2006年09月25日

BLOOD+/ブラッドプラス Episode-50「ナンクルナイサ」(最終話)

【BLOOD+】で検索 (DVD) (コミック&小説) (ゲーム)
オフィシャルファンブック BLOOD+ ENCYCLOPEDIA (ブラッド・プラス エンサイクロペディア) 2006年 09月号 [雑誌]BLOOD+ COMPLETE BEST

■土曜アニメ

最終話だけ見ると、良い最終話だと言えるんじゃないだろうか。
最終話の見本…のようなw

〜詳細〜
アメリカの要人らに捨てられ置いて行かれてしまったアルジャーノは、
危ないところをデヴィッドに救われる。
アルジャーノは「軍が…、早く逃げないと…!!」と情けない顔をしてデヴィッドに言う。

ルイスとルルゥは外で翼手を交戦中…だったのだが…。
突如として翼手とコープスコーズは大人しくなってしまった。
「音が…止んでる……」
ルルゥが”異変”に気付くと同時に、周りを囲んでいた翼手たちは、
次々と天を仰ぎ、遠吠えをあげ始めた。

ホテルで待機中のジュリアの携帯に、デヴィッドから連絡が入る。
「オプションD」が発動されたことをアルジャーノから聞いたデヴィッドは、
それについて至急情報を集めて欲しいとジュリアに頼んだ。
ジュリアはそれを了解し、デヴィッドに必ず帰ってくるよう、願うように頼むのだった。

舞台の上では、ディーヴァの双子の娘に手を掛けようとする小夜の姿、
そして、そんな小夜を問いつめるカイの姿があった。
ハジは石化したディーヴァに青い布を被せる。
彼らを二階席からジョエルと岡村が見守っていた。

「死ぬってどういうことだよ」
「きっとまた私たちは…戦争の道具に使われる…。
 私たちの血のために争いが起こるのなんて…もう見たくない…。
 もう、誰にも傷ついて欲しくない……!」
小夜は無垢な顔をして笑いかけてくる赤ん坊に対し、「ごめんね…」と呟いて刀を構える。


「私たちは…生きてちゃいけない……」
そう呟いた小夜に、「ふざけるな!」とカイの声が飛んだ。
誰がそんなことを決めたのか、そんなことを言うヤツがいたなら殴ってやる、
そう言いながら、舞台に近づこうとするがハジに止められた。
「お前が泣き虫で大飯食らいの女なんだって分からせてやる!!」
そう叫ぶのを聞き届けると、小夜は刀を構えるのを止めてへたり込んでしまった。

その双子は自分が愛情を注いで面倒を見る、小夜の居場所くらい作ってやるから
皆で自分の側にいればいい、カイはそう言った。
「お前だってそう思うだろ?ハジ」
「私は小夜に従う者…。全ては小夜の望みのままに…」
カイはハジに殴りかかった。
「お前は誰なんだよ!お前はお前だろ!?言ってみろよ自分の言葉で!!
 お前が何を望んでいるかを!!
 お前だって小夜を!小夜を愛してるんだろッ!?」

カイの熱に押されたのか、ハジは静かに語り始めた。
「……笑顔が欲しかったのです…」
ジョエルの屋敷で出会った頃の笑顔をもう一度…。
その笑顔が戻るならば、全てを引き替えにしてもいいとさえ思っていた。
シュヴァリエになって目覚めた時に見た小夜の顔は、涙に濡れていた。
それからは、怒りに震えながら戦う日々…。

沖縄の地で小夜を見つけたときには、小夜はハジが望んでいた笑顔に包まれていた。
自分では与えることが出来なかった笑顔、
それを与えたのはカイたち家族であることを知ったのだという。

「小夜…あなたのシュヴァリエとして、あなたの望みのままに生きてきました。
 けれど…あなたに背きます。
 ただ一度…」
そう言い、ハジは小夜から刀を取り上げた。
「生きて…。
 生きて下さい。明日のために、今日を生きて…。
 もう、あなたが戦うことはないのです…」
ハジは小夜の顔を寄せ、頬を当てる。
ハジの瞳から涙が一粒こぼれた。
小夜もまた、返す。小夜の瞳からも涙が溢れた。
「生きたい……」
舞台の上で、小夜とハジは口づけを交わした。

ハジの胸の中で、
「私…カイやハジ、みんなと一緒に生きたい。一緒に生きてみたい…」
小夜は心にある、そのままの気持ちを口にした。
ディーヴァの赤ん坊も笑う。
「今日を生きて、明日を笑うんだ。
 明日を向いて、一生懸命生きてりゃなんとかなるさ。
 なんくるないさー」
カイは笑いかける。小夜も笑顔を見せた。

そこへ、デヴィッドが駆け込んできた。
「急いでここから逃げるんだ、オプションDが発動された!」
それは政府による大規模爆撃、翼手を一気に闇に葬るのである。
ディーヴァとの最後の別れをし、小夜らはディーヴァの娘たちを抱いて逃げようとした。
しかし…その場にアンシェルが立ちはだかる。
落雷に打たれ、翼手形態が半分ほど保てなくなってはいるが、まだまだ戦闘意欲は残っていた。
なんとしても、ディーヴァの娘達を奪還しようと、攻撃をしかけてくる。

最初の一撃で、ハジの片腕は失われてしまっていた。
しかしハジは足技でアンシェルに攻撃、
その後小夜との連携プレイで小夜から刀を借りて、アンシェルの体を刀で貫き壁に打ち付ける。
刀には小夜の血が流されている、傷口から即座にアンシェルの体は石化を始めた。
今際のきわ、アンシェルは自らの腕でハジの体を貫いた。
「ハジ!」
小夜の声が飛び、小夜はその場に駆け寄ろうとするが…
既に爆撃機も上空に来ており、劇場も崩壊を始めていたため、カイがそれを止めた。

石化したアンシェルから脱出ができないハジは、覚悟を決める。
「カイ!行って下さい!
 小夜を…明日に導いて下さい…!!」
「やだよ…ハジ!!」
叫びハジのところへ向かおうとする小夜に、ハジは笑顔を向けた。
「なんくるないさ…。あなたを愛しています」
ハジがそう言い終えた途端、大きな瓦礫が轟音と共に落下した。
ハジの姿はもう見えない…。

小夜はハジの名前を叫ぶ。
その瞳からは、涙が一気に溢れ出していた。

  小夜とハジが空中で刀バトンタッチする画が、
  「カレイドスター」の幻の大技に見えたんですが…。
  自分だけでしょうか………。
  そらとレイラだ!って思っちゃってすいません。

  なんくるないさーなんくるないさーな最終回、まあ…こんなもんじゃないですかね。
  「なんだよ小夜死なねーのかよ、おいいいいいいい!!」とか、もういいです。
  そういう流れになっちゃってますし、もういいんです。

  カイは、もういろいろ強引で乱暴だけど、そういうキャラだしもういいかぁ。
  この人、自分の気持ちがまず一番にあって、それを人に押しつける形なんだけど、
  それが悪い方向にいかないあたりが、”スタッフに愛されてるカイ”って感じだなーw

  そうそう、ハジは小夜にとって戦友みたいなもので、
  小夜の恋愛感情はカイに向いてるかとばかり思ってましたが
  完全にこっちの誤解だったようで……。
  まだまだだな、自分もw

  BLOOD+は壮大な女性向けアニメだったんだなーって痛感しました。
  燃えや萌えはイマイチだったが、ラブストーリーメインで見れば
  キュンキュンできた作品だったんだ…
  見る姿勢が悪かったんだな…w
  一番の勝ち組は、ハジ×小夜な方々だったと思うよ。
  素直な気持ちで言うよ。
  おめでとう!!

