March 05, 2006

本日最終日

 本日はこのブログを担当して長いようで短い一週間がたちました。ご好評いただきました侍ブログは本日を持ちまして終了です。
 
 それでは、最後のお話です。

 最後は、少しまじめな熱い話をさせていただきます。

 自分は、ユニックス内で自他ともに認める熱い男であります。自分が剣道界からまったく違うジャンルの美容業界に入りました。当初は、美容師なんてチャラくて自分に合うのかどうか不安な一面もありました。自分は、人一倍負けん気が強くこの美容業界でうまくやっていけるのかなと思っていました。しかしっ!ユニックスに入って自分の可能性が広がり多くの上司、多くの同僚、多くの部下と出会いました。熱い仲間たちがユニックスには勢ぞろいしてる会社でした。

 皆さん!美容師って見ますか??どういうイメージを持っていますか??美容師は美容の話やお客様の悩みの解決のためにとことん朝まで話すことが多々あります。お酒を飲みに行ってそのことしか話さないのです。時には、美容などの話で熱くなり上司、部下関係なく熱くぶつかり合っています。

 美容師は、はたから見ればかっこよく、華やかな仕事に見えるかもしれません。でも実際は、お客様を満足させるために朝から晩まで勉強しています。妥協はしていないのです。

 自分は、正直ユニックスとういう会社しか知りませんが自分の会社を自負するわけではありませんが、このユニックスはお客様を満足させるために存在していると思います。

 
 それでは、最後の最後のお話です。アリオ蘇我店にスポットを当てさせていただきます。このアリオ蘇我店、オープニングにして約一年がたちます。山あり谷ありいろいろありましたが、徐々にお客様の支持を得ることができました。総勢スタッフ17名松本が率いる熱き蘇我魂受け継ぐものたちが蘇我店を盛り上げております。17名を一人ひとり紹介したのですが一人ひとりを紹介していくと一ヶ月くらいかかってしまいそうです。なんか自分の店のことを話すのって恥ずかしいですね。照れくさいです。アリオ蘇我店は最高で最強です。きっと一度ご来店していただければ肌で感じられると思っております。ユニックスという名が千葉では、まだまだ無名ですがアリオ蘇我から発信するユニックスブランドを確立したと思っております。千葉の美容室といったらユニックス!!美容室といったらユニックス!!!そんな未来予想図を立てております。きっとこれは実現するでしょう。乞うご期待。

 最後は、少しまじめなお話しをしてしまいました。実はまだまだ、ネタはいっぱいありますよっ!アンコールの声があれば再降臨したいと思います。そのときには、眞鍋かをりさんのブログには負けいないようにしたいとおもいます。

 それでは、昨日もお知らせしましたが、『ユニックス働く人日記』が一週間メンテナンス調整のためお休みをいただきます。次回からは港北店の梶原店長が面白くも悲しいブログが始まります。気合が入っているので皆さん乞うご期待です。


 最後の一句


          草むしり


    草むしりはね ずっと腰を曲げて ひざを曲げて 下を向いて

    ひたすら雑草をぬいている

    抜いても 抜いても 

    前にはまだまだたくさんの雑草があります


    つらくて苦しくなってひざを伸ばして 腰を伸ばして 
 
    大きく背伸びをして見ましょう

    まだまだ先はありますが

    ふと後ろを振り返ってみるとわかるんだよ

    自分のしてきたことが

    

                        侍 

unix123 at 01:05|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

March 04, 2006

今日は寒いですね

今日は寒いですね。非常に。
先ほど気温を測ったらなんと3度でした。
天気予報によると雪が降るかもらしいです。
足元には十分気をつけましょう。

今日は『食』についてお話したいと思います。
この間、蘇我近辺にある某お寿司屋さんに行きました。
一人で・・・。
そこは、回転寿司なのですがとてもおいしく、値段もちょいと高めのところ何ですが、よく給料日後などに自分へのご褒美で食べに行くことがあります。
ある日店に入るとカウンターへ通されました。
自分の近くにいるのは自分と合わせて2人だけでした。
自分は海老が大好きなのでしょっぱなに海老を2皿ほど頼みました。

