ISHII-24.com

石井ちゃんのBLOGですよ!!イングランドから興味のある事を"コンスタントに!!"書いてます。

久々(笑)

なんだかんだ、暫く更新が滞ってました。
そして、大分戦、皆さんお疲れ様でした。2−0でリードされ後半一気に3点取って逆転勝ちは気分いいよね。

で、自分はスタジアムに行けなかったんです。

と言うのも、26日から約1週間、1年半振りにイギリスへ行ってました。

目的はウェンブリーでチャンピオンズ決勝を見る事。

まぁ結論から言っちゃうと、チケットなしで行ったんで、見れなかったんですけどね(笑)

ただ、今回はおいらにサッカーを教えてくれた父親への親孝行の旅行と言う事で、サッカーの生まれた国の、生活の中にそれが溶け込んだ文化に触れてもらう事が、ウェンブリーで決勝を見る事以上に大切だった訳で、その点については満足してくれた様で良かったです。

ロンドンにあるスタジアムを巡ったり、決勝直前のウェンブリーの雰囲気や、街中や地下鉄の中でチャントを歌う両チームのファン、またそれらを監視する警官隊などを見れただけでも良かったと言ってくれました。

多少なりとも親孝行できたみたいで本当に良かったね。うん。

ウェンブリーで試合見れなかった事は残念だったけど、個人的にもロンドンを満喫できたし、旅全体を見ると満足行く内容でした。

冬に、またヨーロッパ行こうかなぁとかたくらんでたりするけど、ひとまず、今回の旅をゆっくり振り返りたいと思います。

前回のイギリス・スペインの旅行記は、一旦中断して、こっちから振り返っていきます。

まぁいつになるかはわからないけどね(笑)

Jリーグ再開!

もうかなり時間が経っちゃったけど、とりあえず、書きます。

ホーム開幕の東京戦に関して。

震災があり1ヶ月中断して4月23・24日からJリーグが再開しました。

そして我が軍・ジェフは昇格候補の筆頭と言われている、FC東京と。

結果は皆さんご存知の3-0〜♪

いやー出来すぎな結果でした。

ミリガンのロングスローからオーロイさんがバックヘッドで決めちゃうんだからテンション上がらない訳ないっす。

そして、その後も2点を追加して3−0。

試合後、心の中で”すりーねろーとぅーじぇーふなーいてっど(3−0でジェフの勝ち)”とGo Westに乗せて歌ってました。

試合前に配ったマッチデイの中に書いたコラムで、ジェフの今季のディフェンスがあんなに安心してみていられる様になったのはでかいね。

監督が言う、主導権を握る戦いと言うのもこれからどんどん見ていきたいっすなぁ。

ディフェンスで主導権を握り、ポゼッションしてとか、考えただけでドキドキわくわくが止まらない。

就任直後、ドワイトから地雷衆がするなんて言って本当にすいませんでした!

あんな良いもの見せてくれるなら、どんどん応援しちゃいますから。

そんなこんなですが、明後日にはアウェーで徳島と。

自分は行けないけど、去年勝てなかったアノ地で勝ち点3、持って帰ってきてもらいたいもんです。

当日は自宅でみるかHUB行くかで悩んでます。

もしお誘いがあればそこまで行こうかな。


それでは。

時間見繕って、バルセロナの続きも書かなきゃ。

バルセロナ2日目〜カンプノウ・スタジアムツアー〜

エッパニョールの試合を観戦した翌日、フットボール好きがバルセロナにきたら行かなきゃいけない場所へ行ってきた。

そんな一日の日記。

まず、この日は、朝早くに起きて宿の直ぐそばにあるスタバでモーニング。天気は、まぁまぁ。

悪くもなく、特段スペインらしくもなく。

そして、ボーっとした頭のまま向うはCamp Nou。

前日通った道を歩いていき、このホテル(試合前日は要注目のホテル)を過ぎ、
DSC00738b


これまた前日と同じ様にラ・マシア。
DSC00741


これをパシャりと写真におさめていると、『Excuse me mate』とイギリス人的サウンドが耳に入ってきた。

その声に反応したら以下の会話が始まった。

イギリス人A『この家は、いったい何かしってる?君が今、写真とってたやつ。』

俺『これは・・ブラブラブラ・・なんだよ〜。で、あの像が・・ブラブラブラ・・なんだ。』

イギリス人A『そうなんだぁ。良く知ってるね。で、所で君の英語、イギリス英語みたいだけど、何人?中国人?香港?』

俺『日本だよ。あ〜そう!の国(笑)おじさんはイギリスでしょ?どこなの?』

イギリス人A『リヴァポーだよ。』

俺『お!俺、リヴァポー大好きなんだ〜!奇遇だ!Red or Blue?』

イギリス人A『アーセナル♪ わっはっはっは〜。そうだ、君にぴったりの人がいるよ、着いてきな』

まぁこんな感じで会話が始まり、彼の参加してるツアーのバスに行くと他のイギリス人を連れてきた。

俺『フットボール好きなんだって?どこのファンなの?』

イギリス人B『エヴァートン(ニヤリ』

俺の心の中『お〜い!オッサーン、どこがぴったりやねーん!』

でも、この乗りやシニカルさ、とてもイギリスらしい。

これだからイギリス人はおもしろい。そして好き。

そして、再度Camp Nouへ向って歩みを進めた。

DSC00712

ボックスオフィス(上のショップの向かい)にてツアーのチケットを購入し、翌日の試合のチケットを引き換えた。

(とてーも長い前置きでしたが、ここからツアーが始まります。)