  大仰だった、なんて言われてたりもするが、舞台の上の小夜とハジのシーンで
  流れた音楽は非常に綺麗だった。
  BLOOD+は音楽がよかったよなー。
  メインテーマとか、非常な運命に立ち向かう、戦士の曲でしたよ。
  満身創痍だろうと、死ぬその時まで立ち向かう
  そんな気迫さえ感じさせてくれた、雄大で悲壮な、まさに戦士の曲。
  …それと小夜がいまいちリンクしないのが残念なんだけどねぇ。
  まだ半分残ってるのに、既に”まとめ”が入ってるなw



沖縄。
小夜は復学し、クラスメートとの楽しい時間を取り戻していた。
その日の夜には亡きジョージの店をカイが引き継ぎ、OMOROが新装開店する。

テレビでは、先日のメトロポリタン歌劇場の爆発事故の報道が流れていた。
アメリカの国防長官・グラントが、テロリストからの犯行声明に対して
強行姿勢示しているというニュースと共に、
グラントとサンクフレシュ・アメリカとの癒着問題のニュースも取り上げられている。
特別調査委員会により、サンクフレシュのCEO・アルジャーノが連行されていた。
押しかける多数のマスコミの中に、ネイサンの姿があった…。

OMOROの新装開店パーティーに参加すべく、デヴィッド、ルイス、ジョエルが車で移動していた。
車内で「ディーヴァの死後、世界中で起こっていた翼手出現騒動は
沈静化に向かっている」とジョエルは話す。
そして、小夜の血液内からジュリアが見つけた酵素により、
デルタシリーズについても沈静化が可能だという。
ルルゥの命についても、光が差しているようで、前途洋々といった具合だ。
ジョエルは小夜の様子についてデヴィッドに尋ねた。
「奇跡的に覚醒を継続しています。しかし……」

小夜はジュリアの管理下の元、輸血をする日々を送っていた。
ジュリアは妊娠しているらしく、
小夜はジュリアにせがんでは、下腹部を興味深げにさすった。
「会えるのは…大人になってからだね。
 私の姪っ子たちと仲良くしてあげてね」
小夜が輸血を行っているすぐ側で、ディーヴァの娘達が元気な声をあげていた。

そこへルルゥがやって来た。
ルルゥも今夜OMOROに来るようである。
「新しい友達が出来るかもよ」そう小夜は言った。

小夜はOMOROへ戻る。カイは厨房に立ち今夜の準備を進めていた。
カイは、小夜の髪を切ってやろうかと持ちかける。
空は茜色に染まっていた。
カイは小夜の髪を切りながら、新聞記者の岡村が中東に向かうらしいという話をした。
それに真央も付いて行くのだという。
蛇花さんらしいと小夜は笑った。

「あいつ…お前の前髪、よく直してたな」
小夜の前髪を解きながら、カイは話し始めた。
「俺さ、あいつのこと最初は嫌いだったんだ。
 でもよ、あいつも俺と同じで、お前のことばかり見てたんだな…。
 またそのうち、ひょっこり顔出すかもな。
 お前が呼んだら来たりして…な。

 俺は忘れないぜ。お前のために一緒に戦った奴らのこと。
 お前を愛したあいつのことも、そいつらの思い出も含めて、お前になるんだ」
俯きそうになる小夜をカイは持ち上げる。
前髪を切り、カイは鏡を見せた。
「あの頃のまんまさ」
全てが始まる前の頃の髪型に戻る小夜。

・・・・・・
夜になり、OMORO店内は実に賑やかである。
ジョエルらも参加して、多国籍な感じだ。

そんな中、小夜はフラフラと外へ出て、フェンスにもたれかかっていた。
OMOROの姿を見つめ、笑顔になり、そして涙が流れる。
視界がぼやけて倒れそうになった時、小夜を受け止めたのはカイであった。
みんなには知らせないよう、小夜はカイに頼む。
「連れてって…。私の、始まりの場所へ……」

カイは小夜を乗せてバイクで走る。
そして、自分が眠りから覚めて繭から出た、あの墓のある場所へ…。
カイに負ぶられ、小夜は階段を上る。
「もうすぐ…だね…。
 カイ…、ありがと………」
小夜の腕が、力なくカイの肩から落ちた。
その手からは、かつてカイとリクと撮った3人が写る証明写真がハラリと落ちた。

カイは上り続ける。
「小夜…お前に教えてもらったんだ。俺の生きる明日ってやつを…。

 お前が戦ってきたのは、このためだったんだよな。
 自分だけの幸せじゃなくて、みんなが幸せになるように…ただ、それだけを思って…。
 約束するよ、俺は絶対お前らを幸せにする。
 だから…お休み。小夜………」
カイの目からは、とどまることなく涙が流れていた。


・・・・・・
「カイだっこー!」
「カイおんぶー!」
カイは、ディーヴァの娘達を伴い、墓参りに来ていた。

「あいつ…来てたのか」
墓石には、青いリボンで飾られたピンクのバラが置かれていた。
「このお花、リボンしてるー!」
「触るなよ。それ伯母ちゃんのだ。それじゃ、お弁当食べるぞー!」
カイの声に、幼い子たちは喜びの声を上げるのだった。

  ハジ生存。
  まぁねー、シュヴァリエがあんな程度で死んでもらっちゃ困るよねー。
  ネイサンも生きてやがる。
  ハジをあそこから掘り出したのはネイサンだろうねー。
  この人も「救おうとする人」だったなぁ。
  できるだけ生かして、その人(翼手)の物語を傍観者として楽しんでやろうってとこだろうか。

  ネイサンはSAYA(小夜とディーヴァの母)のシュヴァリエだから、
  小夜の血では死ななかったって説が有力のよう。
  実は生きてましたーって展開は嫌いじゃないが、
  なんか「まだ終わってないんだよ」っていうホラー映画のラストのような
  若干の気持ち悪さがあったりなかったり。(どっちだ)

  沖縄に帰ってきて何日経ってるのか分からないが、小夜は結構長く起きてたよう。
  なんかもう、ディーヴァ戦の前のあのフッラフラ描写は必要だったのかと。
  要らんかったんちゃうんかと。
  思います。

  世界中に散らばってる翼手とか、ルルゥとか、その変の問題は
  「こうなってるらしいよ」な説明台詞だけで終わるだろうなと思ってましたが、終わりましたね。
  主役連中には直接関わりないですし、そんなもんだろうなぁって思います。
  結局ディーヴァの血でなく小夜の血でも、シフの延命は可能なのかよってのが
  なんか切ないですけどね…。

  カイは重い使命を自分に課したと思いますよ。
  翼手の子を育てること、
  人間でないことをいつか知らせなければならないし、
  自分の跡を継いでくれる者を探して継いで貰わないといけない。
  なんたって活動期間3年で、その後は30年だっけ?の長期睡眠期間に入るわけですから。
  相当面倒そうだよ、いろいろと。

  そんで、睡眠期間明けて起きるだろ、すると記憶が一切無い状態なわけで。
  ますます面倒くさいよーこれ。
  小夜だって、また起きた時には、ハジが何者かカイが何者かさーっぱり忘れてるわけで。
  今回の戦いの記憶だってさーっぱりでしょうよ…。

  この作品で一番描きたかったのは『家族』『絆』なんでしょうね。
  重くとも、それを負えるだけの繋がりを感じることができる絆。
  繋ぐのは”血(血縁)”なんかじゃなく、その人を大事に思う、その想い。

  結局、経済面で面倒見ていくのはジョエルなのかな。
  初代ジョエルはパンドラの箱開けたわけだから、当然の報いなのかね
  永遠に呪われた一家な感じで、大変だな…。


もういろんなところで語り尽くされてるだろうなぁ。
この作品には燃えを求めてたんだが、微妙だー。
積み重ねてるようで、実は手のひら上の水は、隙間からポタポタ落ちてしまってる感じで
溜めてきたものが終盤生かされてない、そんな印象を抱きました。
いろいろと突っ込みどころもあったし…
49話まで、あーだこーだ、わーわー言いましたよ、ええもう。
でも、50話だけ見ると、スッキリ終わったなーって……
「これでいいんとちゃいますの」って気分にさせられてしまうから怖いw
なんだ、”終わりよければ全てよし”の魔力なのか?w

とにかくムリヤリ引き延ばした感が付きまとう作品でした。
ベトナム編とか、まるまる無しでも問題ない、そんな気さえします。
パッと派手なところなく終わってしまったなぁ…。
低空飛行で速度ゆっくりのまま、安全に着地しましたって感じだ。

自分は結局1話以外全部見た…のかね。自分お疲れ。
そして、スタッフ・キャストの皆さんお疲れ様でした。
全部見てきた方お疲れ様でした、全部見てない方もお疲れ様でした。

