知られざる佳曲

   一. クラシックを中心とした音楽が好きです。
   二. 素人ですが、著作権や著作権法について考えたり、情報検索について書いたりしています。
   三. アマゾンの深層webや物流に関心があります。

自分は決して村上春樹の熱心な読者というわけではないけど、彼がクラシック音楽について書いているものはいろいろ追っかけるようにしている。






少し前のことになるが(2015年)、期間限定サイト「村上さんのところ」でも、お気に入りの音楽が読者とのやりとりの中で挙げられていて、アーリーン・オジェー(Auger, 1939-93)が歌う「四つの最後の歌」がお気に入りとあった(テラーク盤で、バックはプレヴィン指揮/VPO)。この演奏は筆者も好きなので、読んでいて嬉しかった。


公開されている時には気付かなかったが、50年代から60年代のリヒテルに触れた部分があった。

リヒテルの演奏をよく聴きました。この『森の情景』はとても素晴らしいです。完璧な技術と、まっすぐに核心に踏み込んでいく洞察と、みずみずしいエモーション。50年代から60年代にかけてのリヒテルは、まさに魔法のような存在でした。


村上春樹『村上さんのところ』新潮文庫、2018年、282頁。



この演奏はCDがDGから出ていて、手に取られた方も多いと思うが、先日購入した独Profilレーベルの放送曲から音源復刻した「リヒテル/シューマン&ブラームスBOX」であらためて聴きなおした。


RICHTER PLAYS BRAHMS & SC


既にレコードやCDで発売されている音源だけでなく、初出のライブ(放送用音源)など、まさに50〜60年代のリヒテルの「生の」シューマンが収められていて、この「森の情景」に限らず、熱いパッションがぶつけられている部分や、美しい弱音がはかなく響く箇所など、本当に魔法のようなリヒテルを堪能できる。










セッション録音されてないライブでは、本当に自由に羽ばたいているように感じる。




気になった言葉はメモしておこうと思うのだけど、つい忘れてしまったり、最初から面倒に感じてしまったりで、記憶から跡形もなく消え去ってしまうことが多い。

吉田秀和作曲家論集〈4〉シューマン

だから、スマホから音声入力をし、ブログに残していこうと思う。

まずは、吉田秀和がシューマンのピアノ・ソナタ第1番嬰ヘ短調作品11について語った文章から。シューマンの芸術全体に対しての言葉であってもふさわしいように感じる。

シューマンには、「言いたいこと」がいっぱい、多すぎるほどいっぱいあり、それを適当な形にまとめるなんてことは手に負えないというより、そうやってはいけなかったのだ。そんなことをしたら、中途半端になってしまったろう


「アンスネス/ピアノ・ソナタ第1番、幻想曲」『吉田秀和作曲家論集・4シューマン』音楽之友社、2002年、181頁。





次に、同じく吉田がシューベルトの音楽の本質について語った文章から。誰もが思っていてもうまく表現できないことを、吉田が書いてくれた。

シューベルトにとって、音楽は、言葉の深い意味で、“回想” であり、作曲とは何かを想い出すことにつながっていたのではなかろうか?
私たちが、シューベルトの音楽を聴いて、まず感じるあの “親しさ” “親密さ” の印象は、そこに根ざすのではなかろうか? そうして彼の有名な旋律たちが、どこかから発してどこかへ向かってつき進む前進の音楽でないことは、改めていうまでもないだろう。それは、むしろ日だまりでの夢見心地の想いであり瞑想であるのだが、では何についての瞑想かと聞かれれば、シューベルトは、むしろ心の奥底にある何ものかの、音の “鏡” に映した影と呼んだかもしれない。そこには、それくらい、深くて遠い領域からのぼってきたものの気配がある。私は、それを前に「無意識の国からの声」というふうに呼んだのだが。
人びとが、この音楽に「子供っぽい」とは言わないまでも、何か「純潔な」あるいは「無垢な」「素朴な」「非反省的な」性格をみようと誘われるのもこうしたものに基因するのではないだろうか?