まずは外観。
凄く近代的になっていて、バックスタンド側のノスタルジックな雰囲気とはまた異なり、これも良いもんだな。
DSC00742b


そして中に入っていくとこんな感じになっていた。
DSC00744bDSC00746b
この奥にはバルセロナのドレッシングルームがある。
この日は試合前日だった関係上(?)見学はできなかった。

DSC00747b

そして、この階段がまた色々興奮できる所。
試合の時、選手達が入場してくるあの階段だ。

また途中にはプジョルが試合前必ずお祈りをする教会もあったりする。

この階段を下っていくとそこには・・・!?
DSC00756

カンプノウのピッチ!試合前日という事もあったのでしょうが、芝がピッカピカつやつやで、最高のコンディション。

・・・今日はここまでです。
次回、ツアーPart2です。しばしお待ちを(笑)

1ヶ月以上ぶりにヨーロッパ旅行編・第二話

LondonでQPRの試合を見るなどして一日を過ごした後、一旦、思い出の街であり、イギリスの故郷でもあるケンブリッジにある友人の家へ移動した。

しかし、ここでの滞在は数時間程。

それもこれもスペインへ行く飛行機に乗る為。

ちなみに出発時刻は朝6時とか。

ケンブリッジを出たのが4時前・・・。

それでも寒いイギリスを抜け”まだ”暖かいスペインへ逃げられると思うと頑張れた。

まず、スペインではバルセロナへ入った。

この時使った航空会社は、ヨーロッパでは有名な格安航空会社のEasyJet。

アイルランドのRyanairに比べ、料金は張る物の就航している空港の多くが街の中心から近くて便利なのが良い。

Ryanairは、本当にド田舎の、『どこだ!?ここ!?』と言った辺鄙な場所にある空港ばかり使うから移動で、更にお金がかかってしまう。

それはさておき、バルセロナに到着し、宿に荷物を置き目指したのはカンプノウ。

でも、この日の最大の目的はこちら。

DSC00716


そうです。

マリノスに帰ってきた中村俊輔が当時所属していたRCDエスパニョール・デ・バルセロナの出来立てのスタジアム、エスタディオ・コルネジャ=エル・プラット。

イングランドのスタジアムと比べると、本当にバルセロナの街の郊外にあり、周りも結構閑散としていた。

その上、最寄駅まで行く地下鉄が工事していたので、途中からバスで移動する事になり着くのにかなり苦労した記憶がある。

DSC00717


スタジアムの外観にはこの巨大バナーが取り付けられており、期待され加入した中村俊輔の入団会見時の写真なんかも入っていた。

でも、やはりメインはこの方。

DSC00718


シーズン前のキャンプ中に急逝した生粋のエッパニョール育ちのキャプテン、ダニエル・ハルケ。

あのニュースは本当に衝撃的だった。

そして、スペインがW杯優勝を決めた試合でイニエスタが着ていたシャツのメッセージもとても印象的だった。

スタジアムの外周をとぼとぼと歩き、近くのバルに入り、セルベッサ(ビール)をグビグビやっているとエスパニョールのファン達に絡まれる絡まれる(笑)

大学時代にスペイン語をやってたおかげで、多少なりに会話もできて良い経験になったけど、グラスゴーでの経験には追いつかなかったな。

まぁあれだけ活躍した街だし、当然ではある。

スタジアムの中に入るとそこはスペインのそれとは思えない程綺麗だった。

DSC00719


DSC00724


やはり完成直後はキレイ(笑)

