2012年11月01日

雲仙子ども観光ガイド♪

雲仙温泉街でも紅葉が見頃を迎えようとしてます。
当館より車で2~3分の場所にある白雲の池では湖畔に写る紅葉が綺麗でした!!
20121031_143931


sirakumo


また、雲仙地獄も見頃を迎えつつあります。
jigoku

↑大叫喚地獄

散策していると、なんと!!
雲仙温泉の観光名所「雲仙地獄」内でとても可愛らしく面白い取り組みが行われてました!!

20121031_153500


雲仙小学校5・6年生が総合学習で調べた雲仙の自然や火山のことについて紹介してます♪
雲仙地獄・温泉のことはもちろん、雲仙の食べ物や火山・野鳥などをそれぞれ色分けして
3箇所で行われております◎

お時間が許す方は是非ご覧ください!!

日時:10月31日〜11月2日 14:15〜15:45
場所:島鉄バスターミナル前、お糸地獄前、八万地獄前
内容:A オオルリブルー(雲仙の野鳥について楽しく紹介します)
   B 湯ケムリホワイト(地獄・温泉の事ならおまかせ。温泉最高!)
   C ゆで卵イエロー(雲仙名物の食べ物について、楽しく紹介します。)
   D 普賢岳グリーン(雲仙の山の見所や火山について分かりやすく紹介します。)

unnzennyumoto3255 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月29日

仁田峠の紅葉が見頃を迎えております!!

雲仙の自然情報発信をしている『雲仙お山の情報館』より
国立公園雲仙紅葉情報(第4号)10月29日現在の情報が届きました!!

★□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■☆
普賢岳、国見岳周辺・・・・見頃
妙見岳、仁田峠周辺・・・・見頃
絹笠山、矢岳、温泉街周辺・・・・・一部見頃
★□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■☆

との情報でした。
544839_360917527331847_1815298340_n

[写真提供:雲仙お山の情報館]

雲仙の仁田峠は紅葉の見頃を迎えましたので、
雲仙へお越しの際は、仁田峠までお立ち寄り下さいませ。
尚、登山のお客様は循環道路手前の池の原駐車場にお車を停めて登山されて下さい。

unnzennyumoto3255 at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月20日

雲仙音楽祭♪

昨日、湯元ホテルにてロビーコンサートが開かれました♪
65430_372887066129627_587224303_n

雲仙旅館・ホテルの6軒で開催され、当館には瑞宝太鼓さんにお越しいただきました。
力強く迫力のある演奏に御宿泊のお客様だけではなく、通りがかりのお客様も引き寄せられ沢山の方にお越しいただきました。

本日は雲仙音楽祭『大舞踏会in雲仙』が雲仙温泉街にて開催されます。
雲仙は昔、外国人避暑地として栄えました。
その時代に雲仙には、ビリヤードやゴルフなどの沢山の西洋文化が入ってきました。
そして、沢山のダンスパーティーも開催されておりました。

時代が息づくこの土地で舞踏会が開催されます!!


【10月20日(土)】
17:30〜20:00 前夜祭(雲仙 富貴屋)
入場料 前売1,000円(当日1,200円)
※観覧のみ無料
20:30〜22:00 街の賑わいミニコンサート(満明寺駐車場)
※観覧無料

【10月21日(日)】

13:30〜17:00 大舞踏会(雲仙メモリアルホール)
入場料 前売1,500円(当日1,700円)
※観覧のみ無料

◆問合せ 雲仙音楽祭事務局0957-38-3111

↓↓詳しくはこちら↓↓
http://www.unzen.org/ongakusai/unzen1019.pdf


unnzennyumoto3255 at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月06日

『アケビ』

20121006_141920
本日、ご近所の方がアケビを綺麗に飾っていただきました!
皆様はアケビを御存知ですか?
雲仙の子供達にとっては山遊びをする際のおやつだったそうです!
グベとは違いほろ苦いそうですが、美味しいらしいです。
珍しい食材なので、料亭などでも出されているそうです。

ロビーに飾っておりますので、お越しの際は是非ご覧下さいませ!!

unnzennyumoto3255 at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月14日

庭に「蓮の花」が咲いております♪

0814池にて蓮
玄関前にございます庭の池にて、蓮の花が咲いております。
花言葉は、「雄弁」「休養」「沈着」「神聖」「清らかな心」とあります。
雲仙は本日も涼しくゆったりとした時間が流れております。
どうぞ、「休養」に雲仙へお越しの際はお立ち寄り下さいませ。


unnzennyumoto3255 at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月03日

1991年6月3日「普賢岳火砕流発生の日」

平成新山(第二展望台)
本日、6月3日は21年前に1991年(平成3年)6月3日16時08分に火砕流が発生いたしました。
取材に当たっていた報道関係者16名(アルバイト学生含む)、火山学者ら4名、警戒に当たっていた消防団員12名、報道関係者に同行したタクシー運転手4名、警察官2名、選挙ポスター掲示板撤去作業中の職員2名、農作業中の住民4名の合わせて死者行方不明者43名と9名の負傷者を出す大惨事となりました。
これからも語り継がれ風化させることなく、自然の脅威と自然との共生を島原半島は忘れることはありません。

unnzennyumoto3255 at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月18日

湯元ホテルがテレビで紹介されます!

