〜ワールドメイトのア・ラ・カルト〜 魚茶の実験劇場

当劇場は基本的には宗教やスピリチュアル関連の話題を扱うネタサイトです。
ここしばらくはWM(ワールドメイト)のオチサイトとなっております。
スタンスは道化でございますが、「レスキュー給料日前制度」とやらには疑義を呈します。

【めいきょくが】Amazon Prime Music 【むりょうできけます】

明けましておめでとうございます。

現在当劇場も、絶賛休館状態のにて、田舎に閑居するの道化めにてございます。

気がつけばまた一年、道化では閑居ですが、リアルでいそがしくWM関連の事象を眺める間もございません。

Neverまとめとか、法人格取得以降お盛んなご様子で誠に重畳の極み。

出雲大社の寄付額や本屋でWMや深見氏のお名前を見かけるぐらいはご愛敬と思うておりましたが……。



私信:
Youtubeなどで仏教の通信講座を開いておられるという「buddhism all-japan network」と「中村涼」氏についてのご質問ですが、元会員(退会者)さま方が「宗教法人浄土真宗親鸞会」との関連を指摘しておられます。
また、過去に当劇場の演目で取り上げました明橋 大二 著『子育てハッピーアドバイス』につきましても、出版社の一万年堂出版は浄土真宗の出版社ではなく、高森顕徹氏を会長とする「宗教法人浄土真宗親鸞会」の関連出版社だそうです。
おそらく、グーグル先生あたりで検索していただければ、元会員や脱会者関連のサイトの関連情報に当たると思われます。
情報の真偽につきましては個々でご検証いただくか、それらの問題を扱う専門家(弁護士)などにあたっていただくのがよろしいかと思います。
長く放置のままでお詫び申し上げますと共に、取り急ぎの返信にて失礼致します。

−私信終わり−




さて。




先日ちょっとAmaz●nのプライムサービスなるものを覗いてみたところ、プライムミュージックなるサービスがあって無料視聴できるとかいうので、ちょっと視聴してみたわけでございます。

こころもち、ちょっと昔の曲が多めだったりしましたが、それはそれで道化めも楽しく拝見していたわけでございます。

ところが、なぜかどこかで見たようなうっと…ご尊顔が目に入るのでございます。


なまじポップスから演歌からジャンル問わずちょこちょこ曲を出してるものだから、柳ヶ瀬ブルースとかで検索してもかのご尊顔が出てくる。
ま、まぁ、30日あるわけでございますし……退会手続きの仕方を見ておこう。


閑話休題。


まぁなんと申し上げればよろしいのでしょうか。
目の付け所はさすがですね、まめというかなんというか。
傘下に出版社を抱えておられますし、潮干狩り(会員に本を買わせて無料で配布させる)というシステムを持っている以上、電子出版に本腰を入れるのはこれからだろうと思っていたのですが。

この調子ならキンドル版100円セールとか、
過去の「十把一絡げ本名作」無料ラッシュ!
とかかまして、会員に動員かければアマゾンランキング入りの称号を狙えますしね。
多分、「単行本所有者にはキンドルで無料ダウンロード」とかの特典をつけたりすれば……。

まぁ、アフィリエイト副神業とかアクセス数アップ工作神業とかに勤しむ自称会員の方々に依頼すれば一発ですね。
いやあ、うらやあましいなぁ(棒読み)

とはいえ、トップの鶴の一声で電子出版にシフトできるのもフランチャイズ団体の強みですから。


そうそう、「ワールドメイト住吉熊野(:自称会員サイト様です)でも記事にされておられましたようですね。

やれやれ、久しぶりでおせち以上に食傷気味です。
本業に戻るといたしましょう。


【故・Blog達に捧ぐ】とある宗教法人の海外記事に思う【供養会場】

取り敢えず、ネタとしてまとめる時間が惜しいので、詳細は親切な人よろしく。


SINGAPOLITICS(http://www.singapolitics.sg/
SMU cancels opening of research centre
http://www.singapolitics.sg/news/smu-cancels-opening-research-centre

