今日は美容院に行きました。
締め切り明けにいつもやるコースのひとつです。

髪を切ったあとに肩や首筋や腕をマッサージして下さるのですが
これがとってもとっても気持ちいいの〜〜〜〜。

「昨日今日のお客さんは腕が痛いって皆さんおっしゃるんですよね」
「雪かきするからでしょ?」
「そうそう」

山形市内はまだ良い方なんですよね。
雪国の皆さん、苦労されてますね。

我が家では、今年は私一人で雪かきをしなくてはなりません。
クルマ二台分の駐車場ですから、たっぷり雪が積もってしまってからでは
かよわい私(笑)ではどうにもならないので、こまめにやるしかありません。
ちょこちょこと少しずつ少しずつ。結構疲れますがっっっ。

クルマで道路に出ればスピードは抑えめに。
横道から出るクルマがあれば入れてあげます。
(あげる、という言い方は偉そうで好きじゃないけど便宜上使います)
こちらが出たいときも大概は「どうぞ」と優しく入れて下さいます。
ゆっくりゆっくり曲がるクルマがあれば辛抱強く待ちます。
多分、辛抱強くお待たせしてしまうこともたくさんあったでしょう。

雪道は時間が掛かることが分かっているので早めに出かけますが、
それでも約束の時刻に遅れてしまうようであれば
「まぁ、雪だからねえ」と優しく言って下さる雪国に住む人々。
私は特にいろいろ段取りがヘタクソで…何度この言葉を掛けられたことか。

関東方面の雪での事故や怪我などを見聞きするにつけ、
雪国のハンディキャップの大きさを思いますが、
でもだからこそ、こうして雪国のひとたちの真面目さや気遣いが
培われていくのですね…と、しみじみ思います。
多分、私が太平洋側で生まれ育ったのと、
今でも太平洋側に仕事に行くことが多いから余計に感じるのかもしれません。

…と、生粋の山形人の友人に話したところ、
「いいかげんさも一緒に培われるけどね!」…なるほど

というわけで、本格的な雪の季節がやっと到来しましたので
皆様テキトーにがんばりませう。