2013年12月31日

2013年終わり

今日で2013年も終わり。

明日からの2014年は少し日記のつけ方を変えようと思っている。

プライベートなものはiPadの日記アプリで、公開せずに、そしてこちらのブログには音楽談義など、私個人の日記とは無関係なものを書いてゆこうと思う。

というわけで、2010年の4月1日から続いていた連続記録も今日で終わり。

本当なら2014年の3月31日まで続けたいところだが、新年を迎えて色々と新しくしたいので明日から始めることにした。

今日は三嶋大社で年末初詣に行った後、その足で妻の実家へ移動した。

それではまた。

unikun at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 連絡事項 

2013年12月30日

1000回跳んだ

今日はさらに回数を増やして1000回跳んだ。

中学生のころ、毎朝6時半ぐらいにおきて1000回跳んでいたが、ただひたすらつらかったという記憶しかない。

とにかく、いくら跳んでもなかなか1000回に達しないのだ。

それが、今日はあっさりと1000回跳んでしまった。

若くないので無理して心臓麻痺でも起こしたら困るので、最初は50回ずつ、休み休み跳んでいた。

体が温まってきたところでまとめて跳ぶ回数を100回ずつにして、休憩込みの25分で1000回達成。

最後のほうは90回ぐらいで躓いたりと、疲れが見えてしまったが、あっさりと1000回跳んだような実感だった。

ではまた。



unikun at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 健康 | スポーツ

2013年12月29日

500回跳んだ

今月の22日に、息子につきあって久しぶりに縄跳びをやってみた。

そのとき調子に乗って二重跳びなんぞやったものだから、先週は足の裏が痛くて歩くのもつらかったが、それが治ったのでまた今日もつきあって跳んでみた。

今日はソフトに回数を稼ぐように跳び、500回をとんでみたが以外とラクだった。

今日の昼食は久しぶりにマクドナルド。

明後日から実家巡りをするため、あまり食材を買い込みたくないので軽く外食をということになったのだ。

それにしてもマックは変わった。

今年度の売り上げが計画に対して半減というのもわかる気がする。

なんといってもハンバーガーが小さい。

そしてセットメニューが高い。

Mサイズはいらないから安くしろって。

というわけで、いつもは面倒なのでセットにするのだが、ポテトもドリンクもSでいいから単品で注文した。

そのかわり、アップルパイも注文してみたww

ではまた。

unikun at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 健康 | 育児

2013年12月28日

富士山こどもの国の冬バージョンに行ってきた

ここら辺りの雪道には、昨年末と今年2月の「ぐりんぱ」行きで慣れているとはいえ、タイヤはノーマル、おまけに先代愛車のエスクードと違って今のランディはFFの2WD。

何かあったときに頼りになるのは(いや、何かあってからでは遅いのだが)チェーンのみだ。

「こどもの国」の方が「ぐりんぱ」より標高が低いはずで、さらに今日は風もあまりなかったのにやたら寒かった。

昨晩中に放射冷却でめっきり冷えたのだろうか、ご覧の通り超絶景色なイイ天気である。
image

こちら「こどもの国」の「雪の国」広場のソリ遊び斜面。
image

ショートコースとロングコースの二つがあって、ロングコースはこの通り樹木の陰になっていてかなり寒い。

ショートコースのほうは日当たり良好で暖かいのだが、文字通りショートなコースで、6歳の息子にとっても短かすぎてつまらなく、息子はずっとロングコースで滑っていた。

帰り道、「こどもの国」から出るところでクルマが2台、道路の向こうとこっちで止まっていたが、どうやら事故った、もよう。

それに気を取られてアクセルの踏み加減を誤り、ウチの車も思い切りタイヤが空転してちょっと焦った。

ホントに昨年の「ぐりんぱ」行より走りにくかったが、もしかしたら、今年はこの辺りにしては珍しく雪が深いのかも知れない。

それが証拠に、ここらの住民たちには慣れない雪のせいなのか、帰り道でなんと側溝に左半身そっくり落ちてハマっていたクルマを見かけた。

ぶるぶる・・・

気をつけよう。

ではまた。

unikun at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 育児 | 行事