すると自分側にいた男の方が
『大とろ二枚』と一言。
心の中で『何!?VIPだなぁー』
と思っていたら、『うに』やらなにやら高いものばっかり頼み始めたのです。
ここでなぜか自分の心の中にライバル心が芽生えてしまいました。
『大とろ』『うに二枚』『あわびの壷焼き』等々頼んでしまいました。
結構おなかいっぱいになってきてそろそろ帰ろうかなーと思ったら、その男の方はまた高めの『アナゴの一本なんたら』と頼んだのです。
『なにを!?』と思い、自分も『う、うにを一枚』・・・。
おなかいっぱいだったにもかかわらず頼んでしまいました。
もう、さすがに苦しくなってお会計をしてみるとなんと¥4000近くにもなっていました。
しかも、そのお方をよく見るとブランド物のバックをもっていて、いかにもお金持ちそうな40代ぐらいのジェントルマンでした。
負け戦をしてしまいました。
まぁー時には負けることもあります。(独りよがりですが)
次には目指せリベンジ精神で、お腹もお財布もゆったりとして挑みたいと思います。

では、もうひとつ別件のお話を。
皆さん茨城に存在する『世界一の大仏』をご存知ですか?
茨城県は牛久に所在する大仏様知りませんか?
世界一にもかかわらず、他県の皆様には茨城という土地柄か、あまり認識が薄い、少しかわいそうな大仏様です。
なんと『鎌倉の大仏』が手の平にのると噂されるぐらいの大きさなのです。
全長何と120メートル。大仏様には珍しく、
直立不動です。
そりゃー立ってるからその大きさときたら大変なものです。

自分が初めて見に行ったのは高校三年生の卒業式前後の時でした。
友達の車で夜中見に行きました。
大仏様があるのが山の中というか、何もないところなので、いくまでには街頭がほとんどない真っ暗闇の道なのです。そしてしばらくいくと、

夜中の闇をより怖くする大きな大きな影が見えるのです。
ボーッと影が見えてきました。
とてもとてもおおきいので、飛行機がぶつからないように赤いライトでライトアップされていて、最初はとても怖く思えました。

以前横浜のスタッフにも、その存在を信じないので夜連れて行ったところ、あまりの大きさにすこしひいてしまい、無口になってしまいました。
しかし、このあいだお休みを利用して日中に行ってきました。
その面持ちはとてもとても穏やかで、賛美に値するものです。
観光名所が少し少ない茨城が誇れるすばらしい観光名所なのです。
ぜひまだ見たことのない皆さん。都内からでも日帰りでいけますのでぜひ茨城が誇るまた、日本が誇る『牛久の大仏』を見に行ってみてください。
夜の大仏様も絶景ですよ。
よろしくです。

今日は少しお国自慢をしてしまいました。

最後に皆様にご連絡です。
このご好評をいただいてる『UNIX働く日と日記』が一週間お休みいたします。
このブログの担当?がYAHOOさんに変更するということですので、調整のためお休みさせていただきます。
充電期間の後は、港北店店長、UNIXの誇るイケメン店長、筋肉大好き店長の梶原店長に引き継いでいきたいと思います。なんとこの梶原店長は松本の長女のヘアーを担当してくださっているのです。よろしくです。
自分の担当も残り一日となりました。