BLOOD+ 50話BLOOD+ 50話

BLOOD+ ORIGINAL SOUNDTRACK 1BLOOD+ ORIGINAL SOUNDTRACK 2

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. BLOOD+ 第50話「ナンクルナイサ」  [ シバッチの世間話 ]   2006年09月25日 09:13
BLOOD+(3)脅威の赤子殺害シーン・・・ やらないでやんの・・・ つまらないなぁ。 何? あれだけ殺しまくっといていざ自分が死ぬとなると結局嫌だっていうこと? 何とも自分勝手なオチですね。 今まで戦ってきた理由がディーヴァに対する復讐だけってんならいいで...
2. BLOOD+ 第50話  [ ラブアニメ。 ]   2006年09月25日 18:29
「ナンクルナイサ」 なにはともあれ、一年間お疲れさま!! 自分達が生きていれば、また軍に利用されて、新たな血が流されるかもしれない。 そう思って、ディーヴァの子供を殺し、自らもハジに死なせてもらおうと??8
3. BLOOD+最終話~彼は言った。ナンクルナイサ、と、微笑んで~  [ ズッコケギャンブラーのドサ回り奮闘記 ]   2006年09月25日 19:48
遂に1年間続いた「BLOOD+」もラストです。今回は余計なツッコミやあげあし取るようなネタは 完全無視上等 の構えで、真面目に書きたいと思います。 ていうか、泣きました!号泣しました!ラストに相応しい終わり方だったと、賞賛したいくらいです。未だに余韻も残....
4. ブラットプラス50話感想。  [ あつあつアニメ感想日記 ]   2006年09月25日 19:48
運命に翻弄された人々の物語の終わり―――――――・・・。 Episode-50(最終回)「ナンクルナイサ」 終わってしまった・・・という喪失感でいっぱいです・・。 リアルタイムで見終わった時、訳分からず泣いてました・・。 うろ覚えなので・・間違えているか...
5. (アニメ感想) BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年09月25日 19:54
オフィシャルファンブック BLOOD+ ENCYCLOPEDIA (ブラッド・プラス エンサイクロペディア) 2006年 09月号 [雑誌] 力尽きたディーヴァ・・・。その横には、繭より生まれた彼女の子供達の姿がありました。。小夜の下した決断・・・それは、もう二度と戦争の道具として人から...
6. BLOOD+ 50話 「ナンクルナイサ」  [ H&S Diary ]   2006年09月25日 20:12
最後の最後でハジ小夜キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! 49話を見てBLOOD+の全てに諦めきっていた私。 でも、最終回は良い話でした。 これをずっと待っていた!なラブいハジ小夜も堪能したし、思わずホロリときたりもしました。 気になるところは・・・無かっ...
7. BLOOD+ 最終話感想 『ナンクルナイサ』  [ とことん青春! ]   2006年09月25日 20:12
この話も最終回だと思うと感慨深いですな。    ◆生きる意味 自分は何者なのか? 自分はなぜ生きているのか? その答えを得る為に旅に出た小夜。 そして、得た答えは『明日の為に今日を生きる』という事。 どんな困...
8. BLOOD+ #50  [ 伽瑠磨の屋敷 ]   2006年09月25日 20:25
最終回「ナンクルナイサ」 …………。 ピゴーーーーーーーーーーー!!!! …すいません、取り乱しました(汗 前半でこれでもかというほどにハジ小夜プッシュで、しかも私の好きな動物園でのちびハジまで登場し、...
9. BLOOD+ Episode50 ナンクルナイサ  [ 緑成す鶯森 ]   2006年09月25日 20:28
ついに最終回ですよ。 今回はアバンもなしでいきなりオープニングが流れて本編開始。
10. BLOOD+ 最終話  [ てぃるみっとのまったり時々毒舌生活 ]   2006年09月25日 20:30
終わりだよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`) なんかちょっと消化不良っぽくなかったこともないけど(爆)しかもいきなりOPかよw
11. BLOOD+ 第50話「ナンクルナイサ」  [ のらりくらりダイアリィ ]   2006年09月25日 20:33
ついにBLOOD+が最終回です。 ハジ「全ては小夜の望みのままに」 カイに殴られたーw( ̄Д ̄;)wでもここに来たら、本当の思いを言って欲しいですね。 口ではそう言いつつも、心の中ではいろいろ思ってきたんだろうし…。
12. BLOOD+ 50話「ナンクルナイサ」  [ ゚+。.゚サムライロジック゚.。+゚ ]   2006年09月25日 20:35
小夜が全てが終わったら死のうとしている事をカイは知ってしまう。 それを阻止すべく説得を試みるも小夜の意志はかたい。 「お前の居場所くらい俺がなんとかしてやる!だからおまえら俺のそばにいろよ。」 そしてハジに同意を求めるも 「私は小夜に従う者。全ては小夜...
13. 幕引きは沖縄からしっとりと  [ MARGARETの徒然草 ]   2006年09月25日 20:39
長かったような、短かったような、『BLOOD+』最終回です。小夜は生きることを諦め、ディーヴァの子供たちを手にかけようとするも、カイにハジもろとも一喝され、アメリカ軍の証拠隠滅攻撃から逃れる。ところがその最中にアンシェルが襲い掛かる。アンシェルはハジが小夜の...
14. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」  [ 二次元空間 ]   2006年09月25日 20:40
第50話 ナンクルナイサ
15. BLOOD+ 第五十話 最終回っ!  [ Dream Dochan tono ]   2006年09月25日 21:03
BLOOD+ 最終回。それぞれの明日は? 今日で最後となるBLOOD+ 感想記事のトラックバック。みなさん、ありがとう!! ハジ、感動をありがとう!!(何か違ってる…??) そして、ジョエルはぁo(^-^)o
16. ちょっとだけBLOOD 50話「ナンクルナイサ」  [ たいむのひとりごと ]   2006年09月25日 21:27
「生きたい。・・・みんなと一緒に生きてみたい・・」小夜の本当の気持ち。私たちは生きてちゃいけない、再び戦争の道具をして使われることを恐れていた小夜。それでも・・・そうならないように生きることだって出来るはず。「笑顔が欲しかった」ハジの本当の
17. BLOOD+ 第50話「ナンクルナイサ」  [ 桐風記 ]   2006年09月25日 21:27
<font color="#000000" size=2>前回のこともあったので、最終回が沖縄なんだろな、ぐらいしか予想つかなかった今回。 カイプッシュ★な監督としては、意外な「着地地点」でした。 ■小夜・・・・・「奇跡的に起きてた〜」件では、もう次回ぐっすりなの...
18. 『BLOOD+』第五十話  [ 時間の無駄と言わないで ]   2006年09月25日 21:38
締りの無い最終回でもなんくるないさぁ。 OPの歌詞がサッパリでも、盛り上がりが無くても、後番組がビミョーでもなんくるないさぁ。 アルジャーノ生きてたね。結局アメをなめる以外何もしない人でした。 ネイサン生きてたのね。オカマは強し。 アンシェルも生きてた....
19. BLOOD+50話最終回  [ 朧月(ろうげつ)の夜 ]   2006年09月25日 21:43
つ、遂に終わってしまいました!!!まさかのこんな展開にこっちはビックリですよ。結
20. BLOOD+ 第50話  [ つれづれ ]   2006年09月25日 21:44
 BLOOD+第50話「ナンクルナイサ」です。気がつけばもう最終回です。ここ数話種ばりの怒濤の死亡ラッシュでした。小夜も殺る気満々です。果たしてディーヴァのかわいい子供達の運命や膿に?  今回はいきなりOPから、なんだか展開早そうな嫌な予感がしますけど気のせいでし....
21. BLOOD Episode-50(最終話)「ナンクルナイサ」  [ SUGO FACTORY別館 ]   2006年09月25日 21:48
繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う
22. BLOOD+感想第50話「ナンクルナイサ」  [ waifs and strays ]   2006年09月25日 21:52
今日のトップバッターは飴ジャーノ氏。一人退路を断たれてしまって翼手を迎え撃つも、決定打を与えることができずあわやピンチというところを、今回はデヴィッドさんに助けられました。 なんだけんだいって強運の持ち主です一番すぐ死んじゃいそうなヘタレだったのに、結...
23. BLOOD+ 50「ナンクルナイサ」  [ はざまの欠片 ]   2006年09月25日 21:58
ハジ「ナンクルナイサ」にテレビの前で「えー!」言ってしまった最終回。まさかこんなサプライズがあるとは…。「あなたを愛しています」がインパクト失いましたよ。最後は笑顔を見せくれるだろう…なんて勝手な心の準備をしてた私って…。 さて「BLOOD+」も今宵が最終回で...
24. BLOOD+ 最終話に思ふ。  [ Sweet Vanilla -deuxieme- ]   2006年09月25日 22:05
結局赤ちゃんを殺さず、生きる決断をした小夜。 ここにきて欲が出たのか・・・とも思ったが。 ハジの思い、カイの思いもあり、ということで。 ずっと戦ってきたわけだから、戦わなくても良くなった今、自分が死ぬ必要ないもんね。 赤ちゃん、ハジ共々永遠に生き続けると....
25. BLOOD+第50話「ナンクルナイサ」最終話  [ Happy☆Lucky ]   2006年09月25日 22:07
第50話「ナンクルナイサ」
26. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」  [ 欲望の赴くままに…。 ]   2006年09月25日 22:09
※24日0時30分加筆修正  ハ、ハハハハハハジがΣ(゚Д゚)  最終回でまさか死亡フラグ的展開になるとは思っておらず正に寝耳に水で暫くテレビの前で( ゚Д゚)ポカーンでしたよ…。オプションDまで発動して爆炎で焼き殺されて??pi.m
27. BLOOD+ Episode-50「ナンクルナイサ」  [ GATES OF HEAVEN ]   2006年09月25日 22:11
リアルタイムで観ました…。 何だろう、とにかく胸がいっぱいでございます。 【STORY】 繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う小夜は、刀を構えゆっくりと切っ先を上げて??q
28. BLOOD+ Episode-50「ナンクルナイサ」  [ GATES OF HEAVEN ]   2006年09月25日 22:12
リアルタイムで観ました…。 何だろう、とにかく胸がいっぱいでございます。 【STORY】 繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う小夜は、刀を構えゆっくりと切っ先を上げて??
