うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

友人

仕込み完了→寝かせ(味噌か?)

作曲中の作品ですが、一応最後のところまで書けました。
ふわっとした場面と、ギチギチにした場面と。
後は少し寝かせてから推敲します。

なんですぐパート譜を作らないのかって?
仕込みが完了したから寝かせて熟成させる…というのは半分冗談。
作曲で火照ったアタマとココロを冷まして
作品を外側から眺められるようになるまで時間を置くんです。

一週間でも時間を置くと、恥ずかしくてたまらない音って必ず出てくるもので
…これが例えば委嘱作品だったりするとタイヘンなんです。
委嘱して下さった方にお渡しした後になってもジタバタしたくなったり
演奏家のみなさんが練習されているのを聴いて叫びたくなったり
リハーサルの段階になってもまだ譜面を強奪して帰りたくなったりしますが
そこはグッとこらえて我慢します。

(でも委嘱作品の合わせで譜面を強奪して帰りたくなったのは2度ほどです💧)
(お心当たりのかたごめんなさい💧)

若い頃は、自分の音楽を他人に聴いて頂くなんてとても恥ずかしくて
「いいね」と言ってくれる人がいるなんて思いもしませんでしたが…。
でも外に出さないと何にも進まない、外に出すことで世界が拓けるのですよ。
たまに褒められるとめちゃめちゃビックリして時々感動して時々泣けて(バカ)
恥ずかしさにはだいぶ慣れたんですが、それでも時々たいへんです。

でもこの感覚って
いつでも新鮮な気持ちで音楽を創るのには実は大事なことなのかな。

師匠が時々おっしゃってました。
「作曲家は、自分の中で鳴っている音と実際の音のギャップに苦しむんだよ」

私は実際の音のギャップより、まず恥ずかしさと闘う方が先でした。
恥ずかしくない音を書くために、いろいろな音楽を聴き、勉強し、
推敲して推敲して推敲して推敲して…という感じ。

今週、世界ではまたいろんなことが起きていて…
しゅうさんがとらんぷさんの国へ行き、
トマホークが50数発飛び、またテロがあったりしているのに
私は自分の世界に閉じこもり、作曲三昧の恐ろしく楽しくて疲れる日々。

昨夜は疲れ果てて夕食のあとテーブルで眠りこけ、今朝は起き上がれず。
今週はシュークリームやらアイスクリームやら甘いものを食べ続けまして
今日、やっと224小節、演奏時間6分半ほどが書けました。
楽器の演奏の質問に答えて下さった友人の皆さん、ありがとうですー!!

メール、電話、郵便、いろいろ滞っております。
一つずつやりますので関係者のみなさまお待ち下さいませ。

うだうだと3話。

またもや作曲の話です。こうも毎回毎回悩みに悩んで疲れ切ってくると
“知恵袋”という袋をどこかで売ってないかななどと考え出しちゃうんですよ。
その知恵袋にはワクワクドキドキするような“知恵”=ネタがいっぱい入ってて
それを使って楽しくかつ健康に(←笑)仕事を進められるっていうような。

いや、まてよ。
大量生産型の安価な知恵袋だったら、みな同じような知恵が入ってるのかな。
それは困る。人と同じじゃクリエイターの仕事になんない。

…というようなことをぐだぐだとつぶやいていましたら、
Kさんに「知恵袋が売れ残りの詰め合わせ的な福袋だったらやですね」
って言われて爆笑したところでちょっと元気になりました。
ありがと、Kさん。

imageところで、突然ですが
私はバナナが好きです。
果物はほとんど好きだけど。
ただし「若いバナナ」が好き。

茶色いポツポツ=シュガースポットはいらないの。
シュガースポットのある熟れたバナナは
免疫力が高まるとかなんとか聞いたけど
でも根っこのところが緑色のが食べたいの。
味が全然違う。

小さいころ、おばあちゃんが
よくバナナを食べさせてくれたんだけど
ほとんど茶色いのばっかりであまり好きじゃなかったの。
決定的だったのが小学生の時の腐ったバナナを使ったショウジョウバエの実験。
彼らはこの匂いが大好きなんだそうで、皮にも実にもウヨウヨ。げげ〜
思い出したら自分で気分が悪くなって来た……止めときゃよかった…