それではまた明日・・・。


今日の一句
今回は高校の時の監督のお言葉です。
自分の座右の銘ですのでぜひご堪能ください。


        難関

   難関と 思ふた時は
   夢は無し
   難関と 思わざる時
   難関はなし


最後にもう一丁
これは自分のお師匠様である石坂ADが絶賛して、ぜひ載せなよと一言言われたので。



   花は 咲く場所を選ばない
                  侍   
        

unix123 at 00:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

March 03, 2006

ネタが尽きてきますね

まだ4日目にもかかわらずネタが尽きてきますね。
三日坊主とはよく言ったものです。
昔の人はうまいこと考えますね。

漫画喫茶に通ってはや4日。なかなか居心地のよいもですね。
修学旅行とかに行って、たった数日しか滞在しないのに、なぜか自分の部屋になった気がする感じに似ています。

ここでネタが浮かびました。
今日は『修学旅行についての巻き』と『剣道部合宿の巻き』の二本立てでお送りします。

まずは『修学旅行についての巻き』です。
高校二年に修学旅行が行われました。
場所は典型的な広島・京都・奈良。の三都めぐりです。
皆さん修学旅行の楽しみといえばいろいろあると思いますが、なんといっても夜ですよね。
そのときの先生方はとても穏便な方が多く。夜の見回りをあまりしない方向で進んでいました。だから『ちゃんと寝てるかー』といわれて寝たふりをすることがあまりなかったのです。しかし、寝るときはちゃんと部屋にはかえりますよ。が!!
最終日の前日の夜いつものように生徒みんなそれぞれの部屋に行き、トランプをしたり、牛タンゲームをしたりして。最後の宴を楽しんでおりました。
最後の夜だけに、みんなちょいとはしゃぎすぎ、どっかの部屋で騒いでいたのを皮切りに、一斉捜査が始まったのです。
その情報は、今みたいに携帯電話が普及していない時代でしたので、もっぱらやり取りは部屋にある内線電話です。
そしたら、自分たちの部屋に先生たちが現れました。
しかし!
自分たちの部屋には一畳分ぐらいの隠れる場所が奥にあったのです。
間一髪先生たちには見つからず、その場を去っていきました。
しかし、自分たちの部屋には8人部屋ぐらいにもかかわらず、10数名の人がいたのです。
先生たちも見回りをすれば何人部屋にいないのかがわかります。
最後に自分たちの部屋に先生たちは戻ってきました。
入ってくるなり『みんな出なさい!』の一言。
降参です。先生たちもその人数の多さにびっくり。
廊下で正座をさせられ、めいいっぱいしかれれてしまいました
そんな若気の至りがありました。それもまたよき思い出です。

おまけで心温まる修学旅行にまつわる恋のお話です。
ある友達が北海道の高校生と写真を取り合う形で知り合い、次の日に清水寺でまた会ったのです。
そこで、その当時の高校生の必需品のポケベルの番号交換を知らぬ間にしていました。
すると、自分達の実家は茨城なので、茨城と北海道の遠距離恋愛の始まったのです。
会うこともできない。連絡手段はポケベルと電話だけ。
なんと純愛でしょうか?
それが約二年間弱も続いたのです。
すばらしいですね。

さて次は『剣道部合宿の巻き』です。
剣道部といえば体育会系の集まりの集団ですから、いろいろなことがおきました。
学生最後の合宿の時、息抜きのために当時自分達ではやっていた『ファミスタ』というプレイステーションの野球ゲームを持っていきました。
一週間ぐらい続く合宿中の休憩の合間にリーグ戦をやろうということになったのです。ビリは罰ゲーム。
参加者は6名。つらい体に鞭打って、少しづつ試合を消化し、ビリが決定しました。
そこで罰ゲームはどうするか?
ある部員が言いました。
『コンビニでエロ本を買ってきて!』(下品ですいません)
すると『えー!やだよ!』
しかし、次の一言が仰天です。
『お箸つけてもらってね』
なぜでしょか?しかし、罰ゲームなので仕方なくビリの部員は買いに行きました。
これが山奥で合宿しているのでコンビニがまた遠いのです。
しかし、部屋で待っている自分達は合宿の疲れからか、帰りを待たずに寝てしまったのです。
そして、おきたらすぐ練習だったので、そのことなんかは忘れてしまったのです。
すると、練習が終わり食事中
『俺買ってきたんだけど・・・・』
すみません。
みんな忘れていました。
そんな思い出もありました。それもまたよき思い出

別に何がいいたいわけじゃありませんが
旅行って楽しいですね。

明日はアーティストチームでのお仕事がありますので、今日はこの辺ですいません。
最後にこのブログにコメントをしてくださった方ありがとうございます。
残り二日となりましたが、暇なときにでも読んでください。

今日の一句

         幸せ

     世の中 辛い事は 
     いっぱいある
     世の中 幸せな事は
     いっぱいある
     その差は 
     たった一本
     一本減れば 辛い事
     一本増えれば 幸せなこと
     文字を たった一本 足すだけで  
     幸せになる
          
                  侍


unix123 at 01:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 02, 2006

今日は何を書きましょうか

今日は何を書きましょうか

今スタッフの誕生日会を終え、いつもの漫画喫茶に到着しました。

今日お客様でこのブログを読んでくれているお客様が数名いました。
うれしい半分恥ずかしさ半分な感じです。

今日は自分の趣味のお話を少しさせていただきます。
自分はスノーボードが大好きです。
友達とビデオを撮って編集をしたこともあります。
これはそんなスノーボード好きのお話です。

