うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

合唱

天童・織田藩ってご存じですか?

山形市のすぐ北隣の天童市。
19世紀前半〜幕末までここにあった天童藩は、
あの織田信長の次男=織田信雄(のぶかつ)を祖先に持つ藩です。
ご存じでしたか?私はつい最近まで全く知りませんでした。

今年度の山形県民芸術祭開幕公演は天童市で開催されますが、
この天童・織田藩の幕末の家老・吉田大八が主人公の舞台です。

織田藩の財政難を救うべく将棋駒の製作を奨励したのはこの方なんですって。
また、戊辰戦争の時には、藩主織田信学の代理として、
奥羽鎮撫使先導役を務め、薩摩・長州などの官軍と共に庄内軍と戦ったそうで。
しかし奥羽列藩同盟が成立するに及び、藩の責任を負って切腹して果てます。
今回の舞台は、時代の激流に揉まれながらも強い意志を貫く彼の物語なのです。

未来は託す面白そうでしょ?身近にありながら
あまり知られていない歴史物語です。

第54回山形県民芸術祭開幕式典
9月3日(土)13:00〜開場 13:30開演
天童市民文化会館/入場料1,000円
詳しくはコンサート情報へ。

2年ほど前からお話を伺い、
何回となく会議に出席させて頂き、
(かつ何回となく口を挟み)
劇音楽と合唱曲2曲を作曲させて頂きました。

「私は天童市民じゃないんですけど」という訴えは却下されました。
「住んでるのは天童のすぐ隣だから笑」という理由でした笑。

今夜は、この劇音楽の初合わせ。
篠笛+打楽器+ピアノ+キーボード=4人(私を含め)による生演奏です。
テーマ音楽となる合唱曲のバックも務めますから、バランスが難しいですよ。
生オケを使いたいんですが、諸事情によりキーボードにしちゃったので余計に。
Aさん宅に伺ってわいわい話しながらの合わせでした。
Aさん、いろいろとありがとうございました。
演奏者のみなさま、合同練習もよろしくお願い致します。

さて〜。どうなるのかな〜。楽しみだな〜。

けいひつ

ちょこちょこといろいろなコンサートを聴きに行ってはいるのですが、
最近の週末は忙しすぎてブログに書かずじまいのことが多々。
でも興味深い演奏会を聴きましたから、自分へのメモとしてまとめます。

土曜日、山形大学地域教育文化学部 音楽芸術コース 音楽研究会の
第65回定期演奏会を聴いて来ました。
学部と科の名称が変わり、カリキュラムも違いますが、
後輩にあたる皆さんたちの演奏会です。

ここで演奏されたのが、作曲科教授・長谷川勉先生作曲の合唱曲です。

<有明幻想>混声合唱とピアノ、鈴類の打楽器による
I 「ヴォカリーズ」気の浄化と風のモナドを呼び込むための
II 混声合唱曲「有明」宮沢賢治の詩による


10月の末に大学にお邪魔して練習を聴かせて頂いたのは
2番目の「有明」の方…冒頭のハーモニーが何とも魅力的な。
10年ほど前に聴いた長谷川先生のオーケストラの曲の際に
「ドミソの和音を使うのが恥ずかしいんです」とおっしゃってましたが
恥ずかしいどころか…複雑な響きの中に現れる澄んだ美しい和音に
身体ごと吸い込まれそうな感覚を覚えました。
丁寧な演奏も素晴らしかったです。

ところで、1番目のヴォカリーズ。
いろいろな音高、種類の鈴などの打楽器を鳴らしながら
合唱団の一人一人がバラバラにホールに入り、ステージに上がります。
長谷川先生の言葉通り
「(前略)いわゆる西洋音楽の楽譜を前提とはしていない。
 アインザッツは揃わなくて良いし、拍は常に一定に進まなくとも良い。」
日本の音楽…お祓いや浄化という発想が源になっているそうです。
非常に美しい声の重なり、鈴の響き。異次元に迷い込んだよう。

長谷川先生ご自身の、ご詠歌を聴いたことやお寺での体験、警蹕(けいひつ)
そのようなものをイマジネーションとして音楽が産まれたそうです。


えっ。警蹕ならもっと声は大きくて迫力ありますよね?

