テレビ

2006年03月19日

南極物語見た

fe97586d.jpg日本版のです。ハリウッド版じゃありません。
フジテレビでやってたので見たんだけど
こんな悲惨な話だとは思わなかった。

えー、こんなきっつい話だったのか!
置き去りにされた犬2頭がそのままがんばって
人間が迎えに来るのを待つものだとばっかり。
なんだよこれ、おいおいおいおい。・゚・(ノД`)・゚・。

しかし、涙がぐーっと来てたのに明るいCMがしょっちゅう入るから
盛り上がった感情が直滑降でズドーンで
涙が出そうで出ない、ものすごいスッキリしない感じが
常に付きまとったのがイカン。

でも最後は泣いたけどな!
あー、もう1匹犬飼うことがあったらリキってつけよう。
ああいうカッコいい強い犬がいい。(気が早い)
あとは、
風連のクマは南極のどこかで絶対生きている。


ハリウッド版は明るい感じで日本版のような悲壮感はないっぽいですね。
ハリウッド版だとわんこわんこって言って楽しめるかも…
とてもじゃないが日本版はわんこわんこ言ってられない。
でも健さんよかった。渋かった。

実家のわんこにもふもふしたいなぁ。
今すぐもふもふしてやりたい。もふもふ、もふもふ。

2006年01月04日

1月3日は見たい番組がバッティングしまくりだった

しまくりでした。


とりあえず、ライスボウルの話を少し。
社会人王者・オービックVS大学王者・法政だったんだけども
法政が終始押されたまま終わった。

大学生が社会人を圧倒してた時代もあったそうだが、今年はもう…アレでしたな。
後半開始直後は流れが法政に向きかけてたけど…向きかけてただけで終わった。
ジャパンXボウルが面白かっただけに、ちょっと物足りなかったな。
後半あのまま法政がガーッといってれば、見てるこっちももっと燃えたと思う。

だがオービックのダイブや、長距離ランプレイは燃えた。
MVP取ったんだっけ?背番号20の人のアイシールド21っぷりはすごかった。
あんだけ走り抜けれるもんなんだな…。

どうでもいいけども○○ボウルの○○に入るのは、
開催地の名産品だということを初めて知った。
日本の頂上決戦ではお米を名前に入れたわけか。

キムチボウルなんてのもあるらしい。
続きを読む

2006年01月01日

NHK紅白歌合戦

fc1222aa.jpgあけましておめでとうございます。イヌシバです。
イラストはないですが、柴犬の写真でごあいさつ。
今年もきっとずっとヲタだと思います。
よろしくお願いいたします。


さて、2006年平成18年一発目。
NHK紅白歌合戦の感想をざざーっと書きたいと思います。

司会の山本耕史副長目当てです。ええもう。
新選組!ヲタですからね、副長のがんばりを見届けたい。
そんな気持ちで紅白を録画しまして、今全部見終えました。生で見てなくてすいません。
初紅白白組司会、副長、お疲れ様っしたぁっ!

今回いろいろ面白かったですよ。ライブ感がものすごくあってw
スタッフはハラハラだったろうな…。
続きを読む

2005年12月31日

がんばれ副長!!

今年最後の記事になります。

紅白を実は録画してて、後で山本耕史のがんばりっぷりを見ようと思ってたんだけど
待ちきれずにちょっとだけ、ちょっとだけ紅白見てみたら…
ちょ、これw物凄い固いんじゃないすか、ヤマコー!
がんばれ、がんばれヤマコー!

舞台人だから生本番には慣れてそうだけど…
紅白は重かったのか…

がんばれ、がんばれヤマコー!

