最近、YouTubeでレコードばかり聴いています。

つまり昔の録音ばかり聴いているのですが、なぜ古い録音かと言うと、どこか聴きやすい感じがするからなのです。上手く言い表すことができません。YouTubeには最新の録音もたくさん有るけど、なぜか昔の録音の方が耳に心地よい感じがするのです。



普段は、別段、そんなことを意識しているわけではないのですが、ツイッターをフォローさせて頂いている安部真一さん @purissima_bear の以下のツイートを見て、まるで思い出すように意識するようになりました。





安部さんは、俳優のマネジメント事務所を経営されている方で、芸能関係やアイドル歌謡について深い造詣をお持ちです。70〜80年代のアイドル歌謡についての(YouTube動画の付いた)ツイートをいつも楽しみにしています。



上記ツイートを受けての筆者のコメント







「音質が良いのはレコードか、CDか」と突き詰めようなどとは全く思いませんが、ただ自分自身の感覚として「レコードの方が耳に心地よく、聴きやすい」という気がするのです。



で、ここで重大な問題が横たわっているのですが(いきなり転調・・・)、レコードを聴いているといっても、筆者の場合、聴いているのはYouTubeというデジタル音源なのです(苦笑)。


なので「レコードはアナログ音源だから云々・・・」という解答には辿り着けないのです。デジタル音源の中で漂流し続けるこの問題を「デジタル・オデッセイ(Digital Odyssey)」と名付けたいと思います。

そして、今日もYouTubeでレコードを流しています。まるで昔、FM放送をBGMとしてずっと掛けっ放しにしていたように。

昔はラジオで、今はYouTubeで。


輸入盤CD
J.S.BACH/ 6 SONATAS & PARTIATS FOR VIOLIN SOLO


国内盤CD
by カエレバ



このCDは2000円未満なので、今日(2016年8月)現在このCDをアマゾンで単独で買うと送料350円が掛かってしまいます。このような時は、Amazonアウトレットで一緒に安い雑誌を買いましょう。20円の雑誌を一緒に買うだけで、送料が無料になります。

説明記事 アマゾンを送料無料化する鍵はAmazonアウトレットにあった