うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

作曲

今日はお知らせでーす。

hatikoinbaundoミュージカル
「はちこの皇子物語」

イタリア船来庄記念インバウンド公演
〜20分で分かる出羽三山開祖の物語〜

8月2日(水)11:30/13:00(二回公演)

観劇無料
会場:(晴天時)羽黒山頂・蜂子杜前
   (雨天時)羽黒山頂・出羽三山
        歴史博物館講堂
主催:市民参加型ミュージカル実行委員会
   (0235-22-3279伊藤)

昨年9月と11月に行われた「はちこの皇子物語」のインバウンド公演です。
蜂子皇子の物語を20分に短縮しての羽黒山頂…つまり野外ライヴです。
しかも出羽三山を開いたとされる蜂子皇子の杜の御前にて行われます。
観劇は無料です。
パワースポットでのミュージカル、ぜひぜひ御体験ください。
今回、このために新曲を1つ書きました。どうなるかな?

来年平成30年2月18日(日)は、いよいよこのミュージカルを
鶴岡市の新文化会館タクトにて公演を行います。
ミュージカル全体を通して書かせて頂きました。
大変幸せな時間でした…と、まだまだやることが残ってますね汗

8月2日、2月18日の詳しい内容についてはこちらをご参照ください↓

市民参加型ミュージカル庄内公演実行委員会ホームページ

メンバーの真剣な稽古の様子がひしひし伝わって来ますよ!



ありがとうございました/よろしくお願いします

連休中、いろいろありましていろいろご報告です。

発表会に出場した生徒2人、頑張りました。
少しずつ少しずつ成長中。楽しみです。

吹奏楽コンクール地区大会もお疲れさまでした。
楽しい演奏をどうもありがとうございました。
少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

17その他連休中に3分半の歌の編曲1つと、
4分の歌の作曲とDTM音源制作が完了しました。

ミュージカルのための音源制作では、
凝りに凝ったリズム…というわけでもないけど
イメージした響きを作るために
音色を作るのを含めだいぶ時間が掛かりました。
今回なるほど…と思った部分はPercussion。
5トラック使って音色のバリエーションを。
DTMならではのワザも使って
賑やかにメインテーマを作ってみました。

細かく書けないから何のことやらさっぱり分かりませんね。
ちゃんと完成したら告知しますね。

来週半ばにこの歌の録音です。
Hちゃんにお願いします。
困ったときのHちゃん頼み。
よろしくーー!!!

音を確かめに

自宅からクルマで30分ほどの高校の吹奏楽部に行って参りました。
今年度の全日本吹奏楽コンクール自由曲に拙作の演奏を選んで頂いたので
音の具合を確かめに行ったのですよ。
(生徒の皆さんのお顔を特定出来るようなことを避けたいので
 学校での写真は撮っておりません、あしからずご了承ください)

少人数の吹奏楽部ですので、当然のことながら小編成です。
大編成なら音色も様々揃えられて豪華な響きがしやすくはなりますが、
小編成なら小編成の楽しさが必ずあります。
この編成なら楽しそうだなぁと思うことをたくさん詰め込んだ曲でした。

2017-06-24-22-07-07譜読みが負担かな…と思うような譜面でしたが
臨時記号の嵐もバラバラな出だしも
きっちり読んでくれました。
丁々発止のひとりひとパート。
特に後半をがんばりましたね!

私自身も楽しいひとときを過ごしました。
本当に、あっという間の3時間でした。
S先生、吹奏楽部の皆さん、
どうもありがとうございました。
本番までよろしくお願い致します。

2017-06-24-22-04-48お土産に、こんなに大量の佐藤錦。
なんて贅沢な。
おなか壊さないように
気をつけて食べることにします。
ありがとうございます、ごちそうさまです!

コンクール本番、聴けると良いなぁ…
ホール練習はどう頑張っても聴けそうにないし…。

それにしても特に今年は時間が足りない!!!