「シューベルト」『吉田秀和作曲家論集・2シューベルト』音楽之友社、2001年、23-24頁。

吉田秀和作曲家論集〈2〉シューベルト







今年の初めに週刊文春が日本史を学ぶ上で読むべき本を多くの学者や作家がリストアップする企画があった。そこでの元外交官・作家佐藤優の言葉を最後に採り上げたい。

日本において、天皇は神々と人々をつなぐ特異点なのである。それは、イエス・キリストが、真の神で真の人であると考えられ、神と人間の媒介項となるキリスト教に似た構成だ


週刊文春 2019年1月3日・10日号 179頁


なぜ日本では、クリスマスや教会での結婚式など「キリスト教的なもの」は広く受け入れられても、キリスト教の信者はそれほどいないのかという疑問への答えがここにあるような気がする。

週刊文春 2019年 1/10 号 [雑誌]





「最近、シューベルトを聴いている」と書くと、自分が能動的に音楽を取捨選択しているように見えるけど、いつも「いつの間にかシューベルトを聴いている」ようになっていることの方が多い。

同じように好きだけど、シューマンの音楽との出会いがいつも唐突なものなのに較べて、シューベルトは常に自然な感じでそこにいる。

たとえて言うなら、シューマンは不意に玄関のドアを激しく叩いているが、シューベルトは気が付くと何事もなかったように居間の長椅子に腰かけている――そんな感じ。






吉田秀和作曲家論集〈2〉シューベルト



今、吉田秀和のシューベルト論集を読もうと思っているところ。

いま「大人のための教養」が流行っているらしい。

近所のコンビニの雑誌コーナーに『おとなのための教養入門』(プレジデント社)というムックが並んでいて、試しに「音楽」の項目を読んでみることにした。執筆者は樋口裕一多摩大学名誉教授



おとなのための教養入門

プレジデント社 2018年07月30日
売り上げランキング :
by ヨメレバ




そこにはモーツァルト、ベートーヴェンというウィーン古典派の二大看板が採り上げられていた(4ページ分)。

---------------------------------------------------------------------
「二項対立」で体系的に音楽を学ぶ
頭がよくなるクラシックへの誘い ●樋口裕一
 感覚的、快楽的なモーツァルト
 哲学的、宗教的なベートーヴェン
---------------------------------------------------------------------(同誌の目次から引用)





紙面の都合上もあるだろうし、芸術としての性格も違うが、この本の中の「美術」が古代ギリシャ・ローマから後期印象派まで、いわば総花的に扱っていたのとは対照的だった(たしか8ページ分あったと思う)。


クラシックがどのように紹介されているか興味があるので、こういう本があるとつい手に取ってしまう。そして、書いていることに対して「あぁそうだな」とか、「それは違う感じがするなぁ」とか、つい批評の批評をしてみたくなる衝動に駆られがちなのだが、この本での採り上げ方というか、クラシック音楽の「切り取り方」には好印象を持った。もし総花的に並べたとしても、読者の印象には決して残らなかっただろう。



音楽や美術に限らないけど、何かを紹介したり、お薦めしたりすることって、難しいことだとつくづく感じる。でも、こういういい意味での「取っ掛かり」を得て、大人になってからでもクラシック音楽を聴き始め、そして、自分の好みに合う音楽を自分一人の力で探せるようになると素敵だと思う。


必ずしも自分で探すことは必須ではないが、芸術や文化の楽しみ方は数多くある中で、自分で探し出す楽しみは結構大きな部分を占めている。自分自身で探せる力――これこそが教養だろう。



『おとなのための教養入門――なぜ、すぐに役に立たない学びほど大切なのか?』プレジデント社、2018年。




元号が令和にかわって最初の記事がこういう題名なのは、複雑な気持ちですが、今回は【緊急】の投稿です。アマゾンでクレジットカードを使って買い物をされている方は、いま一度、明細書で請求された内容をチェックすることをお奨めします。

請求者名「AMAZON.CO.JP」で、身に覚えのない請求が来ていませんか?