================================

<警蹕とは>
天皇や貴人の通行などのときに、声を立てて人々をかしこまらせ、先払いをすること。また、その声。「おお」「しし」「おし」「おしおし」などと言った。みさきばらい。


================================

プログラムノートにもあるように、
「声そのものの恐ろしさ、言葉に頼らない声の活き活きとした迫力」
という警蹕を題材となさったのであれば、
演奏そのものが美しすぎたのでは…?という疑問が残ります。

私の中にある「日本的な音」といえば、
日常的に聴いた近所の大人たちの民謡…春の祭りや夏の盆踊り、
結婚式などで唄われる様々な唄、お寺でのお経、ご詠歌…などなど。
民謡の盛んな土地ですから、私が小さい頃は簡単に耳にすることが出来ました。
実家の二軒隣のおじさんが唄ってくれる民謡は、
歌詞となる言葉が少なく、節回しだけで長い長ーーーいメロディを延々と、
しかもとっても大きな良い声で、子供でも聴きほれるほどでしたが
おじさんの迫力に、微かに恐怖を覚えるくらいだったのを覚えています。

そういう言葉にならない「なにか」を音楽の題材としたのであれば
あのように美しい音楽で良かったのでしょうか…。
それとも長谷川先生の中にある「心象風景」として
より抽象的に、より純粋に、より高められた音楽として
新たに産まれた作品、と解釈すればよろしいのでしょうか。

機会があれば先生ご自身にお話を伺いたいと思います。




ところで、今日はレッスン三昧で終わっちゃいました。
作曲科の入試は課題二つで300分=5時間なんですから、
4時間そこらのレッスンでヘタってもらっちゃ困ります。
これくらい出来なきゃ楽譜書きなんて無理。ってことね。
さぁーがんばってーーー♪

合唱団じゃがいも 文翔館コンサート !

合唱団じゃがいも 文翔館コンサート Vol.12
2013年7月7日 文翔館議場ホール 午後2時半開演

指揮:鈴木義孝
ピアノ:郷津由紀子
副指揮:郷津幸男

プログラム
・混声合唱曲「雨ニモマケズ」(作曲:鈴木憲夫)
・「どうしてあんなに」まど・みちおの詩による連作合唱曲(作曲:吉川和夫)
   いちばんぼし(プロローグ) だれが わすれた どうして あんなに
   いぬ  風景  一つぶよ いちばんぼし(エピローグ)
・ボーカルグループPomme soeur(ポン スール)によるステージ
・「アニソン・オールディーズ」無伴奏混声合唱のための(信長貴富編)
   にっぽん昔ばなし  ゆけゆけ飛雄馬  ルパン三世のテーマ
   宝島  ゲゲゲの鬼太郎  鉄腕アトム

=================================

合唱団「じゃがいも」、気になっていたにも拘らずいまいち予定が合わず、
今まで3回ほどしか聴いたことがなかったんですが、やっと聴けました〜。
吉川先生にもお会いすることができて嬉しかったです。

いろんな年代のメンバーが活躍していらっしゃいますね!
音色も様々に使い分けていらしてて、とっても楽しいです。

私としては「雨ニモマケズ」にM7の和音がついていて驚愕しました。
私の中ではモノクロまたは不協和音のイメージでしたので…。
カラフルに始まって6度音で連続する法華経そのものが衝撃的でした。
うぅむ、こう来るか。

「どうしてあんなに」の歌は
共感する部分があるのかどうかすらよく分かりません。
震災の記憶はなんだか永遠に音になりそうもありません。
「そのこと」になると私の中の何かが歌うことを止めてしまいます…。

Pomme soeur…楽しそうだなぁ〜良いなぁ〜〜〜。
児童劇団でスタッフとしてご活躍中の瞳ちゃん、輝いてましたね♪

「ゆけゆけ飛雄馬」と「タイガーマスク」と「アタックNo.1」を
一気に繋げたのも驚愕でした。楽しい〜♪


12月の公演を聴きたいんですよ。毎回聴きたいと思うんですよ。
様々予定がぶつからないことを祈るばかりです。

楽しいステージをありがとうございました!