29. BLOOD+ 第50話「ナンクルナイサ」  [ のほほんホビー ]   2006年09月25日 22:13
重要イベントは先週で終了し、最終回は本当にエピローグ的な内容のみでお終いかと思っていたんですが、そうでもありませんでした。 とりあえず、最後に小夜の明るい笑顔が見れて本当に良かったです。 カイにボコら
30. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」  [ angel notes. ]   2006年09月25日 22:22
・カイとハジ 二人とも小夜を愛するただの男だった。 カイは日常の象徴であり、ハジは非日常の象徴。 ハジは小夜の笑顔を取り戻すために全てを捧げてきた。 それでもハジが小夜の笑顔を取り戻せなかったのは彼が非日常の象徴だっ?? 
31. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」  [ LIV-徒然なるままに ]   2006年09月25日 22:26
「後番組の妖奇士は2006年秋、最大の話題作で 全世界が注目しているらしい!」 ( ;^ω^)土6見参の前に バスターコール発動するか? 正直、BLOOD+の感想よりも後番組の番宣の方が強烈だった・・・????@
32. BLOOD+ 最終話 「ナンクルナイサ」  [ 白狼PunkRockerS ]   2006年09月25日 22:28
「あなたを、愛しています」 …惚れましたw 今日は、WEB拍手コメントに返信しつつ、感想を書いていきましょうか。 >内容はナンクルアルサでしたねOTL このアニメは全体的にはつまんなかった??//p1
33. ナンクルナイサ  [ 花鳥風月 ]   2006年09月25日 22:30
Episode-50「ナンクルナイサ」 脚本:藤咲淳一 絵コンテ:松本淳 演出:松本淳 作画監督:石井明治・小村方宏治 繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う小夜は、刀を構えゆっくりと切っ先を上げていく。その頃、米軍の手に因...
34. BLOOD+ 最終話 ナンクルナイサ  [ Wonderful Life ]   2006年09月25日 22:34
”ナンクルナイサ・・あなたを愛しています”というハジの言葉が
35. 「BLOOD+」50話「ナンクルナイサ」  [ 大吉。 ]   2006年09月25日 22:39
<土曜日> 出来うる限りのハッピーエンド、という感じでしたね。 カイが止めてくれるだろうとは思っていましたが、ハジがあれほど雄弁に小夜への愛を語ってくれようとは!あんなに喋るハジは初めてです。それも自分の意思で。 「笑顔が欲しかったのです。初めて会った頃の...
36.  BLOOD+最終話「ナンクルナイサ」  [ 朔夜の桜 ]   2006年09月25日 23:03
だいぶ聞き取れるようになったOP。 最終話ともなると考え深いです。あぁこの人もあの人も(ToT) まだ生きてた!!飴男。助けてもらってよかっね〜。 普通の女か..なぁカイ?身ぐるみはいで確認か? 笑顔が欲しかったというハジ。あ〜もうせつない!! ジョエルも普通に見...
37. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」  [ 瞳にアル世界 ]   2006年09月25日 23:13
ナンクルナイサ byハジ Σ
38. BLOOD+ 50話「ナンクルナイサ」  [ ミナモノカガミ ]   2006年09月25日 23:18
先週ディーヴァとアンシェルがご都合的に 弱くなっていたおかげで、やられてしまいました。 小夜はディーヴァの子どもをどうするのか?と いう決断のBLOOD+最終回、感想参ります。
39. BLOOD+第50話「ナンクルナイサ」  [ 眠い犬 ]   2006年09月25日 23:33
こんにちは。  「BLOOD+」最終回の感想です。  1回更新した記事があまりに酷いと苦情を受けましたので、内容を追記に移すことにしました。たぶん根本的な解決にはなってない  「BLOOD+」の最終回に感動した方、
40. BLOOD+最終話「ナンクルナイサ」  [ ごったニメーションblog ]   2006年09月26日 00:10
ついにBLOOD+も今日で最終回。さあ、果たしてどんな結末を迎えるのか・・・。第50話「ナンクルナイサ」脚本:藤咲淳一 絵コンテ・演出:松本淳 作画監督:石井明治<あらすじ>繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う小夜...
41. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」  [ 木下クラブlog ]   2006年09月26日 00:12
さて、血+も最後の作品。2回見てくれればそれで幸せです。。。 大きいサイズも用意して
42. BLOOD+ (第50話 ナンクルナイサ  −最終話−)  [ ハリネズミのちょびっとMemo ]   2006年09月26日 00:24
BLOOD+ ORIGINAL SOUNDTRACK 1 (2006/4/26発売) BLOOD+ ORIGINAL SOUNDTRACK 2 (2006/09/27発売予定) BLOOD+ COMPLETE BEST (2006/10/25発売予定) 最終話は脚本・藤咲淳一+絵コンテ&演出・松本淳+作画監督・石井明治の組み合わせ。 これって実は第1話の組み合...
43. BLOOD+第50話 「ナンクルナイサ」  [ ネコミミアンテナ ]   2006年09月26日 00:34
ふー、なんだかフルマラソンを走りきったような気分です。 一年間良く付き合った!最後まで頑張った! 良かった良かった、な気分半分、結局何も解決して無い様な気が…って微妙な気分半分、ですが。 「ハジ小夜で終るなら総てを水に流す」と以前から言っていたので、と...
44. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」 感想  [ ☆今日の雑色雑記★ ]   2006年09月26日 00:56
 長かったBLOOD+も今日で最終回です。
45. BLOOD+ 第50話「ナンクルナイサ」  [ 暁亭 ]   2006年09月26日 01:12
BLOOD+最終回。 なんか予想通りな展開でした。やっぱりね、そうくると思った。 結局なんくるないさか! てゆか、アンシェル兄さん生きてたんだ!流石長兄!素晴しい根性 んが、やっぱりダメージは大きかったようで、あっさりハジにやられてしまいました。 あそこで兄さん...
46. 「BLOOD+」第50話「ナンクルナイサ」  [ site_of_xyloL ]   2006年09月26日 01:49
  ディーヴァを倒した小夜は死を選ぶ。カイに説得されたハジは小夜を殺さず、なんか適当に前向きな気持ちに。  デヴィッドが米軍による証拠隠滅「オプションD」の発動を伝える。また、復活したアンシェルが襲い掛かるがハジが始末する。しかし、ハジも。  その後、...
47. BLOOD+最終話感想  [ てぃあら☆ぶる ]   2006年09月26日 01:51
ちょ・・何がナンクルナイんだよ全然ナンクルナクないよハジに言わせるなよ とうとう最終回だったわけですが、わりと良い最終回でしたね。しかし終わってしまって寂しい気持ちもありますが、この作品にはもうちょっと頑張ってほしかった・・とゆうのが本音です。 でもま...
48. 【アニメ雑感】 BLOOD+ 最終話 『「ナンクルナイナ』  [ 暁の夜明けと夕暮れの空に ]   2006年09月26日 03:34
4クールに渡って放送されていた血+も今回で最終回です。 途中から傍観するだけに決め込んでいましたが最後だけ感想を書き綴ろうと思います。 小夜が“自らの死”という選択を選ぶかどうか、視聴者の大多数が心配??.mybl??
49. 「BLOOD+」第50話  [ 日々“是”精進! ]   2006年09月26日 04:34
Episode-50「ナンクルナイサ」繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う小夜は、刀を構えゆっくりと切っ先を上げていく・・・。その頃、米軍の手により、翼手を闇に葬り全ての証拠を消し去ることを目的とした計画が発動されてい...
50. BLOOD+ 最終回ナンクルナイサ  [ SLOTH DIARY  ]   2006年09月26日 05:42
今日でBLOOD+も最終回です。最終回だから、いきなり歌詞のわからないOPから入ります。ビックリしました。来週から、もうBLOOD+の感想を書くこともなくなるんだなあ…。そう思うとなんだか名残惜しくもあるようなないような。とりあえず、今は眠いんで、BLOO...
51. BLOOD+ 第50話(終)  [ オヤジもハマる☆現代アニメ ]   2006年09月26日 05:56
サブタイトル「ナンクルナイサ」   自身を含め、すべての翼手を消し去ろうとするサヤ...   カイの言葉に、サヤの意志が揺らぐ...   そしてサヤとハジが選んだ道は...?
52. BLOOD+ 50 ナンクルナイサ  [ 猫煎餅の斜め下ブログ ]   2006年09月26日 06:28
本日少々クレイジーな旅行をしておりまして、今帰宅しました。
53. BLOOD+・第50話  [ たこの感想文 ]   2006年09月26日 06:42
「ナクルナイサ」 ディーバが死に、様子がおかしくなった翼手たち。そんな中、デヴィ
54. BLOOD+Episode50【ナンクルナイサ】最終話  [ 密かに語ってみる ]   2006年09月26日 06:52
最終話ベストショットは彼女で決まり! ◆ルルゥの耳ピクピク カイ:「お前だって小夜を・・・愛してるんだろう」 「笑顔が欲しかったのです。貴方と出会った頃の笑顔がもう一度貴方に戻るなら私は全てを引き換えにしてもいいと貴方に尽くしてきたのです。 シ...
55. BLOOD+ #50 [最終回] 「ナンクルナイサ」  [ マンガに恋する女の ゆるゆるライフ ]   2006年09月26日 07:16
・・・小夜に笑顔になって欲しい・・・ それはシュヴァリエになる前からのハジの願い。 (いよいよ最終回ですね・・・)  ↓  ↓
56. BLOOD+ Epi50  [ ひねもす のたり のたり かな ver.2 ]   2006年09月26日 07:55
アバンがなかった…… いきなり歌で、びっくりしました……(笑) 繭から生まれたディーバの子供を前に、もう誰にも傷ついてほしくないと願う小夜(声・喜多村英梨)。刀を構え、ゆっくりと切っ先を上げていく。そのころ米軍の手により、翼手を闇に葬り、すべての証拠を....
57. TBS「BLOOD+(ブラッドプラス)」第50話(最終回):ナンクルナイサ  [ 伊達でございます! ]   2006年09月26日 08:17
広げ過ぎた物語の世界観を、再び小夜に戻すことで、そつなくまとめた感が残りましたが、エンディングテーマの元ちとせ「語り継ぐこと」が、物語をうまく昇華しました。
