きてりゃ失敗もすれば行き詰まりもするさ。
どんまい、元気出して行こうぜ。


ほぼ日刊イトイ新聞より。
糸井重里さんの事務所が何をするところなのか。
「夢に手足を。」
今日の「ほぼ日」はその続きが書いてあります。なんてすてき。

私の仕事は手足を持った夢が歩いたり駆けたり食べたり考えたり
歌ったり読んだり寝転がったりしているその時間と空間を
彩っていくことなのだなぁ、と思ってとってもとっても嬉しくなりました。

糸井さんありがとうございます。

これが子ども達の何の参考になるのかと悩んだけれども

image今日は、街の反対側の学校で
ちょこっとした用事…中学生の前でお話を。
M先生、S先生、大変お世話になりました。
ありがとうございました!

ストレートに物事が沁み込んで行く様子が
手に取るように分かります。
彼ら、素直ですね(^^)

帰り際、コメダ珈琲にて休憩。
前回と同じものを頼んじゃった気がする。
しばらくうだうだ読書をしてから帰宅。

さて、これから「序曲」の作曲です。がんばりますよ。
序曲なんだから、すでに並んでいる音楽を抜粋して作ればいいのだけど
(そうです、オペラやミュージカルの序曲は最後の最後に作ります)
今回はDTM、電子音で取りあえず全体の形を作らなくてはなりません。
でも…これ!という音が見つからないし、
いろいろいじって作っても気に入らない。うーーーーーん
まずは試行錯誤…ということで、たぶん今夜はエンドレスですな。

「ち」にてんてん

image今日はA子とMちゃんとの、ぢょし会。
(この歳なので女子会でなく「ぢょし会」ですw)

Mちゃんのイライラと怒りの原因は
客観的に見ればシヌほど笑えてしまう。
それとMちゃんのモノマネが面白いのは
芝居畑のA子のお墨付き。

ずうっと笑ってた気がする。
二人とも、楽しい時間をありがとーーー♪

Mちゃんの怒り爆弾が炸裂した後の爆風は私たちの腹筋を崩壊させ、
そして私の次作のネタに結実するのです(大げさ)

そう、作詞作曲のネタはこんなところから拾うのです。
「ごめん、悪いんだけどぉ〜これすっっっごく安くってさ」
「米とタンパク質少なめ、野菜多めで買っておいて」
いやぁ、いろんなひとがいるもんだ爆笑

きょうびっくりしたこと その2

昨日届いたAmazonの箱。
今日はこれにボリュームペダル、ダンパーペダル、
アダプタ数個、シールド数本、予備のシールド数本、
ガムテープ、楽譜などなどを入れて現場へ。

いろいろとコトが終わって片付け作業中、
ふと手が軽くなったと思ったらこの箱の底が抜けた!!!

なんて華奢な箱だこと。まるで私のような。爆笑
華奢で繊細な私は、自分の機材の持ち運びで疲労困憊です。
あああ〜情けねぇ

某所で90分間の歌の伴奏でした。
コードネームを基に瞬間アレンジと瞬間移調、即興を挟みつつ。
脳みそを鍛えます、意識して。とっても弱虫なので。

今日もたくさん皆さんに助けて頂きました。楽しかったー♪
ありがとうございました!!!!

きょうびっくりしたこと

メインのKeyboardはPiano系のsamplingが気に入っていて
長くKORGを使っています。
このたび本格的に演奏&DTMをやらなくてはならない必要があり、
Expression controlのためのペダルを買いました。
image KORGの中古をAmazonで買ってみましたが…

やってきた段ボール箱の大きさに驚愕!
開けてみてスキマ空き過ぎで二度驚愕!

Amazonから送られてくるものの梱包は
書籍ではそうでもないけど
機材となるとそれはもう大げさで。
もうちょっとシンプルに行かないのかしら。

他の品物はどうなんでしょうね?
ここで服とか雑貨とか買ったことないんですが。

きんようび。

毎回写真を撮れないのが残念ですが…。
いつも仙台東部道路→常磐道を通って実家に来ます。
(国道6号線も時々使います。)

南に向いてクルマを走らせると左手に遠く近く見える海。
その手前には延々と続く松並木があったはずなのに、
ボロボロと欠けているので海が直接見えてしまうのです。

防風林、防砂林の役割があったはずですから、
あんなにボロボロだと風の強い日は辛いのでは…?
それより津波の塩害の方がはるかにひどいのでしょうけど。
毎回なんとも言えない気持ちになります。

今日で後期の授業はおしまい。学生の皆さん良く頑張りましたね。
真面目かつ楽しんでいる様子を見て、指導する側としてとても嬉しかったです。

ここのところ、ちょこちょこ良くないことが続いていたけど、
今日はちょこちょこと良いことがありました。
なるほど、こうしてバランスが取れるわけか笑。

数年のスパンで見れば良くないことが多いので、
やはり今はそう言う時期なのでしょう。
こう言うときは力を溜める時期です。
良く聴いて良く読んで良く考えなくては。

それから、Aくんが今年の年賀状で言っていたように
「見ざる言わざる聞かざる」ではなくて「見るし聞くし言う!!」

そのうち何かコトが起こるでしょう笑

ぷるぷる

朝、雪が溶けて重くならないうちに雪かき。
昼、除雪車がおいでになったので、家の前の氷の塊を片付け。

2016-01-21-08-58-13BlogPaint2016-01-21-12-01-38


身体中ミシミシ言うのを通り越して、手がぷるぷるしてきたのだけど…
そうすると脳内コンサートが始まってしまったのだよ。

おてて ぷるぷる♪(I←和音記号)
おてて ぷるぷる♪(I)
おてて ぷーるぷるぷるぷ(V) チャチャチャ♪

おてて ぷるぷる♪(V)
おてて ぷるぷる♪(V)
おてて ぷーるぷるぷるぷ(I) チャチャチャ♪

PianoとかDrumsとかGuitarとか?
Latin percussionは、ええと、GuiroとかBongoとかCha-Cha bellとか?