 

明日のリハーサルだったのですよ、夜に。

明日は、山形県民会館にて第18回山形県トップコンサートが開催されます。
このコンサートの内容を県民会館HPより転載させて頂きますね。

=====================================

第18回山形県トップコンサート
今年度中に、山形県代表として東北大会・全国大会に出場した
県内の音楽団体のお集まり頂き、その素晴らしい演奏をご紹介させて頂きます。
第18回の今年は、7つの団体・個人の方々に出演していただきます。

20130320_01☆日時など
2013年03月20日(水)
開場 13:00 開演 13:30 入場料無料

☆出場団体、演奏者
山形市立滝山小学校ブラスバンド部
コールファンタジー
山形市立金井中学校吹奏楽部
山形市立商業高等学校吹奏楽部
松浦恵(メゾ・ソプラノ)
鶴岡土曜会混声合唱団
山形市第六中学校吹奏楽部

=====================================

今年度、全日本おかあさんコーラス大会(全日本合唱連盟・朝日新聞社主催)に
出場されたコールファンタジーの皆さんが、
拙作「VIVA! WOMEN」より3曲を歌って下さるので、
今夜はそのリハーサルを聴きに県民会館に夜8時過ぎにお邪魔しました。

130319_2036111
写真は皆さんに無断で撮りましたから、
ちっちゃく載せましょうね汗
コールファンタジー、こんな感じの人数です。
指揮は高橋直子さん。ピアノは菅野清香さん。

こんな風に大きな舞台で何度も演奏して頂いて
うれしいです、皆さんありがとうございます。

この時間を空けてリハーサルをするのは大変だったんじゃないでしょうか。
皆さん主婦なんですから。
でも、今日も明るく元気な歌声を聴かせて頂くことが出来ました。
パワフルですねー!

詩を読み込み、感じるところを音として掘り下げ書き付けた譜面を、
指揮の直子さんが、いきいきと表現するべく音を磨いて行きます。
私が音を書くときはイメージその他は言葉で考えていないので、
直子さんが言葉にして合唱団の皆さんに伝えるのを聞いていると
毎回、なるほどぉ〜なんていちいちビックリしては納得しています(^^)
指揮者ってホントすごいなー。

ピアノもすごいです。
歌で言い尽くせないところを全部ピアノにやってもらいます。
スピードとかビートとか背景とか絡めるたくさんの線とか
からかいとか呟きとか捻りとか頷きとか波とかうねりとか
なんだか言葉にするのも可笑しいような、とにかく微妙なところを。
全て弾いて頂くんです。素晴らしい。私には出来ないので。感動しちゃう。

本番は明日です。

鶴岡土曜会を再び聴くことが出来るんですね。
とっても楽しみです。

鶴岡土曜会混声合唱団 第61回 定期演奏会!

鶴岡土曜会混声合唱団 第61回 定期演奏会
2012年12月1日(土)鶴岡市文化会館 18:30開場 19:00開演

指揮:柿崎泰裕/ゲストピアニスト:渕上千里
プログラム:
 全日本合唱コンクール全国大会演奏曲
  Palestrina Ego sum panis vivus
  谷川俊太郎作詞 三善晃作曲:混声合唱のための「地球へのバラード」
 武満徹作曲:「翼」「小さな空」/佐藤眞作曲:組曲「蔵王」より
 時代を映したポップス「未来へ」ほか

============================

全日本合唱コンクール全国大会出場記念演奏会なのだそうです。
クォリティの高い演奏に期待して鶴岡まで出かけましたよ。

…と、その前に、指揮の柿崎さん、ピアニストの渕上さんは
9月の「Viva! Women」の本番でゲストとしてお迎えした方々です。
素晴らしい音楽をお持ちの方々でしたので、
お二方が通常の活動をされているこの合唱団の演奏会を聴きたかったのですよ。

言葉と音とハーモニーが、しっくり組合わさって流れて行きます。
特に三善作品や武満作品のテンションコードの難しいこと!
少しでも音程や音色がズレてしまうと途端に崩壊してしまうような
危険性を常に含んでいる曲ばかりでしたが、
澄んだ歌声かつ説得力のある流れで聴かせて下さいました。Bravo!

