オイラの生き様ブログ

特定疾患のSLE(全身性エリテマトーデス)とAPS(抗リン脂質抗体症候群)を発症した男のブログ。
オイラの生き様を日々。

受診日

受診日でした。

一回書くの飛ばしてしまいました…。

≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】6.5→6.1L
アルブミン【3.7-5.5】4.2→3.7
総コレステロール【150-219】158→162
中性脂肪【50-149】73→126
腎臓くん
尿酸【0-7】6.3→6.3
尿素窒素【8-20】15.1→12.9
クレアチニン【0.65-1.09】0.99→0.98

≪補体くん≫
C3【80-140】82→95
C4【11-34】9.4L→14.5
CH50【25.0-48.0】24.5L→30.0

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】63.0H→39.9H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】1.74→2.65

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)
蛋白定数【(-)-(+)】(-)→(2+)H


ステロイドのお蔭で数値安定しました。
ワーファリンは少し効きすぎのため、半錠減らし。

ステロイドも1.5錠に変更です。

《 薬 》

・ニューロタン錠25mg 1錠
・タケプロン錠15mg 1錠
・プレドニゾロン5mg 1.5錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 4.5錠
・フェブリク錠10mg 1錠

今回も生かせて頂いて感謝です。

受診日

受診日でした。

風邪ひいて体調悪かったからなぁ…。
そんな感じで結果を聞きに行くと、先生も、なんか変化はありませんか?と。
いつもと違うパターンのやつなんで、これは数値になんか出てるなぁと察知しました。

≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】7.0→6.4L
アルブミン【3.7-5.5】4.4→4.0
総コレステロール【150-219】155→142L
中性脂肪【50-149】143→108
腎臓くん
尿酸【0-7】7.1H→6.2
尿素窒素【8-20】15.7→13.1
クレアチニン【0.65-1.09】0.97→1.03

≪補体くん≫
C3【80-140】82→72L
C4【11-34】9.5L→7.0L
CH50【25.0-48.0】30.0→17.5L

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】91.6H→109H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】1.90→1.50

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)

≪白血球≫
3640→2780L

腎臓の数値に異常はないが、血栓の数値がさらに上昇、補体値すべて減少…。

怖いということで、ステロイド再び…。

復活すればいいのですが。
とりあえず一カ月様子見です。

《 薬 》

・ニューロタン錠25mg 1錠
・タケプロン錠15mg 1錠
・プレドニゾロン5mg 2錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 5錠
・フェブリク錠10mg 1錠

今回も生かせて頂いて感謝です。

受診日

受診日でした。

ステロイド0、ブレディニン0の実験結果です。
尿はええ感じだったように思いましたが?

≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】6.4L→7.0
アルブミン【3.7-5.5】4.1→4.4
総コレステロール【150-219】138L→155
中性脂肪【50-149】92→143
腎臓くん
尿酸【0-7】6.0→7.1H
尿素窒素【8-20】13.7→15.7
クレアチニン【0.65-1.09】1.09→0.97

≪補体くん≫
C3【80-140】69L→82
C4【11-34】9.5L→9.5L
CH50【25.0-48.0】25.7→30.0

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】67.0H→91.6H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】1.80→1.90

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)

血栓が出来やすくなる数字が上がってるのですが、直接的にSLEと直結してるようには思わないたのことで様子見。
ステロイド、ブレディニン(ミゾリビン)を止めてるので、胃薬と血圧の薬も止めてみようということで、実験開始です。

《 薬 》

・ニューロタン錠25mg 1錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 4.5錠
・フェブリク錠20mg 0.5錠

今回も生かせて頂いて感謝です。

受診日

受診日でした。

ステロイド0、ブレディニン0の実験結果です。
結構現場でボロボロになってましたので…。

≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】6.3L→6.4L
アルブミン【3.7-5.5】4.0→4.1
総コレステロール【150-219】126L→138L
中性脂肪【50-149】92→92
腎臓くん
尿酸【0-7】6.5→6.0
尿素窒素【8-20】15.6→13.7
クレアチニン【0.65-1.09】1.02→1.09

