友達募集中です。友達いません。彼女も欲しいです

脱ヒキしてから後悔していること。

お久しぶりです。るろうニートです。
脱ヒキニートしてから、結構たちました。大体1年くらいです。
就職してから大体10か月くらいです。辞めたいけど耐え忍んでます。

そんな僕が引きこもり時代にしとけば良かったと後悔していることを1つ書いておきます。


自転車で日本一周です。


自転車で日本一周しとけば良かったな~~~~って思ってます。


まあ仮に今仕事辞めても、一応貯金あるので、しようと思えばできるんですけどね。今から会社辞めて日本一周すればいんですけどね。めんどくさいし、やる気おきないんですよ。

やはり年齢を重ねるとすべての行動が億劫になってしまいます。
健常者でさえ気力が衰えるそうですから。


なので、もし若いヒキニートがいたら日本一周をお勧めします。


引きこもりなのに、外に出る。しかも日本一周なんて無謀なことを薦める。完全に矛盾してますけどね。気にしない。


僕は日本一周とは行かないけれど、一応2週間だけ自転車で野宿して回ったことはあるんですけどね。当時は視線恐怖も激しかったし、人に会いたくない一心で、休憩もおぼつかなかったのを覚えています。もし仮に現在のヒキニートがチャリ旅しても同じ感じになるのは目に見えてるんですけども。


それでも僕の後悔からとりあえずおすすめしておきます。
費用は30万円くらいあればいけるんじゃないですかね。
期間は3~6か月。日本一周チャリダーブログを見ている限り
かなりゆっくりの人でも半年くらいですから、半年間余裕見とけば余裕です。


なぜこんな記事を唐突に書き始めたかと言いますと
「俺には人生経験が足りなさすぎる!!!(今更!?)」と気が付いたからです。

元々コミュ障で、雑談なんてできないんですけれども
いざ、就職して毎日勤務していると、同僚たちが本当に経験豊富で
様々なことを知っていることに驚かされます(逆に言えば僕が何も知らなさすぎるだけです)


なので、日本一周していたら、嫌でも日本中のなんらかの知識を得られるし
コミュ障だったとしても、一応は、話せるネタを持っているという自信にもつながるんじゃないかと。

コミュ障じゃなかったとしても、人生経験(ネタ)がなかったら何も話せないよ。


そして、日本一周では嫌でも人との関わりがあります。
それが怖い引きこもりの人が大半だとは思うんですけども。

たった2週間しかチャリで野宿してなくって
しかも、人に話しかけられたりするのが怖すぎて、休憩すら怖くて
ひたすら自転車で走り続けていた僕でさえも

たった2週間だったけれども、自転車で荷物積んで回ってると嫌でも
話しかけられたんですよ。本当に嫌でも人が寄ってきます。

これだけは断言できますが、旅人は孤独なイメージがありますが
人との関わりは避けることができません。絶対に何かしらの出会いはあります。


なので、引きこもりだからこそ
恥を捨てて旅に出て経験積めばいいんじゃないかと思います!




では、僕はこれからもいつ辞めるか分からない社畜・・・・サラリーマン生活に戻ります。



相変わらず友達は募集中です。

脱ひきこもり・ブログ移転

さすがにひきこもりカテゴリーに登録したまま
ブログを書き続けるのは
ヒキニート共感目的にブログを見に来た人に対して失礼だと思ったので
いまさらですけど、新しくブログ作りました。
(カテゴリーを移動してこのブログで書き続けるという選択肢はない!)


こちらが新しいブログのURLになります

http://rurouneet7.blog.fc2.com/


よろしくね!

会社さぼっちゃった

入社後とうとう
自分の逃げ癖をおさえきれずに、今日初めて会社休んじゃいましたテヘ

数か月に1度くらいは良いよね・・・!


つっても、僕と同期の20代男は
九州出身なんですけど、祖父母の体調悪化で週末(見舞い)に何度か半日で早退したり、ついには祖父母の葬式で1週間まるまる休んだりしてたからね・・・・。


1日くらい・・・・休んでもいいよね(俺のはサボリだけど)



学生時代と全く同じで
行く準備万端で
コンタクトも装備して
スーツも着ながら、仕事行きたくない同類をネットで検索しまくってたら
家を出なきゃいけない時間になった・・・


けど、やっぱり行きたくないので、電話してサボるという必勝パターン突入の流れでした


学生時代は家に親がいるから
家を出て、自転車で高校に向かう途中で方向転換して行く当てなくぶらぶらした挙句に
学校に電話してサボるけど、結局親にばれるというパターンが形成されてましたけどね。