要約致しますと...。
Singapore Management University (SMU)に「シンガポールでも大口の篤志家として知られる」半田晴久氏の名を冠した人権研究センターが設立される予定だったが、キャンセルになった。


というような概要でよろしいでしょうか?本文を見る限りでは、このセンターだけで100〜300万ドルほどの寄付を行っているように見受けられますが…。

ちなみに、この件の主体となっているのは半田晴久氏が代表を務めるNPO「世界開発協力機構」(Worldwide Support for Development:WSD)
http://www.wsd.or.jp/
特定非営利活動法人「世界開発協力機構」(Worldwide Support for Development:WSD)は、2008年2月、東京都より特定非営利活動法人(NPO法人)の認可を受けた国際支援組織で、国際協力や福祉活動、大学・学術系団体への支援活動等を行う団体です。


ということなのですが、記事を見る限りでは「政府が、人権問題などセンシティブな問題を扱う“半田センター構想”をつぶした」ように読めます。

行間を読めば、というかこの件を取り上げるブロガー様方の評価は次の二手に分かれるご様子。

【A・政府批判に絡める】
この場合、「人権問題やグローバルガバナンスに関する研究を海外資本から調達して行うことに神経をとがらせている」という図式から、WSDや半田晴久氏を博愛主義者として評価する論調になります。
《例》Is Human Rights taboo in Singapore's legal scholarship and education?
http://exchersonesusaurea.blogspot.jp/2012/10/is-human-rights-taboo-in-singapores.html
この方なども、かなりネット上の情報を見ておられるはずですが、それでも深見東州こと半田晴久氏の人間像は「世界中に愛をワールドメイトの主張に沿った描き方」になっておられます。
まぁこれも致し方のないことでございます。政府に批判的なら、相対的にWSDや半田氏の活動が、とてもすばらしく見えることでしょう。
 ましてや、実際にチャリティーライブやゴルフコンペなど、海外での活動を評価されている篤志家・半田晴久氏。そして「世界中に愛をワールドメイトの深見東州氏」におかれましてはますますのご活躍のご様子。その資力はさすがの一言です。

【B・半田晴久(深見東州)氏への批判】
半田晴久氏が、日本に於いてコスモメイト(世界中に愛をワールドメイトの旧称)の代表であったこと、神道の一セクトであることなどはそれなりに知られているようです。また、それらがセクハラ事件などを起こしている(後に和解した)ことなども知られているようです。
 が、その辺りまでで、批判した元会員やメディアに恫喝的な訴訟(SLAPP)を仕掛けたこと。大阪裁判、今も続く「いわゆるアンチ系」ブロガーや、ワールドメイトに関する記事に対する嫌がらせ(主に削除要請)。などは残念ながら知られていません。

ですから、深見氏こと半田晴久氏に関する批判も、おもしろい部分に先鋭化しているご様子。
Singapore Hall of Shame の WolrdMateタグ

SMU Handa Centre's Links with Japanese New Religion Cult
http://sporehallofshame.blogspot.sg/2012/11/smu-handa-centres-links-with-japanese.html
SMU Not Answering Questions on Handa's Links to Cult
http://sporehallofshame.blogspot.jp/2012/12/smu-not-answering-questions-on-handas.html

つまり、匿名の投稿という形ではありますが、「世界中に愛をワールドメイト」の代表としての深見東州氏にクローズアップした形で以下のことを書いておられたわけです。

「霊能産業を元にした資力にものをいわせて、シンガポールの教育機関に侵食しようとしている」
「ばらまいている資金に食いつこうとしている有象無象がたくさんいる。大学もその一つではないのか?」
という印象を受ける内容の記事でございました。
世界中に愛をワールドメイトを仏教系としている辺りはちょっとお茶目な意図を感じますが、Yakuza、とか単語が出てくるのが「いかにも」な投稿ですね。