≪補体くん≫
C3【80-140】71L→69L
C4【11-34】9.0L→9.5L
CH50【25.0-48.0】18.5L→25.7

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】59.0H→67.0H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】1.61→1.80

D-ダイマー【0.0-1.0】0.4→0.3

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)
蛋白定性【(-)-(±)】(±)→(2+)H


血栓が出来やすくなる数字が上がりつつあるので、様子見。
白血球も少し減少してるので、注意とのことですが、薬はそのままです。

《 薬 》

・タケプロンOD錠15mg  1錠
・エースコール錠2mg 1錠
・ニューロタン錠25mg 1錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 4.5錠
・フェブリク錠20mg 0.5錠

今回も生かせて頂いて感謝です。

受診日

受診日でした。

ステロイド0の実験結果です。
3週間も風邪ひいてましたからね…。

≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】6.5→6.3L
アルブミン【3.7-5.5】3.9→34.0
総コレステロール【150-219】148L→126L
中性脂肪【50-149】91→92
腎臓くん
尿酸【0-7】6.4→6.5
尿素窒素【8-20】12.4→15.6
クレアチニン【0.65-1.09】0.95→1.02

≪補体くん≫
C3【80-140】71L→71L
C4【11-34】11.8→9.0L
CH50【25.0-48.0】25.1→18.5L

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】57.3H→59.0H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】1.76→1.61

D-ダイマー【0.0-1.0】項目なし

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)
蛋白定性【(-)-(±)】(1+)H→(±)


なんと、初の免疫抑制剤の中止です!
ブレディニン、さよなら〜!

《 薬 》

・タケプロンOD錠15mg  1錠
・エースコール錠2mg 1錠
・ニューロタン錠25mg 1錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 4.5錠
・フェブリク錠20mg 0.5錠

今回も生かせて頂いて感謝です。

受診日

受診日でした。

さらにステロイドを減らしての実験結果です。
しかも現場に行きまくった状態の実験です。

≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】6.5→6.5
アルブミン【3.7-5.5】4.1→3.9
総コレステロール【150-219】157→148L
中性脂肪【50-149】70→91
腎臓くん
尿酸【0-7】6.6→6.4
尿素窒素【8-20】16.7→12.4
クレアチニン【0.65-1.09】0.97→0.95

≪補体くん≫
C3【80-140】75L→71L
C4【11-34】12.0→11.8
CH50【25.0-48.0】24.8L→25.1

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】47.7H→57.3H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】1.45→1.76

D-ダイマー【0.0-1.0】項目なし

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)
蛋白定性【(-)-(±)】(2+)H→(1+)H


なんと、ステロイド0に再挑戦です!
カロリー0みたいで聞こえがエエもんです。

《 薬 》

・タケプロンOD錠15mg  1錠
・エースコール錠2mg 1錠
・ブレディニン錠50mg 3錠
・ニューロタン錠25mg 1錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 4.5錠
・フェブリク錠20mg 0.5錠

今回も生かせて頂いて感謝です。

受診日

受診日でした。

徐々にステロイドを減らしての実験結果です。
疲れピークの時の採血結果はいかに?

≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】6.4L⇒6.5
アルブミン【3.7-5.5】4.1⇒4.1
総コレステロール【150-219】項目なし
中性脂肪【50-149】項目なし
腎臓くん
尿酸【0-7】6.4⇒6.6
尿素窒素【8-20】15.3⇒16.7
クレアチニン【0.65-1.09】0.95⇒0.97

≪補体くん≫
C3【80-140】74L⇒75L
C4【11-34】12.2⇒12.0
CH50【25.0-48.0】26.6⇒24.8L

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】59.3H⇒47.7H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】2.10⇒1.45

D-ダイマー【0.0-1.0】0.4⇒0.5

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)
蛋白定性【(-)-(±)】(1+)H→(2+)H
蛋白定量(尿)【0-25】項目なし