大人になって若いバナナを好きなときに買えるようになって初めて
バナナが大好きになったのでした。
キミのせいじゃないんだ、ごめんよバナナ。

明日から10月。
今週こそピンチです。間に合うか、2曲!? 
こうなると友人と待ち合せしてランチ♪とか、お茶♪とかが出来なくなります。
のべつまくなし楽譜書きをしているうえに
「カフェに避難したい病」は突然始まってしまうので…しくしく。
眼精疲労が酷いとき、目を閉じている私の隣で
だれかニュースやメールや小説を読み上げてくれないかなぁ(超絶わがまま)






ひざ〜

3月上旬から左膝を炒め…じゃなくて痛めていました。
朝目覚めると膝が固まって動かないし曲げると痛みます。
階段を降りる際も痛いし、左足でのぼるのが出来ません。
星座…じゃなかった正座も出来ません。軟骨がヤラれたかなぁ。

整形外科で診てもらったりしたんですがなかなか良くなりません。
仕事がコレですから、ずぅぅっと座りっぱなしというのも良くないんでしょう。
意識的に少しずつ身体を動かしヒアルロン酸などサプリメントを飲み、
ここ2週間ほどでちょっとずつちょっとずつ良くなってきています。

身体は正直なもので、膝を痛めてから少し(のはず)太りましたが、
治って来たら体重が少しずつ落ちて来ました。効果テキメン♪ふふふ♪

ところで面白いことを発見しましたよ。
仰向けで寝ると、膝はまっすぐ伸びた状態ですよね?
この状態で朝に目覚めると膝が痛むんですよ。固まってるし。
横向き、つまり膝が曲がった状態で目覚めると痛まないんですよ。
つまり何ですかね、人間の身体は曲げた状態が自然なんでしょうか?
赤ちゃんをイメージしてもなんとなく関節は曲がってますね。うん。

仰向けで目覚めて痛いなーと思ったときでも、
横向きになって膝を曲げていると痛みがだんだん薄らぎます。不思議〜

image今日、久しぶりに会った友人に
「膝の具合はどう?」と聞かれまして。
覚えててくれたのね、嬉しかった。
一人の時間が好きで孤独は慣れてるけど
やっぱり「かまってちゃん」な
めんどくさい私なのです、ありがとう。

写真は本文と一切関係ありません笑





メールより。

ある友人とメールで話していて思ったことを抜粋と加筆。

私は「こうしたい、こうして生きて行きたい」と思うだけで
「これが正しい生き方だ」とは一度も思ったことがない。
我が子にこの仕事をしたいと言われたら全力で引き止める笑 

Kさんおっしゃるところの“樹液”。
創作のための“樹液”はどこから来るのかと言えば
心の奥の“傷”なわけで、我が子にそんな生き方は望まない。
というのが母親として正直なところ。

そうだよ、ひとそれぞれで良いの。
結婚しようがしまいが仕事しようがしまいが
ホントはそのひとが幸せであれば良いことなんだと思う。
(でも食べていけないと困るけどね)

私はただ、そのひと自身の好きなことを
一生懸命やれば良いんじゃないかなと思ってる。
元気になるのも頑張れるのも好きなことだから。
些細でいいから、好きなことがあれば幸せになれるんじゃないかな。
(それを仕事にするかどうかはまた別のハナシね)

それと同じで、「こうするのが正しいやり方だ」とも思わない。
物事を多面的に考えれば、答えが一つであることなどほとんどない。
人に強いるのも嫌い。考え方や行動を制限してしまうのも嫌い。
それによって「あいつは間違っている」などと決めつけるのも嫌い。

嫌い嫌いばっかり言ってるのも嫌い。笑。

自由でいたい。切実な願いです。



あ、今日は写真ナシね。ふふ。


なんとかやっておりますです

また大きな地震がありましたね。
夜間はだいぶ冷えるとか…被災されたかた、特に小さな子供達やご高齢のかた、
どうか少しでも安心して暖かく過ごせますように…
炊き出しなど避難されている方をサポートされる方々もどうか休めますように。
それから各報道関係のかた、我々一般市民は
そんなに詳しくリポートを求めてはいないので
どうか被災されたかたをそっとしておいて頂きたいのですが。
泣きながら話をされるのをどうしても聞いていられません。

ところで、こちらは胃が痛い4月をまだまだやっております。
いくつか山場がありますが、昨日ひとつ、今日ひとつ超えました。
日曜に大きいのがあるのですが………………………がんばります。
先ほどは晩ご飯を食べた後、しばらく睡魔に襲われまして
午後10時過ぎにやっとアトリエのパソコンを開けた次第です。

