2010年06月30日

脳波測定の希望

脳波測定セルシネ・エイム研究所代表・和田知浩氏が主催されるファイン・ブレイン研究会から、私が所属する武道団体「躾道館」の師範・会員の脳波測定の要請を受けました。

5月30日の日曜日、中野区の施設にて、代表師範・小林直樹先生をはじめとする躾道館会員の脳波を測定しました。

昨今ポピュラーになってきた脳波測定ですが、測定機材の進歩によって正確な数値を測ることができるようになりました。
ファイン・ブレイン研究会は、脳波測定機の老舗であるフューテックエレクロニクス株式会社の協賛によって、最新の測定機による計測を行っています。

「なぜ脳波測定を行うのか?」

脳波測定によって、私たちが各分野で能力を発揮している状態(心身の無意識下で起こる生理的反応)を時系列で数値的に確認し、「良い状態」「悪い状態」を把握することができます。

一般的に能力を発揮している時には、アルファ波が出ていると言われます。

事を行う時、アルファ波が出ている瞬間を確認し、その時の状態を再現するようトレーニングすることで、いつでも「能力を発揮」できるようになることが期待できます。

これをバイオフィードバックトレーニングと言います。


現在、ファイン・ブレイン研究会では、“達人”と呼ばれる人たちの脳波を集めています。

達人と呼ばれる人達の脳波を再現するようトレーニングすることで、各自のフィールドで望む結果を出しやすくなることが期待されます。

様々な分野の達人のデータを収集する上で、今回は「武道家の脳波」というカテゴリーでの測定でした。

測定では、「教科書通りに“良い”と言われる脳波を出そうと努力をせず、いつも通りの稽古へ集中している瞬間の脳波を測定する」という条件の元で行われました。

測定結果によっては、「能力を発揮している時の脳波は、実は教科書通りではなかった」というようなことがあったとしても、それはそれで新たな事実の発見となるかもしれません。

また、仮にそのようなデータが検出され、さらに教科書通りの脳波に近づけるように集中した場合には、さらに能力があがることも予測されるからです。


まずは、全く準備をしないままに閉眼時の脳波測定を行いました。

その後、通常通りの稽古を行い、その途中途中で脳波測定を行いました。

「立禅」という、その場に立ったまま内功を錬る鍛錬時の測定の後、「使用法」の稽古時の測定を行いました。

「使用法」というのは、攻撃しようと構える相手に対して自然体で待ち、相手の攻撃に対して技を決めていくものです。

自然体から技を繰り出す動作を数回行ったとき、私の脳波に特異な数値(6.5ヘルツのファストシーター波)が検出されました。

「今、何か変わったことはありませんでしたか?」

和田代表の問いかけに、攻撃を仕掛けた相手が先に答えました。

「無意識に出しました」

私は、「特に変わりません」と答えました。

この時私は、意図的に動きの変化をつけたわけではないので

「特に変わったことをしたわけではない」という意味でそのように答えました。

ただ、この時、私の内側(主観的なことなので表現が難しいのですが)では、意図したわけではないままに頭の中で何かがスパークした感覚を覚えました。

私が意図的に何かをしたわけではなく、自然とそうなったのです。

特異な脳波は、この一度だけでしたが、私の内側で起こった反応は以下のようではないかと推測します。

「使用法」という約束組み手という状況においても、攻撃のタイミングはアトランダムに行います。

通常は、“相手の攻撃の後から反応するものの、自分の技を先に決める『後の先』”のタイミングで技を繰り出しますが、これが自由攻防ともなると、相手の攻撃の機先を制する『先の先』のタイミングで技を繰り出す場面も多々あります。

それで、「使用法」の稽古の中にも、相手の“モーション”や“攻撃意志”に反応する場合や、“あえてギリギリまで待つ”ように、バリエーションを変えながら稽古を行う場合があります。

相手が攻撃しようとする時、その動きの初動(モーション)が見えますが、それは「攻撃しよう」という“意志が発令”するものです。

場合によっては、初動(モーション)以前に、この「攻撃意志」が感じられる場合もあります。

「攻撃意志」の感受とは、相手の動きが攻撃の初動となる以前の小さな筋緊張だけでなく、その他数値化することが困難な情報も含まれていると考えられます。

感受する情報量によって、それに反応して繰り出す技の完成度は変化します。

この時、もしも無意識のうちに行われた攻撃の場合にはどうなるでしょうか。

「攻撃しよう」という意志が無いままに繰り出される攻撃は、「攻撃しよう」という発令から攻撃の初動に至るまでの小さな筋緊張や、その他数値化出来ない情報も限りなく少なくなると推測されます。

