知られざる佳曲

   一. クラシックを中心とした音楽が好きです。
   二. 素人ですが、著作権や著作権法について考えたり、情報検索について書いたりしています。
   三. アマゾンの深層webや物流に関心があります。

タグ:レコードイヤーブック

また今年もこの季節がやってきました。昨年も同じように悩んでいたのですが、レコード芸術の新年号を買うべきか、買わないでおくか、迷っています。

附録のレコードイヤーブックは、年に数回ほどしか確認しなくなっていますが、それでも手元に無いと寂しいような気がします。


レコード芸術 2016年1月号

音楽之友社 2015-12-19
売り上げランキング :
by ヨメレバ





さて、どうしたものか。
特別定価(税込1800円)で高いのも、購入に二の足を踏む理由の一つなんですよね。





ブログネタ
音楽 に参加中!
レコード芸術1月号レコード芸術1月号

音楽之友社 2014-12-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



また悩ましい季節がやってきた。

レコード芸術の新年号が、もうすぐ出る。

新年号にはレコードイヤーブックが附録についているので、それ目当に買っているのだ。


今年も買うべきか、それとも買うのをやめるか。

去年も同じように悩んでいた気がする(笑)。

皆さんは、どうされますか?










ブログネタ
クラシック に参加中!
レコード芸術 2014年 01月号 [雑誌]レコード芸術 2014年 01月号 [雑誌]

音楽之友社 2013-12-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

毎年、一年の最後に出る「レコード芸術」誌を買うことにしている。
レコードイヤーブックの付いてくる1月号だ。

これを買うのは、家計簿が附録に付いてくる婦人雑誌みたいなもので、年末の風物詩みたいなものだと考えている。だが、年々、レコードイヤーブックを手に取る機会も減っているなか、1700円(平成25年末)もの大金を払うべきか悩んでいる。

どうすべきか・・・
皆さんはどうしたらいいと思いますか。







このページのトップヘ