うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

March 2016

オーケストラの日2016!(ちょっと補足)

image2016年03月30日・やまぎんホール(山形県民会館)
【1.オーケストラ探検】14:00〜16:00
【2.コンサート】19:00〜

指揮:松元宏康
司会:爆笑コメディアンズ

クラシック大好き人気お笑いコンビ
「爆笑コメディアンズ」とお贈りする
山響アンサンブル対決!
クラシック音楽をもっと身近に感じていただける楽しい一日です!

============================

昨日のことになりますけど「山形交響楽団オーケストラの日2016」でした。
ファン感謝デーみたいな企画ですね。
いや、ファンより以前の方に「遊びにきてね!」企画と言えばいいか。

【2.コンサート】だけ聴きに行きました。
オーケストラを聴くのは初めて、というひと向けの内容です。
爆笑コメディアンズのお二人の設定がとってもgood!
楽器演奏も指揮も体験された池田秀作さん、
クラシックは全く初心者という半澤弘貴さん。
お二人の掛け合いで、ホールは笑いが満ちあふれます。

そうだよね、初心者には初心者の立場から質問してもらうと分かりやすいです。
演奏の経験があるひとに分かりやすく解説してもらうのが特に嬉しいですね。
時々「敷居が高く感じられる」と言われるこの世界を
お二人にユーモアたっぷりに取っ付きやすくナビゲートして頂きました。

「弦楽器パートと管楽器パートに分かれて本気のアンサンブル対決!!」
というコーナーが音楽的に面白かったです、とても。
山響では、弦パートだけ、管打パート(つまり吹奏楽ですね)だけ、と
しっかり聴いたことが無かったので、とても新鮮でした。
それと、インタビューでたくさんの楽団員さんたちの
ナマのお声と(ご意見)を聞けたのが楽しかったですよー♪
指揮者は先週お世話になった松元宏康さん。
本来の指揮者業だけでなく、ネタの仕掛けや司会とのやり取りまで、
大量のお仕事おつかれさまでした。

ところで。たまにですが、終演後のロビーなどで
「あの場面の○○の楽器が外したよね」
「あの第△楽章の解釈は云々(←山形ではなく東京でした)…」
などと言うのを聞いたりすると大変がっかりします。
音楽の知識は指揮者や奏者をコキ下ろすためにあるのか?と。
音楽の知識は音楽を楽しむためにあるもんではないのかな。
そういう空気が「敷居を高く」してしまうんではないのかな。
知識がないと音楽を楽しめない、と思わせているのではないのかな。

知識云々のその前に、難しく考えずに、音楽を丸ごと楽しんで頂きたい!と
常々思っているので、昨日のような企画は大賛成です。
この企画で何をどう進めるのか大変興味がありましたので、とても満足です。

もっとオーケストラが市民生活に溶け込んで行くと良いですね。
もとからある音楽と馴染む(?…共存??)ことも大事ですし、
(日本の音楽にももっと開放的になって頂かないとなりませんし)
たくさんの方々に音楽そのものを楽しんで頂ければなぁ、と思います。


ということで、一昨日の“宿題”。あるシステムを手探りで。
お三方に打診中。うまくいくかな。時間掛かるけど。



ありがとうございました

20160329東北の作曲家「東北の作曲家 in 仙台」が終了しました。
ご来場下さった方、ありがとうございました。
笑って下さった方、ありがとうございました。

見事な演奏をして下さったお三方、
舞台と演技のバランスを見るためだけに
わざわざ仙台まで来てくれた平野礼子、
どうもありがとうございました。

皆様に心からの感謝を申し上げます。

チーム「VS・バーサス」のみなさんと
写真を撮って来なかったのが残念です

会員のみなさまの力作も聴かせて頂きました。
調があるとか無いとか、そういうことから解き放たれた自由な音楽です。
非常に楽しく有意義な時間を過ごしました。面白いなぁ。

ところで、このコンサートは東北在住の作曲家が集まる年に一度の機会です。
リハーサル後に総会も開かれ、たくさんのことが話し合われました。
“宿題”もいっぱい出ました。頑張らなくちゃ。

