うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

小編成・アンサンブル

マリンバアンサンブル!

11223891_1876485869242194_2151511391845110931_o
昨日聴いたコンサートはこちら。
「マリンバピアチェーレ/木音の香り」
テルサアプローズ、午後6時半。

元気のいい曲、しっとりした曲、
耳馴染みのある曲、ノリノリの曲、
さまざまなジャンルでのマリンバの魅力を
たっぷり楽しませて頂きました。

私が座っていたのはアプローズの前半分、
フロアに置かれた椅子でしたが、
後ろ半分の席でステージを
上から眺める場所だと面白かったかしら。

マリンバを4台使うとき、前2台・後ろ2台の2列で並べられていましたが、
後ろがもう少し聴こえる席だと良かったかなーと思ったもので。
演奏者の皆様がバランスに細心の注意を払っていらっしゃるのは
よくよく分かったのですが、響きとして興味があったもので。

拙作編曲「愛の夢Variation」も素敵に演奏して下さいました。
ジャズ以外はそれぞれ「ある曲」のパロディ的変奏でした。

パロディを「パクリ」と言われたら辛いなぁ。
決してそのようなことを誰かに言われたわけではありませんが、
インターネットでそういう傾向を何度も見たもので
どうもやりにくい世の中になったものだ…と思っていたのでした。
パクリじゃありませんよ、遊びのつもりです💧
でも「楽しかったよ!」と声を掛けて下さったかたが何人もあり
楽譜書きとしてはとっても嬉しかったです。
ピアチェーレの皆様、素敵な演奏をどうもありがとうございました!!

コンサートの企画・構成、広報、それから練習、合わせ。
毎回とんでもない手間と気力体力が必要だと思うのですが
マリンバピアチェーレ、今年で5年間頑張って来られたのだそうです。
チャリティやゼロ歳児からのコンサートなど、本当に素晴らしいです。
これからのご活躍も大いに期待しましょうー♪

打ち上げにも参加させて頂きました。
出演者、スタッフの皆さんとたくさん話せて楽しかったです。
でも、ゲストの星さんが仙台にお帰りになってしまって残念。
嵐のコンサートのため、市内の混雑が懸念されるためだそうで…。
かのグループのコンサートはほとんど“事件”ですね、笑。

合わせですよ

11223891_1876485869242194_2151511391845110931_o9月19日にテルサ・アプローズにて、
「マリンバ ピアチェーレ」の
コンサートが開催されます。
(画像クリックで拡大します)

マリンバ4台と、今回はピアノも!!
classic、マリンバオリジナル曲等
とっても豪華&楽しそうです

今回は「愛の夢Variation」を
少し前に編曲させて頂きました。
二年ほど前だったかな?
で、今日は合わせの練習にお邪魔して
全体を聴かせて頂きましたよ。

この「愛の夢Variation」では、マリンバ3台とピアノ、という編成です。
F・リストのピアノの名曲、愛の夢・第3番を変奏するという内容です。
やりたいことをやりたい放題詰め込んだ編曲なので、
内容を整理しつつ演奏して頂かないと、聴く方も混乱すると思うので
イメージとともに、主にバランスについてお話しさせて頂きました。
つまり、幾つか重なっている音や流れの中でも
重要な音を浮かび上がらせて頂く、ということです。

もちろん、マリンバ特有の問題であるトレモロの有無についても
皆さんのご意見をお聞かせ願いながら音を出して頂きました。

本当に…遊びたいだけ遊んじゃった編曲なのですよ…
リストに「コラッ!ぼくの曲で何やってるのっ!!」って叱られそうな
でもしっかり演奏して下さって、とてもとても嬉しいです。
ありがとうございます。

どんな風に遊びまくったかは、どうぞ当日アプローズへお越し下さって、
実際に耳にして頂きたいと思います。
甘く、優雅に、かっこ良く、楽しく、熱く、迫力ある演奏が
きっとお楽しみ頂けると思いますよ!