作曲レッスンですぅ

ヤングコンポーザーコンサート in 東北の選出者のレッスンが始まっています。
レッスンの様子や写真などは下記をクリックしてご覧下さいね。

レッスンが始まっています:ヤングコンポーザーコンサート in 東北

ええと、ここは私のブログなので私の分だけ写真を拝借しましょか。IMG_2317
富岡本店で行われたレッスンです。

自分以外の人に音楽を伝えるため
我々は楽譜を書くのです。
でもイメージした音楽が
一発できちんと伝わるかというと
なかなか難しいものがあります。

音楽の内容そのものをレッスンする場合もありますが、楽譜の書き方の場合、
こう書くとイメージが伝わりやすい、こういう書き方だとこう伝わるなどなど、
作曲者ご本人を外側から見た(つまり私の)意見、
…つまり作曲者内部の世界と外界とのアクセス方法のアドバイスになります。

これを丁寧にやって行くと思いがけない自分の姿に出逢ったりするんですよね。
「己の姿を知れ!」と言う師匠の言葉が蘇って来ました。
勉強は何のためにするのかというと、まさに「己の姿を知る」ためなんです。
ダメダメな自分だったり、全く足りてない自分だったりしますが
案外イケてるじゃん??なんてこともあるんです。

こんなことを延々と突き詰めて行くから、
作曲家という人種は強烈な自我が出来上がってしまうんだなー笑。
ウザくてすみません。
でもこの世界なら私みたいなのでも生きていても良いかなと思えるのです。

レッスンはまだまだ続きますよー。
これからレッスンの方、浄書の必要のある方、頑張ってくださいね!
8月20日のステージ目指して頑張りましょうね!!



本番でした

2017-04-29-10-03-012017-04-29-10-02-092017-04-29-10-01-41
少し時間が経ってしまいましたが…。
晴天に恵まれた4月29日(土)、文翔館議場ホールにて行われた、
高橋直子と愉快な仲間達の『ティータイムコンサート』が無事に終了しました。
ご来場下さった皆様、支えて下さったスタッフの皆様、
出演者一同厚く御礼を申し上げます。
僭越ながら当ブログにおいてもご挨拶させて頂きます。
皆様の暖かい笑顔と拍手を頂いて大変に幸せでございます。

直子さんがおっしゃっていたように「お客様が聴いて下さるからこそ」
どうしたら楽しんで頂けるか、腕を磨き、知恵を絞り、計画を練るのです。
一人だけの力では出来ることには限界がありますが、
仲間がいてこその世界の広がりと楽しさと推進力と。
もう14回ですか。直子さんすごいです。来年は特別企画はやりますか?

拙作『VS・バーサス 』、言いたい放題言い合う作品も3作目となりました。
お互いに話しをさっぱり聞かない家族のやり取り、楽しんで頂けたでしょうか。
歌手の皆様の後ろでずっとピアノを弾いているので、残念なことに
何が起こっているのか肝心なところが観られないんですよ。
また、私がやったのは作詞作曲とピアノを弾くこと「だけ」。
キャラクターをより個性的に肉付けしていったのも、小道具を用意したのも、
演技を膨らませてげらげら笑える舞台にしたのも、私ではありません。
わいわい言いながらの稽古がとっても楽しくて、終わってしまうのが寂しくて。
みなさま、どうもありがとうございました!!(涙)
なに?もう次作の話題なの?石橋を叩いて渡る‥?笑笑笑

それでは出演者の皆様の写真を記念に掲載させていただきまーす。
黒い服を着たひらのと私が重なってトーテムポールみたいになってるの、笑。

image



冬の国へ

2017-04-22-14-12-232017-04-22-14-19-192017-04-22-14-34-192017-04-22-14-19-292017-04-22-14-18-532017-04-22-14-49-05
開通したばかりの蔵王・エコーラインへ。
お釜は凍ってましたね。
3枚目、通称「馬の背」付近のリフトが動いているんですよ。
しかも乗っているひとがいたんですよ。見てるだけで寒い。
雪を含む強風のため、神社のお賽銭箱も凍っています。
途中の道路は高い高い雪の壁。初めて見ました。すごい。

image気持ちが柔らかくなったところで、
先日寝かせておいた曲の推敲をビシバシと。

声部を増やします。
音を増やすと、より自由になる部分が。
自由にモノが言えるって何てステキなの。

私の中に音楽が流れ出すと
甘いものが欲しくなるのはいつものこと。
もう病気かも。




再度お知らせでーす

4月26日、第14回 高橋直子とゆかいな仲間たちの『ティータイムコンサート』。
ここで初演する拙作ミュージカリィ第3作目
「VS・バーサス〜家庭にて〜」の合わせが進んでおります。