その“宿題”のひとつですが、来年は「東北の作曲家 in 山形」となります。
いろいろ準備を進めなくてはなりません。
「東北の作曲家」は日本の中でも珍しい、新作を集めたコンサートです。
これを受け入れて下さる演奏者がどれくらいあるか?…から始まります。
もちろん私も出品させて頂くつもり(…言っちゃった

昨夜は打ち上げに参加させて頂き、最後まで皆さんとしゃべってましたので
山形に戻って2時でした…泊まればよかったかな…でもちゃんと帰り着きました。
そういうわけで今日の午前中は、ぼけら〜〜ふにゃふにゃ

さて、次に走り出しましょう。
歌の続き、ミュージカル!!
(と、自分にカツを入れてみる笑)

つれづれ3題。

🌸日曜日はお隣上山市で「四葉のクローバー」のコンサート。
「なごり雪」や「贈る言葉」「さくら」、みんなで歌える春の歌が並びました。
歌は良いですね〜。伴奏できて幸せです。

2016-03-25-21-53-26以前、このコンサートのために私の88鍵キーボード
(つまり横幅がピアノとほぼ同じ大きさ)を
部屋から運び出すのに酷く大変な思いをしたのです。
スタンドも頑丈&ものすごく重くて。
今回、このスタンドを買ったので、らくちんでした。
ただ、お値段安いぶん、華奢な子でして。

演奏が盛り上がって熱が入ってくると
ゆさゆさ揺れるのがちょとコワイ

買ってからしばらく玄関先にこうやっておいたのでかなり邪魔でしたが
「口内炎を舌で触って楽しむ」みたいにわざわざ邪魔にして遊んでました。
一人暮らしだもん、いいじゃない。ヘンタイだって

2016-03-26-20-33-29🌸風邪を引いたり膝が痛かったりして
しばらく泳ぐのをサボっていましたが、
やっと先週プールに行きました。
肩凝りもあっという間に解消、
身体中にくっついていた要らないものが
音を立ててはがれ落ちるような感覚があります。
水に入っていたのは1時間だけなんだけどね。

水の中の音が好きだわー。


2016-03-28-17-16-39🌸今日は某所で来月の演奏会の打ち合わせ。
今夕は某所で明日の演奏会のための合わせ。

なんだかんだと予定が入っています。
ありがたいことです。
まずは明日頑張りますよ!

しかし面白いなぁ。自作ながら。
続編作りたいなぁ。
どこで演奏しようかなぁ。

寒い一日でしたが風邪など引かれませんでしたか

2016-03-25-16-42-54🌸今日は親子ふれあいコンサートの最終日。
会場は高畠町文化ホールまほら。
冷たい風が強く吹き付ける寒い日でしたが
小さい子たちがたくさん聴きに来てくれました。
(保護者の皆様おつかれさまです!)

「はるをさがしに」の絵本作家、
亀岡亜希子さんにお会い出来ました♪
今日で役目が終わりだと言うことで
受付にあったこのポスターをもらって→
亀岡さんにサインして頂きました。
へへへっ、自慢しちゃお。

出演者の皆様、たいへんおつかれさまでした!
子どもだけでなく、大人にも(これ大事ですね)好評だったと思います。

2016-03-25-16-56-57🌸さて、山形に戻って来たらすぐ、来週の
演奏会に出品する自作曲の合わせです。

演出は劇団山形・平野礼子。
彼女が物事の流れを全体的に見渡して
客観的にスパスパ進めてくれます。
「コント・オペラでしょ?」と言われました。
げらげらげら。
彼女が演出してくれてこその、この曲です。

歌手三人の個性が光っていて素晴らしいのです。
こんなに美声でしっかり歌って下さる歌手の皆さんに
こんな風な内容を歌わせてしまってすみませんホントすみません。

このコンサートの詳しい内容はこちらをクリックして下さいね!
チラシの写真はいつ撮ったもの?などと言う質問は受付けません、悪しからず。

🌸そして作曲の方はDTM、ブリッヂ音を作っているところ。
思い描く音色を探り当てるのに午前中いっぱい掛かっちゃった。
うーん、パソコンもう一台欲しいけど…がまんがまん。