うーん。まだ7月だなぁ。近くなったらまた宣伝しますね

太鼓と三味線と笛とチャッパ。

近くの小学校は今日が創立記念日。
記念式典のあと「閃雷」のコンサートがあるというので
(回覧板が廻って来たの…ローカルでいいでしょ♪)覗いて来ました。

「閃雷」のブログはこちらをクリック!


「閃雷」は、ブログタイトルにもあるように太鼓と三味線と笛のアンサンブル。
小学校でのコンサート、どんな風に展開するのかな〜と興味がありましてね。

こうきさんが打つチャッパ(=日本版小型シンバル、ってとこ?)から始まり、
組太鼓と三味線が加わって豪快な響きです。

ゆうやさんの津軽三味線もじっくり聴けました。
途中でいきなり長調の響きになってびっくりしましたが、つまり
「津軽じょんがら節〜ようかい体操第一〜津軽じょんがら節」でした笑
弦楽器独特の同音連打をたっぷり使った、聞き応えのある演奏でしたよ。

セッションも聴けました。
あ〜打楽器って見応えがあって、視覚的にもホントに楽しいですね。
ようすけさんときょうさんの、違うリズムの太鼓の掛け合いがステキ。

コンサートは子ども達と対話しながら進みます。
名前を覚えてもらったり、太鼓を叩かせたり。
創立記念日に絡めたネタもあり、子ども達にとっては
「お客さま」というより「お兄ちゃんたち」の感じだったのでは。

しっかり音楽を聴かせ、遊びの要素もあり、小学校としては充実の1時間。


あのですね、ひとつ思ったんですが、
自分たちのオリジナルの音楽を演奏するのって伝わるものが大きいですね。

こないだのコブクロでも思ったんですが、
伝わりすぎるくらい伝わって来て苦しくなるほどなんですよ。

こないだのミュージカリィでもピアノを弾いてて思ったんですが、
やっぱり誰かに弾いて頂くと「違うなぁ」って思うと思うんですよ。
(しかし私が弾けない自作曲も多数ありますけど

この「閃雷」もそうです。

大編成でここまでやって頂くには…大変ですね。
小さい編成だからこそ出来ること。
でも大編成には大編成なりの良さがあって。
そこを見極めて楽譜書かないとね。
(いや、まずスポンサーとか予算とかで限られるんだけど

…なんてことをね、つらつら考えながら帰って来る途中、
頭上の青い空の中を、飛行機がゆっくり横切って行くのですよ。
なんだか気持ちもすーーっと遠くまで飛んで行くみたい。
次に書き出したい音楽を私の中で少しずつ少しずつ転がしながら
新緑の木陰でしばらくそれを眺めていました。

なんとも贅沢な五月です。

無事に帰宅しました

さて、今日も授業だったので、仙台を往復しました。

数年前、タクシーの運転手さんに教えてもらったこと↓
「雪山を越えるときは、
 食料・特にチョコレート、熱い飲みもの、毛布を持ち、
 ガソリンと携帯の充電を100%にしてから出かけること」

これらをきっちり守り、笹谷峠に挑みましたw
だって北海道沖の低気圧が台風並みになるだっていうんだもの。

朝の山形側は、赤白の道路標識柱(スノーポールって言うのだそうですね)が
西側、つまり東側から登って行くクルマにとっては手前側に
いつものようにびっしり雪がついていて見づらいことこの上なし。
でも吹雪らしい吹雪もなく、仙台市内に入ると薄日も射していて
拍子抜けするくらいでした。らっきー。

夕方の笹谷越えは強い風と雪で視界が悪いことは悪いんですが
何台ものクルマが連なって走っていて、なんだかとても賑やかでしたww
山形側ではさすがに怖い思いを何度もしましたけれども。

山形に帰り、娘を迎えに行き、二人で30分ほど雪かきをして家に入り、
そうしてから暖かいご飯を二人で食べることが出来ました。
ああ、やっと安心しました。かみさまありがとうございます。

FullSizeRender授業のほうは12月としては今日が最後。
少人数のグループに分かれて
アレンジと練習に入っています。
どの楽器を使う?どの楽器が演奏できる?
コードネームを良く読んでね。
ハモリは?オカズは?

