ブログネタ
クラシック に参加中!
ユリウス・イッセルリス(Isserlis, 1888-1968)は、世界的に著名なチェリスト、スティーヴン・イッサーリスの祖父にあたる。メトネルの没後に編まれたアンソロジーへ寄稿しているのは知っていたが、まさか現代の著名なチェリストと繋がっているとは思わなかった。

「ロシアの思い出(Souvenir Russe)」は、帰れない祖国への望郷の想いが綴られている。だが、恨み節というよりもシャガールの絵が音楽になったような、夢見るような小品だ。

なぜ、子孫しか弾いてないんだ! というくらいの名曲です。

イッサーリス・チェロ・ワールド


上で紹介したのは国内盤なので、試聴のできる米国アマゾンも載せておきます。

試聴リンク
トラック12