作曲中だけどそれじゃない話をしましょ

2016-03-23-21-52-06春ですね。
晴れて風が吹くと花粉がわんさか飛びますね。
ここ数日グシュグシュはだびず(鼻水)酷いです。
今日はお医者さんに行き、お薬を頂いて来ました。

玄関に飾っておいたフリージアの花は
つぼみの状態で買って来たのですが、
やっと花が開いてきました。
春以降は玄関の気温も上がるので
冬の間ほど切り花が長持ちしません。
愛でていたいけど何か可愛そうな気もする…。


2016-03-23-21-51-22コンビニで買ったドーナツ。
魔が差して買ってしまったドーナツ。
何気なく袋の裏側を読んでみて驚愕。
カロリー523kcalだって。なんですとーー!!!
1口食べてみて後悔しました…油っぽくて

チョコファッションは大好きだけど
コンビニのは買わない。二度と買わない。宣誓。
家族の「うそだ」という声が聞こえて来そうだけど。


親子ふれあいコンサート午後は文翔館議場ホールで山形交響楽団リハーサル。
今週分のこのコンサートのリハーサルです→
先週と指揮者が変わるので、音楽読み語りは
音楽のきっかけ、間合い、スピードなど、
一通りの確認をしました。

今週、指揮して下さるのは松元宏康さん。
まだ小さいお子様二人のパパなのだそうで。
柔らかい雰囲気もお持ちの、素敵な方です。
明日から二回公演、よろしくお願い致します!

いってらっしゃい

三連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
私のほうはほとんど家の用事で終わっちゃいました…

中でもメインイベントは、今日の息子の出発です。
次の半年を北海道で過ごすための荷物を持って行くのですが
宅配便で送るのでなく、クルマで持って行くのです。
正確に言うと、友達と待ち合わせてみんなでクルマで行くんだそうで。
今日は待ち合せの仙台まで送って行きましたよ。
そのお友達(複数)も、遠〜〜くから来るわけで、ホント大変です。
苫小牧では、もっともっと遠〜〜〜くから来るお友達と待ち合せだそうで。
いよいよ厳しい実習が始まります。頑張れ!!

明るく元気な息子ですが、やっぱりネガティヴなところはあるもので
そんなこんないろいろをここ数日ウンウンと聞いていました。
今では母親の仕事と言ったらこれくらいかな、などと思いながら。

ところで、ここ数日、家の用事でこまごまと立ち働いていましたが、
(息子の引越し荷物をまとめるのに手を貸したわけじゃありません笑)
その合間になんとか歌を書き続けています。
意識がごちゃごちゃしていても書けるということは
ルーティーン、つまりアタマが怠けているのか?
それとも意識が撹拌されて新たなアイディアが沸いているということか?
どちらにせよ、とにかく歌が生まれています…不思議な感覚。

この歌たちを思い返すたび、今日の夕方の息子の
「いってきます」の明るい表情を思い出すことでしょう。

伸び盛りの子どもたちを見ていると、
私の中身も新しくして行きたいと強く思います。

*********************
茨木のり子「汲む ーY.Y.に 」より一部抜粋

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始まるのね 堕ちてゆくのを
隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました
(中略)
年老いても咲きたての薔薇 柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい
あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと…..

*********************

再びお知らせでーす

20160329東北の作曲家こちらの演奏会のご案内をしないとね。

===================

♪東北の作曲家2016 in 仙台 〜新作展〜

2016年3月29日 19:00〜
宮城野区文化センター パトナホール
入場無料

<プログラム>
●遠藤 安彦「独奏ピアノのための4章」
ピアノ:阿部 玲子

●仲沼 祐太「春霖」
ソプラノサックス:松田 和之
ピアノ:仲沼 祐太

●岡 光治「残影 - ピアノのための」
ピアノ:石垣 弘子

●柴田 誠太郎  
「そのために生まれてきたんだ供2本のファゴットと秘密の打楽器のための」
ファゴット:河崎 聡 鈴木 瞭太朗  打楽器:大里 翔一 

●門脇 治「クラリネット協奏曲」
クラリネット:叶 光徳
ヴァーチャルシンフォニックオーケストラ: 門脇治VSO

●金田 成就「ソロ・ピアノの為の『回想・小景』」
ピアノ:尾澤 香織

●木島由美子「VS・バーサス〜オフィスにて〜」
OL.1:奥山 歩美(Sop) OL.2:盒 直子(Mez)
課長:宮下 通(Ten) ピアノ:木島 由美子
演出:平野 礼子