ある学生の皆さんからカードも貰いました。
こんなにかわいいの
中身もとってもかわいいんだけど…
個人が特定出来ちゃうからナイショです。
嬉しいなぁ〜ありがとう〜♪




ぼけぼけですが

今日は、些細ではありますが少々お知らせを…。

メールやメッセージの返信が早くて済みません。
びっくりする方もおいでのようですので、あらかじめ申し上げます。
決して「早く返信を下さい」などと催促しているつもりはありません。

ご連絡を頂いたと気づいたに返信しないと忘れてしまうのです。
ボケボケです(痴呆ではないつもりですけど)。
意識が「あっちの世界」に吹っ飛んでいると
本当にきれいさっぱり思い出せないことがたくさんあって、
催促をされたり、お顔を拝見してから急に思い出したりして
赤面したことも数知れず。

そういうわけで、意識が「こっちの世界」にいるときに、
出来る限りサッとやることにしています。
もう本当に失礼なヤツでごめんなさい。


というわけで、ただいま小編成アンサンブルアレンジ進行中。
in C、in E、in A、in Fで書かれたパートを含むオーケストラスコアから、
in C、in A、in Fのパートを含む9人のアンサンブル譜面を作ります。

in Eの譜面が慣れなくて、最初の頃はぼんやりしてしまうくらいでしたが
次第に慣れてスピードアップして来ました。
例えば算数(数学じゃありませんよ)だったら
計算ドリルにあたるこの作業、数をこなすのが大事です。
本当はソプラノ記号だろうがアルト記号だろうがテナー記号だろうが
とにかくどこに移調したって読めなきゃハナシにならないのですが。
しばらくやってないとそこの感覚が錆び付きます…しくしく。
10秒ジングル!とか30秒ぴったりで場面転換!などの感覚と同じです。
(ジングル:主にラジオやTVで、番組の節目に挿入される短い音楽のこと)

ってことは何?
最近はin CやB♭やFとかの譜面ばかりでラクしてたってこと?
考えてみればどうもそうみたいねえ。

おめでとうございました!

数日ブログを更新していませんが、
忙しくて時間が取れないだけで元気にしていますよ。
この週末にあったことをピックアップして記事にしましょうか。
全部は書ききれないけど…。


まず土曜日。
各分野の功労者に贈られる秋の叙勲が11月3日付で発令され、
山形県内から52人が受章しましたが、その中のおひとり、
旭日小綬章受賞の渋谷忠昌氏の受賞祝賀会が行われました。

祝賀会では、来賓の方々の祝辞のあと祝奏や祝舞があり、その内の
お孫さんたち6人(幼稚園〜高校生)のアンサンブルによる祝奏の
編曲と演奏指導を担当させていただきました。

選曲から始まり、曲の構成、全ての耳コピー、編曲、
楽器の選択、レジストレーション、リズムパターンの作成、
6人のうちの年齢の小さい子たちのレッスン、全体のレッスン、
いろいろこまごまと働かせて頂きましたよ。
楽器編成は、ピアノ、YAMAHA・STAGEA、KORG・TRITON。
主に電子楽器を使うので、本番が終わるその瞬間まで
無事に鳴ってくれるか、ずっと心配し通しでした。
電子楽器の動作については基本的に信用していないので。

内輪のお祝いということで曲名は公開しませんが、
歌入りのメドレーに仕上げて9分ほどの演奏時間でした。
一番小さいYくんの集中力の心配をしたときもありましたが、
お姉ちゃんたちと一緒に我慢強く練習をして上手になりましたね。
長い音価が続く譜面というのは、簡単そうで実は一番難しいのですが
6人とも根気よく練習をして、Mくんのしっかりした指揮のもと、
本当に立派に本番をやり遂げました。
パパの歌もステキでしたね!