58. 30年後にまた逢いましょう  [ マイ・シークレット・ガーデン ]   2006年09月26日 08:35
{/kaeru_night/}おやすみ・・小夜・・ 『BLOOD+』 Episode‐50 ナンクルナイサ *最終回* アルジャーノさんは最後まで生き残りましたね〜。 ま!オプションDの発動を教えてくれる存在としてそれはgoo♪ 誰だって死にたくなんかない。 だけど、初期に...
59. ナンクルナイサ  [ tune the rainbow ]   2006年09月26日 08:49
「ナンクルナイサ。 貴女を愛しています」
60. BLOOD+最終話  [ くろまるブログ ]   2006年09月26日 08:54
「ナンクルナイサ」EDテーマが『語り継ぐこと』だった!今日一番のサプライズじゃないかなあ、絵も今日限りのだったし。内容は先週のラストと今日のタイトルで、予想がついた範囲というか、ほぼ予想通りというか…。アンシェルがあれだけで終わるとも思えなかったしね、...
61. BLOOD+#50「ナンクルナイサ」(最終回)感想  [ おぼろ二次元日記 ]   2006年09月26日 09:51
ハジ、ハジ、ハジ・・・ハジーーー!!!と心の中で叫ばずにはいられませんでした!!!涙・・・。ED、ロシアの月、雪に付いた二人の足跡。小夜を動かしてくれたのがハジで良かった。これだけは今まであれこれスタッフに言ってきましたが望んだ展開、終わりになって良か...
62. BLOOD+ episode 50 ナンクルナイサ [最終回]  [ ray line ]   2006年09月26日 11:05
いやぁ、終わっちゃいましたね。。 さびしいなぁ。。 ヴァンは近づいてくるヨクシュに銃を放つが、9割外れて、1割当たる確立w そこにデヴィッドがやってきて、ヴァンを助けるが、 軍はヨクシュを消し去るため、オプションDを発動させる、というヴァン。 ディーヴァの子...
63. BLOOD+50話(最終回)「ナンクルナイサ」  [ ブログな気持ち ]   2006年09月26日 11:19
リボンの行方。 ハジ、いい人だった・・・ この前カイに突っ込まれた時には素直にはなれなかったけれど、やっと本当の気持ちを認めてくれた。表現してくれた。そして、カイはそれにも増しておっきな人だった。この歳にして、男女愛を超越している。
64. 「BLOOD+」レビュー  [ アニメレビュー トラックバックセンター ]   2006年09月26日 14:03
アニメ「BLOOD+(ブラッドプラス)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声):音無小夜(喜多村英梨)、ハジ(小西克幸)、宮城カイ(吉野裕行)、宮城リク(矢島晶子)、宮城ジョージ(大塚芳忠)、金城香里(門脇舞)、謝花真央(小....
65. BLOOD+#50青いリボンの結ばれた薔薇  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2006年09月26日 16:04
あれ・・いきなりOPから始まった最終回です。嗚呼、皆の笑顔が(ノ_・、)うう・・そうか、この為かもしれない・・うう・・まあ、最後まで歌詞は解らずに終わりました(o ̄∇ ̄)oペンペコペンペコオエオエオエオ〜♪「ナンクルナイサ」飴、じゃない、雨の中にあふれる翼...
66. 【キャプ感想】BLOOD+ 第50話「ナンクルナイサ」【ねーよwwww】  [ 魔法先生リリカル☆ハギま! ]   2006年09月26日 17:34
どうみてもカイが負け組です。 本当に(今まで)ありがとうございました。 制作進行 「監督!カイファンから抗議の電話が殺到しています!」 藤咲監督 「ナンクルナイサー(笑)」 竹田P 「なぁに、かえって免疫劀
67. LastEpisodeナンクルナイサ  [ 翔太FACTORY ]   2006年09月26日 18:02
「ヤンバルの悪夢…オプションDが発動した時、オペラハウスにいる小夜は?カイは?ハジは?双子の赤ちゃんは?BLOOD+最終話ナンクルナイサ」「オプションD…確かそれって」「空爆による完全破壊、証拠隠滅」「まったくこれだからアメリカは…都合が悪くなるとなんでもかん...
68. BLOOD+ 最終話「ナンクルナイナ」  [ ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜 ]   2006年09月26日 19:04
(´∀`*) 何とかならなかったね。 う〜む、何ともコメントし難い最終回になってしまいました。 ハジは行方不明(最後のは生存フラグ?)、最後の最後で小夜も死亡、そして二人の赤ん坊はカイによって育てられたと・・・。 スタッフ的にこれで綺麗に終わらせたつもり・...
69. BLOOD+ 「ナンクルナイサ」感想  [ 同人と萌えとフィギュア ]   2006年09月26日 21:18
BLOOD+最終話「ナンクルナイサ」感想。 ネタバレありのでご注意〜
70. Episode-50「ナンクルナイサ」  [ Wings of Freedom ]   2006年09月26日 21:41
・゚・(つД`)・゚・ ・゚・(つД`)・゚・ ・゚・(つД`)・゚・ 最高の最終回。これをやってほしいと思っていた事を全部やってくれた最終回なんで、めちゃめちゃ素晴らしかったです。「BLOOD+」、あれだけ引っ張ってた理由はやっぱり最高潮の場面を最終回に持ってき....
71. BLOOD+50話「ナンクルナイサ」  [ (それでも)好きなんだからしょうがない ]   2006年09月26日 23:44
良かったーーーーーハジーーーーっ!!結局、蓋を開けてみれば痴話げんかどころか大メロドラマ的な展開で。今回はハジの中の方も、恥ずかしかったんじゃないでしょうか(笑) とりあえずここで一発。ハジ小夜ばんさーーーーいっ!
72. BLOOD+50話「ナンクルナイサ」  [ (それでも)好きなんだからしょうがない ]   2006年09月26日 23:45
良かったーーーーーハジーーーーっ!!結局、蓋を開けてみれば痴話げんかどころか大メロドラマ的な展開で。今回はハジの中の方も、恥ずかしかったんじゃないでしょうか(笑) とりあえずここで一発。ハジ小夜ばんさーーーーいっ!
73. BLOOD+ 第50話 ナンクルナイサ  [ ネコのあしあと ]   2006年09月27日 00:04
うわぁぁぁん!!ハジに泣かされた〜
74. BLOOD+ #50「ナンクルナイサ」  [ シチュー鍋の中の混沌 ]   2006年09月27日 10:14
終わりました。一応観てましたよー。広げすぎた風呂敷は、畳みきれませんでしたか…。 一年前を振り返ると、すっごく期待してた自分がそこにw で、今の感想は…うーん。「悪くはない、けど、良くもない」だなあ。言いたいことは分かる、でも、自分の殻を破って、視聴者...
75. +BLOOD+【50】+  [ ウタウタイ☆アニメ館 ]   2006年09月27日 14:10
第50話「ナンクルナイサ」    アバンがない!?   ↑ちょっと驚いた! さすが最終回ですw     アレアレ? すんなりと   「生きたい・・・」   って小夜・・・   って ハジと小夜がチューした! それを何見守ってんの?カイ?   結局、ディーヴ...
76. BLOOD+ 最終回 「ナンクルナイサ」  [ 優しい国blog ]   2006年09月27日 14:35
77. BLOOD+ ep.50  [ 自然と咽せ込むブログ??その弐?? ]   2006年09月27日 17:27
9月23日放送。「ナンクルナイサ」-ヴァンこれまた、よわっちいですね・・・全部はずれてますよ(;・∀・)タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!これは、逮捕された感じだわ。-オプションDそうだ、そうだ。ヤンバルの時もオプションDだったよ。大穴空けるやつだね。...
78. 『BLOOD+』#50(最終話)  [ おくいのなんでもdiario ]   2006年09月27日 17:41
「ナンクルナイサ」 OPクレジットなしでしたね。絵も少し違ってましたか?いつも早
79. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」  [ PAWA-TYPE 〜Zの鼓動〜 ]   2006年09月27日 23:55
ついにやってきましたBLOOD+最終回。 4クールものの最終回というだけあって何か感慨深いものがあったね。 1年間BLOOD+を見てきた自分とみんなに乙かれさんと言ってあげたいよ(ぉ あ〜1年って短いなという事をBL
80. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」感想  [ ALISAのLoveDestiny新館 ]   2006年09月28日 04:58
BLOOD+ COMPLETE BEST BLOOD+第50話「ナンクルナイサ」最終回です。 ディーヴァの残した子供を前にすべてを終わらせようとする小夜。それを引き止めるカイ。ハジは小夜に笑顔を取り戻すために生きてほしいと告げる。小夜に笑顔を与えてくれたのはカイたち家族だったという....
81. BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」 感想  [ 幻想領域 ]   2006年09月28日 21:29
最終回です。 OPがノンテロップでした。
82. BLOOD+ 「ナンクルナイサ」  [ 自由で気ままに 〜L'ala di liberte&agravei〜 ]   2006年10月02日 12:58
1年間続いたBLOOD+それも今回で最終回 短かったような長かったような1年間でした
83. BLOOD+ Episode-50「ナンクルナイサ」  [ kasumidokiの日記 ]   2006年10月02日 20:08
アニメBLOOD+最終回です。 発言者:<img src=\"{_img_}ic.cat8.gif\">→宵里、<img src=\"{_img_}ic.cat9.gif\">→春女です。 <img src=\"{_img_}ic.cat8.gif\">「
84. 『BLOOD+(ブラッドプラス)』 ディーヴァ  [ ゆったりイラスト空間 ]   2006年10月21日 19:35
『BLOOD+』のディーヴァです。 細く、気高く、美しいヴォイスで歌う彼女をイメージして描きました。 まるで、この世のものとは思えないほどの荘厳な歌声には、ただただ聞き惚れるばかり。。。 ディーヴァは、小夜と耀a
85. レビュー・評価:BLOOD+ (ブラッド・プラス)/第50話「ナンクルナイサ」  [ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]   2007年09月12日 17:34
品質評価 44 / 萌え評価 24 / 燃え評価 23 / ギャグ評価 21 / シリアス評価 51 / お色気評価 41 / 総合評価 35<br>レビュー数 112 件 <br> <br> 繭から生まれたディーヴァの子供を目の前にして、もう誰にも傷ついて欲しくないと願う小夜は、刀を構えゆっくりと切っ先を上げて...

