社長から、突然、大阪転勤を言い渡されたヒロシ・・・・

愛しのマキと離れ離れになると思うと辛い気持ちのヒロシだが、
そこは悲しいかな、サラリーマンの定め。
なにがあろうと大阪に行かねばならないのである。
(といっても、マキへの気持ちは、ヒロシの片思いであるが・・・)

そんな想いを胸に秘め、ゴールデンウイークに、頼まれていたアシャンティのライブチケットを渡すという口実で、マキに会うのだが、マキの友人も一緒だった為、とうとう大阪行きも伝えられなかったヒロシ。

そして、とうとう大阪行きの日がやってきたのであった。

◆50Centについて、まず知りたい人はクリック◆


◆第21話「近鉄電車」◆

※※※※※※※ヒロシの会社の福岡支店にて※※※※※※

支店長マツザワ
「おぉ、ヒロシ、いよいよ今日だな。新幹線は何時だ?」

ヒロシ
「はい。支店長。11時の「ひかりレールスター」で行きます。」

支店長マツザワ
「そうか、博多からだと、だいたい3時間はかかるからな。
 そうだ。お前、新幹線の中で、これ聞いていけ。
 俺は、マニアだから、このCD、同じやつを5枚持ってるからよぉ。」

B0009IE75CSo What the Fuss
Stevie Wonder

Motown 2005-05-16
Sales Rank : 2,267

See details at Amazon
by G-Tools


ヒロシ
「なんすか?このCD?」

支店長マツザワ
「ばっかやろう!俺が愛して愛して愛しすぎてる、スティービー・ワンダーのニューシングルの♪ソー・ホワット・ザ・ファスだよ!お前、本当にブラックミュージックを極める気があるのかぁ!おぉぉ!!」

ヒロシ
「ひ・ひぇぇ、す・すみませぇん、失礼しやしたぁ。。。」

支店長マツザワ
「この曲なぁ、なんかなぁ、今風でいいぞ。まぢで。なんかなぁ、俺くらいの世代になると、よくわかんねぇんだけど、『ポテトチップ』とかいうラッパーがなぁ、リミックスでは、ラップやってたりしてな、とにかく今風なんだよ。」

営業一課長タキザワ(年齢34)
「支店長、『ポテトチップ』じゃなくて、『Q-ティップ』ですよ。僕らの世代 のヒップホップ好きなら、『ア・トライブ・コールド・クエスト』の『Q-ティップ』といえば、けっこう有名だし、ファンも多いんですよ。僕は♪CHECK THE RHYMEって曲が好きなんですけどね☆」

支店長マツザワ
「そっかそっか(汗)ポテトチップじゃないのか。。。まぁ、なんでもいいじゃないか。しかし、タキザワくんは、ヒップホップが本当に好きだよなぁ。しかし、嫁さんの格好はなんとかならんのかね。子供3人産んで、年も30後半
で、へそ出しは、どうなんだ?」

タキザワ
「まぁ、私もいろいろ思うところあるんすけど、なにせ年上女房ってこともあって・・・・って、うちの女房のことはいいじゃないですか。。。そんなことより、ヒロシ、頑張ってこいよ!」

ヒロシ
「は・はい。頑張ってきます!」

タキザワ
「あ、それと、大阪行ったらさぁ、さっそくインターネットでな、そのスティービーの新曲のプロモーションビデオを見てみな。アン・ヴォーグっていう、これも俺たち世代のブラック好きなら誰でも知ってる女性コーラスグループがスティービーと一緒に写ってるからな。ブラックを勉強したいんだったら要チェックだぞ。」

ヒロシ
「あ・ありがとうございます!向こうについたら是非チェックしてみます!」

>>一足先に、♪ソー・ホワット・ザ・ファスのPVをチェックする。
>>ついでに、アン・ヴォーグもチェックする。(♪Whateverがオススメ)


支店長マツザワ
「おいおい。ヒロシ、時間は大丈夫か?そろそろ会社出ないと遅れるぞ!」

ヒロシ
「は・はい!!では、頑張って行って来ます!!」



そう言って、ヒロシは、新幹線に乗り、大阪に旅立った。。。。


そして、ヒロシは無事に新大阪に着き、行き着くヒマもなく、さっそくクレーム処理という、なんともいえない仕事を、大阪赴任早々、させられるはめになり、今、新大阪から、クレーム先のお客さんがいる「布施」というところに向かっている。


※※※※※新大阪駅にて※※※※※

ヒロシ
「おいおい。赴任早々、クレーム処理かよ。しっかし、右も左もわからないのに、いきなり「布施」に行ってくれはないよなぁ。。。でも、こういうとき、アイモードの『AD乗り換え案内』は、便利なんだよね!さてさて布施は・・・」

そう言いながら、『AD乗り換え案内』で「布施」への行きかたを調べるヒロシ。

ヒロシ
「よっしゃぁ、まずは「新大阪」から「大阪」まで出て、環状線で「鶴橋」まで行って、ここで近鉄電車に乗り換えれば、「布施」に行けるぞ!!」


※※※※※近鉄 鶴橋駅にて※※※※※

ヒロシ
「さぁて、もうすぐ「布施」につくぞ。なんか「布施」には「急行」も止まるみたいだし、なんか乗り換えも楽勝だな。福岡と違って、乗換えが多いって聞いてたけど、たいしたことないじゃんか。。。」

そう言いながら、何も考えず次に来た電車に乗ったヒロシ。

ヒロシ
「さぁて、たしか二駅くらいで「布施」だったよなぁ・・・お?社内アナウンスが流れてるぞ・・・」


社内アナウンス
「毎度、ご乗車ありがとうございます。・・・・・次の停車駅は「生駒」です。・・・・」


ヒロシ
「へぇ〜、次は「生駒」かぁ・・・・じゃ、「生駒」の次が、「布施」かなぁ・・・ま、いいや、外見てれば、わかるだろ。どうせ、急行も止まる駅なんだし・・・・」

そう言いながら、電車の外を眺めているヒロシ。しかし、衝撃の事実がヒロシに襲い掛かる!!なんと電車は、ものすごいスピードで「布施」駅を通過していったのだ!!

ヒロシ
「え??うそ??(汗)」







ヒロシが、大阪初の客先への訪問で、遅刻したのは、もはやいうまでもない。


ちなみに、近鉄電車には、普通・準急・急行・快速急行の4種類の電車がある。普通が各駅にとまる電車で、そこから順に、快速急行が、一番停車駅が少ない電車なのだが、はっきりいって、九州から来たばかりの人間にとって、「準急」と言われても「準」ってなんだよ?という感じだし、「快速急行」と言われれば、「快速」なのか、「急行」なのか、はっきりしやがれ!!といいたくなるのは間違いないと思う。



(続く)

○新装開店!この物語の作者Nattyのサイトはココ→Untitled
○いろんなブログを見たい人はクリック→人気ブログランキング
○第22話も見たいから「お気に入りに追加」したい人は →




PR 洋楽歌詞ミュージックビデオファンサイト
PR頭文字 D 映画 DVD 安い