みんな習い事や部活動でとても忙しい時期なのに、よく頑張りました。
それと「姉という存在は本当に有り難いなぁ」って何度も思いましたよ。
優しくて(時にキビシーーク)面倒見が良くて(時に口うるさーーく)。
お姉ちゃんたちのおかげで
弟たちはしっかり躾けられ、立派に成長して行くことでしょう。
いやほんとうに。何十年後にはいい思い出になっていることでしょう。

ママたちの完璧なフォローも大事です。というよりここが一番大事です。
家のことはママです。ママたちが素晴らしいのです。
社会的には表には目立つようなことはないと思うのですが、
そのフットワークの軽さ、気働き、明るさ、マメさ、体力、
同じ女性として、同じ母の立場として、心から尊敬しますね。

今回、少しでもお役に立てたなら、こんなに嬉しいことはありません。
お世話になりました、ありがとうございました。

渋谷忠昌様、旭日小綬章の受賞、おめでとうございます。
渋谷様と皆様のますますのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。





あうあう

午前中、泳いだり買い物したりして一息ついた後、
午後から次の次の次の仕事のための準備に入りました。

子どもたち6人によるエレクトーンのアンサンブル、11月末に本番です。
(本番になったら詳しいことをご報告出来ると思うのですが。)
で、7月前に譜面をお渡しして練習してもらっていました。
いよいよアンサンブルの練習に入るのですが、
弾いてみた感じ、易しすぎるので音を増やして欲しいとのこと。
うーん、元々の曲がシンプルすぎるほどシンプルなんだよねえ。
でも増やせば迫力も出るかな、と思われるのでアレンジし直し。
がんがん弾いてもらうゾ。ふふふ。

それと、パーカッションのパートも作らねば。
うちのキーボードにステップ入力(打ち込みってやつ)をやってみたけど、
液晶画面が小さくて、めんどくさ過ぎて気が遠くなっちゃった。
それで、MIDIトラックにリアルタイムレコーディング。
でもレコーディングのあとのエディットも、操作が複雑すぎ。
だいたいオペレーションガイドの内容は読めば理解出来るけど、
キーボードの『どこに』その機能のキーがあるのか、探すのに一苦労。
どう操作すれば『その』画面が出てくるのかも、探すのにだいぶ苦労。

慣れたパソコンでだーーっとメールを打つ(=パソコンで音楽を作る)
不慣れな新しい携帯でちまちまメールを打つ(=キーボードで音楽を作る)
↑これくらいの差がありますねえ

レッスンする場所や本番会場にはパソコンは持って行けないもんねぇ。
エレクトーンでパーカッションパートを作っても良いけど、
そうすると市内某店に数時間こもらないと作れないし…。
あ。Drumsの演奏者を頼めば良い??依頼主に相談してみようかな??

その前に、リアレンジ、ホントに日曜の練習に間に合うのか私??


今日は忙しくしてたから良い写真が撮れなかったの、ピンボケの写真だけど使っちゃう

130826_2110481直子ねーさんとつるちゃんのための
「VS・バーサス〜電車の中で〜」
某所にて合わせでした。
ひらのにビシバシ演出してもらいます。

歌手のための作品というよりコントですな。
ピアノを弾くのに忙しくて
二人の表情を見ているわけにいかないのが
とっても残念〜誰か弾いてちょうだい〜〜

「働くオンナの事情」もそうだったけど、ピアノ伴奏をしているため
自分の曲を全く客観的に聴いたことがない曲が何曲かあります。

うーむ。本番当日、客席にいてこれを聴きたいし観たいです。
だれか分身の術を教えて下さい。
ちなみに孫悟空みたいに胸毛はありません。

プレシャスカルテット 山形公演 !(追記)

Precious String Quartet 山形公演
〜魅惑のストリングス〜

W.A.モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジークより
F.ブリッジ/横丁のサリー 熟したさくらんぼ
やまがたのうた・ラプソディ
Screen music 'All times and place!'
オペラ「ポーギーとベス」よりサマータイム
A.ヴィヴァルディ/「四季」より夏
F.メンデルスゾーン/弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 Op.13

