知られざる佳曲

   一. クラシックを中心とした音楽が好きです。
   二. 素人ですが、著作権や著作権法について考えたり、情報検索について書いたりしています。
   三. アマゾンの深層webや物流に関心があります。

2013年07月

ブログネタ
クラシック に参加中!
CHOPIN (ショパン) 2013年 08月号 [雑誌]CHOPIN (ショパン) 2013年 08月号 [雑誌]

ハンナ 2013-07-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今発売中の「ショパン」でメトネルが「ちょっと気になる作曲家」として採り上げられています。
執筆はkenken先生こと高橋健一郎札幌大学教授です。

月刊ショパン8月号

まだまだ知られているとは言い難いこの作曲家へのイントロダクションとして相応しい記事ですので、是非是非お手にとってください。

次に、CD情報です。
ピアニストの有森博さんがメトネルのアルバムを録音し、秋にも発売になるようです。

日本人ピアニストとしては、川上昌裕さん以来二人目の(メトネル作品だけの)本格的アルバムとなり、期待が持てます。

有森博さんは来年、ラフマニノフの「24の前奏曲」をリリースするそうで、そちらも楽しみです。
あぁ、また散財しそうだ・・・。


ブログネタ
アマゾン に参加中!
今回は、アマゾンのアソシエイト(アフィリエイト)の話題です。

知り合いのサイトから、アマゾンに入った時、そのサイトが持っているアソシエイトのタグがURLに入っているのですが、他の商品へ飛んだ時、「exbookinlibrary-22」というタグになっているのに気付きました。

そういうタグになっても、ちゃんと知り合いのサイトに紹介料が払われるなら良いのですが、もし、「exbookinlibrary-22」の取り分ということになり、実質的に払われないのなら嫌だなと思いました。

分からないことはAmazonに訊くべきなのでしょうが、果たして教えてもらえるかな・・・

意味から読み解けば、本から(ex book)ライブラリーに(in library)という意味なんだろうけど、どうしてこんなタグを付ける必要があるのだろう。

他の商品に移ったことは確かだけど、そのサイトからアマゾンに入ったのは事実なのだから、ちゃんとそのサイトに紹介料を払ってほしい。


ブログネタ
写真日記 に参加中!
あまり店がない駒場だが、美味しい店がある。

東京基地 駒場東大前店

本日のキッシュ

IMG_1917




エビとキノコのアヒージョ

IMG_1919



鴨の瞬間スモークと茄子のリエット(料理名失念)

IMG_1918



夏野菜と牛筋煮込みのパスタ

IMG_1921



東京都目黒区駒場1-33-6 東京シティビル 1F
電話 03-3460-1727

最近通いだしたのだが、また行こうと思う。




このページのトップヘ