世界中に愛をワールドメイトや深見東州氏関連の話題を見かけたので、とりあえず備忘録。



 



知られざる高円宮家の真実 



日本が好きなだけなんだよ さまより)



 



皇室関係の話題が多いBlogさまのようでございますね。



皇室関連のアンテナから、ワールドメイトや深見東州氏の話題を拾われ、興味をお持ちになられたたご様子。



さて、その評価は.......。



 



 



 




高円宮家について調べるうちに、ワールドメイトというゴミ宗教の実態を明らかに出来たのは収穫だったが、秋篠宮家に対してかくもひどい誹謗中傷を行わなければ、ブログの記事で取り上げることはなかったかもしれない。神道の真似事をして信者を食い物にしてる教団だが、教祖や幹部はどう見ても詐欺師にしか見えない。しかし、こういうのは騙される方にも問題があり、著作にしろ講演にしろ、悪意で人を騙したり洗脳したりするのに、天才的な才能を持つ人間が世の中には存在するということを認めなければいけない。信者が破滅するまで食い物にする悪質な新興宗教は、皆、この手の人間が教祖なのである。騙されてしまったと思ったら、高い月謝を払ったと思って早目に足を洗うのが良策だろう。



 ワールドメイトの教祖と幹部は非常に良く宗教ビジネスを研究しており、信者を生かさず殺さず絞り上げる心理的なテクニックに精通しているように感じられた。額に菊の御紋が付くとは呆れた言い草だが、教祖の額にはサインペンで“悪”が“肉”とでも書いておいた方がよっぽどお似合いだろうと思う。




 



皇室に食い込む邪教という扱いのご様子で、創価様と同様に散々のご評価。



記事の内容につきましては、公式サイトの記事をソースに、元・会員さまのBlogなど批判系のBlogからも引用されておられます。



つまり「某人気Blogランキングの上位にランキングされるほどのアクセス数を誇り、…と申し上げたところ現在はランキング上位から消えておられますけれども、どうせすぐに戻ってこられますでしょう」的な世界中に愛をワールドメイトの自称会員系Blog主様に粘着され、執拗に罵詈雑言を浴びせられるBlogさまがたのことでございます。



そういう世界中に愛をワールドメイトの会員さまでも引き気味な自称シンパBlog様方におかれましては、実に目障りな事だろうとお見舞い申し上げます。



というか、皇室関連のBlogで話題になる、というのは意外な盲点でございました。



そのうちブラインドゴルフ、とか。カンボジア、ボランティア、などの分野でも話題に上る事があるのかも知れませんね。



次は良い話題でお目にかかれる事を、期待致したく思います。



(まぁ、そちらの方は自称シンパBlog様方でも逐次取り上げられる事でございましょうが)



 



 



以前、とある宗教団体のリーダー氏について、「能の宗家に“邪教”と距離を置くように」と談じた一件を文章を書いた評論家を訴えた宗教団体があったなぁ、という記憶があったようななかったような。



そんな大人げなく濫訴に励む邪教などがあるとすれば、あまり関わり合いになりたくはございませんね。