コメント一覧

1. Posted by 黒木勝平   2006年09月26日 00:43
5 こんばんわm(_ _)m

いつもTBありがとうございます。
最終回…長かったような気がしますが、犠牲者もなく終ってくれたのでホッとしてます^^

長い期間、お疲れ様でした。

そして、お付き合いくださってありがとうございましたm(_ _)m

それでは、失礼いたします。
2. Posted by 猫煎餅   2006年09月26日 06:25
記憶が無かったのは、ベトナムで強制的に覚醒させられたせいで、普通に目を覚ませば記憶はあるんじゃないかなと思います。
3. Posted by イヌシバ   2006年09月26日 08:14
>黒木勝平 さん

こんにちは!いつもお世話になっちゃっててスイマセン、イヌシバです!

穏やかな最終回でしたよね。
静かに幕を下ろす感じで、いい最終話だったと自分は思ってます。
後味も悪くないですしね。
今までのことが水に流れていく思いです(笑)

長丁場でしたが、記事を書いてらしたブログが多いことにとても驚いております。
なんだかんでで、やっぱり土6はブランドなんだなぁって思いましたよ。
次回は…ちょっと前評判があまり良くないですが
(絵が取っつきにくいって言ってる方多いですね;)
自分はそれなりに期待しておりますよ。

そちらこそ、お疲れ様でした!
いえいえもう、こっちこそお世話になりました、ありがとうございました!
4. Posted by イヌシバ   2006年09月26日 08:20
>猫煎餅 さん

こんにちは!いつもお世話になってます、イヌシバです!

