uppi_natettyanのblog

地元阪急・能勢電鉄の話題を中心にローカルなブログをアップしています・・・。 たまにミリタリー(陸自・中部方面隊)なネタやその他(flightrader24とか)が入ることも。

2020年11月

3
関西の主要5私鉄のうち近鉄を除く4社と大阪メトロは2020年11月27日に発表した公式プレスリリースで年末年始の列車運行計画について発表し、大阪メトロをのぞく各社では大晦日の終夜運転を実施しない・もしくは一部区間での終電延長にとどめることをそれぞれ発表した。
E884A24F-3C63-4412-9102-274D6AF2E2BF


【阪急電鉄・能勢電鉄・山陽電気鉄道】
阪急電鉄・能勢電鉄:https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/5e33189fe26aed12fa32bdc05e22d6070ce82add.pdf
山陽電気鉄道:http://www.sanyo-railway.co.jp/railway/topics/detail.html?topics_id=1891

※公式プレスリリースの都合上、能勢電鉄・山陽電気鉄道についても掲載しています。
[阪急全線(千里線淡路駅以南を除く)]
神戸線:神戸三宮以西の全区間運転3列車、区間運転5列車
神戸高速線:山陽須磨〜神戸三宮間で6列車
今津線:西宮北口駅以北で5列車、西宮北口駅以南で6列車
伊丹線:4列車
甲陽線:6列車
宝塚線:全区間運転2列車、区間運転9列車
箕面線:4列車
京都線:全区間運転5列車(うち快速1列車・準急2列車)、区間運転7列車
千里線:淡路駅以北で3列車
嵐山線:4列車

[能勢電鉄(ケーブル・リフトは1月1日6時から運転)]
妙見線:全区間運転7列車、区間運転2列車
日生線:6列車



【阪神電気鉄道】
阪神電気鉄道:https://rail.hanshin.co.jp/uploads/info/e198bd2d58f0b516fc09120dc20732fae0e29efb.pdf

※山陽電気鉄道の列車については発着駅の都合上、この記事では「阪急電鉄」の欄に記載しています。
[本線・神戸高速線]
大阪梅田駅〜高速神戸駅:定期列車の延長運転8列車
大阪梅田駅〜元町駅:定期列車の延長運転1列車
区間運転の臨時列車:大阪梅田駅〜御影駅間1列車、高速神戸駅〜尼崎駅間1列車

[武庫川線・なんば線]
終夜運転なし


 
【南海電気鉄道・泉北高速鉄道】
南海電気鉄道・泉北高速鉄道:http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/201127.pdf

[南海本線]
なんば駅〜羽倉崎駅:8列車
なんば駅〜住之江駅:5列車
※このほかなんば駅〜住之江駅間の定期列車1列車に時刻変更あり

[高野線・泉北高速鉄道・南海本線の各支線]
終夜運転なし



【京阪電気鉄道】
京阪電気鉄道:https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2020-11-27_nenmatunenshi.pdf

[京阪本線・交野線・宇治線・石山坂本線・京津線・鋼索線・鴨東線]
終夜運転なし 



【大阪メトロ】
大阪メトロ:https://subway.osakametro.co.jp/news/news/other/20201127_nenmatsunenshi.php?_ga=2.180250279.22889535.1606483401-410612898.1606483401

[南港ポートタウン線を除く各線・北大阪急行線]
概ね30分間隔で運転

[南港ポートタウン線]
概ね20分間隔で運転

※中央線:近鉄けいはんな線への直通運転については12月上旬に発表予定
※堺筋線:阪急千里線への直通運転は中止



【近畿日本鉄道】
近畿日本鉄道(阪神・近鉄新春1dayチケットの発売について)
https://www.kintetsu.co.jp/kanko/kanko_info/news_info/spring_1day.pdf
 
12月上旬ごろに発表予定



この記事にはコメントできません。あしからずご了承ください。
 
鉄道コム 

4
2020年11月27日、阪急神戸線では予告されていた8000編成の検査入場(予定)に伴い4編成目となる「Classic8000」の運行が開始された。

CA13606D-8E77-482A-88E6-134EB77C68D4
今回抜擢されたのは8002編成、6330編成以来となるクロスシート装備編成として平成元年にデビューした。

832A2C93-8B3A-4FB4-AF5C-A29AB4419FA6
クロスシートを装備しているのは神戸方の2両、神戸線では8002編成と8003編成が、宝塚線では8004編成〜8007編成の合計6編成がこの組成パターンとなっている。

C55CCEE1-6B9B-4F96-9E6F-CDB99F9FAE31
車内のプレート、こちらも8000編成・8004編成と同じ仕様に。



先日の脱線事故で運用を離脱している8000編成の構内入替との並びを撮影できた人もいるようで・・・


8000編成、応急修理をしてから正雀工場に入場するのですかね・・・?

コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム 

2020年11月24日、近畿日本鉄道が発表した公式プレスリリースで8月ごろからTwitterで確認されている自称『公式アカウント』が「第3者によるなりすまし」であることを確認したと発表した。その後、どういうわけか「特急ひのとり」のアカウントが凍結される事態に発展している模様。
53D0E5CE-09DC-4ADB-8B94-95E446491E8F


【事態の経緯】

関連する各記事についてはこちらをご確認ください。


近鉄の公式アカウントをめぐっては1年ほど前から断続的に複数の「偽アカウント」が確認されており、2020年にはいってからも『@Kintetsu_koushi』のIDを使用した偽アカウントが確認されたほか2020年5月・6月には同業他社である「四日市あすなろう鉄道(公式アカウント未開設)・能勢電鉄(公式アカウントあり)」の偽アカウントも見つかる騒ぎとなった。今回の偽アカウントは8月に確認された『@kintetsu_PR』に対するものとみられる。

【なぜか凍結された「ひのとり」】
708D4DE2-809B-47BB-B27C-E52B0E494ACD
近鉄の公式プレスリリース上には「なお、当社ソーシャルメディア公式アカウントの一覧は、当社公式ホームページ内「コミュニティガイドライン」に掲載しております。」という文言が示されている通り、コミュニティガイドライン(https://www.kintetsu.co.jp/toppage/comunityguideline.html)には2020年3月にデビューした「ひのとり」の広報アカウントとして「特急ひのとり(@hinotori_80000)」を開設していることが確認されているが、同アカウントがTwitterルール違反という理由で凍結されている。

共同通信ほか多数のネットニュースでこのプレスリリースの一部(第三者が当社になりすまし、Twitter に当社のロゴを無断で使用したうえでアカウ ントを開設していることが確認されています。)だけが拡散され、近鉄のコミュニティガイドラインを確認せずに通報した人が多数いた可能性もある。

※11月26日7時30分の時点で「@hinotori_80000」の凍結は解除されています。


注:「ねとらぼ」では注釈として「@hinotori_80000」が公式アカウントであることを周知している

なお、当の「偽アカウント」は現在閲覧不能な状態となっている。
※類似IDを使用するアカウントのうち、「@kintetsu_pr」は本件とは無関係なアカウントです。

近畿日本鉄道公式プレスリリース:https://www.kintetsu.co.jp/all_info/news_info/account_201124.pdf
「@hinotori_80000」の誤凍結について:https://www.kintetsu.co.jp/all_info/news_info/twitter_owabi1.pdf


コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html
なお、質問等は受け付けていません。



鉄道コム


 

阪急電鉄によると、2020年11月23日夜に発生した踏切事故のため運転を見合わせていた阪急神戸線(夙川駅〜新開地駅間)のうち、9時20分ごろから夙川駅〜神戸三宮駅間の『普通』のみ順次運転を再開しました。

[運転状況:2020年11月24日9時30分]

現在運転中の区間
特急・通勤特急:大阪梅田駅〜西宮北口駅
普通:大阪梅田駅〜神戸三宮駅

運転見合わせ
すべての種別:神戸三宮駅〜新開地駅 

※10時30分ごろから全線で運転再開 

(Operation:〜10:30)
Limted Express:Osaka-umeda(HK-01)〜Nishinomiya-kitaguchi(HK-09)
Local:Osaka-umeda(HK-01)〜Kobe-Sannomiya(HK-16)

(Suspended:〜10:30)
Kobe-Sannomiya(HK-16)〜Shinkaichi(HS-36) 

(Operation:10:30〜)
Osaka-umeda(HK-01)〜Shinkaichi(HS-36) 


最新の情報にご注意ください 

この記事にはコメントできません。あしからずご了承ください。 

4
阪急電鉄は2020年11月20日、「Classic8000」としてデビュー当時のデザインを復刻している8000系の8000編成について、12月に検査入場するため「Classic8000」の対象編成を8002編成に変更すると発表した。

