ブログネタ
クラシック に参加中!
Blue Sky
言うまでもなく、美しい青空はみんなの物です。

そして、著作権保護期間が切れてパブリック・ドメイン(public domain, 公有)となった芸術作品もみんなの物です。そういうレコードを聴かせてくれる素晴らしいサイトがありました。

クラシック音楽へのお誘い〜Blue Sky Label〜

管理人の「yung」さんが膨大な数の録音を紹介してくださっています。

今日もマルグリット・ロン(ピアノ)、作曲者本人の指揮とされるラヴェルのピアノ協奏曲 ト長調を聴きました(1932年の録音!)。レコードに関しては発売後50年で著作隣接権が切れるので、50年代半ばより前の録音が聴けるようになっています。

音楽版「青空文庫」といったところでしょうか。

パブリック・ドメインの訳語として「公有」は相応しくないという意見もあります(公が役所を連想させるから)。では、「皆有」なんてどうかな。みんなの財産という意味で。