幼稚園児くらいの子ども達におててふりふり歌って踊って欲しいな。
可愛いだろうなぁ
しかし何の意味があるのだろう、この歌。それがモンダイだ。

そうだお姉さんたち向けに、言葉を
「おてて」→「おはだ」に変えても面白いかもしれない。
これだとちょっとは意味あるね。笑


ああ、集中デキナイ。言いわけだけど。
作曲したくないストラヴィンスキーが家中のえんぴつを削った話、
ものすごく良くわかるぅ。足元にも及ばないけどぉ。

腕が痛いです〜

今日は美容院に行きました。
締め切り明けにいつもやるコースのひとつです。

髪を切ったあとに肩や首筋や腕をマッサージして下さるのですが
これがとってもとっても気持ちいいの〜〜〜〜。

「昨日今日のお客さんは腕が痛いって皆さんおっしゃるんですよね」
「雪かきするからでしょ?」
「そうそう」

山形市内はまだ良い方なんですよね。
雪国の皆さん、苦労されてますね。

我が家では、今年は私一人で雪かきをしなくてはなりません。
クルマ二台分の駐車場ですから、たっぷり雪が積もってしまってからでは
かよわい私(笑)ではどうにもならないので、こまめにやるしかありません。
ちょこちょこと少しずつ少しずつ。結構疲れますがっっっ。

クルマで道路に出ればスピードは抑えめに。
横道から出るクルマがあれば入れてあげます。
(あげる、という言い方は偉そうで好きじゃないけど便宜上使います)
こちらが出たいときも大概は「どうぞ」と優しく入れて下さいます。
ゆっくりゆっくり曲がるクルマがあれば辛抱強く待ちます。
多分、辛抱強くお待たせしてしまうこともたくさんあったでしょう。

雪道は時間が掛かることが分かっているので早めに出かけますが、
それでも約束の時刻に遅れてしまうようであれば
「まぁ、雪だからねえ」と優しく言って下さる雪国に住む人々。
私は特にいろいろ段取りがヘタクソで…何度この言葉を掛けられたことか。

関東方面の雪での事故や怪我などを見聞きするにつけ、
雪国のハンディキャップの大きさを思いますが、
でもだからこそ、こうして雪国のひとたちの真面目さや気遣いが
培われていくのですね…と、しみじみ思います。
多分、私が太平洋側で生まれ育ったのと、
今でも太平洋側に仕事に行くことが多いから余計に感じるのかもしれません。

…と、生粋の山形人の友人に話したところ、
「いいかげんさも一緒に培われるけどね!」…なるほど

というわけで、本格的な雪の季節がやっと到来しましたので
皆様テキトーにがんばりませう。


あああフヌケ

県民芸術祭のオープニングイベントは
毎年秋に県内持ち回りで行われますが、今年度は天童市の担当です。

大勢のひとが動くイベントは、学生時代〜15年以上前の
カンタータやオペラやミュージカルの舞台に関わらせて頂いた経験から、
とってもとっても大変なのは最初から分かっていました。
でも、数々の新しい出会い、カタチのないものをゼロから創り上げていく、
未知の分野に触れるなど、ドキドキワクワク感がたまらないのですよ。
そんなわけで、Aさんのご紹介によりこの舞台制作に関わらせて頂いています。

今日はこの舞台の打ち合わせの会議。
主なスタッフが一同に会するこの会議に間に合わせたくて、
混声合唱団に歌って頂く曲二つをほぼ1ヶ月掛けて仕上げました。
全体の中でこれだけが新しいオリジナル、まだ形になっておらず、
しかもテーマ音楽となる楽曲だから皆様に聴いて頂く必要があったのです。

昨夜、全て仕上げて担当のHさんにデータを送るだけにしてあったのですが、
今朝ミスを見つけて直し、また見つけては直し、結局データ送信は11時。
そこから音質など細かくチェックしてサンプル音源を作ってCDに焼き、
お昼ご飯を食べるヒマもなく会議へ。
サンプル音源を伴奏にしてできたてほやほやの歌を2曲、聴いて頂きました。
(この私が…人前で歌うなど……スミマセン…)

ちゃんと調がある曲ですし、そんなに目新しいことは無い曲なのですが、
私の中では「以前の私を超えられた」感がたっぷりあります。
奇をてらわず、さりげなく、静かに、深く。
詩のなかに読み取った、気持ちや風情や奥行きと言った言葉にならないものを
音に写し取ることの、音楽に乗せてゆくことの、この充実感。
やはり私はアレンジャーよりクリエイターでいたいと改めて思います。

imageいやー💧それにしても💧
締め切り時刻直前のジタバタしてるときに
除雪車がいらっしゃった気配がしたときの
ジリジリアセアセ焦燥感と言ったら。
だって、道路はこの通りキレイになるんですが
立派な雪と氷の固まりを置いて行って下さるので
これをどけないと家から出られないし入れないし
クルマも出せないんですよ!
除雪して下さる業者の方には
何の恨みも無いのですが…あうあうあう。

これからこの歌をテーマにして舞台のBGM制作に入りますが…
取りあえず今夜は寝よう…酷い腑抜け…お風呂で寝ないようにしないと…。
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