2013年12月27日

天気予報あたりやがった

というわけで今日は傘を持たずに(朝も晴れていたし!)出社したところ、帰りにはかなり降られてびしょびしょに。

傘を持たずにと言っても、エマージェンシー用の折りたたみは常に携行しているが、飽くまでもエマージェンシーなので、会社近辺で吹き荒れる暴風雨には全然かなわない。

会社近辺の強烈な雨や風には、やはり16本骨の傘でないと太刀打ちが出来ないのだ。

で、歩いて帰ることなどもちろん出来ず、今日の歩数は7695歩。

明日からは待ちに待った年末年始休暇が始まるが、ということはいよいよ12月は一日平均10000歩の達成は不可能な感じになってきた。

体重計に乗るのがコワイ(^^;;

ではまた。





unikun at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 健康 | 日記

2013年12月26日

政治家としてはアマチュア

遅ればせながら元東京都知事氏の知事辞任時の「政治家としてはアマチュアだった」というコメントについて一言。

ここで使われている「アマチュア」という言葉、私はこの一言にとても違和感をもった。

猪瀬氏は作家出身ということで、そういった背景も含めて、氏としてはおそらく、

「プロでなかった(素人だった)」

という、謙遜の意味で使った言葉なのだろうが、やはりおかしな感じだ。

1985年4月6日から1988年9月24日のN響アワーで、鼎談方式の司会をされていた芥川也寸志氏(木村尚三郎氏だったか?)が語っていたように、「アマチュア」の語源はAMA=LOVE(※)なのであり、「愛好家」と日本語にも翻訳されているように、愛好・愛玩・趣味の意味合いが強い言葉である。

モーツァルトのミドルネームである「アマデウス」は「神に愛されし」という意味だしね。

つまり、猪瀬氏の真意はともかく、「私は政治愛好家だった」と言っていることになって、「仕事として真面目にやれ」と言いたくなってしまう。

というか、政治が好きだったとも思えないし。

ではまた。

※オックスフォード英英辞典にそう記載があるらしいが私は未確認です。ごめんなさい<m(__)m>

続きを読む

unikun at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出来事 | 言葉

2013年12月25日

2444歩不足

結局今日もワインと焼酎を飲んだ。

クリスマスだから。

今月は、16日の週の忘年会と天候不順、さらに22日からの3連休で、会社から歩いて帰る機会が激減。

本日25日で25万歩以上歩いていなければならないところ、現時点で24万7556歩で、2444歩も不足している。

一日平均にしても9902歩と、かなりの未達。

それを如実に反映してか、体重もジワジワと増えつつある。

やばい。

ではまた。


unikun at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 健康 

2013年12月24日

体重推移、連休クリパで増加傾向

連休明けの出社日、結構元気(会社の英会話教室ではあまり話せなかったが)。

3連休中、クリスマスということで大いに飲んで喰ったにも関わらず、今朝の朝食のデザートに昨日のクリスマスケーキの残りを食べてきた(昨日は自宅でささやかなクリパ)。

で、今日の夕食時には、平日だというのに「クリスマスイブだから」と託けてワインその他を軽く・・・

今月のWalking実績はまだ1日平均10000歩に達していないのに、カロリー摂取量ばかりがどんどん増えてゆく。

8月の頃もそうだったのだけれど、太るときは1週間で1kgぐらいずつ確実に体重が増加するのに、減らすときには1日10000歩のWalkingを平日毎日続けたとしても、1kgを減らすのに2ヶ月ぐらいかかる。

ちなみに、これが今年2月からの私の体重の推移(広告は無視してくれ)
IMG_5732[1]

文字が見づらいので説明しておくと、縦軸1目盛が1.5kg、横軸1目盛が約50日の体重推移グラフである。

今年のGW明けぐらいから、「晴れの日は会社から歩いて帰り、1日10000歩を達成する」を実行。

2ヶ月ぐらいで3kgの減量が出来たが、そこから停滞期に突入。

体重の減り方が鈍り、3ヶ月で2kgぐらいのペースに落ち込んだ。

そして、夏休み中の暴飲暴食が祟ったのか、それとも休み明けのガムの暴食(嚙)の影響か、8月終わりぐらいから増え始め、2週間であっという間に2kgほど戻ってしまった。