【追記:2020年11月23日】
8000編成について、11月23日に発生した列車脱線事故(踏切障害に伴う)の当事車両となっているため予定が変更となる見込みです。このため、この記事のコメント投稿欄を削除しました。

2E560ADE-93C9-4718-962D-3B1899E54A7A
 現在復刻中の8000編成、前回検査は2019年5月で出場した時から復刻状態となっている。なぜ1年半で検査入場に至ることになったのかは不明だ。

6B23CBF9-D548-45AD-A6DA-41058FD14320
 急遽代役として復刻されることになる8002編成、神戸線に2編成しかいないクロスシート装備車のうちの1本で、まだクーラーキセの更新が行われていない。

9D254D27-8AC0-4CB5-B8D6-21FC85A2BAB4
 8004編成と同一の姿になるものと思われる。


8002編成仕様の『Classic8000』 は、11月27日デビュー予定だ。

阪急電鉄公式発表:https://www.hankyu.co.jp/railfan/news_event/2020/000328.html


コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム 

4
先日、ある場所で見かけた自衛隊の車列ですが、初めて見る部隊&何をしているのかわからない部隊を見かけました・・・

52574348-94FB-4745-8FC1-34580AA1B7BC
73式小型トラック(車列指揮車:中部方面後方支援隊本部付隊)

13536AC6-A5D2-475D-90DB-5977D4EB44DE
73式中型トラック(中部方面後方支援隊本部付隊)

9000E70A-BE27-44E1-9E5C-ADC4D55CEEDF
73式大型トラック(危険物積載:中部方面後方支援隊本部付隊(1補-1))
1DBF9022-3D8F-4541-A61D-90713081352A
73式大型トラック(中部方面後方支援隊本部付隊(1補-1))
A9EB346F-5497-43D0-AD78-DA146F6573C1
73式大型トラック(第303弾薬中隊)

この(中部方面後方支援隊本部付隊(1補-1):中方後支-本 1補-1)という部隊、一体どう読めばいいのでしょうか・・・?

コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

続きを読む

4
【訓練展示-2】
ここまでの戦闘で敵警戒線上の部隊を防御陣地内に後退させることに成功した自衛隊ですが、敵の銃撃(砲撃)によって負傷者が発生、負傷者を救護・後送する必要が生じました。その場面から記事を再開します。

[衛生科部隊による負傷者の後送]
戦闘で発生した負傷者を救護・後送するため衛生科部隊の救急車が進入、16式機動戦闘車の援護を受けつつ負傷者を後方に設置した野戦病院・医療機関へと搬送します。 

1DB323F1-3E34-4B62-A1C4-6ED372A3C3E5
〈救急車を援護するために展開する機動戦闘車と救急車(2018年)〉
16式機動戦闘車の援護を受け、野戦用の大型救急車が負傷した隊員を搬送します。救急車には大きく「赤十字」の紋章が描かれ、国際的に保護されるべきものをあらわすこのマークを前にしては敵も攻撃を行うことができない。

[対空射撃]
敵防御陣地から敵司令部に対し航空支援が要請され敵の戦闘ヘリコプターが進入してきました。これに対し陸上自衛隊は展開している高射特科部隊に対し迎撃を命じます。この射撃により対空部隊の位置が敵に知られたたため、高射部隊は陣地転換を実施し新たな対空目標に対応します。

3E7B1B5E-00C6-452E-BB1D-64C1E189B78C
〈対空射撃を行う近距離・短距離地対空誘導弾(2019年)〉
中型トラック・高機動車の荷台部分に発射装置を搭載している近距離・短距離地対空誘導弾は単独(短距離地対空誘導弾は目視照準機の搭載が必要だが)での活動が可能であり、素早い展開撤収にも対応できる。


[戦車・対戦車ヘリコプターの進入]
敵防御陣地内に敵装甲車がいることを確認したため、戦車・携帯式対戦車誘導弾による攻撃を行います。また、上空からも敵装甲車両を撃破するため「AH-1S コブラ」が進入し空対地ミサイルで攻撃を行います。
FEE53AF0-2AB0-4FFE-8B80-F48FB0C2826B
〈01式対戦車誘導弾(2018年)〉
装甲車両に対し使用される対戦車ミサイル「01式対戦車誘導弾」の射撃シーンです。平時は破損防止のため「リテーナー」を発射筒の前後に取り付けています。