小夜の記憶についてですが
初期設定で「小夜には過去の記憶がない」というものがありました。
(小夜は宮城家の墓で繭から自然覚醒)
あったら沖縄で笑顔に溢れた生活はなかったでしょう。
実際、当初は戦う意味も分からず、前半は「自分の過去を知る」がテーマだったと思ってます。

で、いろいろと足跡を辿ることで過去を思い出そうと努力しますが
結局限界があったようで、ジョエルの日記を読んで全部知るんですよね。

(続きます)
5. Posted by イヌシバ(続きです)   2006年09月26日 08:21
ので、
通常覚醒した後も、過去の記憶を標準状態で覚えてることは…ないと自分は思います。
小夜が赤い盾管理下になる前、常にハジと共にいた時には
ハジが記憶を戻していたんでしょうかね…。
記憶の伝達がシュヴァリエの役割の1つなのかもしれません。

次に小夜が目覚めた時、それを教えるのか教えないか、カイに託された問題ですよね。
カイは本当に大変な立場になってしまったなぁ…と改めて思います。

ではでは、コメントありがとうございました!
6. Posted by tanizaki   2006年09月26日 13:41
はじめまして。TBありがとうございました。
実はこっそり通わせていただいていたのですが、最終回ということでコメ残していきます。

>「これでいいんとちゃいますの」って気分にさせられてしまうから怖いw
>なんだ、”終わりよければ全てよし”の魔力なのか?w

的確な一言ですね。
悪い意味で想像どおりのエンディングとなり、まあこんなもんだよね、というのが正直な感想です。
ムイとかシフとか、犬死じゃん(ムイちゃんは生きてますけど)とか。色々突っ込んでも、もう終わっちゃったし…みたいな。
7. Posted by tanizaki   2006年09月26日 13:42
つづきです。

>一番の勝ち組は、ハジ×小夜な方々だったと思うよ。

自分は勝ち組のようです(笑)
でもキュンキュンしなかったのは、きっと年のせいですね(苦笑) 決して脚本や作画のせいではないはずです!(笑)

>ハジをあそこから掘り出したのはネイサンだろうねー。

なるほど。それは面白い考察ですね〜。
ネイサンは本当の意味でシュヴァリエ「見守る者」なんでしょうね。

最後まで大変面白く読ませて頂きました。
今後もこっそり通わせていただきます。
一年間本当にお疲れさまでした。
8. Posted by とおりがかり   2006年09月26日 23:01
今晩は

姉さん生きてましたね姉さん。
>ネイサンはSAYAのシュヴァリエだから、小夜の血では死ななかった
なるほどね。面白いですね。もしそれが真実で、姉さんもそれを知っていて、大芝居を打って殺されたフリをしていたとしたら(実際、生きてた姉さんは飄々としてたし)、彼は“傍観者”というより“狂言回し”という気がしますよ。SAYAから小夜・ディーバの世代へ移行するときも、こそこそ生き延びて裏ですべてを操っていたんですよ。だから、もし続編をやるとしたら姉さんがディーバの子供たちに、お前たちの母さんを殺したのは小夜とその仲間たちで、カイもその一味だ、と焚き付けるところから始まると思います。するとまた小夜に向けて憎悪が突き刺さるわけですよ。カイに対しても、騙されたと感じるでしょうね。こういう続編見たいなー。

次へ続きます
9. Posted by とおりがかり   2006年09月26日 23:01
>アメリカの国防長官、テロリスト、強行姿勢
これもきわどい表現ですよね。9.11のときも、ペンタゴンに突っ込んだのは旅客機ではなくトマホークだという説は未だにくすぶってます。たぶんそれに対する痛烈な皮肉なんですよ。あんまりこういうことやっちゃ、まずいんじゃないのかなぁ。

>一番の勝ち組は、ハジ×小夜な方々だったと思うよ。
岡村×真央なわたしは勝ち組ですか(笑)。

>大規模爆撃
BLOODのことだから、意外に戦術核を使うのかと思ったけど……残念、通常兵器でした(最低だな)

>アンシェル
人間の顔のつくりが薄く浮かび上がったアンシェル、気味が悪かったですねぇ。つい最近のジェイムズといい、BLOODの作画はどうしてこうも気持ち悪い絵が得意なんでしょう(笑)。

長くなってしまいましたが、最終回なので勘弁してください(意味不明)。

失礼します
10. Posted by イヌシバ   2006年09月26日 23:34
tanizakiさん、こちらこそ初めまして!
TBでお世話になりました、イヌシバです。どうもですー!

エンディングについては、
後味悪くないように静かに幕引きをする、そのためだけの綺麗なエンディング
そんな印象を持ってます。
主人公たちがスッキリしちゃってるので、これ以上どうしようもないですしね(笑)
脇役で「あの人どうなっちゃったの?」なトコはあるんですが
誰もその人達のことを思い出してたり、その後どうなったんだろうなぁって
考えてないのが、功を奏しているのかもしれません。
もうコリンズとか誰も思い出したくもないだろうなぁ;

(続きます)
11. Posted by イヌシバ(まだ続きます)   2006年09月26日 23:37
>勝ち組はハジ×小夜な方
うわぁ、一番の勝ち組だ!!

個人的には、ソロモン×小夜、カール×小夜(ディーヴァ)、デヴィッド×ジュリアetc
主に「この人とこの人がくっついたらいいなぁ、素敵だなぁ」と思ってアニメ見てた方々は
全員勝ち組だと思うんですよ。
まあ…恋に破れるENDもあるわけですが、それもまた愛の形ですし……ね…。
その中で、恋が成就したのがハジと小夜で、幸せな結末を迎えて
それを望んでた方々は最高な気分じゃなかろうかと、思うわけです。

ハジは非常に奥手でしたねぇ。
ソロモンは結構終盤ガツガツしてましたが。台詞も押せ押せでしたし(笑)
ハジがもうちょっとガツガツしてたら、
自分の見る目も変わってたかもしれません(笑)
今はただ、ソロモン派だった方々には元気を出して頂きたい…
結構ダメージ受けてらっしゃる方が…いるようなんですよねぇ;

(続きます)
12. Posted by イヌシバ(ここまでです)   2006年09月26日 23:38
ネイサンには、いろいろと語って欲しかったです。
翼手についての謎はてんこ盛りですからね。
ずーっと見てきたっていうんなら、是非それを教えて欲しかった…。

最後に、なんだか嬉しい言葉をありがとうございます!
駄文垂れ流しスタイルはきっと変わらない、そんなブログですが
今後ともよろしくお願いします!
1年間、お疲れ様でした!!
13. Posted by イヌシバ   2006年09月27日 00:09
>とおりがかり さん

こんばんは!イヌシバですー。

>"狂言回し"という気がします
その言葉は非常に的確だと思います!
確かに、彼は見てるだけじゃないですよね…積極的にいじってます。
「戦う気はない」のは彼だけであって、2人の女王を常に戦わせている
戦わせたい、それが見たいと思っている…悪いヤツなのかも。

正直続編には興味なかったのですが、とおりがかりさんの筋書きは
ちょっと面白そうですよ?(笑)
余所のブログでは、続編があったら敵はコリンズだ!って言われてたりしますが
ネイサンがラスボスな方がいいですね…。
次こそはハイパーなバトルアクションを希望!(懲りてない)

(続きます)
14. Posted by イヌシバ(まだ続きます)   2006年09月27日 00:10
>テロ&爆撃
9.11の陰謀説はさすがにナシだと、自分は思ってます。さすがにねぇ…。
終盤にかけての米国攻撃は、なかなか露骨だったなぁって思います。
そういう思想的なことを感想の中で論じることはしませんでしたが
まあ…エンターテイメントの範疇ということで、大人な方々は笑って済ませてくれることでしょう。
核使用はマズイですよ、あんなモロ市内で;

>勝ち組
岡村×真央なとおりがかりさんも、勝ち組だと思いますよ!(笑)
なかなか真央も最終的にどっちに転ぶか分からない立場でしたが、とうとう岡村を選んだようで…
カイ×真央な方々は残念に思っているかもしれません。
年の差も結構あるだろうに…、なんだかスピグラの2人を彷彿とさせます。

(続きます)
15. Posted by イヌシバ(ここまでです)   2006年09月27日 00:12
>アンシェル
アンシェルについては、人間形態以外皆微妙ですよ(酷)
中途半端な翼手形態はもちろん
完全翼手形態の時もビール腹がだるだると見苦しい…;
年長だからしょうがないにしても、締まりがない体だと思ったものです…。
中途半端な状態でやって来たけども、速攻やられてしまったアンシェルでしたが
長兄の意地を見せてくれた感じで、個人的にはちょっと好印象ですよ(笑)
見た目は…アレですがね;

とおりがかりさんには、いろいろとお世話になりましたー。
さほど何も考えず、燃えそうで燃えねぇなぁ…とアニメを見てましたが
いろいろコメントを頂くようになって、考えながらアニメを見るようになりましたから(笑)
最終回後にまともなこと書けるだろうか…と内心ビビっておりましたが
まあなんとかまとまりましたよ(たぶん)。
終盤のBLOOD+の感想を支えて頂いた、そんな気分であります。
ありがとうございました、お疲れ様でしたー!
16. Posted by ちーべー   2006年09月27日 22:03
初めましてTBありがとうございます。
こちらからもTBしようとここ数日チャレンジしていたのですが反映されませんでした

ネイサンが小夜のシュヴァリエ説には驚きです。
σ(o^_^o)としてはネイサンが小夜とディーヴァの母のシュヴァリエだったから小夜の血も効力が無かったかとも思ったんですけど・・・実際はどうなんでしょ?