うーむ…武満作品はもっとたくさん聴きたかったです。
組曲「蔵王」も歌われたのは一部でしたね…。
とは言っても事情のあること、一観客がわがまま言っても仕方ないです。
あちこちでご活躍され、それに団員さんがどんどん増えていらっしゃるとのこと。
これからも素晴らしい歌声を聴かせて下さいね。
とてもとても楽しみにしています。

ところで、昨日の鶴岡は雪模様でした。
途中の月山道は路面圧雪&凍結&吹雪でした。
コールファンタジーのOさんのクルマに乗せて頂いての往復でしたが、
特に帰り道は気温マイナス5度、吹雪のため時折ホワイトアウトしてしまって
前進したら良いやら止まったら良いやら迷うような
ずっとずっと記憶に残るような吹雪の山道でした。

前後に全くクルマが無く、対向車も数少なく、心細いドライブでしたが、
Oさんとの楽しいおしゃべりで必要以上に恐怖を感じることもなく
無事に往復することが出来ました。

Oさん、本当に本当にどうもありがとうございました。
とても一人では月山越えなど出来ませんでした。
いろいろお世話になり、心から感謝申し上げます。
直子ねーさんに吹雪の月山越えを自慢(っていうの?)しましょうね♪

おかあさんカンタート!

昨日のことになりますが、記事にしておきましょう。

0c82a697.jpg山形テルサにて
第25回おかあさんカンタートが行われました。
全国から参加した合唱愛好家の方々
(今回は約400人ほどだそうです)が、
第一線で活躍する講師4人のレッスンを受け、
歌の表現力を磨くという催し。

第一日目=土曜日の午前中は
山形県内の女声合唱団の公開レッスン。
ここで高橋直子指揮/コールファンタジーの皆さんが
拙作「自分の感受性くらい」「ええと」の2曲を
演奏して下さいました。

講師は合唱指揮者の長谷川冴子先生。
先生が指導される際に、目の前に作曲者が居るとやりにくいのでは、と思いましたし
主催者のほうからもそのようなお話がありましたので、
私が居ることは内緒にしてこっそり聴きにいった…はずでしたが…
聴いていらっしゃる方々もスタッフの方々も顔見知りばかりです。
こっそりなどしていられるはずもないですね、あっけなく身バレです…汗

でも長谷川先生はそんなことでバタバタするような方ではありません。
結局、なんとレッスン中は長谷川先生のお隣に座らせて頂きました。

…考えてみれば、オーケストラでの譜面の最初の音出しのリハーサルは
私の座席はいつも指揮者の真後ろですから、
「音楽を作る」立場となれば、当然の場所ではあります。

ただ、今回私が聴講に伺ったのは全く予定外でしたから、
そういう意味で、合唱連盟にも長谷川先生にも失礼致しました。
本当に、急に顔出したりしてごめんなさい。

さて、肝心のレッスン。
言葉を立たせること…「天野祐吉講演会」の時にも聞いた言葉ですが、
それがまず最優先だったように思います。
言葉の意味を音楽の流れに乗せる技術…声の音色、表情、音量など。
一括りにすれば、気持ちの流れと声のニュアンスということでしょうか。
これをハッキリさせることでだいぶ表情もいきいきします。
先生の指導も興味深いものでしたし、合唱団の皆さんもブラボーでした。
皆さんお世話になりました。
ありがとうございました!


作曲中の曲は終わり近くになってきました。
引き続きがんばります。
…あ…タイトルどうしよう。
ちょー悩む。

「Viva! Women」チケット発売開始です!