75B96A2B-7A93-4B07-ABE1-4E80F0D16E23
〈74式戦車の射撃(2017年)〉
74式戦車は装甲車両に対する機動火力として参戦し、敵の装甲車両に対し徹甲弾による攻撃を行います。手前の煙は別の74式戦車(画像に見切れている)が発砲した際に生じた硝煙。

2EE0914E-973E-4BC8-8D51-47E4D9F39254
〈進入してきたAH-1S(2018年)〉
対戦車ヘリコプターは01式対戦車誘導弾で撃ち漏らした敵装甲車に向けて対戦車ミサイルを打ち込みます。

[施設科による障害処理]
味方部隊が敵陣地内に乗り込むための準備として、特科・戦車の援護を受けながら施設科の地雷原処理車・装甲ドーザーが進入、地雷原処理用ロケット弾によって地雷原を爆破処理しドーザーによって鉄条網・塹壕などを破壊します。

D4CCBAE3-1F6A-4C78-BAA5-5005B95A64F4
〈地雷原処理車による地雷原処理(2018年)〉
地雷原処理車には処理用爆弾付のワイヤーがついたロケット弾を搭載しており、発射方向上にある対戦車地雷を爆破処理します。

F1650C37-7F17-42BF-9E8C-3B9DE9EE2EE0
〈ドーザによる鉄条網の破壊(2019年)〉
鉄条網(塹壕)は装輪装甲車が進入する上でパンク等による被害が発生する恐れがある。そのため、ドーザによりそれらの障害物を排除します。75式ドーザは装甲が施されており、小銃弾の飛び交う戦場でも対応可能である。


[突撃前支援射撃]
戦車・機動戦闘車・特科・迫撃砲は普通科主力部隊の突入を前に「突撃支援射撃」を実施し突入部隊を支援します。

3CDA6139-8087-45AD-87B9-136E92E62212
〈特科部隊の射撃(2017年)〉
特科部隊の榴弾砲が突撃前最後の射撃を実施します。1門しか写っていないようにも見えますが、稜線の向こうにいる1門が発砲しており、そのマズルラッシュがはっきりと捉えられています。

[普通科全部隊突撃]
突撃前支援射撃の最終弾着弾と同時に戦車・機動戦闘車・軽装甲機動車・OH-6D・UH-1J・AH-1S、それに96式装輪装甲車からなる主要の戦力が一斉に敵防御陣地内へと突入、敵防御部隊を撃破・掃討し「伊丹の台」を奪還します。

FDFA1B9B-9CBC-4650-A5B8-065D7DE3914F
〈突入するAH-1S・OH-6D(2019年)〉 
AH-1S搭載のM193 20ミリ機関砲による掃射により味方部隊を援護します。OH-6Dは上空から戦果を確認、掃討作戦移行後は撤退・潜伏している敵兵を上空から捜索する。

9332D4E3-3015-473C-AB14-3096378CB067
〈96式装輪装甲車・74式戦車の突入(2019年)〉
74式戦車の突入に続き16式機動戦闘車・96式装輪装甲車も施設科部隊がつくった突入ルートを利用して敵防御陣地内に進入する。96式装輪装甲車内には1両あたり10名の小銃手・軽機関銃手が乗車、突入後停車と同時に後ろのハッチから後車して展開していきます。

BA40643B-DECF-4BCA-AEE7-995719D63F73
〈匍匐前進(2019年)〉
小銃斉射を行う直前、敵の至近距離まで近づくために匍匐前進が利用されます。この態勢は「第一匍匐」とよばれる匍匐前進の体勢だ。

286B7C99-A5D1-4EB2-ABEE-02EB3A2CE9E1
〈小銃一斉射撃(2019年)〉
『小隊突撃』の指令と同時に隊員が立ち上がり、敵兵に向けて小銃・機関銃による一斉射撃を浴びせます。目視できる範囲にいる敵兵が全て倒されたことを確認し小隊長が『突入成功』を報告します。

[状況終了]
掃討戦への移行と同時に状況終了を知らせる喇叭の音が会場全体に流れ、訓練展示指揮官が観閲官に終了報告を行うことで訓練展示は終了となります。 

次回は装備品や駐屯地の常設展示物等について解説していきます。

コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html


もくじ

 