(画像をクリックして頂くと拡大します)
===================================

日本作曲家協議会(JFC)の東北在住会員が組織するJFC東北が
1979年に第1回の「東北の作曲家」コンサートを開いてから35年。
会員7名が新作を発表します。東北から生まれた新しい響きをお楽しみ下さい。

…というコンサートに作品を出して演奏致します。
「VS・バーサス〜オフィスにて〜」、ピリッとスパイスを効かせて
音楽のショートショートを目指したミニミュージカル=ミュージカリィです。
私の音楽は、『新しい響きを追求する』ことはしませんが、
『言いたいことを言いたい放題言う!』のをモットーに頑張ります。
笑って頂ければ嬉しいです(^^)

今回のプログラムは器楽曲がほとんどですね。
作曲者それぞれの美学に基づく音楽をお聴き頂けると思います。
それにしても秘密の打楽器って何だろう?
ヴァーチャルシンフォニックオーケストラって…何やるのかしら。
音が出るまで何が起こるか分からないコンサートです。
ぜひぜひお越し下さいませー♪




旅立ちの準備です

imageさて、そろそろ
息子が次のキャンパスへ旅立つ時期です。
この学校の最初の課程が宮崎でしたが、次は帯広。
約半年ごとにキャンパスが変わる全寮制なので、
全校生が全員大移動なのですよ。
(宮崎〜帯広間2200キロ!)

とりあえず必要なものを揃えなくては。
制服や着替え、身の回りの品々のほか、
ノートや数種類のペン、実習用ペンケース、付箋、
それから実習に必要な品々…本や地図等などなど。
パイロットにはエチケット袋や携帯トイレが必需品なんですね。
小型機で空に上がってしまったら、もうトイレはありませんから。

image必要なものを揃えたら、
このフライトバッグに入れて持って行きます。
既にパイロットとして活躍されている先輩から
お譲り頂いた、ありがたいバッグです。
燦然と輝く「航空安全」のおふだ付きですよ。
ありがたやありがたやm(_ _)m

帯広では本格的に実習が始まりますから、
母としてはやはり安全祈願はしておきたいところ。
お守りを持たせ、お墓参りしてご先祖様にご挨拶。
落ちるなよーー。無事に帰ってくるんだよーーー。

ところでですね、息子の仕度を見ていて「エチケット袋って何?」と思ったので
インターネットで調べたら、こんなものを見つけました↓

ネーミングに釘付け! 「エチケット袋 ゲロゲロ」

衝撃的すぎる………



本番でしたー

親子ふれあいコンサート今日の午前11時からは
東根市さくらんぼタントクルセンターにて。
「親子ふれあいコンサート」。

佐藤寿一さん指揮・山形交響楽団、
盒挟欧気鵑硫里隼焚顱盒兇泙蟷劼気鵑硫痢
羽陽学園短期大学AVANTIのみなさんによる
歌や手遊びなどの演奏、板垣幸江さんの語り、
とっても盛りだくさんな内容でした。

さて、私が本番を聴きに行くのは、
自分の曲が演奏されるからだけではなく子ども達の様子をみたいから。
こんなに楽しい時間を逃すのはもったいないですよ。

東根市は、山形県内35市町村中で唯一人口増加している自治体です。
手厚い子育て支援の結果、出生率も全国平均1.43より高い1.63(2013年度)。
この数値が示す勢いのように、ホールは満員のお客様でした。
子どもを連れて来ていらっしゃる保護者の方々は、
他のホールで見るよりもずっとお母さんたちが多かったように思います。
これが週末なら、お父さんの姿も多数見られたことでしょう。
(もちろんお爺ちゃんお婆ちゃんがいけないと言っているのではありません)

さて、コンサートは「ウィリアムテル序曲・スイス軍の行進」から始まりますと
幼稚園の子ども達から「わぁ!」と歓声があがります。
年長さんでしょうか?反応も集中もばっちり、聴きかたがとても上手でしたね。