突然ですがコンサートのおしらせです。

VIVA2Viva! Women〜茨木のり子を歌う〜
9月8日(土)14:00開演 山形市民会館大ホール

入場料:一般1,500円/高校生以下1,000円
出演:ファニーカンパニー(ゆかいな一座)
座長:高橋直子
音楽:木島由美子
舞台監督・朗読:平野礼子
合唱:コールファンタジー
ピアノ:菅野清香・工藤恭子
客演指揮者:柿崎康裕
客演ピアニスト:渕上千里
お話:戸村雅子

演奏曲:
女の子のマーチ(作曲/木島由美子)
わたしが一番きれいだったとき(作曲/倉知竜也) 幾千年(作曲/林 光)
一人は賑やか(作曲/三善 晃) 大学を出た奥さん(作曲/木島由美子)
感情の痩せっぽち(作曲/木島由美子) 十二月のうた(作曲/木島由美子)
自分の感受性くらい(作/木島由美子) 落ちこぼれ(作曲/信長貴富)
さくら(作曲/信長貴富) よりかからず(作曲/信長貴富)
ぎらりと光るダイヤのような日(作曲/信長貴富) ええと(作曲/木島由美子)
笑う能力(作曲/新実 徳英) もっと強く(作曲/木島由美子)

===============================

昨年3月に山形市文翔館にて初演、12月に鶴岡市中央公民館にて再演され
大好評を得た「Viva! Women」、装いも新たに、かつ内容も充実させて
このたび山形市民会館大ホールにて再演致します。
明日から市内各プレイガイドでチケット発売開始です。

聴きに来てくれたお客さんが泣いて笑って元気が出るコンサートがしたい。
そんな思いから、この「Viva! Women」は生まれました。

「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」で有名な
茨木のり子さんの詩に付けられた合唱曲15曲を一気に演奏致します。
(木島作品、7曲になりました 自分でびっくりです
今回は指揮:柿崎康裕さんと、ピアニスト:渕上千里さんをお迎えして
より質の高い演奏を目指します。

コールファンタジーのみなさんは、この舞台の2週間前に
おかあさんコーラス全国大会に出場なんですよ。
この「Viva! Women」の舞台から
拙作「自分の感受性くらい」と「ええと」を持って行って下さいます。

女性が生きていくということ、歳を重ねるということ、
固定観念にとらわれずに自由にものを見て考えるということ。
ユーモアを忘れないということなど、それら生き方の姿勢そのものが
茨木さんの詩のなかから強いメッセージとして溢れ出してきます。
老若男女、たくさんのかたにお聴き頂きたいと思います。
チケットをお求めご希望の方は、私からも購入可能です。
unikijima@gmail.comまでメール下さい。
よろしくお願い致します!


あの…このチラシもヘンですし、ポスターはおっきいし、
かなり恥ずかしいことは恥ずかしいんですが
まぁとにかくこんな雰囲気のファニーカンパニーです。
ちなみに、
高橋直子の肩書きが「代表」や「団長」でなくて「座長」なわけは、
「何すっかわがんねくて良いべ(何をするかわかんなくて良いでしょ)」
だそうです。笑。

うた。(ちょっと修正)

ちょいと忙しくしていまして、昨日のブログをすっ飛ばしてしまいましたが
皆さまお元気だったでしょうか。(…少々大げさですね…)

さて、来る2012年8月、東京・文京シビックにおいて開催される
第35回全日本おかあさんコーラスへの出場権を獲得した
コールファンタジーの皆さんへの各方面からのお祝いの言葉が
私のほうにも頂いております。
改めてお祝い申し上げます。おめでとうございます!

