by カエレバ


最近、アマゾンでは「Amazonプライム会員」しか買うことのできない商品が増えています。筆者はこれは問題だと思っています。

もちろん「売る/売らないは店側の勝手だから、プライム会員だけに販売しても問題ないじゃないか」という意見もあるでしょう。

筆者はそれには同意しません。なぜなら、プライム会員は年会費3900円(税込)を徴収する有料の会員制度だからです。

つまり、プライム会員しか買えない商品を買うことは、その販売価格以上の金額を支払って購入していることになるのです。

誰が入場料3900円を取るスーパーに入って買い物をするでしょうか。

たまたま筆者が、プライム会員しか買えない商品を知ったのは、いつもアマゾンで安く買っている商品が「買えなくなっている」ことに気付いたからです。

安い値段で一旦お客を集め、何度も買わせておいてから「プライム会員しか買えない」状態にして、有料のプライム会員に誘導しようとする――よくある手法です。

安い価格で販売し、競争相手を撤退させてから、選択肢のなくなった我々に対して、実際の価格より高い価格で商品を販売する。これがアマゾンの利益になるのです。アマゾンはだんだんと我々に牙をむいてきました。

既にかなりの数の書店が、街角から姿を消していきました。アマゾンとの競争に敗れたのです。


プライム会員しか買えない商品には薬も多く含まれています。いつの間にか薬もアマゾンで売られるようになっていたのです。


「お願いです。薬を売ってください。でないと死んでしまいます」

「良かろう、薬は売ってあげるよ。そのかわりプライム会員になって年間3900円を支払いなさい」



我々は死ぬまでアマゾンに3900円を支払わ続けなければならないのでしょうか。



by カエレバ




これは英国アマゾン(Amazon.co.uk)の話ですが、英国でも騒動になったようです。

Amazonが一部の人気商品をプライム会員限定で販売し始めたものの大バッシングで撤回