慌ててガムを断ち、そのほかの間食もちょっとだけ減らしたところ、体重は再び減り始めたのだが、3ヶ月で1kg減るか減らないかのスローペースとなってしまった。

そしてこのクリスマスシーズン、またまたジワジワと増加傾向にあるような・・・

ちなみに食事制限は一切やっていない(間食制限は前述の通り「ちょっとだけ」実施)。

それでも曲がりなりにも減るということは、やはりWalking効果は大きいということである。

しかし、これから年末年始の実家巡り。

「上げ膳据え膳」のブロイラー状態になると、私の体重はいったいどうなってしまうことやら。

ではまた。続きを読む

unikun at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 健康 

2013年12月23日

XMAS ! by THE BEATMAS

クリスマスシーズンなので、昨日から自宅で The Beatmas というバンドの XMAS! というアルバムを聴いている。

これがそのアルバム(右は言わずと知れた本家 The Beatles のHelp! )
DSC04220

この The Beatmas、実はデンマークの Rubber Band という名前のバンドの変名で、クリスマスシーズンだけはこの名前でクリスマスソングを演奏するらしい。

ジャケットもご覧のように Help! の完全なパクリで、バンドのメンバーがサンタクロースに扮しているという点こそ異なるが、アルバムタイトルを赤文字の白抜きにしたり、文字の配置など全く同じである。

ところが、このアルバムに収録されている曲には The Beatles のカバーは一曲もない。

飽くまでも全てクリスマスソング。

しかし、すべての曲が Beatles 風アレンジのクリスマスソングというか、Beatles の曲の伴奏に乗せてクリスマスソングを歌っている。

1年に2、3回、それもクリスマスシーズンにしか聴かないので毎回新鮮な発見があるが、今年は、息子もこういう曲の面白さがわかってきたのか、かなり聴き込んで「これ知っている〜!」などと言って喜んでいた。

収録曲は以下の通り(カッコ内はアレンジに使ったビートルズの楽曲)

1. Jinglebell Rock (Please Please Me)
2. Santa Claus Is Coming To The Town (Eight Days A Week)
3. Rockin' Arond The Christmas Tree (I Saw Her Standing There)
4. Last Christmas (Please Mr. Postman)
5. Feliz Mavidad (No Reply)
6. I Saw Mommy Kissing Santa Claus (All My Loving)
7. Jingle Bells (Love Me Do)
8. Rudolph The Rednosed Reideer (Taxman)
9. Mary's Boy Child (Nowhere Man)
10. White Christman (Ticket To Ride)
11. Silent Night (Lucy In The Sky With Diamonds)
12. A Bairn Is Born In Beatlehome (All You Need Is Love.etc.)

一曲ずつ説明してみる。

1.Please,Please Me のイントロのドーシーラーソーラソーミーをちょっと変形させたフレーズに乗って Jinglebell, Jinglebell, Jinglebell rock 〜と歌いだす。中間部はI saw her standing there ばりのファルセットシャウトが光る。

2.Eightdays A Week のフェードインイントロのあとに「サンタが街に・・・」のメロディが続く、「そうくるか!」という感じの始まり方。

3.Beatlesファンなら誰でも一聴すればそれとわかる I Saw Her Standing There のバッキングに乗っかって歌われる。ギターソロは「まんま」Beatles。ダメ押しに曲のラストで「I've got blisters on my fingers!」と叫んでいるのに気が付いて思わず笑ったのは今年が初めて(^^;)

4.Please Mr. Postman は The Beatles のオリジナルじゃないのにアレンジに使用、それでもしっかりとBeatlesフレイバー溢れるからさすが。

5. 冒頭でちょっとだけ聞こえる台詞がなんのパロなのかちょっとわからなかった。そしてこれが No Reply との「パックリング」であることに気が付くのにもちょっと時間がかかった。もとのクリスマスソングのほうがあまり有名でないので、曲の分離がよくわからなかったせいだろう。最後は鐘のような音色で No Reply の一節が奏でられて曲を閉じる。

6.一聴してすぐにわかる3連コード弾き、シャッフルリズムのバッキングに乗っかって、最小公倍数的なリズム感で 歌われる。間奏のギターも、ちょっと音の数は増えているけどAll My Loving そのもの。それがピッタリハマるからすごい。最初からこういう曲だっつうても疑わない。