哲学者で弓道家のオリゲン・ヘイゲルの言う

「射るという意志ではなく、“それ”が射る」状態

に近いのかもしれません。

このように放たれる、「ノーモーション以上に、意志というモーションが見えない攻撃」に対して反応するには、極度の集中力が必要となります。

この為、瞬間的な集中力の高まりが、私の内側で「何かがスパークした感覚」として感じられたのかもしれません。

「ノーモーション以上に、意志というモーションが見えない攻撃」への反応は、自分自身も限りなく「反応して技を決めるという意志」から離れていくと考えられます。

つまり、私自身も限りなく“無意識”に近く、「それが射る」状態‥変性意識状態から無意識が技を紡ぎだしたのではないかと推測されます。


「相手が無意識のうちに出した攻撃か否か」については定かではないものの、それに反応する時、以前からこのような“内的反応”は度々あり、私の中で「無意識(潜在意識)が紡ぎだす反応」として重要視し、アップマープの中でも、これを重要な要素として体系付けています。

今回の脳波測定によって、「極度の集中時における内的反応の瞬間が、イコール特異な脳波として検出される」のであれば、脳波の側面から逆再現を試みることで、潜在意識から溢れる情報の受け取りがより強化されると思います。

脳波測定におけるバイオフィードバックトレーニングの可能性を大きく感じる測定会でした。

和田代表に感謝致します。 

 



upmrap at 14:37|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年05月05日

アップマープの成果

2010.4.29パンクラチオン








皆様、ゴールデンウィークを楽しんでいられるでしょうか?


ゴールデンウィークと言えば私は‥‥


去る4月29日(木)、東京都北区赤羽にある『味の素ナショナルトレーニングセンター』で開催された

『イサミ杯第一回パンクラチオン競技大会・兼ブルガリア世界選手権大会日本代表選手選考会・兼アジア・パンクラチオン選手権大会日本代表選抜』

へ出場しました。

 

初めて開催される大会で、予測のつかない大会でしたが、出場選手の多くは柔術や総合格闘技系の人達でした。

内容は「打撃技+投げ技+立ち関節技+寝技」によって試合が行われます。


私は、

「試合までの3ヶ月間の準備」

「試合当日の自己統制」(メンタル・フィジカル共に)

を、セルシネ・エイム研究所代表・和田知浩氏の協力を得て完成させた自己統制システム『アップマープ』を使い臨みました。

もちろん、通常の稽古は躾道館代表師範・小林直樹先生の指導を受け、稽古仲間である兄弟子と鈴木江実子さん、I上さん、U田さんの力を借りて行いました。


57kg以下級で出場し、


2位という結果でした。


対戦した選手は両名共強く、とても勉強になりました。


対戦して下さった選手のみなさん、ありがとうございました。

そして、ご指導、応援、ご支援して下さった皆様ありがとうございました。

また、日本パンクラチオン協会の皆様にはお世話になりました。

今回は、

開発した“自己統制システム・『アップマープ』を駆使して自己統制する”というテーマを持って臨みましたが、


自己統制において、主観的に大きな効果を実感できました。

 

今後も、

実体験データをフィードバックし、さらなるバージョンアップに努めたいと思います。

パンクラチオン競技は、「古代オリンピックで開催されていた格闘競技を現代に復興させよう」という趣旨があります。

したがって、将来的にはオリンピックの正式種目を目指し、日本レスリング協会の傘下に認められています。

「パンクラチオン競技」が、オリンピック競技となるべく記念すべき第一歩の大会に出場できたことを誇りに思います。



「パンクラチオン」が、是非ともオリンピック競技となるよう祈念いたします!!

 



upmrap at 04:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月13日

成功とは? 幸福とは?

先日、香山リカさんの「しがみつかない生き方」(幻冬舎新書)を読みました。


この本の序章で、

“なぜ「ふつうの幸せ」が手に入らないのか”

“「飽くなき成功願望」ゆえに満たされない”