そんなわけで、今日は何してすごそっかな~~
来週も3連休だし、今回も強制3連休
来月はお盆で5連休くらい(多分)
そして、9月にも5連休があるらしい


なんとか乗り切れそうやな(9月まで)



ちなみに関係ないけど
昨日もソープ行ったんだけれど
初めてハズレを引いたかもしれません。ハッキリ言って体系も良くないし(ぽっちゃり)顔も良くなかった。


でもおそらく僕の心の器が広すぎるから、あんまりハズレと感じなかった
女子と楽しく喋れるだけで満足なんじゃ~~~


まあ、ハズレっつっても、本当のドブズじゃないし
ドムでもないし、ババアでもなかったからね。モンスターレベルが来たらさすがに心の器がでかいワシでも逃げそう

ニートの親に読んでもらいたい記事

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0307/392646.htm?o=0&p=1


とりあえず、↑のURLが参考になるかと思います。
キツイ言葉のようですが、「追い出す覚悟を持つ事」これが一番の解決策ではないかと。
もちろんケースによっては最善ではないことはあります。
たとえばもうすでに10年以上の月日が経過して、家庭内暴力にまで発展しているケース。
この場合は、下手なこと言うと危険ですね。これはどうにもならないかもしれません。


私はニート経験者です。そこいらの専門家に高い金出すよりはよっぽど参考になるんじゃないかと思いますので、
「金だけだしてればいいや」なんて逃げ腰で、子供と向き合うことすらしてない人にはぜひ参考にしていただけたら嬉しいなあって思います。

あくまで、私自身の気持ち・立場を表明しておきます。
「ニートも悪いし親も悪い」
どちらも悪い、です。ニートは甘えているし、親も甘やかす環境を作っている。
その上で申しますが、ニートがやる気を出すのを待つなんて解決策はなしです。
NOです。時間が解決してくれるのは、ニート本人がよっぽどしっかりしている才能の持ち主だった場合だけです。可能性としては、かなり低いです。友人がいるニートだったならば、可能性はそれなりにありますが、人間関係を完全に断ち切って社会から孤立している人間が一人で気づき、立ち直る可能性は極めて低いです。

なぜならば、キッカケがやってこないからです。長年すでにニート生活を送ってきた人間が、何のキッカケもなしに、今の生活(ニート)を捨てることはできません。人間というのは環境を変えることに物凄い体力を消費するからです。ニートじゃなく、健常者でさえも、新しい環境に挑むのって凄く大変でしょう?すでに甘え切った環境に慣れ切ってしまい、体力・気力が落ちたニートが自分だけの力で環境を変えるのは無理があります。

友人がもしいれば、友人に引っ張ってもらって社会復帰できるかもしれません。
人間関係があれば、キッカケが発生しやすいのです。そういう意味で友人のいるニートはまだ可能性がある。しかし、それがない人間にはキッカケが訪れる確率が低いどころか、キッカケすらこない場合が多い。


だから、親である貴方がキッカケを与えてやる必要があります。



キッカケはただ「突き放す」これだけです。
もう良い年齢の大人なんだから「働け、それができなければ家から出て行ってもらう」これをもう少し柔らかく言うだけです。言葉だけじゃだめです。実際に追い出すぞ、、、、と行動で示してください。
言葉だけで、実際にはそんな事できない・・・・なんて思ってると、見透かされます。本気じゃない言葉なんてすぐ分かります。そういうものです。



さて、親であるあなたが行う行動を述べてきました。たった1つだけですけどね。



少しここからは、理由付けをしていきます。あくまで蛇足ですので、読まなくても読んでもどちらでも構いません。少しでも納得していただけるように、ニートが何を考え、どう思ってるのか、、などを書きます。


まず、ニートであるとき、親のことをどう思っていたか?
私の場合は、特に何も思ってません。ハッキリ言って眼中になしです。
ただ1つあるとすれば、「罪悪感」それだけです。
何もせず、ずっと家にいると後ろめたいです。世間に対しても親に対しても。
そして、「働かないニート」がいることで、家族が地域社会から疎外されているのではないか。
親が世間体を気にしすぎて、親の立場が悪くなってるんじゃないか。
そういうことを感じていました。

ニートをしていると、自分の存在意義がなくなります。
不安をまぎらわすために親のせいにしたりもしました。
ですが、親を恨んだりまではしません。


もし、息子と直接向かい合ったら、何されるか分からない・・・・などと感じている人がいれば
すぐに、子供と真摯に向きあって話をしてください。
ただ子供から目をそらし、逃げるのは卑怯です。
というか、本気でなんとかしたいと思ってませんね?ハッキリ言って糞です。ファックです。
そんなだから子供がニートなんです。