しかし、日本では考えられないが、スタジアム内、どこでもタバコが吸える。

コンコースはもちろん、スタンドでも、だ。

自分もその中の一人になり、またもやセルベッサを飲みながら一服。

最高の贅沢だなぁ。

そうこうしているうちに、ファン達がどんどんスタジアムに入ってきた。

瞬く間にスタンドが青で染まっていく。

選手入場の際、ホームゴール裏ではコレオ何かも始まり、逆のサイドではほとんどのファンが立ち上がり、マフラーを翳す。

DSC00728b


DSC00727b


試合はこれと言って挙げる事は、今となってはない。

前半は互角だったが、後半に攻撃的に出たエスパニョールがゴールを決め、勝利。

正直、前日に見たQPRの試合の方がよっぽど見応えあった。

そして、中村俊輔のプレーを2カ国に渡り観戦できる楽しみもあったが、結局出場せず。

ずっと僕の前で行ったり来たり。

そしてストレッチ。

DSC00735b


更に、大好きな選手の一人、デ・ラ・ペーニャも出場せず、ずっとアップするだけ。

DSC00734b


まぁ記念に来た試合だから、そんな大きな期待もしてなかったけど、スペインでこう言った試合を見れるのも貴重だしいっか、と最後は割り切っていた。

この後、更に貴重な経験をする事になるなんて、この時は思ってもいなかった訳だけれども。

そして、試合後、バルセロナへ戻る電車の中で周りのファン達と話しをしていて『ナカムラはこれからだな。慣れてからが楽しみだ』と言われた。

こう言う会話はグラスゴーから帰る飛行機の中でもあったな。

あの時は、『マンU戦のFKの時、飲んでたビール落としちまったぜ〜!ありゃー忘れねーなぁ!』などと喜びの言葉だった。

しかし、彼らの期待とは逆に、この後のウィンドウで日本に帰ってきた・・・。

もう少しやってくれると、正直思っていただけに、残念だった。

・・・まぁでも、“記念”だし、いっか!笑

もうあれから一年か。

昨年の10月に約2週間のイングランド・スペイン、サッカー旅行をしてからすでに1年以上が経過しました。

思い起こせば、ロンドン着いたよ〜!って日記から、向こうからのBlogの更新とその旅の内容を全然書いてなかった事を、今更ながら思い出しました。

なんで、少しづつ書いていこうと思います。

まず、ロンドンに到着し、翌日の午前中は色々と旅に必要な物の買い物にでかけました。

ヨーロッパ用の電話とかね。

そして、昼から向ったのは当初の予定していたArsenal-Birmingham@Emirates Stadiumではなく、同じくLondonに本拠地を構えるQPRの試合でした。

LOFTUS ROAD STADIUM


まずこれがイングランドに良くある”住宅街も住宅街のど真ん中”に立ってるんです。

Londonの地下鉄から乗り換え、Overgroundで最寄駅まで行くんですけど、そっから住宅街を通ってスタジアムまで向かいます。

まぁ青と白のスカーフ巻いてるオッサン達についていけば大体着きます。

そんなオッサン達について行くと、地元の人しかわからないような小道を抜けいきなり上の写真の通り、ドーン!って彼らのホームスタジアム”LOFTUS ROAD”が見えます。

イングランドの典型的なBOX型のスタジアムで、過去に稲本がFulhamに所属していた頃、ちょうどスタジアムの改修工事でここを使っていて、訪れた事のある人もいるかとは思います。

チケットは当日券を購入。

メインスタンドの限りなくアウェーより。

何気、好きな席でもあります。

ホームのファンとアウェーのファンが煽りあって、イギリス人のお茶目な一面も見れるし、時にかなり危険になる事もある稀有な経験をできる席です。

席からの眺めはこんな感じ。

眺め


KO直前にスタジアムに着いたので、ビール飲んだりしてたら、席に着くと同時に選手が入ってきちゃいました。

若干ズーム使ったので、上の写真みたいだけど、実際は下の様な感じ。

DSC00704


こんな感じだとやっぱり応援も反響して凄く雰囲気が出てきます。

アウェーのファンとの煽りあいもやっぱりあって、ホームのゴール裏並みに盛り上がってました。

僕の後ろ辺りは、下部組織(U-18位)の子達が見に来てて、その中からスターになる選手が出てきてくれるといいなぁって思いながら試合を見てました。

もちろん応援も聞きつつ。

マスコット


そしてハーフタイムには、QPRのマスコット君がビーチボール持ってファンサービスしてて面白かった。

でもなぜライオンなのかは未だに、なぞ。

ちなみに、この前後にはバイト君が何人かいて、この日のマッチデイプログラムを売り歩いてた。

商魂たくましいな!ブリアトーレ!(当時の会長さん。)

また、アウェーのファンを終始煽ってたのが、

名物おじさん


このオッサン。

なんか名物おじさんみたい。

試合はQPRのワンサイドゲームで、ずっとアウェーのファンに指差して、

君怒っちゃった?と言わんばかりに指を角の様に頭にあて、その後反応すると、まぁ落ち着けって〜ってジェスチャーをしてた。

その上、カリカリカリって音がする、楽器とこのラッパ(?)を武器にホームゴール裏並みに周りを煽ってた。

何か気になっちゃって、写真撮ってもらっちゃってね(笑)

そうそう、イングランドのスタジアムは基本、全席指定で、試合中は着席が義務になってるんで、チャンスが来ると皆一斉にバッと立ち上がるんだ。

そんな瞬間の一枚も。

チャンス


そして、試合はQPRが4-0の圧勝。

気分良くスタジアムを出ると、いました。

イングランド名物(?)、馬に乗った警官。

馬に乗った警官


これ見ると、ヨーロッパだなぁって感じちゃう。

そして、今シーズン、QPRは俺の激励もあってか、2部に相当するチャンピオンシップで、首位を爆走中です。

このまま行けば、久々のトップディビジョン復帰も見えてくるね!