学生のころ友達と卒業旅行をかねて『スノーボードで卒業おめでとう〜東北一周しちゃおう計画』を実施しました。
メンバーは六人。
スノーボード一本もって、二台の車で東北の旅に出ました。この旅での目標は
々眤を使わない
土地の旬なものを食べる
O天風呂で雪合戦
そ匹魯▲櫃覆靴
ゥ好痢璽棔璽匹魍擇靴
この五項目を掲げ旅に出ました。期間は一週間。

夜中の12時過ぎに集まり、当時住んでいた横浜を1号線沿いに走りました。
途中で6号線に乗り継ぎ一気に仙台まで。
仙台につくころには、夕方になっていました。
仙台に着き雪が降り始め伊達政宗を見に行きました。
なんか小学生の作文みたいですいません。

その後第一ステージの山はあの有名な蔵王です。
しかし、蔵王について滑り始めるとなんとふぶき。
吹雪の中頂上に着き旅の初すべりが始まりました。
ここで問題発生!!
実はなんとほとんど滑れない人がいたのです。(みんな承知の上)
その人がゴンドラをおりて滑り始めたらすごい勢いで転んでしまいました。
するとなんと!!
頭から血が!!
ここでその友達のこの旅のスノーボードは終了。

このまま書き続けると、長編小説になってしまいそうなので一番記憶に残った出来事をお話します。

宮城蔵王から山形蔵王へ車で超えようとしたら外は猛吹雪。
前なんかほとんど見えない状態です。
ここである友達からすばらしい提案が。
『ゴーグルつけると見やすいよ』
何を血迷ったか六人全員ゴーグルをつけ運転し始めました。
でもこれがまたよく見えたのです。『すっげー見えるよー!』連呼。連呼。
しかし、吹雪は止む感じがなく強くなる一方です。
スタッドレスをつけていたのですが、さすがにびびってしまい、チェーンをつけることになりました。
しかし、とてもとても寒いのです。
チェーンをつけるのに外に出ると5秒もいれない。
しかし、チェーンをつけなければこの山は越えられない。
そこで『一人十秒ルール』の発生です。
少しずつ交代ごうたいでつけ始めました。一人十秒なのでとてもとても時間がかかりました。やっとつけ『いざ!蔵王超え!』
と意気込んだときに、びっくりする事件が!!

前を行く除雪車のおじ様から、『もう危険だから下ってください』
妙に冷たく聞こえてしまいました。
この苦労はどうしたものか・・・・・。

これで一日が終了しました。
まだまだ残り6日間の壮絶なお話がありますが、このお話は今日はここまで。
続きが聞き来たい人はぜひアリオ蘇我店まで。


こんなつまらないお話に付き合っていただきすいません。
明日はもっと内容の濃いものにしたいと宣言します。


今日の一句

       友達
 
 本気で 笑える友達もいい
 本気で 喜び合える友達もいい
 本気で 悲しみを共有できる友達もいい
 本気で 泣ける友達もいい
 そんな 本気がいっぱいあるから
 自分が 支えられている
 少しずつ 本気を繰り返して
 そんな 本気の仲間が
 大人になっていく
 自分も 大人になっていく
 お酒でものんで ゆっくりと

                 侍



unix123 at 01:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

March 01, 2006

一日あいてしまい申し訳ございません

毎日書こうと思っていたのですが一日あいてしまいました。
昨日はアーティストチーム・デザインチームによるすこし遅めの新年会が開催されたのです。
そうそうたるメンバーですので、美容道について話しているうちについつい遅くなっり、11時半ぐらいまで赤羽で飲んでしまいました。蘇我についてみるともう夜中の2時前になってしまい、つい妥協して寝てしまいました。

自分の家にパソコンはあるのですが、インターネットに接続していないので、このブログはアリオの近くのフェスティバルウォークの漫画喫茶でいつも打っているのです。
今まで漫画喫茶にあまりいったことがなかったのですが、すごいですね!
なんとシャワールームもあるんですね。すばらしい。