さらに0.5mgのステロイド減量、ワーファリン再調整のため、0.5錠増量になりました。


《 薬 》

・タケプロンOD錠15mg  1錠
・エースコール錠2mg 1錠
・ブレディニン錠50mg 3錠
・ニューロタン錠25mg 1錠
・プレドニゾロン錠1mg 1錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 4.5錠
・フェブリク錠20mg 0.5錠

今回も生かせて頂いて感謝です。

受診日

受診日でした。

ステロイドを減らしての実験結果です。

≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】6.4L⇒6.4L
アルブミン【3.7-5.5】4.1⇒4.1
総コレステロール【150-219】147⇒項目なし
中性脂肪【50-149】86⇒項目なし
腎臓くん
尿酸【0-7】6.4⇒6.4
尿素窒素【8-20】13.9⇒15.3
クレアチニン【0.65-1.09】0.96⇒0.95

≪補体くん≫
C3【80-140】73L⇒74L
C4【11-34】11.0⇒12.2
CH50【25.0-48.0】25.7⇒26.6

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】48.3H⇒59.3H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】1.63⇒2.10

D-ダイマー【0.0-1.0】0.4⇒0.4

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)
蛋白定性【(-)-(±)】(±)→(1+)H
蛋白定量(尿)【0-25】項目なし


さらに0.5mgのステロイド減量、ワーファリン効きすぎのため、0.5錠減らしになりました。
納豆食べてないけどなぁ〜。


《 薬 》

・タケプロンOD錠15mg  1錠
・エースコール錠2mg 1錠
・ブレディニン錠50mg 3錠
・ニューロタン錠25mg 1錠
・プレドニゾロン錠1mg 1.5錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 4錠
・フェブリク錠20mg 0.5錠

今回も生かせて頂いて感謝です。

受診日

受診日でした。

先生がまたもや代わってお初。
今回の結果予想は非常にマズイと思ってましたが、良くなってました(笑)

≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】6.3L⇒6.4L
アルブミン【3.7-5.5】4.2⇒4.1
総コレステロール【150-219】162⇒147
中性脂肪【50-149】122⇒86
腎臓くん
尿酸【0-7】6.4⇒6.4
尿素窒素【8-20】15.6⇒13.9
クレアチニン【0.65-1.09】0.99⇒0.96

≪補体くん≫
C3【80-140】68L⇒73L
C4【11-34】9.2L⇒11.0
CH50【25.0-48.0】25.7⇒表示なし

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】54.0H⇒48.3H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】1.62⇒1.63

D-ダイマー【0.0-1.0】0.4⇒0.4

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)
蛋白定性【(-)-(±)】(1+)H→(±)
蛋白定量(尿)【0-25】28→表示なし


安定してるので、ステロイド減らしていきます?と問われたので、また挑戦し、調整していくことになりました。1mgを2錠飲むことになりました。

検査結果の表が二枚になり、表記がなくなってるのとかあり、ややこしいです。

《 薬 》

・タケプロンOD錠15mg  1錠
・エースコール錠2mg 1錠
・ブレディニン錠50mg 3錠
・ニューロタン錠25mg 1錠
・プレドニゾロン錠1mg 2錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 4.5錠
・フェブリク錠20mg 0.5錠

今回も生かせて頂いて感謝です。

受診日

受診日でした。

先生が代わり、三回目。
今日知ったことは、先生は半年間の代打だったってこと。
また次から先生が代わるらしいです。
ま、ようやく正式に決まったってのが正しいんでしょうけど。

レントゲンは、2013年に撮ったものと比べて、若干心臓が大きくなってる!
考えられるのは、肥えて脂肪がついたこと。。。


≪検査値≫
総蛋白【6.5-8.2】6.6⇒6.3L
アルブミン【3.7-5.5】4.1⇒4.2
総コレステロール【150-219】200⇒162
中性脂肪【50-149】137⇒122
腎臓くん
尿酸【0-7】6.4⇒6.4
尿素窒素【8-20】11.5⇒15.6
クレアチニン【0.65-1.09】0.84⇒0.99