4
かつて東京駅・上野駅・新宿駅を発着していた「ライナー」といえば、『湘南ライナー』『中央・青梅ライナー』 『ホームライナー千葉』『おはよう・ホームライナー逗子』『ホームライナー古河・鴻巣』『おはよう・ホームライナー土浦』『おはようライナー新宿・ホームライナー小田原』と1990年台中頃は特急形電車に安く乗れる『ライナー』が通勤客に重宝された時代があった。現在は『湘南ライナー』と『おはようライナー新宿・ホームライナー小田原』が残っているものの、この3列車もついに見納めとなる。

【「湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原」:特急「湘南」へ】
C8717A1C-58FB-4CC0-A58C-070AB1BBA6B5
「湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原」の3系統と特急「踊り子」は現在E257系(「踊り子」のみ)、215系(「湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原」のみ)、185系の3系列が混在して運用についていますが、2021年3月のダイヤ改正でこれらの全列車が『E257系』での運行に変更、「ライナー」3列車は列車種別を「特急」に変更し列車愛称『湘南』として運行することになります。これはE353系の導入完了で「中央ライナー・青梅ライナー」がそれぞれ特急『はちおうじ・おうめ』 に種別変更されたのと同じであり、特急『湘南』への移行をもって東京エリア発着のJR「ホームライナー」はその歴史に終止符を打つことになる。

【新ダイヤで運転される「湘南」「踊り子」の座席パターン】
F9AAC2C7-96EB-4B65-AEF0-3EF6AFC24269

※2020年春ダイヤ改正時の記事で使用したイメージを使用したため、251系「スーパービュー踊り子」の編成図も記載されています。

「湘南ライナー・踊り子」で使用されている車両は3形式。
185系:基本編成(10両)と付随編成(5両)、ライナー専用編成(7両)
E257系:基本編成(9両)と付随編成(5両)
215系:基本編成(10両:ライナー専用)
となっており、座席パターンとしては、
185系(基本編成:踊り子):自由席(9・10号車)、グリーン車(4・5号車)、指定席(その他)
185系(付随編成:踊り子):自由席(11・12号車)、指定席(その他)
ライナー:グリーン車(7両:4号車、10・15両:4・5号車)、普通車定員制(その他)
E257系(基本編成:踊り子):自由席(8・9号車)、グリーン車(4号車)、指定席(その他)
E257系(付随編成):導入前
となっている。

今回の湘南・伊豆方面の列車再編では185系・215系が撤退しE257系による運行に統一され、すでに運転形態の再編が行われた常磐線系統(ひたち・ときわ)、中央本線系統(あずさ・かいじ・富士回遊・おうめ・はちおうじ)と同じくグリーン車(4号車)をのぞいた全車両が普通車指定席となります。これに伴い特急券の発売方法も、
・通常の座席指定券
・座席未指定券(乗車列車が決まれば追加料金なしで座席指定券への変更可能)
・グリーン券
の3つに再編される。

072AF4BF-8CC3-4277-961F-DF692D7A8AF2
215系・185系は今後どうなるのか、今後発表される情報にも注意が必要だ。

コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム 

4
11月7日から動きだした神戸三宮駅3番ホームのホームドア(可動式ホーム柵)、その挙動の変化はまさに「降車専用ホーム」のある駅そのもののような動きでした。

【神戸三宮駅の可動式ホーム柵】
神戸三宮駅の可動式ホーム柵は、1番ホーム(11月14日未明設置予定)、2・3番ホーム(設置・稼働開始済)、4番ホーム(2021年初頭設置予定)に設置・設置予定となっており、2・3番ホームでは3番ホームの機構が動きだしたことにあわせてその挙動が大きく変わってきています。

[列車非存在時]
87FCCCE1-F033-4097-8114-070077962B6F
ホームドアは2・3番ホームともに閉まっており、センサーも動作していないため運転士・車掌のいずれも「黒・黒」となります。

[列車到着時]
4EB74EFA-C63C-4E20-9FFB-01A6D4FEBEF5
大阪梅田方面から到着した列車は、8連停車位置・10連停車位置のいずれかに停車すると編成前後の停車位置検知センサーによって自動的に8両・10両に対応したホームドアを開放します。
2・3番ホームのいずれも同時に動作する一方、車掌は1人しかいませんので3番ホーム側は「車両ドアが閉まっているのにホームドアだけ空いている」状態が必ずといっていいほど発生します。
9FAF792F-D95F-482E-81C2-5CF3C8AAF4F4
このとき、運転士側表示器は「停車位置センサー検知」・「ホームドア『開』」を示す「青・赤」の表示が点灯します。