今日は自分の家族についてお話をしたいと思います。
自分の家族は6人家族です。今ではめずらしい4人兄弟なのです。
上から姉・姉・兄と自分は末っ子次男坊と気楽なポジションです。
しかし、男二人女二人とは見事なものですね。
4人兄弟ともなると小さいときは毎日が弱肉強食の世界です。
お菓子なんかまずスナック菓子なんかは出てきません。なぜかというと均等に分けられないからです。
基本的に分けられるガムとかがおおかったですね。
食事中の飲み物なんかも注ぐときにみんな見ているんです。
少しでも多かったり、少なかったりするとすぐに指摘が飛んできます。
だから、注ぐだけなのに時間がかかってしょうがないのです。
そんな世界だったのですが、我が家を揺るがす大事件『オロナミンC事件』が勃発しました。

小学1年ごろのある日、オロナミンC10本入りのパックを親が買ってきました。
そこで均等にまず振り分けられました。
子供たちは2本づつで、親は1本。
絶対に人のは、飲まないように指摘されました。
しかし、数日後誰かが『私の1本ない!!』と叫んだのです。
そこからは大変。
家族会議の始まりです。
親が議長の下、誰が飲んだのという討論会が始まりました。
そこで、末っ子の私めが飲んだねではないかと、兄弟から意見が上がってきました。
でも、絶対に飲んでいないっ言い張ったのです。
兄弟3人対自分の平行線の戦いが1〜2時間続き、答えは結局出ないまま家族会議は終了しました。

月日は流れ、3年前ぐらいのお正月。
家族みんなで酒を飲みながら昔話をしていると『オロナミンC事件』の話題が出てきました。
もうみんな大人なので、笑い話でしたが、兄弟から『あれ、あんたが飲んだんでしょ?』って聞かれました。
でも、。かたくなに自分は飲んでないって言い張りました。

さて、だれが飲んだのか?
答えは自分だったのです。
どうしてもどうしてものどが渇いてしまいつい飲んでしまったのです。
松本家の皆様申し訳ございません。
今度実家に帰るときにはオロナミンCかって帰ります。

話は変わって今日は柏店の岩井店長が蘇我店の講習会に来てくださりました。
終わったのが遅く帰ることができないので自分の家にとまりにくることになりました。でも今ブログを打っているので、いま岩井店長とわが蘇我店の猛者どもは駅前の『庄や』さんで話をしていると思います。
きっとみんな待っているので、今日はこれにて終了したいと思います。
それではまた明日。

本日の一句

       ナイフ

  人は生まれながら 心にナイフをもっている
  自分を守るために
  時には 人を傷つけたり 
  時には 自分を傷つけたり
  でも せっかく持っているナイフがあるなら
  自分の 未来を 切り開こう
  自分の 心を 切り開こう
  

                      侍
               

unix123 at 01:16|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

February 27, 2006

一週間お願いします

はじめまして。
UNIXアリオ蘇我店侍店長松本明です。
このブログを担当するにあたって非常に緊張しております。
なにを書いたらよいのやら試行錯誤をしております。
まず最初に、なぜこの『UNIXで働く人日記』で何回か出てきていますが、自分が侍と呼ばれているか。
実は自分は幼少のころより剣道をたしなんでおり、実に17,8年間やっておりました。
その経緯を聞いたスタッフからいつしか侍と呼ばれるようになったのです。
剣道をやっていたときはみんな剣道家であるため、そのようには呼ばれたことはありませんでした。
そんなこんなで侍と言われる由縁は終了です。
さて次のテーマは・・・。
先ほど『このブログ』とパソコンで打とうとしたら全部カタカナで『コノブログ』と出てきて、一瞬『コブクロ』と読んでしまった経緯がこの数分間でおきました。近況報告です。だからなんだということですが。何か?(おぎやはぎ風)
最近『おぎやはぎ』さんに似ているといわれとことがあったので、『おぎやはぎ』さん風に書いてみました。どっちに似ているかはわかりません。が、『ザ.タッチ』(芸人さん)は双子だけに似ていますね。まったく区別がつきません。
こんなくだらないことですいません。実はお笑いが大好きなのです。
たまにスタッフを呼んで自宅で『DVD〜お笑い鑑賞会〜』を開催しているほどです。

今まで担当していた店長さんたちは店舗紹介などしておりましたが、ここはあえて強行突破で、自分のスタイルで書かせていただきます。
途中で予定変更もございますが。何か?(おぎやはぎ風)

