うにの五線ノートから…

「うに」はuniqueのuni。 作曲家木島由美子の五線ノートに書き付けた、音楽&舞台裏。

リハーサル

さあ、本番は明日です

20170305_omote_s いよいよ本番は明日となりました。
昨日から仕込み、リハーサルなど行っています。
======================

平成28年度 文翔館創作劇場
【大地の母ー遥かなる満州の記憶】


日時:2017年3月5日(日)14時〜(開場 13時30分)
会場:山形県郷土館 (文翔館) 議場ホール
料金: おかげさまでチケット完売です
(10時〜のゲネプロのみご覧頂けます)

======================

庄内で活動するメンバーを中心とした「いではプロジェクト」による公演。
山形のデザイナー、故神保亮さんの母親が体験した実話を基にした舞台です。
第二次世界大戦末期の中国満州で、混乱の中、
家族を守り続けた一人の母親の物語です。
朗読劇に、加藤由美さんのダンスと私のピアノが加わります。
どちらもオリジナル。
ピアノについては作曲はしましたが、
生演奏でのコラボレーションなので、即興の要素も多分に含みます。
「山形の芸術家による、山形を題材にした創作劇」なのです。

image 今回の現場と"相棒"はこんな感じ。
スタンウェイのピアノを独り占め♡
昨日はピアノそのものが冷えきっていて
温まるまで時間が掛かりましたが、
…やっぱり良い音。めんごい♡

芝居の脚本、演出、キャストのほか、
舞台、音響、照明。
たくさんのスタッフが
たくさんの機材をセットして行きます。

大勢の様々な分野の人が関わって創る舞台、とてもワクワクします。
ただ、とても残念なのは、加藤由美さんが私のピアノで踊る姿を
リアルタイムで正面から観ることが出来ないことです。
誰か〜!分身の術を教えてちょうだい〜〜!!

山響定期と…ひみつ。

山形交響楽団 第248回定期演奏会
2015年11月28日・29日
〜ベートーヴェンに至る轍(わだち)〜

指揮:飯森範親
ピアノ:小林有沙

<プログラム>
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 op.73「皇帝」
バッハ/ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048
ハイドン/交響曲 第99番 変ホ長調

============================

私は音楽そのものに大変興味がありますが、
「この曲のこの演奏がいい」
「いや、この楽団だったらこの年のこの指揮者のがいい」
と言ったような、「演奏そのもの」にはほとんど興味がありません。
演奏が良いなぁと思えるものであれば、音楽的に納得出来れば、充分です。
同じ曲のCDを何枚も買ったり聴いたりはほとんどしません。

ただ、「演奏家」には興味があります。
つまり、「そのひと」がどんな音楽を奏でるのかに大変興味があります。
同じ演奏家であっても、時間や場所、さまざまな環境などで変わります。
同じ演奏家であっても、演奏する曲によって様々な表情が感じられます。
それが面白いなぁと思うのですよ。

クラシック音楽と呼ばれるジャンルを聴くのにあちこち出歩かないのも、
山形交響楽団をずっと聴き続けているのも、そういう理由…なんでしょうね。
(他人事のようですが
どの曲も楽しかったんですが、特にハイドン。
いいわぁ。楽しかったですー♪
それと、トップが変わると音楽が変わりますね。


今日の午後はヒミツの仕事でした。
こちらもうんと楽しかったー♪
S先生、Sさん、Bさん、ありがとうございましたー♪♪

リハーサルでしたよ

campus_concert_
またまたお知らせしますよ。
演奏して下さる学生の皆さんが
とっても頑張ってるんですから
宣伝しなくちゃね。

10月10日、午後1時半、
山形大学文化ホールで
キャンパスコンサート第一回として
「山形が生んだ音、音楽
  ー松島彜、木島由美子の音楽ー」
が、開催されます。

今日は、リハーサルのため
山形大学・音楽科にお邪魔しました。

今まで委嘱してくださった演奏家の演奏しか聴いていない曲もあり、
譜面から読み取った音楽が膨らんで行く様を新鮮な感動でもって聴きました。
演奏者が違うと、音楽はこんなにも違うもんなのねえ。

たぶん、私の曲を演奏して下さった合唱団の方がお聴きになられれば
私の気持ちがお分かり頂けるのではないかと。

たぶん、多くのひとに演奏して頂いて
音楽は成長して行くのではないでしょうか。

私の中にきちんとした形の音楽はあることはあるのですが
委嘱して頂いたかたの音楽を聴きたくて書いた曲もありますし
委嘱して頂いた演奏家の演奏が私の中の音楽になっているのもありますし、
でも、ひとによって時間によって音楽は変わって行くのは当然ですし、
そう考えると、何度も何度も演奏して頂くことが
音楽にとって一番良い事なのではないかと。