昨日月曜日も市内某所にて、演出ひらのを迎えての稽古でした。

2017-04-17-15-11-202017-04-17-15-12-412017-04-17-16-06-54
暗譜もちょっぴり不安ですので楽譜を広げたりします。
小道具もちょっぴり使います…缶ビールにウチワですよ。
楽譜を2冊置いて交互にめくると譜メクリストがいなくてもOKです。
この、ピアノの譜面台に置かれた楽譜のちょっと上の部分が空いていますが
ここに写る皆さんの演技の様子をちらちら見ながら弾いているのですが…

今回のツボは「タコ」です。つぼだけに。違うか。天才ひらの。
何回聴いても笑いがこみ上げて来て腹筋がひくひくしてしまう箇所が。
今回も役者ぞろいです。
母=盒仰昌辧¬次畭臂陀禹辧息子=宮下通(敬称略で失礼)。

宮下くんが弟役なのです。
弟の扱いが酷いのは私のせいではありません(ほんとうか)。
でも酷いままで黙っている弟ではありません(これはほんとう)。

170405_1749_001他の曲の合わせも進んでいるようです。
まだピアニストの円さんにお会いしてないので
楽しみはこれからなんですよ♪

「ティータイムコンサート」
4月29日(土)14:00〜
山形市文翔館議場ホールにて。
ホームページのメールや当ブログのコメント欄、
それからチラシに掲載されているお電話にて
チケットを承ります。
全席自由です。
毎年混み合いますのでご注意くださいませ。

仕込み完了→寝かせ(味噌か?)

作曲中の作品ですが、一応最後のところまで書けました。
ふわっとした場面と、ギチギチにした場面と。
後は少し寝かせてから推敲します。

なんですぐパート譜を作らないのかって?
仕込みが完了したから寝かせて熟成させる…というのは半分冗談。
作曲で火照ったアタマとココロを冷まして
作品を外側から眺められるようになるまで時間を置くんです。

一週間でも時間を置くと、恥ずかしくてたまらない音って必ず出てくるもので
…これが例えば委嘱作品だったりするとタイヘンなんです。
委嘱して下さった方にお渡しした後になってもジタバタしたくなったり
演奏家のみなさんが練習されているのを聴いて叫びたくなったり
リハーサルの段階になってもまだ譜面を強奪して帰りたくなったりしますが
そこはグッとこらえて我慢します。

(でも委嘱作品の合わせで譜面を強奪して帰りたくなったのは2度ほどです💧)
(お心当たりのかたごめんなさい💧)

若い頃は、自分の音楽を他人に聴いて頂くなんてとても恥ずかしくて
「いいね」と言ってくれる人がいるなんて思いもしませんでしたが…。
でも外に出さないと何にも進まない、外に出すことで世界が拓けるのですよ。
たまに褒められるとめちゃめちゃビックリして時々感動して時々泣けて(バカ)
恥ずかしさにはだいぶ慣れたんですが、それでも時々たいへんです。

でもこの感覚って
いつでも新鮮な気持ちで音楽を創るのには実は大事なことなのかな。

師匠が時々おっしゃってました。
「作曲家は、自分の中で鳴っている音と実際の音のギャップに苦しむんだよ」

私は実際の音のギャップより、まず恥ずかしさと闘う方が先でした。
恥ずかしくない音を書くために、いろいろな音楽を聴き、勉強し、
推敲して推敲して推敲して推敲して…という感じ。

今週、世界ではまたいろんなことが起きていて…
しゅうさんがとらんぷさんの国へ行き、
トマホークが50数発飛び、またテロがあったりしているのに
私は自分の世界に閉じこもり、作曲三昧の恐ろしく楽しくて疲れる日々。

昨夜は疲れ果てて夕食のあとテーブルで眠りこけ、今朝は起き上がれず。
今週はシュークリームやらアイスクリームやら甘いものを食べ続けまして
今日、やっと224小節、演奏時間6分半ほどが書けました。
楽器の演奏の質問に答えて下さった友人の皆さん、ありがとうですー!!

