よしよーし!第14話、いきまっせぇぇ!

◆50Centについて、まず知りたい人はクリック◆



◆第14話「いつまで続くの、マキの長電話」◆

すでに会社に大遅刻のヒロシだが、運悪くも、マキの電話につかまってしまった・・・・

マキの話は、いつまで続くのか・・・・



マキ
「でねでねぇ、さっきのビッグ・パニッシャーの話の時に、
 出てきたグラミー賞ってねぇ・・・」

◆グラミー賞について詳しく知りたい人はクリック◆

マキ
「なんかぁ、1958年に音楽業界において優れた作品を創り上げたぁ、
 そうねぇ、クリエイターっていうのかなぁ。
 その人たちを表彰してあげて、それとともに、
 音楽業界全体を盛り上げていこー!ってな感じで作られた賞らしいんだけどぉ、
 ま、簡単に言ったら、日本でいうところのレコタイよ♪レコード大賞♪」

ヒロシ
「へぇぇ・・・(気の無い返事。はっきり言ってほとんど上の空」

マキ
「(ヒロシが遅刻して困ってることなど知らず、本当にお構い無しに)
 でねでねでね☆
 この前のグラミー賞の表彰ではね、私、アッシャーを応援してたんだけどぉ、
 なんか、レイ・チャールズっていう、おっちゃんに負けちゃったんよね〜
 もう、ホント、くやしかったんだからぁぁぁ。。。」


Genius Loves Company

ヒロシ
「レイ・チャールズ・・・おっちゃん・・・・」

ヒロシ
「わぁぁおぉ!!やったやったぁ、鬼支店長マツザワの攻略法がみつかったぞぉ!」
※鬼支店長マツザワを知らない人は第1話から見てね☆

ヒロシ
「よっしゃぁぁぁ、マキちゃん、ありがとぉぉ。ねぇねぇ、レイ・チャールズについて教えてよぉ、マキちゃぁぁん☆」

マキ
「はぁぁ??ヒロシくん、なに興奮してんのぉ??
 あたし、あんまり知らないわよぉ、だっておっちゃんだし、
 っつーか、亡くなったみたいで、映画とかになってるくらいしか
 知らないしぃぃ・・・」

◆レイ・チャールズについて詳しく知りたい人はクリック◆

ヒロシ
「映画ぁ、よっしゃよっしゃ、『してんちょぉぉ、ところでレイ・チャールズの映画見ました?』ってな感じで話題を変えてやるぞ!あのオッサン、なんかスティービー・ワンダーとか、古臭いのが好きだから、絶対、遅刻のこと忘れて、熱く話し出すに違いない。うん。まぁちがいなぁい!!」

マキ
「ねぇ、ヒロシくん。なにひとりで言ってんの?じゃ、もう私、電話切るよ。」

ヒロシ
「うんうん。わかった。ありがとね。マキちゃん。」

マキ
「なんだかわかんないけど、アシャンティのチケット、今度もらいに行くから、宜しくね。」

ヒロシ
「(げっ!そうだった、俺、チケット取ったってウソついちゃったんだよなぁ・・ど・どうしよ・・・・)」

一難去って、また一難のヒロシであった・・・



(続く)


○ただいまエイメリー大プッシュ☆☆→Untitled
○いとしのエリーな人はコチラをクリック→人気ブログランキング
○第15話も見たいから「お気に入りに追加」したい人は →




PR 洋楽歌詞ミュージックビデオファンサイト
PR頭文字 D 映画 DVD 安い