そして来年もがんばれ自分。
みんなもがんばれ。
日本がんばれ。

あー、年越しうどんウマー。

2005年12月23日

ジャンプフェスタのアイシールド21ステージとジャパンXボウル

先に言っておきますが、アメフトに詳しくはありません。激しく素人です。

まず、ジャンプフェスタ。
自分は行ってませんがレポートをいろんなとこで読みました。
続きを読む

2005年12月03日

女子フィギュアスケートNHK杯

女子フィギュアスケートNHK杯(女子フリー)を見た。
1位 中野友加里
2位 村主章枝
3位 エレーナ・リアシェンコ


女子フィギュアといえば、麻田真央、安藤美姫、荒川静香とか…知ってたけど
中野選手は全く知らなかった。
実況アナウンサーが、中野選手のことをシンデレラ・ガールと言っていた。
いきなりぐんと出てきて、オリンピック出場枠争いに加わったことにより
3枠しかない出場枠に誰が収まるのか、ますます分からない結果に。
続きを読む

2005年12月01日

2005ユーキャン新語・流行語 大賞

この1年の話題となり世相を反映した言葉に贈られる
「2005ユーキャン新語・流行語 大賞」(「現代用語の基礎知識」選)の年間大賞に、
「小泉劇場」と「想定内(外)」が選ばれたらしい。


小泉劇場 
 マスコミ発だよな。武部さんが表彰に出席したもよう。
 歴史的自民党勝利は小泉さんがなし得た偉業?なわけで。選ばれるにふさわしいかな、と。

想定内(外) 
 あっちこっちで聞いたもんなぁ。だんだんギャグみたいな使われ方されて
 世間に広まってった感じ。三木谷さんより堀江さんがこういうとこでは上だよなぁ。
続きを読む

2005年11月27日

SmaSTATION-5 11・26 月イチゴロー イナガキベスト5

自分の意見じゃないです。
稲垣さんの発言をまとめただけです。
この方のズバズバ言うとこが面白くて、大好きなコーナー。
以下、順位です。
続きを読む

SmaSTATION-5 11・26 三島由紀夫特集

土曜の夜にいろんなものが重なりすぎている…

スマステーション5、今週のゲスト・中井貴一
中国映画をプロデュースするらしい。中国語はこれからだという。
…すごいよなぁ。外国で何かしようとすると言葉の壁が付きまとうもの。
それを乗り越えてでも何かやりたいって言えるパワーは
素晴らしいと思うと同時に羨ましい。

世界のニュースではやぶさ&イトカワ取り上げてくれよ!


今週の特集・三島由紀夫
昭和45年11月25日、作家・三島由紀夫、割腹自殺。
総監を人質にして、自衛隊員の前で演説することを要求するという事件を起こす。
続きを読む

2005年11月26日

金スマ 金曜日のスマたちへ でオタク特集

5ce6410a.jpgワンピのニコ・ロビンが描けました。


TBSでやってたので簡単に感想を。
秋葉原は遠いから行ったことないんだが、
最近特集されまくってるせいで、
なんか見慣れた気分になってしまってる。
…大阪の秋葉原である日本橋には何度か行ったが、最近行ってないなぁ。
あそこ行くともれなくお金使っちゃうので、
出来るだけ行かないようにしてるだけなんだがw

オタクファッションの男を秋葉原ボーイ→「A-boy」と言うらしい。
随分カッコいいな、おいw
続きを読む

2005年11月25日

昼ドラ「デザイナー」最終回

原作は一条ゆかり。近所のコンビニで文庫売ってた。
結構原作に忠実な作りだったらしい。最終回も大幅な変更はなし。(一箇所除く)

…簡単にあらすじ言っておくべきか。
登録カテゴリは漫画アニメなのに、昼ドラの話するこんな自分ですいません。

*********************ここからあらすじ

主人公の名は亜美。
そして彼女の母親の麗華。
彼女はデザイナー界のトップでいつづけるために子供も夫も捨てた女である。
(亜美が自分の子だとは知らない)
基本的に亜美VS麗華のデザイナーのトップの座をめぐる女の戦いが、主軸として存在している。
続きを読む

はやぶさ&イトカワとTBS昼ドラ・デザイナー

172d00ec.jpgはやぶさ&イトカワ上陸話はニュース番組での扱いがよくない。
そりゃ、「上陸しただけ」なのかもしれないけど、
上陸失敗と報じられたときは
そこそこニュース番組でも取り上げられてたのに、
成功の方はほとんど…。
日本が頑張ってる!っていういいニュースなのになぁ…。