そんな日々の楽しみと癒しはやっぱり友人とおしゃべり&美味しいもの&お花。
昨日は怒濤の合わせのあと、コーヒーレストラン・アランフェスへ。
目の前でサイフォンで淹れて頂くコーヒーのなんて美味しくて幸せなこと。
裏メニューも頂きまして、Hさんありがとうですー♪
こないだのコンサートを聴けず本当に残念でした

2016-04-15-22-21-37最近お花を買うのは、十日町第二公園そばの
パークサイドフローリストで。
一束500円(外税ですよ)の花束がお買い得。
しかも種類も豊富、ごーぢゃすです。

今日、お店を覗いてみたら
バラやチューリップ、フリージアなど
たくさん春のお花が出ていましたが、
ラナンキュラスのオレンジ色に心惹かれまして。

2016-04-15-22-22-05一束買い求めましたら、おまけが付いて来ました。
「黄色のはもう咲き切ってしまったけど、
(買い求めた方ががまだつぼみなので)
つぼみが開くまでこちらを楽しんで下さいね。」

まぁ、なんて嬉しいこと!
こうしてたまに神様がご褒美を下さるので
心折れずに頑張れます。
…気のせいかもしれないけど。

でも、明るく前向きになれるんなら気のせいでもいいやと思ってる。
という、いまだに中学生みたいなおばさん。笑。

「ち」にてんてん

image今日はA子とMちゃんとの、ぢょし会。
(この歳なので女子会でなく「ぢょし会」ですw)

Mちゃんのイライラと怒りの原因は
客観的に見ればシヌほど笑えてしまう。
それとMちゃんのモノマネが面白いのは
芝居畑のA子のお墨付き。

ずうっと笑ってた気がする。
二人とも、楽しい時間をありがとーーー♪

Mちゃんの怒り爆弾が炸裂した後の爆風は私たちの腹筋を崩壊させ、
そして私の次作のネタに結実するのです(大げさ)

そう、作詞作曲のネタはこんなところから拾うのです。
「ごめん、悪いんだけどぉ〜これすっっっごく安くってさ」
「米とタンパク質少なめ、野菜多めで買っておいて」
いやぁ、いろんなひとがいるもんだ爆笑

やさしい時間をありがとうございます

クリエイターと呼ばれる立場のかたに会って話がしたい。
これはもう渇望と言ってもいいくらいの気持ちがあります。

今日訪れたのは、高畠にある隠れ家的なカフェ「ル・オンブラージュ」。
以前からお会いしたかったちぎり絵作家の「ウメチギリ」さんこと
梅津郁子さんが今日からここで二人展をされているとのこと。
全く知らない場所だったのですが、ナビを頼りに行ってみました。

展示会「お茶と読書と花鳥風月 二人展」ウメチギリ・スミクミ

本当に隠れ家的カフェ。案内板も駐車場も見落としてしまいがち。
でも窓からの柔らかい光と葉擦れの音に囲まれて、とてもすてきなカフェ。

編み物とちぎり絵の作品がたくさん。
ストラップやトートバッグや小物入れや額に入った絵や。
女の子ならうきうきしてしまいそうなデザインの小物ばかり。
今現在「女の子」であるひとだけでなく、以前「女の子」だったひと、
ずっとずっと以前に「女の子」だったひとももちろんです

梅津さんにやっとやっとお会いでき、お茶をご一緒しました。

劇団つながりで梅津さんを知ってから10数年?
ちぎり絵をしていらっしゃることを知ってから2〜3年は経ちましたかね?
山形県の民話の挿し絵も作っていらっしゃるので、仕事で調べものをすると
時々梅津さんの作品とバッタリ出会うこともありました。
和紙を使ったほんわか優しい色味と質感が、どこか懐かしくて心地よいのです。

ウメチギリさんのホームページはこちら!

imageちぎり絵で作られた
トートバッグとキーホルダーを買いました♪
この模様、染料で染めてあるだけでなく、
ちゃんと本物の和紙も使われています。
大事に使います
お洗濯は愛を込めてやりましょう

そして私の持ち物は緑色のものが
増えて行ってしまうんだなこれが。

本当は、息子が「青」にこだわるのを言えた立場では無いのです笑。

ブックカバーはいくつか持っているけど、ちぎり絵もいいかも。
梅津さん、ブックカバーをリクエストしちゃダメかな〜。



今週は友人に会うのにたくさん時間を取っています

昨夜は隠れ家的お店で劇団の音楽部会。
マジメな話をするため、シュークリームの会ではありません。
今年度、新しくNくんが仲間入りです。めでたし。
これからどうぞよろしくです。

