なんで?

昨日のアクセス数が倍?
ひょっとしたら、1日二回更新したからか・・・、
いささかビックリ。


はてさて、昨日の続き。

下剤2リットルを75分かけて飲む。腸管洗浄剤と書いてあった。製造元は味の素だ。変に感心しながら、せっせとトイレに通う。

合計10回。八回目にオーケーサインが出た。
さぁ、いよいよ肛門からカメラ注入である。
穴あき紙パンツをはき、紙おむつを敷いて、横向け、くの字に寝る。
30くらいの看護婦さん、「肩の力抜いてぇ深呼吸しましょうねお尻にも力入れたらダメですよ〜ん痛くないですからねぇ〜


ズボツ



本当だ入った時はあまり痛くなかった
しかし本当の苦しみはそこからだった!
前方上方には、カラーモニターがある。

「ヘーッ、これが腸の中かキレイなもんやなぁテッチャンみたいやな

と思うも束の間、凄い圧迫感と痛み!腸は長く、クネクネ曲がっているから、刺す方も大変らしい。

「ウギャァー、ウーッ、ウーッ!」

思わず唸る。

カメラは約10分で一番奥に到着。
ゆっくり引きながら、カメラ撮影だ。

それから2分後…。

プックリとした豆状のものが目に映る・・・。
ちょうどカメラは右わき腹の辺りだ。
これや、これに違いない。

先生もそこを行ったり来たりして、シャッターを何度も押している。

「そ、それはな、なんですか・・・?」

「うーーん、あっ、これね!これはなんともないポリープです。心配いりません!」

ほっとするようなウソちやうか!という気持ちも。
それより早く抜いて欲しい・・・の気持ちが先にたつ。

約15〜20分ぐらいだろうか。

何とか終了。

ふーーーーーーっ。

ガンは見つからなかった!



良かった良かった