それでは、また遊びに来てくださいね。
よろしくお願いしまぁ〜す。
17. Posted by イヌシバ   2006年09月28日 00:39
こんばんは、初めましてイヌシバです!
わざわざお越し頂いてありがとうございます。
ライブドアブログは時々不調を起こすんですよね…
ライブドア社員ではないんですが、
お手数お掛けしましてすいませんです。

>ネイサンが小夜のシュヴァリエ説
いえいえ、違いますよ!
小夜とディーヴァの母親も『サヤ』って名前(ジョエルら命名)なんです。
小夜と読みが同じなんでSAYAと区別したつもりなんですが、わかりにくかったようですね;
確かにそういう注釈は今までしてこなかったしなぁ…

本文に付け足しておこうと思います。
誤解を招いたようで申し訳ありませんでした。

ではでは、コメントありがとうございましたー!
18. Posted by とおりがかり   2006年09月28日 09:57
お早う御座います

>ネイサンがラスボスな方がいい
いやね、だって、どうやったってあいつ、胡散臭いんですもん(笑)。

>続編があったら敵はコリンズ
コリンズねぇ……。あまり華のある敵とは言えませんねぇ(笑)。でも、結局最終回でもコリンズの消息は明かされなかったし、それってひょっとして、次回作への伏線だったりして?

>次こそはハイパーなバトルアクションを希望
何気にどぎつい一言ですねぇ(笑)。でもまあ、確かに全体的にまだるっこいと言えばまだるっこいですがね。

>スピグラの2人
はぁはぁはぁ(筑紫哲也風に)。なるほど、そこへ行きますか。わたしは、水天宮さんカッコいいぞ派だったので、雑賀と神楽をうまく思い出せませんでしたよぉ(笑)。

次へ続きます
19. Posted by とおりがかり   2006年09月28日 09:57
>お世話になりました〜お疲れ様でした
いえいえ、こちらこそ。とても勉強(?)になりました。bloodは終わってしまいましたが、とおりがかりはこれからも気まぐれに出没させていただきますので、よろしくお願いします(笑)。

それでは失礼します
20. Posted by イヌシバ   2006年09月29日 02:58
こんにちはー、イヌシバです!

「続編のラスボスはコリンズ」ってのは、自分も華がないなァと思うんです。
しかしサイエンティストな彼ですから、自分の体をいじって
いろいろとド派手に化ける可能性も高いんですよね(笑)
コリンズ説を押してる方々は、化けてくれるのを期待しているんだろうと思います。

>ハイパーアクション
えッ、キツイっすか!?(笑)
だってこの作品の謳い文句は”ハイパーアクション・バトルロードムービー”だったんですよ!?
正直騙された感が非常に残ります。
ハイパーロマンティック・ラブアクションとか、
適当に…どっかにラブとかブチ込んどけよ!って思いますよ…

アクションったって、小夜は基本的に刀持って真っ正面から斬りかかるだけだし
ひどく単調でワクワクしないものでした…

(続きます)
21. Posted by イヌシバ(続きです)   2006年09月29日 02:59
(ジェイムズには刀は利かないって分かっても、それでも斬りかかって弾かれて
やってることがいつも同じなんですよね…。
剣劇描写って難しいなぁと感じたもんです)
続編があるなら、謳い文句通りの凄いモノが見たい、それが人の性(サガ)ってやつなんです!!(笑)

>スピグラ
自分は最近一気に見たんで、主人公ペアがすぐに浮かんだんです。
自分も水天宮カッコいいぞ派ですよ!!
あと、銀座姐さんエロいぞ派と、辻堂もカッコいいぞ派も兼ねてます(笑)


どうぞどうぞ、今後も、いつでもとおりがかってやって下さい。
ここはいつでも、のんびりまったり、有毒にならない程度の駄文をだだ流しにして
いろんな方のお越しをお待ちしている場ですから(笑)
ではではー
コメントありがとうございました!
22. Posted by ニクソン 時計 人気   2013年11月25日 23:50
“To frighten whom?”
ニクソン 時計 人気 http://www.bpsizumi.jp/blog/data/nixon1.php

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
web拍手


最近のイラスト
ロビンだらけになってきた…
『ONE PIECE』より ニコ・ロビン

『ONE PIECE』より ニコ・ロビン

『一騎当千』より 呂蒙子明

シバイヌたん ってどやねん

『ONE PIECE』より ニコ・ロビン

『一騎当千』より 呂蒙子明

『Romeo×Juliet』よりジュリエット
視聴中&視聴終了作品
ONE PIECE
感想 →
ワンピース時代劇スペシャル「麦わらのルフィ親分捕物帖2」(初回限定盤)
Shining Tears × Wind
感想 →
シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド Vol.1 (初回限定版)
シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド Vol.1 (通常版)
一騎当千DragonDestiny
感想 →
一騎当千DragonDestiny 第弐巻
仮面ライダー電王
感想 →
仮面ライダー電王 VOL.2 リュウタロス登場
地獄少女 二籠
感想 →
地獄少女 二籠 箱ノ四
地獄少女 二籠 七
コードギアス反逆のルルーシュ
感想 →
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07
天保異聞 妖奇士
感想 →
天保異聞 妖奇士 四
しばわんこの和のこころ
感想 →
少年陰陽師
感想 →
少年陰陽師 窮奇編 第6巻〈豪華版〉
すもももももも〜地上最強のヨメ〜
感想 →
すもももももも~地上最強のヨメ~ 8
Pumpkin Scissors
感想 →
パンプキン・シザーズ Lady of Scissors編 Vol.3〈初回限定版〉
009-1
感想 →
BLACK LAGOON
感想 →
BLACK LAGOON
The Second Barrage

感想 →
SAMURAI7/サムライ7
感想 →
くじびきアンバランス
感想 →
乙女はお姉さまに恋してる
感想 →
乙女はお姉さまに恋してる IV
N・H・Kにようこそ!
感想 →
N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第10巻
桜蘭高校ホスト部
感想 →
うたわれるもの
感想 →
学園ヘヴン
感想 →
ひぐらしのなく頃に
感想 →
ひぐらしのなく頃に 第9巻〈初回限定版〉
Angel Heart
感想 →
ゼロの使い魔
感想 →
BLOOD+
感想 →
つよきすCool×Sweet
感想 →
涼宮ハルヒの憂鬱
感想 →
西の善き魔女
感想 →
吉永さん家のガーゴイル
感想 →
Fate/stay night
感想 →
灼眼のシャナ
感想 →
劇場版『灼眼のシャナ』-ディレクターズカット-スペシャルコレクション <初回限定生産>
蟲師
感想 →
蟲師 特別編集-蟲往来-初回限定特装版
Paradise kiss
感想 →
ラムネ
感想 →
D.C.S.S.
感想 →
はっぴぃセブン〜ざ・テレビまんが〜
感想 →
鍵姫物語永久アリス輪舞曲
感想 →
LEMON ANGEL PROJECT
感想 →
タクティカルロア
感想 →
地獄少女
感想 →
怪〜ayakashi〜化猫
怪~ayakashi~化猫
感想 →
Archives
Profile
レビューサイト検索
Comments
TrackBacks
amazonランキング
  • ライブドアブログ