最後に少しまじめな話を書かせていただきます。
自分のモットーとしていることがあります。
それは人を嫌いにならないことです。
きれい事かと思われるかもしませんが、確かにむかついたり怒ったりすることは沢山あります。しかし、嫌いになってしまったら元も子もありません。
だから、自分は心底人にぶつかっていきます。その人を知るためにも、自分をわかってもらうためにもぶつかっていきます。人に弱点は絶対あるのです。人を嫌いになるより人を好きなる時間の方が絶対大切なのです。自分のまわりが好きな人ばっかりだったら人生幸せになると思います。だからこそ人との出会いを大切に、人とのつながりを大切にしています。

そんなこんなで初日はうまくまとまらなくてすいません。
最後に自分は詩を書くのが好きなので、このブログを担当している間書かせていただこうと思います。
以前あるスタッフに送った言葉です。

          山と壁

     山と壁は違う
     山は自然とそこにあるもの
     壁は自分でつくるもの
     より多くの壁を自分でつくることが
     大切
     自分で動き出すことが
     大切
     
                        侍
     



unix123 at 01:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

February 26, 2006

一緒に働く仲間たち

今日はいつも一緒にいる仲間たち、赤羽店スタッフを紹介したいと思います

いつも心の支えになっている村山主任、技術に対するこだわりはピカイチ。すごく尊敬しています  一番長い付き合いのフジワラ、とても素直でまっすぐ。かわいくて放っておけない存在です  個性的で魅力的な梁さん、しっかり者で頑張り屋さん。ついつい頼りにしてしまいます  いい女系の三澤さん、とても素敵なママ。心響ちゃんのお話を聞いてるこっちが幸せな気分になります  最近仲間入りした佐藤さん、ベテラン美容師さん。すごく一生懸命で刺激を受けています  ほんとうに純粋なぬっくん、正直者でかわいいです。最近ずいぶん頼もしくなってきました  ポジティブシンキングふなっき〜、見習うべきところがたくさんあります。人生経験が豊富で魅力たっぷりです  落ち着いた雰囲気の清水くん、優しい心の持ち主です。とても真面目で人一倍努力家です  ちょっとマニアックなゆりっぺ、一見おとなしい感じですが実は面白いんです。最近可愛くなって何かあったかな?  もうじきスタイリストデビューの森ちゃん、芯がしっかりしていて姉御肌。売れっ子スタイリストになる素質充分です  元バーテンダーのタムタム、人懐っこくていい奴です。素直で人を思いやる気持ちを強く持っています  かっこいい顔をした岡ピー、実はお笑い系でした。ちょっとした一言が場を盛り上げてくれます  しっとり大人系の寺腰さん、私と同い年なのに10歳の女の子のお母さん。みんなの癒しの存在です

個性たっぷりの14人です
みんなそれぞれ夢を持って一生懸命がんばっています。
だから私もがんばれる気がします。
ぜひみんなに逢いに来てくださいね!
スタッフ一同心待ちにしています

今回で私のブログはおしまいです。
お付き合いいただきありがとうございました

お次は蘇我店の侍店長、松本さんです
よろしくお願いします

  




unix123 at 03:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 24, 2006

アーティスト活動

ユニックスにはデザイン、アーティスト、商品開発と3つの技術開発プロジェクトが存在します

私は1年程前から石坂アーティスティックディレクター、須藤アーティスティックディレクター率いるアーティストチームに参加させていただき月に2回の活動を行っています

メンバーは石坂AD,須藤AD,アルシェ店中村店長、蘇我店松本店長、IY蕨店松本(真)店長、そして時々横浜店西山さん、浦和店藤井さんという個性豊かなメンバーで毎回試行錯誤しながら作品創りに励んでいます

ユニックスの打ち出すイメージをビジュアル化させて伝えていくことはとても難しいですがそれ以上にやりがいがあります
まだまだ勉強不足で役立たずなのですが、いつかすばらしい作品を発表できるよう精進します

この春のテーマは「innocennt light」 白く眩しく輝き、ふわりと柔らかいニュアンス。ロマンティックでノーブルなイメージの魅力的な女性を演出しています                             
          

                        


ところで私は大のパン好き
わたしのお気に入りパン屋さんを紹介します
ぜひおすすめです

Johan
 三越デパート各店にあるフランスパンにこだわりを持ったパン屋さん。ミニクロワッサンを日本で初めて販売したのもココ。いつも行列が続いています。

BOULANGERIE BURDIGALA ブー・ランジェリー・ブルディガラ
  新宿ルミネ2、六本木ヒルズなどにあり、自家製天然酵母のハード系食事パン。パンの他にも焼き菓子、タルトやクッキーなどもおいしいです。

