screencapture-ktgis-net-kjmapw-kjmapw-html-2018-04-08-12_07_53




今昔マップ on the web」が物凄く面白い。

明治・大正・昭和期の古地図と、現在のグーグルマップとを見比べることができるので、その土地が昔はどのように利用されていたのかということを知ることができる。


いわゆるニュータウンが古い地図に出てこないのは当然だが、案外、昔からあるものだと思っていた家々が比較的新しい時代に建てられたものだと分かって、意外に思うことも多々あった。

世田谷だって少し前までは田や畑ばかりだったのだ。

烏山川が増水し、取り残された住民を千歳船橋に住んでいた森繁久彌(1913-2009)がヨットで救い出すという「森繁ノアの方舟伝説」の元となった洪水があったのもこの頃だろう。




なぜこんな面白いサイトを今まで見てこなかったのか不思議なくらいに感じる。

今昔マップ on the web





池波正太郎を“江戸地図”で歩く

壬生 篤 誠文堂新光社 2016-03-10
売り上げランキング : 313246
by ヨメレバ