(そうする価値がある音楽なのかどうかはまず置いといて
(だからつまり、一般的な話だと思ってお読み頂ければと

学生の皆さん、演奏して下さってどうもありがとうございます。
本番よろしくお願い致します。
佐川さん、企画して下さってありがとうございます。


とかなんとか偉そうなことを書いていますが
金曜までのアレンジが間に合うかどうかで切羽詰まってます。
切羽詰まってナンボだし。ここから先が勝負!なんだぜ笑

しかし間に合うのか、私。
がんばれ、私。
10日の本番の後を楽しみにがんばるのだ、私。

(と思うならブログ書いてるなって話だけど)

目が疲れたとか言いながらブログを書いてしまう私はどうかしてる。

ぐったり。
目を使わずに楽譜を書く方法は無いものか。

週末、いろいろあったので、ちょこっとずつ書きとめて置きましょう。
「第38回おかあさんコーラス東北支部大会」が山形テルサで行われました。
日曜日の本番を聴けないので、土曜のリハーサルをちょっとだけ。

コール・ラベールさんが歌って下さったのは、
拙作「歌に会いに出かけよう」「歌が生まれるとき」の二曲。
丁寧に丁寧に歌って頂きました。嬉しいですねえ。
明るい歌声、ありがとうございました!!

コール・ファンタジーさんのモーツァルトの名曲をつないだ音楽は、
見ても聴いても、とっても楽しかったです。
(2011年の拙作数作を含む「Viva! women」でお世話になった合唱団です)
歌うっていいなぁ〜羨ましいなぁ〜って思うほどでしたよ。
昨日の本番では見事東北代表に選ばれたそうで、おめでとうございます!!
凄い凄い全国大会は札幌ですね。楽しんで練習してくださいね!


2015-06-22-20-59-52その後、息子に運転してもらって
両親の顔を見に大河原町の実家へ。
途中、仙台空港に寄りまして。
着陸する飛行機がこんな風に見えるところへ。
かっこいい〜〜
久しぶりにジェットエンジンの轟音を
間近に聴くことが出来てシビレました。
我が家の子ども達が小さいころ、
山形空港の絶景スポットまで連れて行って
着陸する飛行機を何度も眺めていたっけ。

2015-06-22-21-00-10私は小さいころから飛行機とか電車とか
大好きな女の子でした。
誕生日のプレゼントにねだったのに、
サンタさんにもお願いしたのに、
いつまで経っても手に入りません。
仕方なく兄のプラモデルや
いとこの電車で遊んだりしていました。

で、どうしたかというと、
「死ぬほど嫌いなピアノの発表会(←爆)に出ることと引き換えに
 電車のおもちゃを買ってもらう」という約束を取り付け(←爆爆)、
やっと小さな3両編成の電車を手に入れた、というおかしな記憶があります。

ちゃんとお人形も持ってましたし、おままごともしましたよ。
でも電車や飛行機などの乗り物も大好きなんです。
だから「なんで“女の子向き”なんてあるんだろう」とずっと思ってました。

2015-06-22-21-00-00そういえば、数日前にやった性格診断では
私の脳みそは
“62%男性脳:38%女性脳”と出ました。
「女性の話にも充分共感できますので、
女性の友人はとても多いのですが、
『いい人』で終わりがちです。
たまには男性らしさも追究しましょう」
のような診断が。

この診断、私がオトコだと断言してるよね?
一応オンナなんだけど?

明るく楽しく元気よく!

今日はハラグロなどと言っている場合ではありません。
明日行われるファンタジックコンサートのリハーサルですよ。
山形市民会館大ホールで行われるこのコンサート、
NHK教育「うたっておどろんぱ」レギュラー出演されたり、
プリキュアシリーズのEDを歌われる吉田仁美さんをゲストに迎え、
佐藤寿一さん指揮・山形交響楽団の演奏による、
歌あり、踊りあり、なぞなぞあり、音楽物語ありと、
とってもとっても盛りだくさんなのです。

で、「プリ○ュアメモリ」と「Alright!ハートキャッチ○リキュア」
2曲のオーケストラアレンジをさせて頂いたのでした。
アクセントが抜けたり、スラーが抜けたりしたところが
2曲で合計7カ所、事前に全ての演奏者にお伝えして演奏開始。
吉田さんの歌と合わせてあっという間に仕事は終わり。

明るく楽しく元気よく!
明日はちびっこがたくさん聴きに来てくれると良いですね!!
IMG_0116
今日の市民会館は仕事に行ったはずなのですが、
様々なかたにお会いしていろいろ
お伝えしたりお渡ししたり頂いて来たり。
ものすごく貴重なCDも頂きましたし、
「山形市児童劇団創立40周年記念の脚本集4」
が完成したので頂いて来ましたよ。
劇音楽もCDとして収めて頂きました♪
Mちゃん、Yさん、お世話になりました。
ありがとうございます!

で、家に帰って来てから何となくだるかったのですが
食後に1時間ほど眠ったら回復して元気になりました
もう夜中なんだけどこんなに元気でどうしよう



骨?