4EB74EFA-C63C-4E20-9FFB-01A6D4FEBEF5
乗降検知センサーは2番ホーム側のみ動作し、2番ホーム側の車掌用表示器は「乗降センサー異常なし」「ホームドア『開』」を示す「黄・赤」または「乗降検知」「ホームドア『開』」を示す「黄(点滅)・赤」が点灯、3番ホームは大阪方出発信号機に連動しているため「ホームドア『開』」を示す「黒・赤」の表示となります。

[2番ホームドア閉め〜発車アナウンス]
5E3FC6AC-E3DD-4B79-AB65-CF3008CD1F4E
2番ホームは開放中、常時乗降センサーが動作しているため列車の発車アナウンスが入る前にドア閉・ホームドア閉鎖を実施します。ホームドアの閉鎖後は、2番ホームのみ「ホームドア異常なし」「ホームドア『閉』」を示す「緑・緑」の車掌合図が点灯します。
発車アナウンスの動作と同時に3番ホームのホームドア乗降検知が動作を開始し車掌用表示器は「乗降センサー異常なし」「ホームドア『開』」を示す「黄(連続点灯)・赤」または「乗降検知」「ホームドア『開』」を示す「黄(点滅)・赤」が点灯します。発車ブザーの鳴動終了後は「黄(連続点灯)・赤」が戸閉めよし(「ト」)、「黄(点滅)・赤」が戸閉めまて(再開閉:「ト点滅」)に相当する車掌用合図となります。
 
[3番ホームドア閉め〜発車]
E728DED7-754F-45EC-9444-6782C156E29C
3番ホームのドアを閉め、ホーム柵を閉めると車掌用表示器「ホームドア異常なし」「ホームドア『閉』」を示す「緑・緑」の表示に、運転士側表示器は「停車位置センサー検知」・「ホームドア『閉』」を示す「青・緑」(いずれも「ト◯」に相当)を表示し、車掌は運転士に対して合図ベルで発車を指示します。
7096CBDC-B71B-490D-A148-97BC8E8CFD4F
 
 

[1番ホーム可動式ホーム柵設置準備]
AE60A483-5C22-4339-963A-115888452F0E
1番ホーム大阪梅田方面用の車掌用表示器 

3F6658A3-87B5-4114-85E3-1BD96A799427
88D28589-B9A3-434E-918F-4DB1792F4847
D70ED35C-C4A3-4EF5-97B8-8012D3DE2484
3・4・8両用停車位置表示?と新開地方運転士用表示器(3枚目奥)

4E433FE8-30EC-487B-B957-6E9DC8C705B9
BD56FB1D-73A2-4C18-91B8-37B2FE2ACFA6
用途不明の機器設置台座

2E4C81FA-0110-4242-9FEB-8651DB9FB00C
消火栓・自動火災報知器起動ボタン準備工事

D4AE8482-2FC9-4FFA-BE73-0AF9A8DF64C5
1番ホーム新開地方面用の車掌用表示器

BF3FCBD3-3406-4423-9E52-96179BC5B3A9
 11月14日からの停車位置情報、西改札から山陽の3・4両編成に乗ろうと思ったらかなり歩くことになりそうだ。

コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム 

4
阪急神戸線、路線の起点(大阪梅田駅)と終点(神戸三宮駅)の隣(中津駅・春日野道駅)はいずれも古い設計の島式ホームが高架上に設置されており、あまりの狭さからエレベーターすらも設置されていません。今回は、なんとかエレベーターの設置に漕ぎ着けることができた「春日野道駅」を紹介します。


 
▲関連記事▲


【駅外観】
[東改札口(現行駅舎)]
AF037EB8-C811-4BD7-AC25-8CF8F30C74CC
 4DA84B7B-6609-4842-B18E-9181539EB67F
改札口が設置されている駅東側、駅舎は高架下に設置されており、北側の信号を渡ると「かすがの坂商店街」、南側には阪神の春日野道駅とをつなぐアーケード商店街「春日野商店街」がそれぞれ立地しています。もとはホームの中程に駅舎があったという話もあるようですが、当時の駅舎画像が見当たらないのでよくわからないです・・・。

[西改札口予定地]
69654FA5-5D13-4794-980B-AAB8A255FD70
64C915BB-9493-49AD-A6EA-3C624BD3377D
2022年度中の開業を目指す西改札口の設置予定場所は国香通2丁目交差点に面した場所、ここにエレベーター・多機能トイレなどを備えた新駅舎が設置される予定である。