「おもちゃの交響曲」では、演奏して下さったAVANTIのみなさんが
演奏前に楽器をきちんと見せて音を聴かせ、子ども達の注意を惹き付けました。
ラチェット(ぎりぎり)がとても大きな音で、耳を塞いでいる子もいましたが
途中からはハンドルを廻すまねをしてとっても楽しそうでした♪
らっぱがきちんとした音が出るので驚かれたお母さんもいらっしゃいましたね。

寛さんとまり子さんのデュエットは保護者の方々に大好評でした。
子どものコンサートとは言っても、本格的な演奏は嬉しいものです。

ところで、子どもの性格にもよりますが、
普段から絵本をよく読み聞かせてもらっている子は
このようなコンサートでの反応や集中の仕方が違うように思います。

読み聞かせ…とは言っても、子どもが聞いているのは
「だいすきなひとのこえ」なんですよね。
その「だいすきなひとのこえ」で読み聞かせてもらう様々な世界の体験は、
より広い場所やバリエーションに富んだ音や映像によって
もっともっと広がる下地になっているように思います。
コンサートだけでなくオペラや映画や演劇でもきっとそうですよね。

視覚、聴覚。それと「だいすきなひと」のぬくもり。
そういったものがベースにあれば、
子ども達のよりいっそうの心豊かな成長に繋がるように思います。

拙作・音楽絵本読み語り「はるをさがしに」のあと、
小学校で読み聞かせの活動をされている方から、いろいろ質問を受けました。

このような活動をされている方が、このシリーズのコンサートを
聴きに来ていらっしゃるのを、何度か…しかも何人もお見かけしましたが、
熱心に勉強されておいでですね。本当に貴重で素晴らしいことです。
心豊かな子ども達がたくさん育って行きますように…!

お知らせでーす。

さてさて、一日一件ずつお知らせして参りましょうか。
日程的に一番近いのはこちら↓

===================================

山形交響楽団・親子ふれあいコンサート

親子ふれあいコンサート
3月17日(木)東根市さくらんぼタントクルセンター
       (午前11:00開演)
3月18日(金)西川町交流センターあいべ
       (午後1:30開演)
3月24日(木)庄内町文化創造館館 響ホール
       (午後1:30開演)
3月25日(金)高畠町文化ホール まほら
       (午後1:30開演)

全席自由 大人:500円 高校生以下:無料

<出演>指揮:佐藤寿一(3月17・18)松元宏康(3月24・25)
    歌と司会・構成:盒 寛
    歌:盒兇泙蟷
    歌とパフォーマンス:羽陽学園短期大学AVANTI(保育者の卵たち)
    語り:板垣幸江
    管弦楽:山形交響楽団

<曲目>L.モーツァルト「おもちゃの交響曲第一楽章」
    絵本読み語り 木島由美子「はるをさがしに」
    ロジャース「サウンドオブミュージックより」他

<お問い合わせ>山響チケットサービス TEL:023-625-2204

====================================

オーケストラの演奏だけでなく、歌や手遊びなど楽しさ満載のコンサートです。
絵本作家・亀岡亜希子さんとのコラボレーション、「はるをさがしに」を
山形交響楽団と板垣幸江さんの語りで再演して頂きます。
春先ならではのかわいらしいお話をお楽しみ頂けると思います。
お近くのかた、遊びにきて下さいねー♪


うーん、今回は全部は聴けないなぁ…。子ども達の様子をみたいのにな。

さて、ミュージカル2曲目のスケッチが出来ました。
大声で歌えるマーチ、つまり「さんぽ」のローカル版?
でも合唱とソロの掛け合いがあったりして、ちょこっと細工。
これから音を作って行きますよ〜楽しみ楽しみ。
DTMではありますが、オーケストラの音をベースに響きを作っています。
いろいろ加工して使っていますけどね。

1曲目の終わりはHornでなくてTromboneの和音で終わろう。
と、決心するのに2日掛かったみたい笑
やっぱり、神様に祈りを捧げるにはTromboneの響きでなくちゃね。
いろいろなものを削りに削ってTromboneに落ち着きました。ふふ。
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