ちなみに今のオーナーはインドの方々に変わってます。

そんなこんなで1試合目の観戦記はこれにて終了。

合計8試合みたうちの最初の1試合だからね。

気合入れて続きも書くように頑張ります!笑

気づけば・・・

8月の鳥栖遠征行ってから、一回も更新してなかった(笑)

それよか、シーズンも終わってしまってました。

結局、来期もジェフはJ2を戦う事になった。

これからのオフシーズン。

チームはどうなるんでしょうか。

監督は既に決まったみたいです。

色々ありそうな感じはする。

まぁそれでもおいらは応援するんだけどね。

そこに、このクラブがある限り。

来期も頑張りましょう!

厳しい戦いですが、ジェフのために!

鳥栖遠征

行ってきました。
結果はドロー。

勝てませんでしたよ〜。

残念。

って書いてるけど、明日はもう熊本戦。

勝ちましょ。

書きたいことは山ほどあるけど。

まずは明日。

vs 大分トリニータ @FDアレーナ

どうも、Jリーグ特命PR部の石井ちゃんです。

勝手に入部しました。

先日の大分戦、いや〜久々の快勝で気分良かったわ〜。

巻の前でしっかりとプレーしてくれた選手達にはあっぱれです。

お客さんもいっぱい入ってたし、良い感じで送り出せたんじゃないですか?

試合も文句や注文をつけることがないくらいに良い内容だったし、それが結果にも繋がってた。

しっかりパスをつないでリズムとゴール前のギャップを作って攻める。

理想的なフットボール。

ただ、相手が大分っていう大のお得意様な上に、同じく攻撃をメインにする、ブロックで守ってカウンターってチームとは異なるタイプだったのも功を奏した感じはあるけどね。

この戦い方で勝ちきれる様になれば最高だな。

そして、今シーズンここまで、追加点って部分で甘さがあった気がしたけど、この試合ではそれも克服して大量点を奪えた。

これは3点目が入ってから相手の足が落ちた事と、集中力の低下もあったかもしれないので、まだ課題の一つとして残りそう。

でもね、あのスペインも、本番では1−0での勝利がそのほとんどだったから、仕方ないのかな。


そして、我が愛すべき選手・伊藤大介の2戦目。

やっぱ良い選手です。

昔から持ってた才能がどんどん花開いていく感じが伝わってくるよ。

もっともっとできる選手だから、リーグでも早く点を取ってもらいたいね!

応援も作っちうぞー。


そして、今週末は昇格のライバルクラブ・鳥栖とのアウェーマッチ。

もちろん行ってきます!

そして、絶対に勝って来ます!

お土産は笑顔と勝ち点3でいいかな??

『いいとも〜笑』

またもやドロー。

今年も決着がつかなかったダービー。

客観的に見れば、ダービーらしい気持ちの表れた試合だったと思う。

だけど、ジェフはだらしなさ過ぎる。
いくらチームとしての完成度が高いチームだって10人になってるんだから、とどめささなきゃ。それなのに、縦パス一本、簡単に半身かわされて失点。逆転なんて。何とか茶野のゴールでドローに持ち込めたけど、決める気あんのかな。完全に崩してシュートって、シュート練習じゃないんだからそんなんできる機会の方が少ないだろ。どんな形でもいいから枠にシュートしてくれよ。

後、中途半端にプレーすんのやめてほしい。

がっつりやってくれ。


そんな感じのダービーだったなぁ。

まぁ個人的には、アレが好評だったんで良かったです(笑)


それじゃまた大分戦で。

千葉ダービーに向けて

気づけばもう7月も終わりが見えてきました。
6月は全く更新できなかったのが悔しい。
書きたいことがたっくさんあったんだけどね。
もちろんワールドカップの事だったり、リヴァポーの事だったり。
まぁ過ぎてしまったことは仕方ないかな。


で、日曜はダービー。

絶対に勝たなければいけない試合。

札幌に3-0で完敗し、あんなことやそんな事があったそうです。

試合終了と同時にコンコースに出て行ったんで、何があったか詳しい事は人づてに聞いただけでした。

しっかし、皆さん溜まってるでしょ?
勝利への欲求が。

僕は物凄く溜まってます。

その上、札幌戦の応援は不完全燃焼でした。

色々あって水戸戦から試合にいけなかったんで、悶々としてたし、それ以上に久々の応援で全身に疲れがどっと試合中からきちゃってしょうがなくなっちゃってました(笑)ってそんなんじゃだめなんだけどね。

でも、心身共にダービーへむけ良い感じになってきてます。

絶対に勝つ!そう信じて応援しちゃいます!
そして楽しんじゃいます!

そんじゃ当日、日立台で会いましょう!

1日で3試合

えー、土曜日だけで3試合を観戦しちゃいました。私、石井ちゃんです。

どうも。

まずは、昨日のジェフ。

いや〜ヒヤヒヤ(笑

でも、勝ってくれて良かったぁ〜。
前半の緑のゴールも綺麗だったけど、何てったって後半のジェフの2つのゴールだよね!?
山口のボレーは惚れボレーしました(笑)
そして、コータのゴールも良かったね!それ以上に彼の得点直後の表情ね!
アレに痺れた。
ジェフの王子様はやっぱコータだな。
ヨネは皇太子?笑

兎に角、勝ち点3取れた事が良かったっですね〜♪
上2チームも勝ったわけで、離されない為にも勝たなきゃいけなかったしね。

次はアウェーの水戸戦。

これまた良いチームなんで、厳しい戦いになると思うけど、チーム、サポーターの心を一つにして勝利を目指しましょう!

