union blog

c9284709.jpg
難波です。

昨日ののっさんのブログでも言うてましたが
6月のライブ楽しみです。

なんたってリクさんがオリジナル曲で弾き語りライブをしますからね!
やっと彼の「俺たちの音楽」が聴けます!
ちょけなしで普通にどんな曲を書くんだろう?
と言う興味がありますw

あ、じんじゃもでますw!

まだ募集期間内ですので
エントリー受け付けてます!

さて
昨日ののっさんのブログでも言うてましたが
オリジナルはそない大層なものではありません

わりと身近にあるものです
スタジオのロビーで初心者ドラマーがちょけて歌った
「つーきーみそう きみもそーう」
これももはやオリジナルです
この曲はUNION第1弾オムニバス【UNION JACK】に収録されましたw
ぼくも結構好きで今でもつい口ずさんでしまう曲ですw!

てことで
UNION JACK のREMIX CD第一弾を発売します!

【UNION JACK REMIX +】
どーん

全19曲収録!
「月見草君もそう」も入ってます
UNION JACKに収録されてた曲全てではありませんが
7、8割入ってます!

今回収録されなかった曲も第2弾で入れる予定です!


そして
昨日ののっさんのブログでも言うてましたが
+の部分に
TK4 2曲
Cold water 1曲
追加で入ってます!
Cold water はみなさん知らないと思いますが
ぼくが作った曲に
ノリさんがドラムの打ち込みを作ってくれて
マッチョがギターを弾いてくれた音源になります!
マッチョ史上最高のギターソロだそうですw

次の4/21のライブで発売しますので
欲しい人は買ってね!
でも手作りなのでひとまず10枚しかありませんw
予約してくれてる方を優先しますw!

以上

こんにちは。のっさんです。

さて、6月のライブはセッションタイムがあるという事ですが
今回はセッションやオリジナルについてのお話をしましょう。

個人的な感想ですが
『セッションやオリジナルってハードルが高い物』
って思い込んでる人が多いように思えます。

実際どうなのかというと、出来る事だけやってればいいので
プロの演奏を再現するコピーより、技術的には断然簡単にも関わらずです。

でも、こういう事を言うと「それは出来るから言えるんですよ」
って受け取る人って、少なからずいます。
なので、今回はこれについて実例を交えて説明しましょう。


先に結論から言うと、技術や知識、経験なんかどうでもよくて
一番は精神面、具体的には『図々しさ』というメンタル。
これこそが最優先、且つ一番重要な要素です。


僕を実例に出しましょう。

僕の初セッションは中2、ギター歴2か月くらいです。
ただコードをジャカジャカやるだけで、コピーなんてできないレベルなので
上達が速かったとか才能があったなんて事はありません。

大体、中2男子といえば、授業中なんて妄想に耽ってて
『学校がテロリストに占拠され、皆が人質に取られたらどう殲滅するか』
なんて事ばかり考えてる年頃ですからね。

全ての男が中2の頃そうだった、とは言いません。
100人いれば、1人くらいは自らの潔白を主張するかもしれません。
が、着目すべきは "残りの99人はテロ襲撃妄想主義者"という事実です。

よくよく考えてみれば、中学校を占拠して中学生を人質にとった上に
中学生に壊滅させられるテロリストなんてマジでシブすぎるんですが
その辺は少年が考える事……何の話でしたっけ?ああ、セッション。

楽器屋のおっちゃんに見学させて貰って、ノリで参加させられて
「1弦の3Fと5Fだけ手適当に弾いてろ」と言われ、適当に弾いてたんですが
凄く楽しくて、野に放たれたビッグフットのような勢いで弾き狂ってました。


作曲に至ってはギター歴2週間です。
下手過ぎてコピーなんて出来ないし、2個しか押さえられるコード無かったからです。
当然メロディなんてついてないし、繋がってもいない2コードをジャカジャカやってました。

僕は当時、これを自作曲として友達にも披露して、自慢した上に
あまつさえ、テロリスト殲滅も作曲も出来る自分に陶酔して「俺、マジでヤベェ…」
とか悦に入ってましたが、今なら言える。マジでヤベェよ。


どうでしょうか?

僕は当時の自分に、経験や技術なんかがあったとは、どうしても思えません。
「経験とかないけどやっちゃうもんね」「できた!」
っていう”図々しさ”があっただけです。

「出来ない」って言ってる人って
こういうレベルだと「出来た」とは思えなかったり
ミスっちゃいけないとか、あれこれ満たさないとやっちゃ駄目って思ってませんか?
とりあえずやっちゃえばいいんですよ。周りが教えてくれますから。

大体、『ジャムる』という一点に絞って言うならば
音楽経験どころか、ミナミの路上に落ちてる酔っ払いのオッサンですら
ギター弾きながら近寄って「ほら、おっちゃん歌って!」
って言えば、多分自作で適当に歌います。
それが”歌”なのか”鳴き声”なのかは別として。


なので、才能や技術、経験じゃなくて、性格の問題です。
断言できますが、”図々しさ”さえあれば、誰でも出来ます。

いくらなんでも、たった2音しか弾けない超ド級の初心者に対して
「それは出来るから言えるんですよ」とは思わないでしょう。

幸いな事に、ユニオンでセッションやってる人達に、シビアな人はいないので
初心者が参加してるなら、楽しめるようにきちんと場を作ってくれますし
何を練習してくればいいのかも、聞けば優しく教えてくれます。

「出来ないから」「足を引っ張っちゃうから」
という理由で、できない、楽しくないという人は
気軽に質問して、経験してみてはどうでしょうか。
これで新しい楽しさが開けた人も沢山います。


という事で、思いつくままにまともな音楽的な記事を書きました。
というか、元々ユニオンは音楽サークルですから
本来、こういう内容を発信するのが、このブログの存在意義なんでしょう。
皆さんも音楽について思う事があれば、気軽に投稿してみるのも一考かもしれません。
テロリスト?全体的に何を言ってるのか理解できませんな。