もう書いておかないと忘れそうなので、書き残しておこうと思う。

東京は変わった。だが、東京を変えたのはあの大震災そのものではなく、計画停電だった。
3月下旬、まだ空が明るい頃、渋谷の109から東急百貨店本店まで歩いた。

深夜の3時でも人通りで賑わう街のはずなのに、人っ子一人いなかった。
驚いた。何かのロケで人払いをしているのかと勘違いしたくらいだ。
ウソだと思うだろう。写真を撮っておけば良かったが、そんなことも考えていられなかった。

停電で電車が動かなくなることを心配して、みんな帰ってしまったのだ。
涙が出そうになった。

その時は、もう日本は終わりではないかと思った。

美濃焼 東日本大震災 復興応援 マグ がんばれ日本6760-02
美濃焼 東日本大震災 復興応援 マグ がんばれ日本6760-02
三郷陶器
売り上げランキング : 77217


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



だが、今は違う。

絶対不可能とされていた夏の節電も乗り切った。

日本はよみがえる。

あとは、本気で我々が自分自身の復活を信じられるかどうかにかかっている。