ELFAIMG_7126_TP_V1何のために曲を書くの?
何を言いたいの?

と、生徒に問いながら、
自分にも問う。

キレイなメロディを書きたい。
かっこいい曲を作ってみたい。
思いを音に乗せたい。


その段階を過ぎたら…
変化のある魅力的な音楽を書きたい。
変わった和音、コード、複雑なリズムを使ってみたい。
習い覚えたテクニックを使って自分なりの音楽を作りたい。


その段階を過ぎたら…
自分の殻を破りたい。
自分の強烈な思いを音に乗せて伝えたい。


いろいろあるとは思うのですが。
強い思いがあればあるほどやっぱり伝わりやすい、ということです。

私には言いたくても言えなかったことがたくさんありました。
(原因のひとつは自分の弱さであることは確かなのですが、…)
普段は外には絶対に出さない深い傷…のようなもの…がいくつもあります。

言葉は諸刃の剣。
浅はかな考えと思慮の足りない言葉で
人を傷つけましたが自分も傷ついたことも何度もありました。

言えなかったこと、自分に封印したことを全て音に乗せるのですよ。

音楽は言葉と違って誰も傷つけない。
そこが好きです。