ブログネタ
クラシック に参加中!
モシュコフスキ(Moszkowski, 1854-1925)は当時のプロイセン領ブレスラウ(現ポーランド領ブロツワフ)に生まれ、大ピアニストとしてヨーロッパ中に名を轟かせた。

こうしたコンポーザー=ピアニスト(意訳すれば「ピアノの達者な作曲家」か)が日本で不当に軽んじられているのは、やはり大御所吉田秀和翁(1913-)の「軽薄な名人芸」という評を受け入れている人が多いからだろうか。勿論吉田翁の好みは一つの見識として尊重すべきだが、自分の耳よりも人の文章を信用しているようではいけない。

「音楽」は、「精神」という言葉と同じように軽々しく使えない言葉だ。

ワルツ ホ長調 Op.34-1 のように、美しく、どこか懐かしい雰囲気を持つ音楽が好きだ。この曲に限らず、舞曲の題名を持つ音楽は「踊り」が持つ詩情を下敷きにしている。だから好きだ。

かつてデンオンから発売されていたニキタ・マガロフ(Magaloff)の名演をお勧めしたい。今では輸入盤しかないようだ。この人のショパンはとても好きだった。

Magaloff Plays the Waltz


米国アマゾンではなぜか日本では買えないデンオン盤が今も売られていて、試聴もできるようです。
試聴リンク
Magaloff: Valse(トラック1)