7.Love Me Do のイントロのハーモニカがちょっとだけ変形されてほぼそのまま出てくる。ドラムパターンも Love Me Do そのまま。

8.イントロでは Taxman の有名な「One, Two, Three, Four, One, Two」のカウンティングがしっかり聴ける。ベースラインは似ているようでちょっとひねってある。2コーラスのメロディのバックで「Taxman, Mr.Wilson...」のハモリが無理やり割り込んでくる・・・

9.Mary's Boy Child って Nowhere Man の原曲だったのか?と思わせるほどの相性の良さ。Nowhere Man とほとんど同じ進行でアカペラコーラスから始まり、弦とピックのビビリをうまく利用した間奏ギターもこの曲のために作られたのかと思われるほど。

10.イントロは2拍3連のギターとドラムが Ticket To Ride の完全コピー。Johnの言葉を借りれば、「この曲はクリスマスソング初のヘビーな曲」。

11.Lusy In The Sky With Diamonds のハープシコードのような音で始まり、レスリースピーカーで変調されたTomorrow Never Knows の John のボーカルのような声で Silent Night… と歌いだされるから驚く。よくよく考えてみるとこれら2曲はどちらも3拍子。なるほど、Paul のソロには3拍子の曲が意外と多いのだけれども、The Beatles には無いんだな。有名どころの曲で3拍子というと Lusy In The Sky With Diamonds ぐらいしかない。

12.ライナーによるとこのアルバム唯一のオリジナル曲らしい。All You Need Is Love の最後のメドレーから始まり、「最後に」フランス国歌「 La Marseillaise」が出てきて終わる。でも、その間、メロディらしいメロディは出てこない。ホントにオリジナル「曲」?(笑)

The Beatles のカバーではなくパロディということでは The Rutles と同系列で、オリジナリティという点ではたしかに The Rutles のほうが上だが、演奏力に関しては Rubber Band に軍配が上がるだろう。

もっとたくさんのBeatlesファンにニヤリとしてもらいたい1枚。

ではまた。




unikun at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) The Beatles 

2013年12月22日

大社の杜に行ってきた

その前に息子の通う英語教室のクリスマスイベントでまずは清水町交流センターへ。

今日は、英語教室のクラスごとに先生といっしょに歌ったり踊ったりの出し物をし、それを父母が観覧するという会です。

出番を待っている間に、ここ数日グラグラで、もういつ抜けてもおかしくはなかった息子の乳歯がとうとう抜けました。

しばらくはこんな感じで間抜け面です(笑)
DSC04073

それまでいつ歯が抜けるのかと心配で何も手に付かなかった息子も、幸いにして自分の出番前に歯が抜けてくれたものだから、ステージでは元気全開、そしてさすが年長さん、クラスの中でも率先して歌って踊って演技をしていました。

イベント終了後は「大社の杜」へ向かいスウィーツを。

車は三嶋大社の駐車場へ。

ついでに(というと神様に怒られてしまいますが)お参りをして、年賀状用に一家三人揃い踏みの写真を撮影(って、まだ年賀状の準備は終わっていませんw)してから「大社の杜」へ向かいました。

「大社の杜」のサイトはこちら

路地裏というか、建物の隙間にできた空き地を有効利用したミニスポットで、文字通りエアポケットのような、といっても、もともとそれほどの喧騒もないので都会ほどのギャップはありませんが、快適な空間でした。
IMG_5644

消防法はちゃんとクリアしているんだろうなと心配になるような狭いところに立体的に店舗が配置されています。
IMG_5643

アルコール類も飲めます。
IMG_5645

しかし、基本的に店舗で購入したものを外のテラスで飲食するシステムのようで、ガスストーブが3基ほど設置されていましたが、とにかく寒くて大変でした。

抹茶のロールケーキと抹茶のセットを食べましたが味はまあまあでした。

再利用の路地裏らしく(?)、こんな、窓扉が今にも落ちて来そうな古めかしい蔵が隣接・・・
IMG_5646

まぁ、暖かくなった春先に期待です。

そのときはすごく混んでいるのでしょうけれど。

ではまた。

unikun at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 育児 | グルメ