===========================

山形交響楽団首席Cello奏者:小川和久さんが、
素敵なお仲間とともに四重奏山形公演をされています。
今日・山形市、26日・鶴岡、27日・白鷹の3公演です。

拙作アレンジを二作演奏して頂きましたよ。
映画音楽は何曲かリクエストを頂いたので、Youtubeで調べ
耳のトレーニングも兼ねていちいち耳コピーをして譜面を作りました。

(↓書いてる最中のブログはこちらですそういえば)
あ…あの…
せきにんって

とっても楽しい仕事をありがとうございました。
あんまり演奏が素晴らしいので、寅さん聴いてもうるうる来ちゃう、
と言ってた友人もいましたよ(^^)
「花笠音頭」は、独断と偏見により、弦楽器の刻みが大好きなので
たくさん入れてみました。ええ。私が楽しいので。うふふ。
素晴らしい演奏、ありがとうございます!

あの…ヴィヴァルディ、なんて素晴らしい。この迫力、この美しさ。
いつか全曲聴きたいものですねー…


先日の山形交響楽団の定期のオール・メンデルスゾーンに続く、
こちらのプレシャスカルテットの第2番 イ短調 Op.13。
予定通りのことをして予定通りに終わる、純粋な調性音楽って
なかなかピンと来るものが少ないし、しかもドイツものはねぇ…。
…と思っていましたが、(今日も)ナマの演奏を
じっくり聴き、その良さをよぉくよぉく感じさせて頂きましたよ。
なんてチャーミングな。
メンデルスゾーン、よく聴き込もう。スコア買っちゃおう。

音楽と、人との出会いは貴重です。いろんな展開が見えて来ます。
大事にしたいものです。

image


ところで、3月の「交響讃歌やまがた」以来ずーーっと働きづめでしたが
今日やっと4ヶ月ぶりに休みをとり、とりあえずたくさん眠りました。
おかげで頭痛がすーっと引いて、本番中の耳コピーも軽々でした。
最低3日間は何が何でも休みます。
マッサージやなんかの前に、やっぱりたくさん眠ることにしますーー。



トリフォーリオ!

ピアノ三重奏 トリフォーリオ Trifoglio 2nd.Concert
2013年6月22日(土)喫茶・ギャラリー 瑳蔵 14:00〜

出演:駒込 綾(Vn.)渡邊研多郎(Vc.)大野木はるか(Pf.)

F.シューベルト/ピアノ三重奏曲 変ロ長調 D.28
B.マルティヌー/ピアノ三重奏のための牧歌集 H.275
R.シューマン/ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 Op.63

==========================

酒田、米沢、山形と三回公演があり、今日が最終日。
2ndコンサートは合計4回公演なんですね。

回数が多いせいもあるんでしょうか?
どの曲もとても「こなれた」感じのする響きと流れです。
ビート…という言い方はクラシックにはふさわしくないように思いますが
ほかにあまりぴったりする言葉が見当たらないので使ってしまいます。
ビート感が心地よくて、音楽がずんずん進むのを感じることが出来ます。

音色とバランスが美しいのは
Facebookに上がっていた動画でも充分感じましたが、
このワクワクするビート感はナマで初めて感じた…というか
クラシックの世界ではあまり見当たらないかも…です。
特にマルティヌー、特にAllegro con brioね。

小編成のアンサンブルの緻密さに惹かれますねえ。
大きな編成のアンサンブルの迫力も大好きですが、
このくらいの編成をきっちり書く研究もしたいなぁ。

なんか前回よりも満足したかもしれません。
あんまり詳しくここに書くのもどうかと思うので、ブログではこの辺で。


明日は、全然違う分野=エレクトーンを研究しに某店へ出かけます。
今日はその下準備。譜面を全部書き上げたので印刷してマニュアルも用意して。
うぅぅ、時間が足りなさ過ぎ。
身体が4つ欲しいよ〜!
Profile

木島由美子

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