ブログネタ
クラシック に参加中!
IMSLP




ウィキペディアYouTube がすっかり我々の生活に溶け込んだように、クラシック愛好家にとってもパブリックドメインの楽譜を閲覧できるIMSLP(国際楽譜図書館プロジェクト)は既に無くてはならないものになっている。




そのIMSLP には、今まで日本語ページが無かったが、ようやく出来た。

日本語メインページ

もし英語版トップに入ったとしても、左上にある「日本語メインページ」をクリックすれば、日本語版に入ることが出来る。



これで、今まで何となく縁遠く感じていた人も入りやすく感じるだろう。



by カエレバ




子供の頃、21世紀にはこんなことができるようになるという「未来予想図」が本に出ていた。家に百科事典が無くても何でも知ることが出来る。レコードが無くても音楽が何でも聴ける。家の中から世界中の風景が観られる。

それらはブロードバンドになってもなかなか達成できなかったが、ようやくいくつか現実になってきた。ウィキぺディアや、YouTube 、グーグルマップのおかげである。

IMSLPのお陰で、家の本棚に楽譜が無くても曲が弾けるようになった。

例えば、こんな風に。これが21世紀のスタイル
楽譜をノートパソコンのモニターで表示させて譜面台に置く。

誰もがいつでも芸術に触れることが出来る。

これが、ユビキタスなんだ。


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

梅田 望夫 筑摩書房 2006-02-07
売り上げランキング : 38859
by ヨメレバ



このエントリーは梅田望夫氏に捧げたい。

氏は自らが推薦した本への大量の批判的なブックマーク(それは同氏が役員を勤める会社が運営するものだったが)を非難して、後日、日本のネット社会全体を腐す発言をした。

それは、およそ氏が我々に訴えた言葉からはかけ離れた態度に見えた。

直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。

私も一連の発言にがっかりしていたが、それは氏に過剰に期待していたからだと思う。多くの人もまたそうだったと思う。

氏が多くの著作で提示した未来は、子供の頃に見た夢を思い出させてくれるものだった。また、我々に夢を見させてほしい。