飯森範親&山形交響楽団&山形テルサが贈る、年末プレミアム2DAYS。
カール・オルフ「カルミナ・ブラーナ」が土曜日本番。
ベートーヴェン「第九交響曲」が日曜日本番。

今日からカルミナ・ブラーナのリハーサルが始まりました。
合唱抜きのオーケストラに興味がありましたので、
マネージャーOさんに連絡し、午後のオケリハーサルを聴かせて頂きました。
それに、大学からの親友=Y子がエキストラとして出演するから
顔を見に行かなきゃ。

この曲、同じ音型が続く…けど全部同じじゃない…のとリピートが多いのです。
うっかりすると聴いていて迷子になります。
でも1曲1曲が非常に短いのと、歌詞が宗教臭くなく世俗的で……。

『おお運命の女神よ
 移ろう月の如く 汝は常に満ち欠けを繰り返す
 情け容赦無い忌むべき世界』

冒頭から『忌むべき世界』ですよ。
生きることの素晴らしさ、この世界の輝かしさなど一片もありません。

ええと…シュールな部分が何とも言えない魅力です…。
<昔は湖に住んでいた>なんぞはオケも歌も「ひょえ〜」です

『昔は湖に住んでいた 美しい姿で かつて白鳥だったころ
 なんてこった 今じゃ真っ黒にローストされる姿になってしまった』

ファゴットの禿げそうに高い音。
シロフォンの骨がぶつかり合うみたいな音(実際どんな音か知りませんが)。

もちろん、切ない恋やうっとりするような愛の歌もありますが、
冒頭の「情け容赦ない忌むべき世界」と歌う、
<おお、運命の女神よ>が終わりにもう一度演奏されます。

いやぁ。やっぱり生演奏を聴くべきですよ。
この迫力、強烈さ、シュールさ、録音には生演奏の半分も入らないみたい。
生演奏を聴いたあとにyoutubeなんかで聴きかえすと、
どんなに立派な演奏者であっても、あまりにちゃちな音でがっかりします。
とは言っても、次の日の第九とともにチケット完売なんですよね。
良い演奏会になりますように。

リハーサル後、Y子とコーヒーを。
大学時代とほとんど変わってないんだけど。
驚異的ですらありますな。ふふふ。



ありがとうございました!

しまった。
金曜日はレディースデイだから映画に行こうと思っていたのに。
金曜日がもうすぐ終わってしまう時間に思い出した。あああ。

山形交響楽団用アレンジ「リベルタンゴ」、おかげさまで一応の完成です。
指揮の佐藤寿一さん、工藤俊幸さん、
楽団員の皆様、八木さん始めライブラリアンの方々、
お世話になりました、ありがとうございました。
後は大井剛史さん指揮のリハーサルが残ってますけど。

いつも思いますが、オケの譜面を書かせて頂けるのは本当に幸運です。
譜面を書いても音にならないことが山ほどあるのが作曲の世界です。
文字通り「屍累々」ってな感じの譜面がいっぱいあります。
(作品自体が“ゴミ”なモノもいっぱいあるんですが…
それでもプロオケに演奏して頂くチャンスなど
滅多に巡ってくるものではありません。

その上、有り難いことに報酬を得て腕を磨かせて頂いているのです。
作曲と編曲の違いはあっても、オケの勉強には変わりません。
チャンスに恵まれた、としか言いようがありません。
これがベストを尽くさずにいられましょうか。

師匠がまだ山形にいらしたころ、
師匠が書かれた曲のオーケストラリハーサルに立ち会ったことがあります。
一通り音が出た後、指揮者が「これでいいでしょうか?」と聞かれると、
「こんなものでしょう」。…師匠がお答えになったのは、これだけ。

もちろん、このリハーサルの前には指揮者や演奏者とのやりとり、
…例えば作曲の背景やイメージなどの言葉はたくさんありましたが
音が出たあとの会話は本当にこれだけでした。
メチャクチャかっこいい!…と思った私は
よし、これを目指そう、と単純に思ったのでした。

でも、今でも物事がシンプルに行かず、七転八倒してばかり。
けど、ほんの少しはあの時の師匠に近づけたかな…?

現場の聞くべき意見は聞き、通すべき自分のイメージは通す。
でも、まだまだ修行が足りませんねえ。
1ミリずつでも前進して行きたいと思います。
オケ好きだもん。

「リベルタンゴ」、今年度のスクールコンサートの
一部のプログラムで使って頂きます。
指揮者の皆様、楽団員の皆様、よろしくお願い致します。








Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
月別アーカイブ
*ご案内*
木島由美子作品集CD「Lumiere」をインターネット販売しています。曲目や演奏者などの詳しいご案内やお求めは、↓この画像をクリックして下さいね。

cd2011


山形市:トミオカ、
東京・大久保:石森楽器でも販売中です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