今年度の劇団の音楽の担当を決めました。
あ〜。歌多い。音楽多い。ダンスもあるから早めに作らなきゃ。
でっきる・かな でっきる・かな はてさてほほーーー


ところで今週は、月曜・火曜・金曜と
友人+仕事=ランチorお茶などで忙しくしています。
各々「濃い」方々ばかりなので、各々違う話題でどんどん…
どんどんどんどん濃く、長く、……なって行くんですよね。

今日は、私の友人の中でも最も「濃い」お一人にお会いしました。
いつもと違う視点で物事を考えることが出来て楽しかったですねぇ。
この友人と話しているといつもそう。
私の考えてることの先がふわーっと広がっていく感じ。

さて、明日は私の友人の中でも最も「濃い」、違うお一人にお会いします。
ライヴ+これからの音楽活動の相談も含みます。
物凄くパワフルな友人です、ドリンク剤飲んで行こうかな、笑。楽しみ〜♪

私の友人…みんな「濃い」ね。
それぞれの人がそれぞれの方向にとっても「濃い」から大好き。

そうだよね、って。

オンナとは、共感してもらいたがる生き物である。
などと、冷静に思ったりしました。苦笑。

自分でもよくわからない不快さ、よくわかってない混乱、
イライラというほどでもない、モヤモヤしたこと、…
ということを同性の友人に話して、
「そうだね〜そうだよね〜〜」と言ってもらって
なんだかじわじわと安心して…という今日です。

男性の友人に、悩んだり不快に思ったりしたことを話すと、
こんがらかった物事を分析して原因のいくつかを探り、
なんとか良い方向に持って行けるよう考えてくれたり
たちどころに解決策を提示してくれたり、
または諦めるよう説得してくれたりするんですが、
それがとても必要なときと必要でないときがあります。

男性の友人は、とても有難くて無くてはならない存在なのですが、
どうにもこうにも「そうでない」ときもあるのです…ごめんね。

どうか男性のみなさん、
彼女がうだうだと話し始めたら、たちどころに解決させたりせず
そうだねそうだねって聞いてあげて下さい。
「頼りがいがある彼」はものすごく嬉しいのですが
そうではなくて、ただ聞いて欲しい、安心したいときがあるのです。
(もちろん意見を求めているときもあります!)

ただ、女性がそういう「安心したいために話す彼」って
だいぶだいぶだいぶ限られますよね〜〜。


というわけで、

ほぼ毎日ブログを書いているわけですが…

材料を集め、文章を組み立て、ひとつの形にするのは
材料を集め、音を組み立て、ひとつの形にするのと近い感覚があり、
日常的な自分へのトレーニングとしてやっていることです。
作曲家という非常に外側から見えにくいことを、
しかもド田舎でやっているので、情報発信の意味を込めています。

なんてね。
引き蘢りのことが多いから、世の中に忘れ去られたくなくて。
友人、家族に報告したくて。寂しくて。構ってほしくて。
ということもあるかな。(←素直じゃない笑)


ところで、ここ数週間で、立て続けに
友人知人先輩後輩の何人かに言われました。

「あなたのブログをしょっちゅう読んでるから
 なんだかしょっちゅう会ってるような気がしてねえ〜
 全然久しぶりのような気がしないのよ」

中には「毎日読んでるから毎日会ってる感じ」と言ってくれる友人も。
ああ〜嬉しいね。とってもありがたいね。
眠い目をこすりながらブログを書き綴る甲斐があるというものです。

でもねえ。
私のほうは全然会ってないことには変わりないのよね。
私の中身をあなたは知っていても、あなたの中身は私は知らないの。
ねえ。だから会いましょうね。おしゃべりしましょうね。

おお。文字にするとだいぶ寂しがりやに見える。かもしれない。笑

そうそう、
ブログやメールなど、文字にすると書かれた意味が強くなるように思いますし、
「上澄み」「イイトコロ」だけ取り出されるように思います。
実際の私はダラダラしてて、ヘニャヘニャしてて、ピロピロぺもぺもです。
ネリリしてキルルしてハララしているかもしれません。

だから、Webだけのお付き合いはキケンじゃないかなと思うのです。
ねえ。だから会いましょうね。おしゃべりしましょうね。
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