デイジイ
  川口、西川口、東川口にあり、昔ながらの正統的なパンが並んでいます。洋菓子コンクールで農林水産大臣賞を受賞したクロワッサンBCが有名。一時期は1日1000個売れたことも・・・

Edy's Bread
赤羽駅東口ホテルメッツの中にある、ホテルメトロポリタン系列のパン屋さん。エディさんの大福やたこ焼きパンなど変わりだねパンもあります。おすすめはメイプルラウンド。ユニックス赤羽店にご来店の際はぜひ立ち寄ってみてくださいね

unix123 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

February 22, 2006

ぜひ おすすめ

ぜひおすすめしたい写真集があります 
「花の都の空の色」というパリの空を映したとても素敵な写真集です

著者のmioさんは私が担当させていただいているお客様で、以前からこの写真集が出来上がるまでのいきさつを伺っていたので私は出版されるのをとても心待ちにしていました 
想像していたとおりmioさんらしい温かくて優しいイメージの作品でした。大事に大切につくられた気持ちがとても伝わってきます

mioさんはパリで住んでいたアパルトメンから見える空に魅了されたくさんの空を映しました。特別な写真の勉強をしたわけではないようですが、とても綺麗に映し出されていて魅力的です。

在住中に病に侵されやむを得ず帰国することになり、辛く厳しい日々を乗り越えてきたのでしょう。しかしいま私に見せてくれるmioさんの天真爛漫な笑顔、明るくかわいらしい仕草からは、前向きでやる気に満ちた勇気をいつも感じさせられます

平凡な毎日の中に幸せはたくさんあるのに、いつもある幸せを人は幸せとは感じない・・・とmioさんは伝えます。
ちょっとひと休みしてゆっくり自分を見つめ直す時間も大切ですね


「花の都の空の色」

著者: mio (著)
出版社: 碧天舎

■内容紹介■

東京の病院から見る東京の空はやはり小さかった。それでも空に励まされる。私は何をしてあげられるのだろう、この雄大な空に。(あとがきより) 私だけのものでもない、人間だけのものでもない。見上げると必ずそこにいてくれる、果てしない空。涙が止まらない時も、疲れ果てた時も、絶望した時もやさしく包み込んでくれたのは、この空でした…。悪性リンパ腫を宣告された著者をそっと励ましてくれた、パリの空の写真集。





unix123 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 20, 2006

はじめまして

三浦店長おつかれさまでした
今度ぜひ、ヨガに連れて行ってくださいね

今週ブログを担当させていただく赤羽店小林です。
どうぞよろしくお願いいたします

実は今日まで一週間、長期休暇をいただいていました
温泉へ行ったり、ディズニーランドへ行ったり、ぷらっと街へ出掛けたりと有意義な一週間を過ごすことができました。
ありがとうございました

実家にも帰って羽を伸ばしてきました
実家を出て早2ヶ月が経ち、つくづく親のありがたみを感じる
今日この頃です

私の父親は大のお酒好きで最近呑み相手ができてとてもうれしそうです ほんとうに子煩悩で優しくて、ずっと私は本気でお父さんみたいな人と結婚するんだっと思っていました
母親はかなりの天然でチョット風変わりなところがあります
見ていると危なっかしい時が多々・・・感受性が豊かで子供がそのまま大人になったような素直な気持ちの持ち主で、ちょっと憧れるところでもあります

両親は兄と私のために一生懸命働いて育ててくれました。
何よりも子供たちのことを最優先に考えてくれていました。
いつも私たちに無償の愛を与え続けてきてくれました。

子供が二人とも独立した今、ほっとひと安心というところと、
時折両親の少し寂しげな顔が覗えることがあります

今までは私自身、自分のことだけを考えてきましたが、これからは両親のこと、家族のこと、自分を取り巻く方々のことを思いやれる器を持てるようになりたいと思っています

先日、旅行嫌いの父親がめずらしく「来年あたりにヨーロッパのワイナリーを渡り歩きに行きたいなぁ」と言っていました。
ワイナリーというタイプではないのですが、生まれて初めての親孝行、連れて行ってあげられればなぁと思っています





unix123 at 02:39|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
Profile
訪問者数