2006年12月16日

しばわんこの和のこころ 49話「着物こと始め」50話「着物選びで大切なこと」

01/17発売 なごみBOX 01/17発売 空高し、秋編 01/17発売 初夏の香り編
しばわんこの和のこころ 四季の喜び 日々の愉しみ
童謡を歌おう 今日は佳き日 しばわんこ和の塗り絵
しばわんこ かるた歳時記 2007年 カレンダー (ジグソーパズルなど)
01/17発売 しばわんこの和のこころ なごみBOX01/17発売 しばわんこ 初夏の香り編01/17発売 しばわんこ 空高し、秋編
遅れ気味ですが、マイペースに追いついていきますよ。
年末には、イレギュラーな時間に「しばわんこ」がNHK教育で放送されるようなんで
是非是非、見たこと無い方は、チェックしたって下さい!w

― 着物こと初め ―
今日は、みんなでアンティークの着物屋さんにやって来ました。
「私、浴衣からもう一歩進んでみたいの!」
ゆきちゃんは、さち子さんに意気込み具合を話します。
「そう、楽しみね」
さち子さんも応援します。

「いらっしゃいませ。どういったものが、よろしいですか?」
棚を見て回るゆきちゃんに、店員さんが声を掛けます。
まだゆきちゃんは、どういうものが欲しいか、自分に合うのか、分かりかねている様子。
「あ、えっと…。素敵!」
店員さんの緑の着物を見て、思わず一言。
ゆきちゃん、すっかり目移りしてしまってますね。

同じく店内を見て回っている しばわんこ と みけにゃんこ。
みけにゃんこ は、ネコ柄の着物を見つけたようです。

アンティークの着物屋さんに出かけてみると、
そこには、思いがけない新鮮な出会いがあります。
「着物は難しいなぁ」と思っている人でも大丈夫。
昔の着物達が、あなたを優しく誘います。
こんな風に、着物を始めてみるのも、いいですね。



「えっと………」
大人っぽく落ち着いた感じ、明るく元気な感じ、
背伸びして、お酒が似合う女風に挑戦してみたり…
ゆきちゃんは頭の中で、あれもいいな、これもいいな…
いろんな自分を想像して、とても楽しそうにしています。

奈良時代、日本人の衣服は、唐の文化を受けた中国風のものでした。
平安時代の中頃から、次第に日本風になり、裾袖はゆったりと幅広く、
季節の色を服に配して、楽しむようにもなりました。

日本の気候にあった実用性と、自然の移ろいを尊ぶ心から、
着物は形作られ、現在に受け継がれています。


「着物…着てみたい…!」
「え…」
付いてきただけの しばわんこ、すっかり着物の虜のようです。
思わぬ告白に、みけにゃんこは、少々絶句気味のようですよ?

・・・・・・
しばわんこの和のこころ 49話着物編。
アンティークの着物は、既に着物が完成している状態なんで、
当然ですが、普通に着物を作るよりも、遥かに安いんですよね。

主に、明治・大正時代の若者が着ていたものが、
アンティークの着物屋には揃っているようです。
あくまで普段着なんで、かしこまった感じがせず、
襟元にレースを配したりして、現代風に、
よりお洒落度をアップさせることもでき、
一時期は、そこそこブームだとTVでやってたりしたもんですが…
今でも人気なのかな。

値段も5000円くらいって、どこかで聞いたことあるんで
(もちろんピンキリですが)
着物入門はしやすいと思います。

確かに、浴衣からステップアップしたいなら、
アンティークの着物屋さんはもってこいですねぇ。





― 着物選びで 大切なこと ―
アンティークの着物屋さんにやって来たゆきちゃん。
一生懸命、自分にあった着物を探しています。

「はぁ〜〜〜〜…。
 いろいろあって、わかんない………」
なんだか頭がのぼせてしまっているようです。
同じく、さち子さんも、素敵な着物に囲まれて
夢の国へ意識が飛んでしまった様子。

我に返ったさち子さん。
「あ、そうそう。ゆきちゃん。
 着物はいつ、どこへ着て行きたいの?」
「え?」

・ 礼装 と 普段着 ・
着物には、大きく分けて2つの種類があります。

改まった席で着る服は【礼装】。
主なものには、
ミセスが着る【黒留袖】や、ミスが着る【振袖】があります。
黒留袖には、家紋が染め抜かれ、模様は裾にあります。
振袖は、格調高く、豪華絢爛の模様が特徴です。

普段着の着物には、【小紋】や【紬(つむぎ)】などがあります。
小紋は、小さな模様が型染めされた、お洒落な着物。
紬は、織って模様を作った、素朴な味わいが魅力の着物です。