ですが、笑えません。

つまり、近年宗教法人として認可された「世界中に愛をワールドメイト」が、
(1)「霊能行為で集めた資力を篤志家の個人活動として海外にばらまいている」
(2)「さらに関与するNPOを隠れ蓑に、大学に研究機関を作ろうとした。」
(3)「それをカルトによる浸食と見なした政府機関がこの計画を止めた」
といっているようなものだからです。

ただし、道化めの英語力では、流し読みの印象によるもので、事の真偽までは断定できません。
残念ながら、【A】【B】双方を見ると、世界中に愛をワールドメイトがどのような形で資金を集めようと、篤志家の半田晴久氏(世界中に愛をワールドメイトの深見東州)の寄付行為に群がる人は後を絶たない、という印象を受けました。
おそらく、回り回って、利益を供与される日本国内の関係者もそれぞれの分野におられることでしょう。

政治・経済・教育・文化・芸術・宗教...様々にです。

それらを悪と決めつけることはここでは致しません。
不景気のなか、資金不足にあえぐ分野のパトロンとして活動してきたのも事実でございましょう。

さらに、客観的に申し上げれば、宗教法人「世界中に愛をワールドメイト」の活動は、神道系の新宗教として海外の宗教系アンテナに認知されており、3.11の震災後の活動(いわゆる「ゴジラ隊」)についてさえも他宗教の活動と同じ程度にはキャッチアップされていたのでございます。

世界中に愛をワールドメイトと深見東州氏のいう「戦略的互恵関係」の構築は、むしろ海外に於いて活発化している可能性を強く認識した次第なのでございます。


ただし、でございます。
日本国内でたびたび問題になる「どこぞのキリスト系宗教団体」に同じく、巨額の金が動くマネーロンダリングの片棒を担いでいる可能性について考えますと、文字通り暗澹とした気分になります。

(ご注進好きの自称シンパ諸氏に申し上げておきますが、世界中に愛をワールドメイト様がマネロンをしているなんて全く思っては居りませんよ!ただ、上記の海外記事を見て前例を思い出しただけでございます。もとより見てるはずなんてございませんが...)

宗教法人化とセットになった「金仕組み」とやらのダークサイドを、一介の道化が言及するには少々敷居が高うございます。そもそもフェードアウトする予定の田舎暮らしの隠居の道化めにてございますれば、わざわざ当劇場まで消えるリスクを上げる必要など無いのでございます。
それでも、今回の一件で、わざわざ長文を上梓する気になりましたのは、一つ申し上げておきたいことがあるからでございます。

充分神道系の新宗教団体から、法人格を得て、数多くのNPO団体を擁し、政経両方から「ボランティアで名を連ねて下さる」有力者とつながる宗教団団体とその代表は充分成功しておられるにもかかわらず。
その眷属達が国内おいて反WM的な記事や論調に対し圧力をかけ続けるのはなぜなのか?
コンプライアンスの遵守をくどいほどに主張して、プロバイダやBlog運営会社に削除要請を行うのか?

たかだか五つの記事しかなかった当Blogを、全くBlog内容とは関係の無い「コンプライアンス」を主張して削除させたのはなぜなのか...?

「退会者が抱く不安や恐怖に対するメッセージ」が主であった道化めの別Blog“「ワールドメイト」に「つかれた」あなたに”がなぜか削除されていて、少なからず驚きました。
今までに消えたのは当方のBlogだけではございません。

そして、消えたからといって「なぜ?」まで消えたわけではないのでございます。


当方は「レスキュー制度」を神業のローン化だ!投機だと批判を申し上げて参りました。
サブプライム化からブラック企業化まで、時代を先取りするその様相にはつくづく感心致しましたが、言論に圧力をかけるようになれば、帝国の自浄作用は失われつつあるとみてよろしいでしょうか。