A94A494E-078D-493E-8EA0-83B8EECEDD04
この場所にかつて存在した包装店が移転したことを告知しているポスターと昭和時代に設置されたとみられる危険物取扱施設?の看板、使われなくなって久しいのか錆でもともとどういう施設だったのかは判別できなくなっている。

[駅舎内]
14219932-0C82-4656-9024-40675A39CFB9
小さい駅舎ながらも駅員は配置されており、駅業務用の窓口は改札口に設置されています。

EFA375AA-4A82-4705-BEFB-8419E013B3B2
63F2CD45-4779-48E7-A1E5-E6331164ED79
券売機は2台(うち定期券対応型1台)、自動改札機は3台が設置、1号機のある場所はもともと有人通路が設置されていた場所で、2号機はかつての1号機、3号機がかつての2号機でした。直近の改札機更新の際に今のような配置に変わったのですが、改札機3台を置くだけで精一杯の広さしかないため、幅広(キャリーケース・車椅子対応)のものは設置されていません。

E67A5EF2-D196-433B-B258-476B59B3FD9B
022B7FCB-4903-4238-A447-2C69D7EF0BC7
F6A10061-1E34-488A-9A1F-E35B175289B1
改札口の中は狭いスペースを生かした設計となっており、女性トイレは改札口脇に、男子トイレと乗越精算機はホームとをつなぐ階段の踊り場に設置されています。

EDF31628-3786-4586-8D1F-5EDAA4E9D85F
ホームとをつなぐ階段

[ホーム]
909F81D6-B26F-4575-95B4-DC3D64B981E2
ホームと階段は通路で結ばれており、それなりの長さがあります。

46468153-565B-47A2-9C7E-B87A38A38AF7
ホームからみた通路、ホーム延伸工事ではこの通路の大阪梅田方を一部プラットホームに転用することになっており、通路に直接設置されているのりば案内の去就が気になるところです。

6C3425A5-5E79-481C-AD57-F0C819015269
人通りの多い大阪梅田方末端部に近い場所にはパイプ式の背もたれが、
93A3A194-0879-4CA2-AD65-A9C4BAADD0D1
中ほどには背もたれが極端に低いベンチがそれぞれ設置されています。FF839D7F-CDFB-4A7D-9EA3-5A8A2CD01CD1
上屋は昭和初期に建設された際設置されたもので、リベット留めという古い架線柱と同じようなデザインになっているのが特徴。接近案内表示は中津駅と同型のものが設置されている。

F2D6241B-AD77-4934-B0EF-0E4D9B685404
ホーム末端部(神戸三宮方)、ホーム先端部はあまりにも狭いため「黄色い点字ブロックの内側に『下がることができません。』」。このエリアはちょうど西改札口予定地の直上にあり、エレベーターの設置予定場所となっています。

[1号線]
168B3F4E-846C-4563-9C5C-137E4D59C066
1号線は「神戸三宮方面行き(神戸ゆきのりば)」のホームで、JR神戸線側に面しています。

9107FE8A-0B38-4700-81F1-9E339022492B
神戸三宮方からみたホーム

17A7A7AA-7384-4C58-94F1-CAB92ECEB53B
ホーム全体の見通しが悪いため遠隔監視設備が設置されており、ITVモニターを監視する専門の係員から「ト・◯」の合図で指示を出しています。

[2号線]
74C64E38-E02C-4C67-BE31-87F99D6D360A
2号線は大阪梅田方面行きのりばで、案内表示は「大阪方面のりば」となっています。

A360E002-E9F5-4B04-94E9-A5D91A65E223
神戸三宮方末端部からみたホーム、ホーム屋根などでこちらも見通しが悪い。そのためITVモニターが補助用設備として設置されている。

AC01DC6F-DF89-4C65-A3D6-3FB949C86EE2
こちらは屋根のない場所に設置されているため車掌がホーム上の異常を直接目視で確認することができるようITVのモニターが設置されている。

[駅名標]
B698C61F-4361-4834-9AA1-91558B42FA2F
8754F2FB-60CB-4F40-9D32-6F1062ACE484
屋根設置場所では電照式の吊り下げ型が、屋根非設置場所には自立式の駅名標が設置されている。

※駅詳細については「関連記事」で掲載していますので今回は省略します。



コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム


 

↑このページのトップヘ