≪補体くん≫
C3【80-140】88⇒68L
C4【11-34】12.1⇒9.2L
CH50【25.0-48.0】28.8⇒25.7

抗リン脂質抗体症候群
抗CLB2GP1抗体【0-3.5】53.2H⇒54.0H
ワーファリン
INR【2に近い方が理想】1.98⇒1.62

D-ダイマー【0.0-1.0】0.4⇒0.4

≪尿の検査値≫
潜血反応【(-)】(-)→(-)
蛋白定性【(-)-(±)】(-)→(1+)H
蛋白定量(尿)【0-25】13→28


補体値ダウン!
活動性は見られないが、注意してモニタリングっていう状況です。

帯状疱疹が出たらヤバいよって。
一つの目安らしいです。


《 薬 》

・タケプロンOD錠15mg  1錠
・エースコール錠2mg 1錠
・ブレディニン錠50mg 3錠
・ニューロタン錠25mg 1錠
・プレドニゾロン錠5mg 0.5錠

朝夕
・ペルサンチン-Lカプセル150mg 1錠


・ワーファリン錠1mg 4.5錠
・フェブリク錠20mg 0.5錠

薬は変わらず。
今回も生かせて頂いて感謝です。
プロフィール
ガネーシャ1

著者 雲水(うんすい)

1978年生まれ。男性。
大阪生まれ/大阪育ち。
特定疾患のSLEと格闘中。

プロフィール
はじめに※必読願います。


hanko
雲水のやりたい放題
ホームページ


減塩レシピ公開中。
ef385d62.jpg
雲水の減塩レシピ集
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内で検索
雲水覚書
コメント
月別アーカイブ
要チェック
banner5_14_2004_2









↓参加中です↓
ポチっと( ̄∠  ̄ )ノ
して頂くと嬉しいです(笑)



にほんブログ村
オイラの生き様ブログ 難病(特定疾患)へ

にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ

オイラの生き様ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ


オイラの生き様ブログランキング





31V4GVMPFtL__SL500_AA300_

ステロイド服薬で、脂性になった方に雲水お勧めのシャンプーです。
コタセラシャンプー



大阪・阪急三国
音楽好きのCafe&Bar
大阪・三国のオシャレカフェ&ダイニングはRockAway cafe will be


・揚重・荷揚げ
・重量物用台車販売
・皮革製品製造販売
・ペット用品製造販売
株式会社エビス


大阪・神戸(兵庫)・奈良・京都・滋賀・和歌山の揚重(荷揚げ・手元合番作業)請負
株式会社エビス揚重事業部
http://www.ebisu-e.jp/yoju/

大阪 奈良 神戸 兵庫 滋賀 京都 和歌山の荷揚げ・揚重・手元合番作業請負は株式会社エビスへ



480kg〜1,400kgまで対応の
建築現場用木製平台車
単管パイプ組立台車販売
エビスネットPROショップ


折りたたみハンドル台車
カゴ台車・樹脂製・スチール台車
ハンドパレット
テーブルリフト等の
物流機器の販売
台車屋さん


雲水 長楽無極CD見開き
雲水がお届けする
愛に溢れた10曲入り
フルアルバム
発売中!
¥1,000(税込)

長楽無極
1.雨のち晴れ
2.道
3.夢の花
4.年輪
5.笑って暮らせりゃ
 尚のこと良い
6.歩め
7.明日もがんばろう
8.のったりと
9.涙ぽろり・・・
10.今日も一日あんがとさん

CDジャケット
スペシャルパッケージ仕様です。

event space雲州堂さんで
ご購入頂けるように
なりました。


ついにダウンロードでの
購入も開始!!
1曲¥100で〜。
ミュージックバザール


mixi
mixi




↓葬儀の事なら↓
八光殿グループ




livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
天気予報
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