ジブリ映画最新作、「風立ちぬ」を見てきました。
最近の宮崎監督映画に見られたような、
「意味わかんねえ! けどきっと分からないのはこちらのせいだな… だってあの宮崎監督なんだもん」
というモヤモヤ感が少なく、かと言って一般向けに噛み砕いた作品でもなく、 危うくも美しい映画でした。
近年の宮崎映画の中では一番好きでしたねー。

以下、ネタバレ感想
まずは、知り合いに薦められて見てみたyoutubeの動画

岡田斗司夫の海賊生放送 ジブリ最新作公開記念特番 「岡田斗司夫が"風立ちぬ"の感想を語るよ!」
(言うまでもありませんが、このエントリ及び動画は、本編を見たあとで視聴することを強くお勧めします)



岡田斗司夫氏の考察、深いですね。
笑い声は本当に気持ち悪いですけど、流石です。

ここで岡田斗司夫が繰り返し強調しているところの、「堀越二郎は人の心を持っていない」という部分を踏まえて思い返すと、一見して突飛にも思える、二郎と菜穂子の行動に一貫した説明が与えられます。
風立ちぬのパンフレットに書かれている、企画書に記載された人物像によれば、堀越二郎は
「狂燥、熱狂、極度の集中、自由への執着、個人主義者、過度の自尊心、現実主義と理想主義の沸騰物、が、しかしきわめて冷静で明晰さをあわせ持つ人物」
とあります。
狂気と理性を併せ持ちながら、大多数の人間が持っている、大切な何かはごっそりと失っている人物。
強い正義感を持ちながら、後に世界最高峰の破壊兵器を作り出す人物。
美しい映像と悲劇性、そしてそこに隠された狂気の物語というのが、岡田斗司夫氏の話の大意でした。

そう言われてみれば… と私も納得するところが少なくないのですが、
ラストシーンに関するお話に少し異論があるので、私なりの解釈を載せてみます。

岡田斗司夫氏の解釈は大体こうです。
(私の受け取り方が違っていて、「いや全然違うよ」と言われるかもしれませんが…)
二郎が見ているのは「美しいもの」であり、それ以外には何の執着もなく、そしてそれは菜穂子を失った後も変わらなかった。
だが菜穂子は最後に「生きて」と二郎を肯定し、赦す。それは同時に、宮崎駿というクリエイターが、自らを赦すということも意味するのではないか…

ですが私には、最後の菜穂子の台詞「生きて」が、単純な、二郎への肯定の言葉であるとは思えないのです。
二郎は零戦を作り、それによって数え切れないほどの人を殺してしまいました。
彼は最後のシーンで、その罪と悲しみを背負って歩いてきます。
パンフレットに書かれた宮崎駿の文章によれば、
「二郎はズタズタにひきさかれ、挫折し、設計者人生を断ち切られ」
た状態です。
最愛の女性よりも仕事を、飛行機を優先してきた二郎に残されたのは、夢の残骸と自分の命だけ。
そんな男に、ただ「生きて」という菜穂子の言葉は、果たして「赦し」なのか?
私には、自分の命と愛情を顧みなかった男への、呪いの言葉のようにも思えるのです。
二郎が捨ててきたもの、壊してきたもの、それらから目を逸らすことは許さない。自ら命を絶つことは許さない。そう言っているように聞こえましたから。

もう一つ。
菜穂子がいなくなるまで(あるいはいなくなっても)、飛行機だけを最優先に生きてきた二郎は、最後の試験飛行のシーンで、初めて飛行機から目を逸らします。
それはおそらく、菜穂子がこの世を去った瞬間のことでしょう。
人の心を持たなかった二郎が、菜穂子を失って初めて、飛行機ではなく菜穂子の方を見たのです。
菜穂子は最期の瞬間に、飛行機から二郎を奪い返し、人の心を与えることができたのではないでしょうか?

死んだ菜穂子からの言葉「生きて」に対し、二郎は「ありがとう」と応えた。
これは、二郎が菜穂子によって、もう一度命を与えられたからではないかと私は思うのです。

「風立ちぬ、いざ生きめやも」
これが作品全編を貫く詩である以上、ラストシーンは二郎が新たな生を踏み出す場面でなければならない。
私はそう思うのです。

最期に一つ。宮崎駿はこの作品で自らを赦したのか…?
これもNOでしょう。
菜穂子の「生きて」は、宮崎監督にとっても呪いの言葉であるはずです。
しかし、監督はこの作品で、自らを赦すどころか、「呪われ上等、これからも俺はこのやり方でやっていく」と宣言しているのです。
お爺ちゃん凄いよ。