【テレビ放送情報】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
番組名:日本うまいもん紀行
放送局:BS-TBS 
日  時:6月4日(月) 19:00〜放送

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

旅人が「日本の食」を中心に、さらには観光名所名跡、名人物など​も入れながら、日本各地を旅していく番組“日本うまいもん紀行”​の撮影が先日行われました。
今回は長崎特集ということで、旅人としてお越しいただきましたの​は、俳優の篠井英介さんにお越しいただきました。
湯元ホテルの温泉と会席料理を堪能していただきました。

会席料理では、島原半島の旬の食材と雲仙牛を使ったお料理を沢山​ご紹介しておりますので、是非ご覧下さいませ。

当館の若女将も出演いたしております!!


unnzennyumoto3255 at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月08日

庭に『あやめ』が綺麗に咲いています。

ホテルの玄関前の庭にある滝の側に『あやめ』が綺麗に咲いています☆湯元ホテルにお越しの際は、是非ご覧くださいませ。
2012-05-08 17_56_07


unnzennyumoto3255 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月05日

春の星座とツツジ観察会☆★

春の星座とツツジ観察会

resize0139


普通、ツツジは昼間に見て楽しむものですが、夜のツツジはいかがでしょうか?
夜のツツジの観察と同時に星の観察もできるイベント「春の星座とツツジの観察会」が行われます。

5/5(土)
5/12(土)
5/19(土)の20:00〜

参加費は無料です!※雨天時中止

20:00〜「さるふぁ」によるミヤマキリシマガイド
resize0141


20:30〜ミニコンサート
resize0160


21:00〜春の星空観察会

雲仙温泉街からシャトルバスが運行しますのでご利用ください。

西入り口⇒お山の情報館前⇒神社前⇒雲仙旅の麦酒館前

発車時刻は、『19:45』、『20:15』、『20:45』の3回運行します☆

unnzennyumoto3255 at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月17日

Smile Arch ココロトココロ 3rd night in UNZEN

373916_206744912746202_100002320848404_448848_1505938009_n
多く光が失われた大震災から約1年。
遠く離れた地に住む私たちには、すでに遠い過去の出来事になりつつあります。
2011.3.11あれは遠くの出来事ではない
今も続く、放射能汚染、津波による甚大な被害・・
これは、私たち長崎・島原半島に住まうものが過去に経験し乗り越えてきたこと
... 我々にしかでにしかできない支援のカタチ
それはこの土地の歴史を語継ぎ忘れないこと、誇りを持って生きてゆくこと・・

Smile Arch ココロトココロ 3rd night in UNZEN
遠く古来より長崎・島原半島のを見守り続けてきた、満明寺大仏殿にて

あの日をずっと忘れないために。あの時暗い夜を過ごされたたくさんの人のために。
天災を乗り越えてきた地、雲仙から火を灯し、復興への希望の光を被災地へ届けます。

2月18日土曜日
open18:00
start19:00〜(一時間程度)
朗読とハープ演奏
朗読:やまだ眸月真
相田みつを”わけあえば” 絵本 パールバック“The Big Wave”  震災作文集 
演奏:Rue
INORIなど

当日は、雲仙温泉冬のイベント『雲仙灯りの花ぼうろ』花火の宴最終日です
温泉街のキャンドル&イルミネーション
21:30よりの花火の宴も合わせてお楽しみ下さい

解説パールバック The Big Wave
パール・S・バック:アメリカ ノーベル文学賞作家、幼少期1892年〜15年間、両親とともに中国に在住。その折、夏季中の避暑として雲仙(島原半島)へ来仙していた。その際、地元の住民との触れ合いを通じて知った津波体験談(島原大変・・のころのこと)をもとに後年書き下ろしたのがThe Big Waveである。この作品に登場する二人の少年“キノ”と“ジヤ”。津波から力強くも前向きに成長していく様は、遠く昔の島原半島に住まう、我々のご先祖様たちの姿だと言えるだろう・・・

unnzennyumoto3255 at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)