メール、電話、郵便、いろいろ滞っております。
一つずつやりますので関係者のみなさまお待ち下さいませ。

おちがつかない。おちつかない。笑

次の作曲はミュージカリィ第三弾「VS・バーサス〜家庭にて〜」です。
構成、作詞、作曲、わたくしでございます。
演奏は、直子ねえさんと愉快な仲間たちです。
制作過程なんぞをブログで公開してどうする。とは思うものの、
自分を追い込む手段のひとつとして…つまり、
「あ〜こうでもしないと書けないのね〜」と生暖かい目で見守って下さい。

ネタにオチが着かない。
オチツカナイ。じゃなくて、本当にオチが着かない。
「だから何なの?」みたいな展開になってて悩み中。
絶賛悩み中。もう何週間も悩み中。

2017-03-03-16-25-10いろいろ資料を集め、某カフェに居座りました。
ネタに関する本が2冊ほど出ていたので
Amazonで購入、Kindleで読み耽りました。
それからネット上に散らばる、多様な人々の
膨大かつ様々な意見をずらずらと読み、
メモにまとめ、歌詞に書き出し…

物事を説明するのに、様々な情報を言わせたあと
相方に「あらアナタ物知りねぇ」と言わせるのが
一番手っ取り早いけど一番つまらない。
それは経験上身に沁みて知っている。

それをせずにどうやって三つの事柄を絡ませるか。

あー。ひらのに会いたい。年明けからずっと思ってる。
率直な意見を聞いてみたい。
書くのは確かに私だけど、直子ねえさんとひらの、
この二人がいたほうが、ぜったい面白いものが出来る確信がある。のです。よ。

充実。

先週はブログも書かずに何をしていたかというと
仙台の仕事の下準備と本番(←という言い方は違和感があるw)
次の仙台の仕事の下準備、26日と来週の本番のためピアノ練習、 
打ち合わせを二つ(一つは「打ち合わせ」と言う名の懇親会w)、
26日(日)の児童劇団第42回公演の夜間練習×2、それと25日(土)ゲネプロ、
それが終わったらに相馬に移動して夜間にリハーサル、
翌日の26日(日)に相馬で本番があり、無事に終了して
月曜日の今日、無事に帰宅しました。
全く気を抜くことの出来ない一週間でした。

ハードだけど、たくさんの人との出会いにより充実した一週間でもありました。
これまで全く連絡を取ったことのなかった相馬の音楽教室とご縁が出来たのが
今回の一番嬉しかったことのひとつです。
日曜日の本番では、久しぶりにヤマハの生徒さん達の歌や踊りや演奏が
たくさんたくさん聴けてとても楽しかったです。

テキストの曲はもちろん、巷に流れるCMソングや流行の曲もたくさん。
Electoneつまり電子音ならではの楽しさ満載です。
Tchaikovsky・Piano Concerto No.1, Op.23を聴けました。
オーケストラ部分はElectoneによるアンサンブル。
Pianoともに生徒さんの演奏です。すごーーい。

ゲストステージでは、講師の先生方に拙作を演奏して頂いたり
OGの先生方もお招きして合唱したり。
とても有り難くて、とても楽しいひとときを過ごしました。
恩師のY先生がいらっしゃらなかったのが残念でしたが…。

ところで、本番中に左手小指の爪が欠けました…というか少し割れました。
もともと少し切れていたらしい部分が本番中にメリッと行っちゃったようで…
大したことは無いのですが少し腫れているので今日は絶対安静です。
来週本番だし。うーむ。爪が割れるなんて。
「風の詩」、随分前に作った曲だけど弾くたび熱が入ってしまうぅ

写真は左から
相馬で頂いた花束のごく一部、山形市児童劇団の練習風景、相馬市民会館。
みなさまお世話になりました。ありがとうございました!!

image 2017-02-24-19-30-07 2017-02-25-16-40-08
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