着物は、場の調和がとても大切。
いつ、どこに着て行くかで、選ぶ着物が変わってきます。
「どれにする?」(しばわんこ)


「うーん…。そうだ!お正月に着る小紋がいいな」
ゆきちゃんの言葉に、店員さんが「お見立てしましょう」と申し出ます。
「じゃあ、あんなのは?こんなのは?」
店員さんより先に、ゆきちゃんの着物をお見立てし出す、しばわんこ。
みけにゃんこは、すっかり退屈なようで、ゆきちゃんの腕の中であくびをするのでした。

・・・・・・
しばわんこの和のこころ 50話着物は母親の職業柄、家にたっぷりあったりします。
今までの人生の中で、それを着たのは数えるほどだ…。
やっぱり着付けくらい、自分でできるようにならないとなぁ。
せっかくあるんだから、タンスの肥やしにすることはない…。
昔は、着物は財産代わりだったようだけど、現代じゃそういう感覚ないからねぇ。
崇めて置いておくのは、勿体ないの…かも。

ササッと着物が着られるような人になれたら、さぞカッコよかろうなぁ。
アンティーク着物、多少興味はあるものの…。
まず自分は浴衣から入らねばなるまいw

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. しばわんこの和のこころ/川浦良枝  [ 仮想本棚&電脳日記 ]   2006年12月20日 21:03
しばわんこの和のこころ/川浦良枝 柴犬と三毛猫が日本の伝統文化や歳時記を紹介しています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
web拍手


最近のイラスト
ロビンだらけになってきた…
『ONE PIECE』より ニコ・ロビン

『ONE PIECE』より ニコ・ロビン

『一騎当千』より 呂蒙子明

シバイヌたん ってどやねん

『ONE PIECE』より ニコ・ロビン

『一騎当千』より 呂蒙子明

『Romeo×Juliet』よりジュリエット
視聴中&視聴終了作品
ONE PIECE
感想 →
ワンピース時代劇スペシャル「麦わらのルフィ親分捕物帖2」(初回限定盤)
Shining Tears × Wind
感想 →
シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド Vol.1 (初回限定版)
シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド Vol.1 (通常版)
一騎当千DragonDestiny
感想 →
一騎当千DragonDestiny 第弐巻
仮面ライダー電王
感想 →
仮面ライダー電王 VOL.2 リュウタロス登場
地獄少女 二籠
感想 →
地獄少女 二籠 箱ノ四
地獄少女 二籠 七
コードギアス反逆のルルーシュ
感想 →
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07
天保異聞 妖奇士
感想 →
天保異聞 妖奇士 四
しばわんこの和のこころ
感想 →
少年陰陽師
感想 →
少年陰陽師 窮奇編 第6巻〈豪華版〉
すもももももも〜地上最強のヨメ〜
感想 →
すもももももも~地上最強のヨメ~ 8
Pumpkin Scissors
感想 →
パンプキン・シザーズ Lady of Scissors編 Vol.3〈初回限定版〉
009-1
感想 →
BLACK LAGOON
感想 →
BLACK LAGOON
The Second Barrage

感想 →
SAMURAI7/サムライ7
感想 →
くじびきアンバランス
感想 →
乙女はお姉さまに恋してる
感想 →
乙女はお姉さまに恋してる IV
N・H・Kにようこそ!
感想 →
N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第10巻
桜蘭高校ホスト部
感想 →
うたわれるもの
感想 →
学園ヘヴン
感想 →
ひぐらしのなく頃に
感想 →
ひぐらしのなく頃に 第9巻〈初回限定版〉
Angel Heart
感想 →
ゼロの使い魔
感想 →
BLOOD+
感想 →
つよきすCool×Sweet
感想 →
涼宮ハルヒの憂鬱
感想 →
西の善き魔女
感想 →
吉永さん家のガーゴイル
感想 →
Fate/stay night
感想 →
灼眼のシャナ
感想 →
劇場版『灼眼のシャナ』-ディレクターズカット-スペシャルコレクション <初回限定生産>
蟲師
感想 →
蟲師 特別編集-蟲往来-初回限定特装版
Paradise kiss
感想 →
ラムネ
感想 →
D.C.S.S.
感想 →
はっぴぃセブン〜ざ・テレビまんが〜
感想 →
鍵姫物語永久アリス輪舞曲
感想 →
LEMON ANGEL PROJECT
感想 →
タクティカルロア
感想 →
地獄少女
感想 →
怪〜ayakashi〜化猫
怪~ayakashi~化猫
感想 →
Archives
Profile

犬柴慈二

レビューサイト検索
Comments
TrackBacks
amazonランキング
  • ライブドアブログ