そして、今TBSの昼ドラが熱い(個人的に)
本日デザイナー(原作:一条ゆかり(集英社文庫・コミック版))が最終回を迎える。
今まで昼ドラは見たことなかったんだが、たまたま初期の段階で見る機会があって
徐々にハマっていった。(以下ネタバレ含んでます)続きを読む

2005年11月21日

フジテレビのスタ・メンと中国のヲタ

スルーしようかとも思ったけど、個人的に中国のヲタ(後半で書きます)に
びっくりしたので記録しておこう。
ついでにスタ・メンもせっかくなので感想を。

日曜の夜に放送されてる情報バラエティ番組「スタ・メン」にて
"BL系乙女"について特集された。

美少年漫画に萌える"乙女ロード"の女性たち=BL(BOYS LOVE)系乙女
・ボーイズラブ系の漫画を愛する(非常にハードな同性愛が描かれるという説明が)
・池袋の乙女ロードに通う(乙女の秋葉原・池袋)
・大きなキャリーバッグを持ち歩く(男はリュック、女はキャリーバッグ)
という定義付けがなされていた。
続きを読む

web拍手


最近のイラスト
ロビンだらけになってきた…
『ONE PIECE』より ニコ・ロビン

『ONE PIECE』より ニコ・ロビン

『一騎当千』より 呂蒙子明

シバイヌたん ってどやねん

『ONE PIECE』より ニコ・ロビン

『一騎当千』より 呂蒙子明

『Romeo×Juliet』よりジュリエット
視聴中&視聴終了作品
ONE PIECE
感想 →
ワンピース時代劇スペシャル「麦わらのルフィ親分捕物帖2」(初回限定盤)
Shining Tears × Wind
感想 →
シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド Vol.1 (初回限定版)
シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド Vol.1 (通常版)
一騎当千DragonDestiny
感想 →
一騎当千DragonDestiny 第弐巻
仮面ライダー電王
感想 →
仮面ライダー電王 VOL.2 リュウタロス登場
地獄少女 二籠
感想 →
地獄少女 二籠 箱ノ四
地獄少女 二籠 七
コードギアス反逆のルルーシュ
感想 →
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07
天保異聞 妖奇士
感想 →
天保異聞 妖奇士 四
しばわんこの和のこころ
感想 →
少年陰陽師
感想 →
少年陰陽師 窮奇編 第6巻〈豪華版〉
すもももももも〜地上最強のヨメ〜
感想 →
すもももももも~地上最強のヨメ~ 8
Pumpkin Scissors
感想 →
パンプキン・シザーズ Lady of Scissors編 Vol.3〈初回限定版〉
009-1
感想 →
BLACK LAGOON
感想 →
BLACK LAGOON
The Second Barrage

感想 →
SAMURAI7/サムライ7
感想 →
くじびきアンバランス
感想 →
乙女はお姉さまに恋してる
感想 →
乙女はお姉さまに恋してる IV
N・H・Kにようこそ!
感想 →
N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第10巻
桜蘭高校ホスト部
感想 →
うたわれるもの
感想 →
学園ヘヴン
感想 →
ひぐらしのなく頃に
感想 →
ひぐらしのなく頃に 第9巻〈初回限定版〉
Angel Heart
感想 →
ゼロの使い魔
感想 →
BLOOD+
感想 →
つよきすCool×Sweet
感想 →
涼宮ハルヒの憂鬱
感想 →
西の善き魔女
感想 →
吉永さん家のガーゴイル
感想 →
Fate/stay night
感想 →
灼眼のシャナ
感想 →
劇場版『灼眼のシャナ』-ディレクターズカット-スペシャルコレクション <初回限定生産>
蟲師
感想 →
蟲師 特別編集-蟲往来-初回限定特装版
Paradise kiss
感想 →
ラムネ
感想 →
D.C.S.S.
感想 →
はっぴぃセブン〜ざ・テレビまんが〜
感想 →
鍵姫物語永久アリス輪舞曲
感想 →
LEMON ANGEL PROJECT
感想 →
タクティカルロア
感想 →
地獄少女
感想 →
怪〜ayakashi〜化猫
怪~ayakashi~化猫
感想 →
Archives
Profile

犬柴慈二

レビューサイト検索
Comments
TrackBacks
amazonランキング
  • ライブドアブログ