続いて、私がニートを続けていた理由・・・・ ですが
正直申し上げて、何もありません。ただ惰性です。
親から「働け」と背中を押してもらえたら素直に働いていたと今でも思います。
そういう意味では親を恨んでるかもしれません。
なんで直接向き合ってくれなかったの?
なぜ、話をせずに、専門機関なんていう無意味なものにお金を出してたの?
そんな無駄なことするくらいなら、直接言葉を自分に向けてほしかった。それだけです。


もうすでに息子と向かい合い、言葉を交わしている方々には頭が下がります。
しかし、私の親のように「話し合い」すらしてない方々はいませんか?
私の親は「働け」すら、一言もなかったです。
7年間1度もね。

ただただ、腫れ物に触れるような扱い。
ただ専門機関に相談しただけ。ただカウンセラーのところに連れていっただけ。
私がどう考えているのか聞いてもこなかったし、話し合いすらありませんでした。

1度だけ「家族会議」とか言って20分くらい話しただけ。それ以降二度と家族会議は開かれませんでした。私は家族会議をしてくれた時は嬉しかったです。言葉には出しませんでしたが。ニート3年目くらいだったかな?
言葉に出さない私も悪かったですが、今になって思えば親は私と向かい合ってすらなかったんだなって思います。

・・・・・ということで、専門機関に行くくらいなら子供と話をしろ!
ただ、子供の顔色をうかがう、甘やかすのは優しさじゃない
時には突き放すのも優しさだ!


・・・ってことです。


「子供が親に何か怒ってるんじゃないか?
 親の私が悪いんじゃないか」


そんなこと思って、子供に気を使うのは馬鹿です。やめましょう
優しさでもなんでもありません。

これも私のケースですが、私は上でも述べた通り何も考えてませんでした。
怒るどころか、親に不満さえありませんでした。
今怒ってるとすれば、子供に気を使って話し合いすらせずに逃げ回ってた
情けない親の行動に対してです。


もし、何か子供が不満を持っていたり、怒ってる場合も当然あります。
しかし、それだったら、なおさら話し合わなきゃダメでしょう。
子供が何か親に言いたい事がある時こそ、話し合うべきです。

私のように、何もなかったとしても、まずは子供と真摯に話をしましょう。それが第一です。

そして、ビクビクせずに堂々と「働け」と言いましょう。
もし、無理な場合は家から追い出す主旨の行動をとりましょう。あくまで話し合ってから突き放す。
それがキッカケになります。
もしかしたら子供の性格によっては恨まれるかもしれませんが
何もせず放っておけば解決するなんてことは、ほとんどありません。
ニート期間が延びた方が悲惨です。

それならば、子供から恨まれたとしても、家から追い出すことで
キッカケを得た子供が自立する力を手に入れる
突き放すことも、やさしさです。
 

中国株暴落でFX

なにやら為替相場に異変が起きているようなので
久々にブログ書きにきました。
急落進行中です。弟情報によると、どうやら中国バブルがはじけたのか
どうなのかは知らないけれど、中国株が暴落してるみたいですね。

まだまだ下がる予感はします。


ですが、そういう時にこそ買いましょう。私は買います
いえ、買いました!もちろん現在の私の収益はマイナスです。


心構えその1

買おうかどうか迷ったら買おう!


この前の私が良い例です。

自転車が欲しかったのでとりあえず
クロスバイク買ってみました。

自転車屋で有名な
サイクルベースアサヒ独自のブランド(多分)のプレシジョンスポーツという自転車です。大体4万2千円くらいです。この価格帯の中では割とマシな方なんじゃないかなって思います。自転車のことなんてよくわからないから見た目で選んだけどね!



このように衝動的に買い物をするのが大切です。
しかし私は後悔しました。
やっぱりミニベロ(折り畳み自転車のような小径車)を買うべきだったか・・・。
店でも1時間くらいウロウロ迷ったあげくに買いました。


今回のFXでも同じことが言えます
買いたい時に買います
でも優柔不断なので買うまで、結構迷います。かなり迷います。

でもやっぱり買うんです!結局買うんだから買うんです!



というわけで、まだまだ下がりそうな途中での豪ドル、ランド円買い!