ブルームバーグで、本日(9 May 2019 = 令和元年五月九日)、以下の報道がありました。


アマゾン、昨年ハッカー被害に遭う−深刻な攻撃だったと英国で報告

記事の中で、ハッカーが「出品者アカウントに侵入し」たとありました。

先日、筆者のAmazonカードに身に覚えのない請求があるのを見つけました。筆者もご多分に漏れず、アマゾンで多くの買い物をしています。だから、5880円という比較的高額の請求が同じ日付で二件来ていなければ気が付かなかったでしょう。


西日本新聞でも同様の記事が出ていました。

「覚えのない請求」明細に アマゾン名義の不正利用多発 キャッシュレスに不安


筆者の場合も、アマゾンは詳しく話してくれませんでしたが、担当者は「お客様の名義で出品者アカウントが不正に作成され、11760円が請求されたようです」と言ってました。勿論、筆者は出品者アカウントを作ったことも、物を売ったこともありません。

アマゾンの担当者はとても感じのいい女性だったが、しかし「返金はアマゾン側ではできないので、カード会社に補償をお願いしていただけますか・・・」と歯切れの悪い言い方だった。おそらく上から、アマゾンが返金すると言質を与えてはいけないと言われているのだろう。

不正アクセスにあったのはアマゾンなのに、申し出が無ければそのまま顧客に払わせるというのは随分な話だと思ったが、埒があかないのでAmazonカードの発行者である三井住友カードに連絡をした。担当者の話では、(1)今のカードは現時点で利用停止となる。(2)再発行したカードは後日届く。(3)返金も後日になる(「一旦、この金額は引き落とす」という意味だろう)とのことだった。


三井住友カードが、アマゾンの示唆したとおり返金に応じてくれて助かったが、もしかしたら、両社の契約でそのことが決まっているのだろうか? 例えば、「アマゾン側のいかなる不備があろうと、三井住友カードが顧客に返金する・・・」と。もし、そうであれば、GAFA(現代世界を支配するプラットフォームを構築する四社――グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン――の頭文字)の代表格であるアマゾンは一方的に自社に有利な契約を結ばせている可能性があるのではないか。

そして、アマゾンは「個人情報」を盾に、あらゆる情報公開に応じない。先月から今月にかけて、AmazonプライムのCMを大量に流しているから、どこのテレビ局でもこの問題を扱えない。

この不正請求があってから、しばらくはアマゾンで買わず、Amazonカードが届いても、それを使うのを躊躇っていた。だが、それもほとぼりがさめると(以前ほどではないにしても)買ったり、使ったりという「日常」に戻っていた。

あぁ、GAFAって、本当に恐ろしいなぁ・・・とグーグルで検索し、iPhoneで連絡を取り、フェイスブックに投稿する日常なのです。あ、そうそうAmazonアソシエイトのリンクも貼らねば(←貼るのかよ)。













きっかけは、知り合いに薦められたことでした。


クリスチャン・ゲルハーヘル(Gerhaher, 1968- )が歌うドイツ・リートを、最近よく聴いています。YouTubeでシューマンのリーダークライス Op.39 を聴いて、深く胸に浸み込むような歌声に好感を持ちました。





まるでささやくような彼の歌い方が、この曲集にぴたりと合っていると感じました。何かを褒める為に、他の何かを貶すような方法は取りたくないのですが、昔聴いたあるリート歌手の歌い方はどの曲も声を必要以上に張り上げているように見えました。たとえそれが正しい歌唱法だったり、伝統だったりしても、自分には何か嘘くさく、真実でないものに思えてしまい、それ以来、ドイツ・リートの世界から遠く離れていました。


by カエレバ






久々に、またシューマンやシューベルトの歌曲の世界に戻ることが出来て、嬉しいです。


付け足しのようで恐縮ですが、伴奏のゲロルト・フーバー(Huber, 1969- )も素晴らしいです。まさしく傾聴の価値が充分にあります。お薦めします。




去年書いてお蔵入りになっていた記事をアップしておきます。
--------------------------------------------------------------------------------------------


誰も問題にしていないのかもしれませんが、一応、貼っておきます。

もし、これでアマゾンからBanされたら、このブログでご報告させていただきます。







勿論、この自由な資本主義社会では、誰がどんな値段で売ろうとも問題ではないということは分かっています。このような記事を書くと、いつもそういうご指摘が(ご苦労にも)即座に飛んでくるので、最初に書いておきます。




