知られざる佳曲

   一. クラシックを中心とした音楽が好きです。
   二. 素人ですが、著作権や著作権法について考えたり、情報検索について書いたりしています。
   三. アマゾンの深層webや物流に関心があります。

カテゴリ: 他のネットショップ

ジュンク堂書店
昔、安い本を一冊だけ買う時は楽天ブックスを利用していました。コンビニ受け取りなら1500円に満たない本でも無料で受け取れたからです。

でも、いつの間にか「3000円以上なら無料」になっていました・・・
楽天ブックス@コンビニ受取便:日本全国のコンビニ約15200店舗で受け取り可能!

意気消沈していたところ、大手書店のジュンク堂のオンライン通販なら送料無料で自宅まで配送してくれることを知りました。

ライフハッカーの記事から
ジュンク堂書店のWEB通販は、本1冊からでも送料無料

300円の文庫や、400円のコミックを一冊だけ買っても配送無料というのには驚きました。アマゾンや楽天ブックスもうかうかとしていられないのでは・・・特にアマゾンの強敵になると思われるので、これからはジュンク堂書店を「ガランダー帝国」と呼ぶことにしました。といっても誰も憶えてないかもなぁ。



とはいえ、安い本を一冊だけ買っていてはジュンク堂書店に悪いので、いろいろ買いましょう。今月は藤沢店(神奈川県藤沢市)と札幌店(北海道札幌市)が相次いでオープンします。それぞれ神奈川県と北海道の第一号店ということで、三上先生高橋先生、宜しくお願いします。


それにしても、正しい名称が「淳久堂書店」なのは想像の範囲だったけど、その由来が「淳・工藤(創業者の御尊父の氏名から)」だったとは意外だった。


いまやミネラルウォーターは生活に欠かせないものとなった。
それだけに値段は重要なファクターである(価格は全て平成20年8月現在)。

いつも愛飲しているのは、
「石鎚山のおいしい水」(2リットル×12本)



楽天で1824円(送料込)である。




最近、ミネラルウォーターの取扱が充実してきたアマゾンでは、「サントリー天然水」が1656円(1500円以上なので送料込)となっている。上の「石鎚山」と同じ2リットル×12本の価格である。

B000GE06HW(お徳用ボックス) サントリー 天然水(南アルプス) ペット 2LX6本
Suntory

by G-Tools



備忘録代わりに、書き足していこうと思う。

水は生きるために必要だ

ブログネタ
クラシック に参加中!
Twilight
英HMVグループ、日本事業を売却へ

まだ正式に発表されたわけではないけど、驚いた。既にアメリカ合衆国から手を引いているが、日本からも撤退するのか・・・。「売却」ということは店舗そのものは無くならないかも知れないが、それにしても。

渋谷のONE-OH-NINEに出来た第一号店に行ったのは、もう随分昔のような気がする。確か最初はクラシック売場が2階だった。そこからセンター街の現在の店舗に移転している。

HMV


クラシック - livedoor Blog 共通テーマ

ブログネタ
クラシック に参加中!
熊野屋
アマゾンのインスタントストアで作ってみた熊野屋も頑張ってます。

もう少しで送料無料になる時のための商品はぼちぼちと(忘れた頃にとも言う)売れています。百円未満篇はなかなか商品が見つからず、悪戦苦闘中・・・でも、頑張ります。



続きを読む

ブログネタ
クラシック に参加中!
新年を前にして、嬉しい話題を一つ。今月13日からずっと閉鎖中だったタワーレコードのネットショップが昨日(29日)から復活した。

休止のお詫びと再開のお知らせを読むと、
「サイトパフォーマンス安定化のためのメンテナンス作業中に、システムの一部に障害が発生していることを確認し、サービスを休止させていただきました」
とある。どうやら不測の事態にならないための予防的な休止だったようだ。

休止の代償は大きかったが、個人情報漏洩などのさらに大きい代償を払わないための勇気ある決断だったのだから、これは評価しよう。

ちょっと関係ない話題だが、既にHMVはアメリカから撤退しているらしい。時代の移り変わりというものを感じる。無常という事

ブログネタ
クラシック に参加中!
今現在、タワーレコードのネットショップ「@TOWER.JP」はシステムに障害が出て休止している。もう10日くらいになるだろうか。年末商戦の最中にこんな事態だというのが何とも悲しい。

元はカリフォルニアからやってきた「黒船」ではあるが、いまや日本の会社になったタワーレコードだからこそ頑張って欲しい。手をこまねいたら、アマゾンにやられてしまうぞ。

別にタワーからお金を貰っている訳ではないけど、心ある人はタワーレコードの店舗に行って、CDを買い、店員さんを激励しよう。消費者にも出来ることはある。

ブログネタ
クラシック に参加中!
紹介する佳曲をできるだけ多くの人に聴いていただきたいので、試聴できるものを探しているが、なかなか見付からなくて困っている。

珍しい曲なのだから、試聴できなければ知ってもらえない。でも、それを条件とすると、本当に珍しい曲は試聴サイトが無いので紹介できなかったという事態になりかねない。

このサイトは、微力ながら「試聴誘導ブログ」として頑張ります。

世界的なCDショップであり、ネットショップも構築しているタワーレコード(日本)HMV(日本)を比べてみようと思って、両者のサイトを見てみる。共に試聴できる音盤に行き当たらず。

今までの経験から言えば、HMVの方に試聴できる盤が多かったような気がするが、自信がない。そのうちに米国、英国での両者のサイトを比べてみたい。

このページのトップヘ