フクアリからの帰宅後、England二部に当たるChampionshipの昇格Play Offを観戦。

Blackpool対Cardiff City。

これがまた熱い試合で、もうね、目を離せなかった。

”あの”スタンリー・マシューズがプレーし、FA Cupも制したBlackpoolがCardiffを3-2の激戦の末に下し、来シーズンのプレミア昇格の最後の1チームになりました。

先制されて、これまた危なっかしい試合だったけど、しっかりと勝ちきったそのメンタル。
調整も順調だったんだろうなと思うばかりです。

プレミアになってからは初のトップディビジョンですから、どう言う戦いを見せてくれるか、今から楽しみです。
ちなみに、このSeasiders(Blackpoolの愛称)は、プレミア史上、もっとも予算規模の小さいクラブとなりました。スタジアムのキャパも1万3千人も入らない小さい物です。ですが、その造りは歴史を感じさせてくれます。ジャイキリみたいな感じかな??

そして最後は、ご存知CL Finalです。
インテルいいわ。あれはなかなか崩せないよね。
守備ブロックの形成の仕方が最高。
ありゃ凄いしか言い様がない。

バイエルンも、そこをどうにか抉じ開けてシュートチャンスを作るけど、決定機らしい決定機を作らせてもらえなかったね。前線のロッベン、アルティントップ、ミュラー、オリッチらが頑張ってたけど、ゴールは奪えず・・・。

逆に、インテルは1トップのミリートが決定機をしっかりと物にしてたね。
やっぱディエゴはシュートがうまい。
ワールドカップへ良いアピールになったかな??

そして、昨年10月に、この決勝の舞台、サンチャゴベルナベウにてマドリー対ACミランを観戦したんですけど、この時の席が最高過ぎたんですよね。人生で何百試合って見てきたけど、こんな席で試合見たのは、初めて。メインスタンド2階のど真ん中。テレビカメラのちょっと上だった。
なので、昨日の試合も、あの席から見ているようで感慨深くなりました。

これからも、Footballの歴史は続きます。
あの時座った席に、今日の試合はどんな人がどんな気持ちで座ってFootballを見るのかなと考えると凄く嬉しい気分になる。
自分もFootballの歴史の中に生きているんだなって。

来年の決勝は我が第二の母国・EnglandはLondonのWembleyで行われます。
今からお金貯めて、見に行ける様に頑張ろ〜っと!

それでは最後にその時撮った写真でお別れです。
今日もお読みいただきありがとうございました。

DSC01011b

これは面白い。

先日、以前チケットを購入する為にアカウントを取得していたWestham Utdから、ある1通のメールが届きました。

タイトルには”チェアマンからの公約”と記されていました。

その中には合計10個の公約が記入され、文末には両会長の署名も入っています。

内容もかなり濃く読んでいてこれからのハマーズ(Westhamの愛称)がどの様に変化していくのか興味が沸いてきました。

もちろん、先日2シーズン弱指揮を執ったゾラを解任し、新監督を探している為、この公約の中でもそれについて触れられていました。

新たな監督へは、良質のFootballと最も大切な結果をこのクラブに運んできてくれる確かな実力を持った人物を探している、と記されています。

メディアでは既に、FA Cup Finalを戦ったPortsmouthの監督グラント氏が有力との情報も出ているので、監督就任も時間の問題でしょう。

また、この公約の中で、もっとも気になったのが、『スタジアム移転』に関するものでした。

このWesthamがある地域の直ぐそばに、ロンドンオリンピック用のスタジアムが建設されていますが、そこに本拠地を移すと。

オリンピックスタジアムだから、恐らくは陸上トラックの付いたスタジアムですよね。

う〜ん、ハマーズのファンにとってそれはいいのかな〜っと思ってしまいます。

まぁこれに関しては、まだ決定事項ではないのでこれからの話とはなりそうですが、あまり嬉しくはないニュースです。

Upton Parkのあの雰囲気、最高ですからね。

Hoologanはイングランドの中でも悪名高いですが、彼らの作る雰囲気はこれぞ下町!と言った感じに映ります。

ArsenalやChelseaのそれとは全く異質ですね。

もし興味のある方は是非行かれるといいと思います。
ただ、その際は身辺に細心の注意をお願いします。

Londonでも若干治安が宜しくないので。
まぁ南部に比べれば良いですが・・・。


そして、BBC Footballの中にあるChris Charles記者のBlogで面白い企画を見つけました。

その名も”Chants of the season”(今年の応援歌)。

これはイングランドののFootball Fanの姿を綺麗に現してくれています。

あの面白おかしくチャントを歌って盛り上がる。

でも、大事な時は、馬鹿みたいに超真剣に歌っちゃう。

それの姿が良いんですよね。

好きです(笑)

興味のある方は是非ご一読を。

Hope everything goes well, Mark!!