Perrier(ペリエ) プレーン 缶 330ml×24本[直輸入品]



かつて池ノ上にあり、いまは同じ世田谷区の若林にある古書店「十二月文庫」の店主を務めた田之上知子さんが、昨年(2017年)お亡くなりになっていたことを知りました。ご冥福をお祈りします。



初めて十二月文庫を訪れたのはいつだったのだろう。記憶にない。だが、その日のことは今でもよく憶えている。たしか寒い日で、入り口近くの書棚を見ていると、店の奥の方から若い女性が田之上さんに話しているのが聴こえてきた。棚には面白そうな本が多かったので最初は気にも留めなかったのだが、何しろ狭い店内なので、余程ヒソヒソ話でもない限り、容易に聴こえてしまう。どうやら就職の相談のようだった。


その女性は、たしかスペイン語だったか、ポルトガル語だったかの語学が出来るが、それを生かす就職先が見つからないと田之上さんに話していた。今だったら、そんなお節介はしないが、三十代そこそこで、まだ他人の相談に乗れるだけの余裕があった当時の私は、横から「地方公共団体に就職してみるのはどうか」と言ってみた。


南米からの出稼ぎ労働者が増えている時代で、彼らの話す言語を理解する自治体職員が必要とされている時代だったので、そう提案してみたのだが、あまり彼女は気乗りしない様子だった。まぁ、そうだろう。それでも、一応、自治体職員のやりがいみたいなものを話してみた。


そのうち田之上さんが「どうぞ」とコーヒーを出してくれて、一杯ご馳走してくれた。それ以来、何度か足を運んで、時には妻と一緒に行くこともあった。


まだ書き足りないことがあるのですが、それは後日書きます。





十二月文庫でたくさん聴いた曲の中から、印象に残った曲を紹介します。このレコードがかけられたとき、私が間違えて「ショーソンだ!」と言ってしまい、田之上さんから「フランクです(笑)」と笑われた曲。






Preaching-to-the-Birds




インターネット通販業のアマゾン(Amazon)のことを、よく漢字で「密林」と書きますが、このように頻繁に出てくるアルファベットや外来語を漢字で短く表記するものって、どういうものがあるかなと備忘録代わりに残しておこうと思いました。

クラシックCDを買う周辺で探してみます。




アマゾン(Amazon)     密林      南米のアマゾン川流域からの類推

タワーレコード        塔       タワー(Tower)の和訳から

HMV             犬      宣伝に使われた犬のニッパーから(注1)

ディスクユニオン       組合      ユニオン(Union)の和訳から


注1   蓄音機から流れるHis Master's Voice を聴いている


クラシックCDを離れて、ネット全体に目を転じてみると、



フェイスブック(Facebook)  顔本     フェイスとブックを別個に和訳

YouTube          ようつべ     ローマ字読みから


「ツイッター」はまだ漢字表記が無いのでしょうか? 無ければ、「鳥」が良いかなと思います。シンボルマークからです。ツイッター社の本拠地であるサンフランシスコの地名は、鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ(1182-1226)の名に由来しています。だから、鳥なのでしょうか。






拙ブログの中で、この十年間、地味ではありながらも常にコンスタントにPVを稼ぎ続けてきた記事が十年前に書いた「国名は漢字一文字で表記しようキャンペーン」という記事です。

多分、ヨーロッパの国名の漢字略語を調べている方が見てくださったのだと思います。

今回は十年振りの続編です。





宛字外来語辞典

宛字外来語辞典編集委員会 柏書房 1991-02-01
売り上げランキング : 1057805
by ヨメレバ










screencapture-tfm-co-jp-murakamiradio-2018-06-13-22_45_59



最近、様々な出来事が起きるので、少しぐらいのことでは驚かない自分がいたが、村上春樹がラジオ番組を「やる」というのには驚いた。「ゲスト出演」ではないのだ。




村上RADIO




2015年(平成27年)に期間限定で、村上春樹が読者からの質問に答えるサイト「村上さんのところ」が開設され、程なくしてその問答集が同名の紙の書籍と電子書籍で発売された。


