いま、一番生で聴きたいピアニストはグリゴリー・ソコロフなのだが、彼の来日可能性は限りなくゼロに近い(*)ので、初来日を控えているアンジェロ・ヴィラーニ(Angelo Villani)に期待している。

筆者も去年まで知らなかったのだが、YouTubeで聴いて、いっぺんで好きになった。


ワーグナー(ビューロー&リスト&ヴィラーニ編):トリスタン幻想曲


そして、今月(2016年5月)、東京・代々木上原で来日コンサートが開かれる運びとなった。

アンジェロ・ヴィラーニ/ピアノリサイタル



ダンテ生誕750年を記念したアルバム『神曲 地獄篇』が好評をもって迎えられ、『レコード芸術』誌2016年5月号において、最高の評価である「特選盤」の評価を得ている。

by カエレバ













* ゼロと言い切ってもいいのだが、神彰(Jin, 1922-1998)みたいなものすごいプロモーターが日本に呼んでくれることを願って、「ゼロに近い」に留めておく。