DSC01318
昨日は、身近なところに声を掛けて、成田空港へ行ってきました。

目的はもちろん彼です。

そう、写真を見れば一目瞭然。

ジェフから唯一ワールドカップへ向け登録メンバー入りをしたミリガンの激励と見送り。

前はさ、オシムお爺ちゃんの出迎えと見送りやらやってたけど、最近はそう言うのなかったし、かなりギャンブル的な感じで成田まで行ってきました。まぁそれでもオーストラリア代表が合流するのはオーストラリアだろ!と言う感じで”シドニー便”に狙いを定め向かったんですが、かなり拍子抜け。エレベーター降りたら目の前にいた(笑)これまでに何度も会話をさせてもらってるので、本人にも通訳さんにも顔覚えられたみたいで、自然に話しかける事ができた。

そして、メッセージを含め、一言二言会話してきました。

"ジェフのファンはみんな、ミリガンがワールドカップのピッチに立ってプレーするのを期待してるよ"って。

まだジェフに来て半年なんだけど、個人的には思い入れがどんどん強くなる選手なんですよね。まぁ同い年だし(笑)繰り返します、”同い年”だし(笑)これでも自分、今年で25ですから・・・(笑)

残念な事に、こう並んじゃうと同い年に見えないな・・・。

まぁでもホント、あれだ、会って激励できたから良かった。
しっかり23人の中に入って出場して欲しいね!

でも、1年で出て行かれるのは本当に怖いな。

あ!それ言ってない!・・・なんで忘れたんだろ(苦笑)

帰ってくるまでの間、力合わせて、気持ち一つにしっかりと戦いましょう。
ミリガンもがんばってくるんだから、僕らもがんばらないと!

さぁいよいよだな!

ワールドカップへ向けた各国の代表メンバー(登録メンバー含む)が発表になってます。

日本では昨日、大会メンバーの23人が発表になりましたね。
ジェフからは、惜しくも選出されませんでしたが、個人的には定食メンバーでもありはするんですけど、面白そうなメンバーかなと。

主要所は、ホント、代わり映えはないです(笑)

でも、選んで欲しかった選手はちゃんと選ばれてて嬉しい。
本田、森本、長谷部、岩政、阿部。

個人的には、本田の1トップにその周りを森本や岡崎を使った戦い方が見たいな。

そして、阿部の選出は社長も言ってたけど、かつて”育成のジェフ”と呼ばれたジェフの下部組織出身の選手として初めてワールドカップのメンバーに選出されたから、凄く嬉しい。
同じチームに所属した人間として、チャンスを掴んでもらいたい!

選ばれた選手達には、この国のFootballを愛する者の代表として戦ってきてほしい。

ジェフから選出されてないってかいたけど、実は1人選ばれてたよね!
そう!俺のミリガン!

是非本大会のピッチに立ってもらいたいね!
まずは第一歩だな。


そして、我が第二の母国Englandもメンバーを発表してます。
その中ではかなり興味深い選出になってます。

GK:ジョー=ハート、デヴィット=ジェームズ、ロバート=グリーン

DF:レイトン=ベインズ、ジェイミー=カラガー、アシュリー=コール、マイケル=ドーソン、リオ=ファーディナンド、グレン=ジョンソン、レドリー=キング、ジョン=テリー、マシュー=アップソン、ステファン=ワーノック

MF:ガレス=バリー、マイケル=キャリック、ジョー=コール、スティーブン=ジェラード、トム=ハドルストーン、アダム=ジョンソン、フランク=ランパード、アーロン=レノン、ジェイムズ=ミルナー、スコット=パーカー、テオ=ウォルコット、ショーン=ライトフィリップス

FW:ダレン=ベント、ピーター=クラウチ、ジャーメイン=デフォー、エミール=へスキー、ウェイン=ルーニー

まず、サプライズがいくつもあるんです!
カラガーの代表復帰だったり、ジョンソン、ハドルストーン、ドーソンの選出あたりは凄かった。
そして注目していたキーパーだったけど、ベテラン/中堅/若手とかなりバランスよくなったなって感じるね。恐らくスタメンはジェームズになるんじゃないかな。まぁこれからしっかりと絞っていくでしょうね。
そして、このEngland代表と今月下旬にテストマッチをやるんですよね!?すっげーみたい。現地行きたい(笑)

でも、日本的にはいい相手だと思う。
オランダとデンマークを想定できるあまりある相手ですからね!

驚かせるってくらいじゃなきゃやれるものもやれないでしょって考えてます。やる前から言い訳はいらないんで、終わってから色々話ましょう。


そんでは、これで。

PS。WestHamがZolaを解任しました。

泥ドロー

なんかやっぱ疲れてたのかね。
ぜーんぜん、動きが無かったし。

両チームのゴールも結構事故的な感じで決まってしまって、結果的にうちは攻めあぐね、福岡は決め切れずなはっきり言ったら負け試合。

それでも引き分けて勝ち点1取れたのは、最低限の結果だったんじゃないかな。

でも!でもだよ!?