ということで、「成功」や「幸福」になる為の書籍に傾倒する人たちへの疑問を示しています。

書籍には、

「年収○千万円」
「○○ナンバーワン」
「本当の願望をかなえる」
「いかなる問題も解決する」

といったことが書かれており、それらはかなりレベルの高い“幸福や成功”だということです。

ところが、それらの“成功法”の本を読んだくらいで、それらの幸福や成功を手に入れられる人はほとんどいないはずであるとおっしゃっています。

また、本気で「本当に幸せになる為には、全国でナンバーワンの営業をしなければ…」と思っている人も少ないのでは?とのことです。


そして、このような“成功法”の本を買う人に、改めて

「どのくらいの幸福が欲しいのか」

を聞いてみると、



「そこそこの生活ができるくらい」
「普通の幸せ」

といった答えが返ってくるのでは?とも述べられています。

これは、客観的な幸福と主観的な幸福とにかなりのズレがある人たちを診療されてきた結果、導き出された考えのようです。


客観的には十分幸せであっても、それを“幸せである”と思えない人たち。

このような人たちは、自己実現に向けての向上心や成長欲求を刺激するという利点の裏に、“自分の現状に気づかない”という欠点が生まれてしまうのです。

「年収○千万円」
「○○ナンバーワン」
「本当の願望をかなえる」
「いかなる問題も解決する」

成功法の本や教材は、このようなキャッチコピーで購買をあおります。

この時読者は、

「年収○千万円でなければ成功とはいえないのではないか?」
「○○ナンバーワンを獲得しなければ成功とはいえないのではないか?」

と考えてしまう恐れがあります。

しかし、このように考えて手に入れようとする幸福や成功とは、本当に必要とする幸福や成功とはかけ離れています。


成功や幸福には「こうある“べき”だ」とするものはありません。


すべて本人の自由なのです。


アップマープ・ファクトリーでは、「成功」「幸福」について次のように考えています。

“自ら価値を見いだしたことを実現させる為に行動を起こしている状態”

成功や幸福とは、何かモデルや基準があるわけではなく、自分が「好きだ!」と思ったことを目指せば良いのです。

また、それを手にするということは、“実現し、達成すること”ではありません。

“実現し、達成する”ために、行動を起こしている”時”こそが、「手にしている」と考えています。

もちろん、“実現し、達成すること”も重要ですが、その為に行動を起こす瞬間を積み重ねていれば、おのずと結果はついてきます


アップマープでは、掲げた目標が、「本当に求めるに値するものなのか?」を重要視し、それを導き出すワークからはじまります。

もしも、掲げた目標が広告やキャッチコピーに踊らされて導き出されたものであるとすれば、それを手にすることができない可能性が高くなります。

むしろ、手にする必要もなく、「うまくいかなかった」と悲観する必要もないのです。




あなたが考える“成功や幸福”とは、本当にあなた自身が必要としていることでしょうか?


あなたの“成功や幸福”は、「他の何かと比べてどうか?」というものではありません。



あなた自身が価値を見いだしたことが、成功であり幸福なのです。

 



upmrap at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月20日

アップマープ・ベーシック・プログラム 発売開始!

9月20日 日曜日



9月18日(金)「アップマープ・ベーシック・プログラム」が完成し、ようやく発売準備が整いました。


多くの方に活用していただけるよう、価格を押さえ¥39,800.-とさせていただき、9月19(土)の昨日、発売開始させていただきました。



この「アップマープ・ベーシック・プログラム」、開発に1年4ヶ月の歳月を費やしました。


1年4ヶ月というと、長かったように思えますが、開発中は、毎日が全力投球で「あっという間だったなぁ」と感じます。

教材が完成した“打ち上げ”をかねて、9月19日の昨日、セルシネ・エイム研究所・代表・和田知浩氏と共に東京ドームへ行ってきました。

『矢沢永吉 ROCK”N”ROLL IN TOKYO DOME』

永ちゃんの還暦祝いとも言える特別なコンサートです。

MCでは、

「60になってロックができるのか不安な所もあったけど、ちょっと角度を変えて見たらドキドキできるんだ!」

と言っていましたが、

「まさにアップマープで伝えているることを地で行ってるなぁ」

と思いました。



その後二人で、アップマープの完成祝いで「お疲れさま」、そして「今後の展開に乾杯!」ということで一杯飲んで解散しました。


アップマープの打ち上げとして、最高の夜を過ごすことができました!



upmrap at 04:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月19日

アップマープ・ベーシック・プログラム 完成!

9月19日 土曜日

9月18日の金曜日、「アップマープ・ベーシック・プログラム」が完成しました。

1年4ヶ月の間、セルシネ・エイム研究所 代表 和田知浩氏のサポートを受けながら開発し、途中、様々なことがありましたが、無事ここまでくることができました。

開発協力をしていただいた和田知浩氏、監修をしていただいた躾道館首席師範・小林直樹先生、小林宏美先生、演武協力をしていただいた岡部武央先生、映像撮影・編集をしていただいた五味さん、テキスト構成をしていただいた水川さんをはじめデザイナーのみなさん、録音をしていただいた声優のYさん、写真撮影をしていただいた鈴木江実子さん、校正をしていただいた湯場氏、その他様々な形で協力していただいた友人知人に、あらためて感謝いたします。

ありがとうございました。 

これからアップマープは、様々な人達の自己実現・目標達成・自己統制・能力開発を支援していきます。

目標を掲げて動き始めるすべての人が、それを達成することを祈念いたします。


「アップマープ・ベーシック・プログラム」は、明日発売開始いたします。

多くの方に活用していただけるよう、価格を押さえ

¥39,800.-とさせていただきました。


「目標達成したい」

「自己実現したい」

「自己統制したい」

「能力開発したい」

と考えている方、是非ご活用ください。



upmrap at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)