コールファンタジーのみなさんが東北大会で歌われたのは2曲。
そのうち、私が作った歌が1曲だったんですよ。
でも、全国大会では2曲とも私の歌を歌って下さることになりました。
嬉しい…の前に、ものすごーーーーーーーくびっくりです。
…あの…拙い作品…後悔なさいませんか??
…などと言いたいんですが…

ありがとうございます。本当に本当にありがとうございます。
一生懸命書いた曲を愛して下さって…これ以上の幸せはございません。

合唱のことで思い出したことがあります。
先日、TVで「ハモネプ」をやっているのを聴きました。
ハモネプ=アカペラのコーラスのコンテスト、です。
リードヴォーカル、コーラス、ベース音、ボイスパーカッションなど
良いアレンジと技量があれば、変化に富んだかなり本格的な音がします。
高校生〜大学生など、主に若者が中心です。

ところで、合唱団にお邪魔すると、指導者のみなさんから
「若者がいない」ということをしょっちゅうお聞きします。
数年前におかあさんコーラス東京大会を聴いたときは
結構若いおかあさんたちのように感じましたが、これは例外…
女声合唱、混声合唱、男声合唱、どの編成でも
やっぱり若者が少ないですね…若者、仕事が忙しいでしょうか?

中学校で盛んに合唱コンクールが行われ、経験しているひとも多いのに
どうして続かないし広がらないんだろうね?と娘に問いましたところ、
次のような答えがかえってきました。
「中学校で歌うような重たーーい歌をいつまでも歌うのは辛いのよね。
 それよりかっこ良さって大事でしょ、ハモネプみたいな。」
なるほど。リアルタイムの若者はそう考えるか。

かっこ良さ…衣装などで演出は出来るけど、音楽そのものはどうなんでしょう。
清水脩 生誕100周年記念 男声合唱コンサートを聴いたときも
同じようなことを考えたことを思い出しました。

若者がいないと言う前に、たくさんの若者が歌いたいと思う歌が
合唱には少ないんじゃないでしょうか?
かっこ良くて分かりやすい曲ばかりが良いと言っているのではありません。
媚びるつもりは毛頭ありません。
でも、もう少しどうにかならないかと思うのはナマイキでしょうか?
(もっとガンガン言いたいんですが今日はこれで留めて置きますケホンケホン)

少しずつ挑戦して行きたいと思います。
「Viva! Women」拙作7曲を含む舞台は9月8日土曜日です。
(一部おバカな写真を含む)チラシとともに、来週チケット発売です。
もう少々お待ち下さいませ〜。

祝!

本日、岩手県民会館でおこなわれた
「第35回全日本おかあさんコーラス東北支部大会」にて
コールファンタジー(指揮:高橋直子/:ピアノ菅野清香)が
東北代表に選ばれました。
おめでとうございます!!!!!!
私は本番を聴くことは出来なかったのですが、
夕方に直子ねーさんが連絡を下さいまして、喜びをわけて下さいました♪

歌われたのは二曲、
♪「さくら」茨木のり子作詞/信長貴富作曲
♪「ええと」茨木のり子作詞/木島由美子作曲
この二曲の練習の模様は、以前に伺ったときの記事をどうぞ→ええと〜

歌って下さって本当に本当にありがとうございます。
心から御礼を申し上げます。
皆さん二曲の対比をつける…とおっしゃってましたけど
曲同士の対比がもともとありすぎましたね〜

全国大会は8月25日(土)文京シビックだそうですね。
暑い時期の練習になりますね、体調崩さないよう
どうかどうかご自愛下さいね。
(市民会館「Viva! Women」の本番2週間前なわけですが……
 この舞台の中でも歌う二曲ですし、宣伝しちゃいましょうね)

差し入れは…やっぱかしら、直子ねーさん。



お忙しいなか、聴きにきて下さったぶんなさん、
ありがとうございました!
お耳にかかれてうれしいです!

撮影会だったの

7adcf4cc.jpg9月8日(土)午後2時〜山形市民会館で行われる
「VIVA!WOMEN〜茨木のり子を歌う〜」の
チラシ・ポスター用の写真を、
市民会館スタッフに撮ってもらいました。
今回の舞台制作のファニーカンパニーの三人です。
右から平野礼子、高橋直子、私。
…わるだくみをした張本人たち、とも言うけど…

本番用の写真はもっと良いはず(笑)

この写真は、本番用のを撮るカメラの横から、携帯で撮って頂いたもの。
あの…特にひらの、正面のカメラの準備が出来るまでずっとその顔でいたのね。
私は手を抜いてただの横目になってるっていうのに。
すごい、プロだわ(笑)



Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