ホームなんだから、疲れを理由に取られたボールを追いかけないとかはやめて欲しいな。

疲れていても軽いプレーはしないでもらいたかった。

まぁ次は有給なんで、その次のヴェルディ戦では休養十分なはずだから、圧倒的な試合でしっかりと勝ちたい。

そして、最近の試合では試合終わった直後に、審判に向けたブーイングが起こってます。

あれは、いかがかな。

昨日はまだましたっだとは思うけど。

まぁそれぞれがどう思うかってのはわかってはいるけど、ちょっと残念だな。

もう少し、サッカー見る目と言う点でも、僕らサポーターが成長しなければ、Footballが文化の中に入っていくのに時間がかかるんかな。

そこが成長すれば本当の意味で文化と融合してるって語れるんでしょうけどね。

ま、今日はこれまで。

それでは、気持ちを切り替えて代表のメンバー発表を見ましょうかね!

千葉HUBなう

と、言うわけで、昨日の大分戦、千葉HUBにて観戦しました。

1つ前のエントリーで"仕事だ"って書いたけど、結局ごにょごにょやってKOに間に合う様に退社できる事に!(まぁシフト勤務だから交換してもらっただけだけどね笑)

そしたらもう行くっきゃないって事で、ジェフが世界に誇るレインマンと2人でHUBにて観戦してきました。

やっぱいつもの様にゴール裏から見る時とは違って、いろいろ考えながらの観戦ですね。

その上、飲んで飲んでの連続でしょ?
最高です。仕事後のエールは。

で、贔屓目無しでもかなり良い試合になったと思います。

もちろん課題はまだまだたっくさんあります。

2-0でリードしてるんだから、そこから試合をまとめるゴールを決める事だったり、目指しているパスで崩してからシュートって所ではまだまだです。
その他にも課題山済みだけどね。

ただ、この詰まりに詰まった連戦、その上アウェーでの2連戦にも関わらず、前節よりもかなり運動量があった様に感じられたってのは、単純に喜ばしい事だったんじゃないかなっと。その上、前半からしっかりとプレーできていたのも喜ばしい。

特に中盤の3枚の連動とその運動量は圧巻に近いものがありました。そこと前線の3枚がハードワークしてたんで、大分もなかなかリズムを作るに至れなかったと考えてます。もちろん他の選手達のハードワークや連携もあるんだけど、今のチームのスタイルだと一番負荷がでるのがそこだからね。

それでも、久しぶりに安定した戦いが見れて良かった。
ただ、満足はしてない。
満足出来るほどのチームじゃないですから。
まだまだこれからのチームです。
僕らサポーターもね。

だから応援するんだよね〜。
どんなシチュエーションでも。

最後に"GW車はキツイ"って出てたけど、ホント、フリスタ会長などの大分車組みはお疲れ様!この時期に、遠征の中でもホントの遠征って呼べる大分に車で行くなんて、冒険そのものだよ(笑)残りのGWはゆっくり休んで、最終日の富山戦、もう一回応援がんばりましょ!

そんじゃ。

vs 栃木SC @グリーンスタジアム

いやー、勝たなきゃあかんでしょ。
せっかくいい時間で2つ取って逆転したんだから。

審判どうこうじゃない。
審判にぶーぶー言ったって、直ぐには変わらないよ。

それなら自分達に言い聞かせないと。
敵は目の前にいるんだけど、もっとでかい敵は自分達の中にいるのかなと。

逆転した所までは良かったんだけどね。
そこからがちょっとまだメンタル的に、足らない部分があるのかな。

そして、サポーターもここでもう一つ成長しないと。
もっと強くありたいと、改めて思いました。

ちょっとの事ではそう簡単には動じない様になりたいと思いました。

まぁ正直言えば、審判に関して思う物は多々あります。
日本フットボールの成長には指導者のレベル向上と同じくらいに、審判の技術・判断レベルの向上が不可欠ってのを持論をもってますんで。

でも、やっぱもっと自分達が強い気持ちを持ってなきゃ。


そして、試合前と試合後のバス待ちの時に宇都宮先生に久しぶりに会えた。

変わらないね。
応援家だわ。あの人は(笑)

でも確かに、『千葉相手だとどこのチームも目の色変えて戦ってくる』って言われたけど、ホントだね。そこを王様の様に軽くいなして勝利を掴む様になりたい。

そして、栃木の応援の雰囲気いいなって思いました。
あれでまだまだって言うんだからさすが応援家と呼ばれる男なだけはあります(笑)
また色々話がしたいな〜。
今度はホームで待ってますよ!

そうそう。
これで、今季の観戦試合全戦全勝の記録が途切れたわけだけど、開門前に始めてスタジアム入りした試合で引き分けでしたんで、やっぱり開門後スタジアム到着試合全戦全勝は変わりなく継続って事ですね(笑)次のホームも開門に間に合いません。仕事ですんで。

と、その前に大分戦があるわけですが、これまた仕事でいけないんだな。
現地に行く方々、お土産期待してます。
仕事終わりに千葉HUBにでも行きたいな。って俺遅番じゃん(笑)

あ、思い出した。
昨日の試合中、まぁ試合前からそうだったんだけど、ヨネの名前が“ノネクラ”になってて大笑いした(笑)NとYは遠いよね。

さぁさぁ切り替えて目の前の1つ1つの試合をしっかりと見つめて応援しましょう。

応援すればきっと気持ちは届きますから。

vs FC岐阜 @FDアレーナ

2−0で勝利。

昨年の天皇杯のリベンジ成功って所ですかね〜。
た〜だ、もう一度、アウェーでの岐阜戦があります。
そこでもしっかり勝ってこそのリベンジだと思います。

いや〜、でもネットのFKはやばかったなって。

あんなブレブレでボールがネットにドーンってwww
凄すぎて笑っちゃった。
でも、正直、スタンドにドーンかなって思っちゃってた自分です。
ネットさん、本当にすいませんでした!