ならば、道化めが弔文(長文)を用意した価値もあろうというものでございます。






【寝た子を起こす】ネットがダメなら地道に陳情でもしましょうか?【莫迦もいる】

ご無沙汰致しております。
 
ようやく梅雨らしい日々に畑も潤い安堵の日々。

とはいえ、雨が降れば地盤も緩みますし、土竜穴から堤も崩れますから手放しで安心はできませんね。


今年はパセリが豊作で、青汁代わりに野菜と一緒にミキサーにかけて飲んでます。
苦いです。バナナとかキウイとかリンゴを入れると良いかも知れません。

後はバジルでしょうか。ボイルトマト缶を開けて、バジルを共にミキサーにかけ、クレイジーソルトを一振り。
これで、イタリアンな冷製スープもどきにして飲んだり、とか。
お好みでオリーブオイルなども足すと良いですね。

オリーブオイルと言えば先日小豆島で...いやいや、話がそれました。


さて。



本日、FC2事務局様よりおもしろい問い合わせメールが来ていたことに気づきました。
6/28付けで7/3までの返信を求めていたものでした。
概要はこんな感じ。

「○○○○(禁止事項に該当するから削除しろ、という内容らしき文章)という連絡がありました」
「該当箇所の削除修正もしくは問題ない場合には趣旨を連絡ください」
「返信が無ければ7/4にBlogを削除するよ〜」というもの。

気づいたのは7月5日
消えていたのがこちら。

「世界中に愛をワールドメイト」に「つかれた」あなたに

で、どうしたものか悩む道化 <いまここ!


まったくもって、困ったものですね(苦笑)
こちらの三文劇場なら笑って許せたのに。



とはいえ、ネット上は彼らの方が圧倒的に優位ですね。
その手法は誠に興味深いものがあります。
今やいくつかの退会者サイトについては、本来のサイトでよりも「退会者を中傷するサイト」の方が上位に来る用になっているようです。

ワールドメイトアンチの矛盾(注:おそらく住吉熊野道様の関連Blog?)
http://worldmate.jimdo.com/


やぁ、アンチサイトにリストアップして、それぞれにすごいこと書いておられますね。
いずれ道化めにも触手を伸ばすのでございましょうか。
「次はおまえの番だぞ」と言われてる気がして夜も寝られません(ガクブル)。

しかし…。

神事秀明会がメイト入会を阻止するたびに報酬をくれるのかぁ...。
って、本気で言ってるとしたら正気とは思えないわけでございます。

そして、そういう手合いがFC2にメールを出して道化めの「まともな方の」Blog記事を削除させたのだとしたら、ちょっと莫迦にならない話だと思うのでございます。

世界中に愛をワールドメイト、始まったな
的な意味で。

おそらく、今年から始まる「ネットでの選挙活動」辺りが引き金なんだろうなと思うのでございますが。

ネタ子を起こすと、逆効果でございますよ。

「○○○ ○○党」 とか、「○○○ (候補者)」とかで検索してイタコ芸人様が当たるのはまだ笑えますが、夏に涼を取るにふさわしいネタの双「壁」、某ルネッサンスマンの発言やらご尊顔ネタやらが出てきたら目も当てられませんので。

あぁ、道化めはやりませんよ。やるものですか。
そんな莫迦Blog乱立する暇も金もありませんので。

ただ、某会員様が自爆したり、某宗教法人が「ブラック企業化」したりという不安があるばかりでございます。

ふむ、「ブラック企業化」は言い得て妙かも。
ブラック化を憂慮したネタなら書けそうな気がしてきましたよ。
いただいたメールもその手合いなら書きそうな感じでございましたから。
そういや今度出馬すると噂の○○○の会長さんも元はキリスト教系の...エフンエフン。

いやはやまったく。

こんな時期に特定の宗教批判などするつもりはありませんでしたが、草刈り場の噂話程度には話題にしてみましょうか。

こんな時期にネタ子を起こすなんて、莫迦としか思えない。

あぁ、道化めもまことに大人げないことでございます。
しかし、そんなに目障りなのですかね?
そんなに気になるなら、続きを書きましょうかw
白組(退会者・批判・考察系・その他)
Archives
Profile
アクセス解析
  • seo