豪ドル 89,85円で3000通貨
ランド円  9,65円で5000通貨


豪ドル平均値 91,25くらいで11,000通貨保持
ランド平均値 9,95くらいで35,000通貨保持


当然現在は2万円くらいの含み損を抱えてますが、平均値としては悪くないんでしょうか
保持通過数も大して多くもないですからね。そんな感じです。



あと、社畜はやはり辛いです。何も楽しくありません。
辞める時期を逃したと悔いながら朝憂鬱で夜は8時半くらいに帰宅します。
毎日定時で帰れることはありません。なぜなら先輩が誰一人として帰るそぶりを見せないからです。おそらく残業代は出ないのではなかろうかと思います。俗にいうこれこそがサービス残業なのだと思いながら苦行に耐える日々です

職場では特に会話する相手がいませんが、ひっそりと耐え忍んでいます。皆さん頑張りましょう

無気力なので薬物ジャンキー

就職後も相変わらず、自臭症や、視線恐怖、対人コミュニケーションには悩んでます。

なので、就職前に、また過去の反省もせずにメンタルクリニックに通い始めました。
1番最初に行った近くの病院は良いところだと思ったのですが
平日しか開業していなかったので3回の通院のみで終わってしまいました。

抗不安薬として、メイラックスのみ処方してもらってました。
メイラックスは超長時間型の抗不安薬です。血中濃度?120時間だと言われてます。
血液の中に120時間滞在するということです。薬が完全に消え去るまで100時間以上です。
なので、短期型のデパスなどと違って効果をあまり感じられない代わりに
ゆっくりと薬の効果も時間をかけて消えていくので、薬が効いてるのか、いつ薬の効果が消えたのかもわからないくらいで、あまり離脱症状などはありません。


ですが、僕にはこのメイラックスとの相性が良かったみたいです。
もともと、職場では電話応対で失敗しまくりだったんですけど
先週はさらに酷くて、集中力も全くなくて頭がボケーとしていて、本当に酷かったんですけど
考えてみたら、メイラックスの錠剤が底をついて、ちょうど1週間前くらいから飲んでないことに気づきました。


なので、とりあえず、平日だけじゃなく、休日も営業している病院を探して行ってみました。
「これまで、○○の薬を飲んでたんですけれど、平日しかやってない病院でした。就職したので平日いけなくなったので休日もやってるこちらの病院に来ました!」


そういえば、あっさり薬をもらえました。予約も必要ない町医者です。
ついでに、もともともらってなかった、ハルシオンも貰っておきました。超短期型の睡眠導入剤です。不眠でもなんでもないけど、一回飲んでみたかったから貰いました。ついでに簡単にチェックシート(よくある鬱診断みたいなの)で余裕で高得点を叩きだしたので、大した診断もなく、抗うつ薬のパキシルも出されました。

精神ヤブ医者によくある、薬出して廃人化計画ですね!?

でも、先生は良い人そうだったので、とりあえずもらっておきました。
精神科の先生なんて全く信用してない僕はあくまでも、薬をもらいにきてるのです。

メンタルの病気に限って言えば(これにも限らないけれど)
自己管理するのがベストな選択です。


僕の場合、とりあえず昼間は抗不安薬の効果が必要なので、その薬を最大限利用させてもらいます。あとSSRI、抗うつ薬として知られるパキシルなどを飲んだら、やたら性格が積極的になった等の報告もあるので、とりあえず1か月お試しさせてもらおうかと思ったので、パキシルの処方を受け入れました。そして本当に飲んでます。


ただし、量が多くなると廃人になるのは目に見えてるので、最小限の量でいくのがよろしいのではないかと素人として勝手に思ってます。


昔(5年くらい前だが)、統合失調と診断されて
エビリファイなどの薬をやたら、増やされたときにまじで、廃人になったことがあるからな。


あくまでも、鬱病でもなければ、糖質でもない俺にとっては
セロトニンを摂取するための1手段として、パキシル(少量)を利用させてもらうという考え方です。言ってしまえばサプリメントです。サプリメント感覚で飲んでます。


あと上記で書いたハルシオンなんですが、眠剤ですが鎮静効果もあるのです。
むしろこちらが目的で貰いました。飲んで眠らなかったら少しだけテンション上がります。3時間で薬の効果が切れるので、たった数時間のお遊びです。その程度のものです。でもそれくらいだったらお酒やレッドブル飲めっつー話ですよねすいません。


ただ1つ間違いを犯しました。
メイラックスをもらうつもりが、間違ってワイパックスを処方されてしまったのです。
超長時間型とは違い、ワイパックスは12時間。ふつーですね。

あと、今週は5日のうち、2日間、打ち合わせや現場見学に連れていってもらうことになっています。
不安で仕方ないので、抗不安薬を最大限利用させてもらおうかと思います。苦手な営業や先輩とずっと行動とか嫌になりますね。営業事務所内でもほぼ一緒ですけど。

ツイート
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村 1日1クリックよろしくおねがいします。
ひきこもり ブログランキングへ ついでにこちらもポチっとよろしくです
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