そして、今季初スタメン初出場の中後。
“ジェフの4番”になってもらいたいなって改めて思いました。
それもバルサ未遂かなって思いますね。

次は、宇都宮くんのいる栃木。
しっかりと勝ちたい試合。
1時KOと言う鬼門もそろそろ打ち破りたい頃ですし、今季全戦全勝のあたくしも行くので絶対に勝たせるよ!

試合後のギョーザも楽しみですからね!
ゴールデンウィーク、連戦になりますが、しっかりと戦っていきましょう!

久々にユナパ行ってきました。

昨日は、仕事帰りに久しぶりに練習見に行ってきました。

ユナパに着くと9vs9で、ピッチを横に広く使い両ゴールラインにそれぞれ2つづつゴールを置いたミニゲームをやっていました。エジさんの考えるサッカーをここでも見て取れた事が結構満足だったかな。そして、その中心で、まぁ僕がそう感じただけかもしれないけど、中後のプレーに目を惹かれました。エジさんも中後への指示が多かった気がするし。

その後は、フルピッチを6vs6で使ったカウンターや切り替えの早さを狙った練習。これも非常に興味深かった。このタイミングでこんなにフィジカル的にも追い込むか!って。このトレーニングの中にも攻める事に対しての意識の徹底とカウンターを受けた時の守り方などの意図が感じられたのも、やはり成長過程のチームだなって改めて思った。

これで全体練習は終わりだったんだけど、この後のセットプレー練習の後が面白かった。

片隅であるお方がまさに虎の穴って練習をしてました。

ありゃー凄い(笑

まぁそんな感じでしたね。


そして、昨日今日とCLのSemi Final 1St Legがありました。
バルサは、あのアイスランドの火山の影響で飛行機が飛べず、ミラノまでバス移動が影響したのか、前半の1点が決まり前半終了の時点で『これは後半ひっくり返されるな』と思った通りに逆転され3-1で敗戦。モウリーニョのインテル相手に3失点はでかいですね。2nd Legがホームと言うことを抜きにしても、かなり厳しい状況になってきましたね。

一方のバイエルンとリヨンは両者それぞれ1人づつ退場者を出した荒れた試合となりました。その中でも、バイエルンのロッベンがミドルシュートを後半に決め1-0で折り返しました。こちらもかなり力が拮抗したチーム同士で、且つ、それぞれ組織力を武器にした戦いをするため、2nd Legもかなり目が放せないですね。ただ、それぞれの退場シーンは残念で仕方ない。前半のリベリのファールはレッドカードも仕方ないですが、あそこまで厳しく行く必要があったのかなとも感じます。前半でそれぞれ先制が必要だって言うのはわかりますが、カードをもらっちゃう位に行く必要あったかなって。

いやーそれにしても、久しぶりにイングランド勢のいないSemi Final。

それだけでも興味をそそられる今大会です。決勝の地、マドリードへはどのクラブがたどり着くのか今から楽しみです。

バルサ未遂♪

サッカージャーナリストの西部さんのお言葉です。

う〜ん、確かにそう感じる時もありますね。
パスをぽんぽん小気味良くつなぐ時もあれば、”そことおしちゃうの!?”とか”そこでそうトライするか!”と思わせるプレーも魅せてくれる。その上、この前の2点目の起点となったネットのパスからも見て取れるサイドチェンジのタイミング。見てて面白くなってきたジェフのフットボール。長く険しく厳しいJ2でも、しっかりと戦うことで更に強固なベースを作って行きたいですね。

それにしても、日曜の試合は良かった〜。

あれだけ気分良く帰れたのは、本当に久しぶり。
フクアリから蘇我駅に向うジェフのグッズを身に着けた人たち皆、嬉しそうな顔して虹色オーラが出てたもんね。
自分もそんな中の一人だったし。その後行ったHUBでも気分上がりっぱなしで、彼にも会っちゃったし。いいわ〜と言った日曜を過ごせた。

次はアウェーで岡山と。

勝ち点を更に積み重ねたい所ですね。
行く方々、応援を頼みます!
Profile
石井ちゃん
1985年6月4日生まれ。千葉県出身。
サッカー歴:18年
好きなFootball Club:ジェフユナイテッド市原千葉、Liverpool FC
 
今はわけあって、日本に帰国中です。
イングランドでは、Sport & Leisure Managementを専攻してました。
9月に再渡英予定。
Jリーグ2010特命PR部員 石井ちゃん
おきゃ〜くさん

  • ライブドアブログ