そして、今年(2018年)、文庫化に合わせての企画だと思うだが、同サイト、同書のイラスト担当のフジモトマサル(Fujimoto, 1968-2015)のイラストと、出版をした新潮社の協力の元、今回の「村上RADIO」の発表となった。



村上さんのところ (新潮文庫)

村上 春樹 新潮社 2018-04-27
売り上げランキング : 1922
by ヨメレバ







放送は、2018年(平成30年)8月5日(日)19:00-19:55 TOKYO FMによる全国ネットで。それに先立ち、一週間前の同じ時刻にプレ番組「DJ村上春樹の選曲はどうくる?」も放送されるらしい。





村上ラヂオ (新潮文庫)

村上 春樹 新潮社 2003-06-01
売り上げランキング : 170296
by ヨメレバ



村上が音楽について語るとなると、どうしても筆者は「意味がなければスイングはない」を思い出すが、同書は文藝春秋から出ている関係上、そこで触れられた話題は回避されるのかな・・・などと色々考えてしまう。






今回、この記事を書いていて一番驚いたことは、イラストレーターのフジモトマサルさんが亡くなっていたことを知ったことだった。あのちょっと不思議でほんのりと温かみのある絵がもう見られないのかと思うと寂しい。



最近、物忘れが酷い。この前からブログに書こうと思っていたことがあったが、メモに書かなかったので、どうしても思い出すことが出来ない。

「物忘れが酷い」ことも数日したら忘れそうなので、ここに書いておきます。この記事が最後になったら、とてもいやだなぁ(苦笑)。



箱根駅伝が好きなので、なるべくサッポロビールを飲むようにしています。

昔はラジオで細々と中継が行われるだけのローカルな大会だった箱根駅伝が、いまや全国的な国民行事となったのは、やはり日本テレビによる全国中継のお陰でしょう。それを支えているのがサッポロビール。

だからサッポロビールを飲んでいます。




by カエレバ





来年(2019年)の大河ドラマ「いだてん」は箱根駅伝を生んだ男、金栗四三(Kanakuri, 1891-1983)が採り上げられるので、ますます箱根駅伝が盛り上がるでしょう。そちらも楽しみです。








今までSPレコードを馬鹿にしていました。認識を改めます。

ウェブ上にある情報をアーカイブするInternet Archiveが歴史に彼方に埋もれつつあるSPレコードを後世に残す「Great 78 Project」を進めています。


詳しい説明は、Gigazineさんの記事をどうぞ。
貴重な78回転SPレコードをデジタル化してアーカイブする「Great 78 Project」



Great78Project



貴重な78回転SPレコードをデジタル化してアーカイブする「Great 78 Project」


まず聴いたのが、有名なラフマニノフの自作自演の演奏です。

ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18

作曲者自身の繊細なピアノの音も、フィラデルフィア管弦楽団の華麗な響きも、ぜんぶ収録されていて驚くほかない。初めてこの曲を聴いたとき以来の感動でした。

勿論、針が盤面を擦るチリチリ音も聴こえますが、そんなものが全く気にならない素晴らしい演奏です。



by カエレバ




screencapture-ktgis-net-kjmapw-kjmapw-html-2018-04-08-12_07_53




今昔マップ on the web」が物凄く面白い。

明治・大正・昭和期の古地図と、現在のグーグルマップとを見比べることができるので、その土地が昔はどのように利用されていたのかということを知ることができる。


いわゆるニュータウンが古い地図に出てこないのは当然だが、案外、昔からあるものだと思っていた家々が比較的新しい時代に建てられたものだと分かって、意外に思うことも多々あった。

世田谷だって少し前までは田や畑ばかりだったのだ。

烏山川が増水し、取り残された住民を千歳船橋に住んでいた森繁久彌(1913-2009)がヨットで救い出すという「森繁ノアの方舟伝説」の元となった洪水があったのもこの頃だろう。




なぜこんな面白いサイトを今まで見てこなかったのか不思議なくらいに感じる。

今昔マップ on the web





池波正太郎を“江戸地図”で歩く

壬生 篤 誠文堂新光社 2016-03-10
売り上げランキング : 313246
by ヨメレバ




このページのトップヘ