4
京福電鉄、名前の通りかつては「京都」と「福井」を走る私鉄でした。現在京福の直営路線として残っているのは『嵐電』とよばれる嵐山本線・北野線のだけだ。今回はその中でも嵐電の運行上重要な駅を紹介する。

 
今回紹介する『西院』駅は、漢字で書くと1つの駅にしか見えません。ところが、振り仮名をつけると全然違う2つの駅から構成されています。
8600EF54-0EE2-454F-B749-D42691797315
阪急西口駅舎、2019年竣工の4階建ビルは、1階に京都中央信用金庫の店舗が入居しており、ほかにも「西院デンタルクリニック駅ビル」などが入居している。


335A77EE-8E48-4962-8E7F-9A49722391CB
阪急北口、嵐電北口(阪急上り、嵐電下り)、阪急北口が新設された際に四条通り南側にあった嵐電下りホームが移転してきた。京福西院ビル(1階に「セブンイレブン」、2階〜8階はマンション)と一体化している。

AA6CF96E-FE68-468F-80B1-1DB8CAFF26EC
阪急南口、嵐電南口(阪急下り・嵐電上り)、

36E6F1A1-65A3-460F-A7F2-06E54F510590
涼和院跡地にある出入り口、上り線ホームに直結しており火災発生時の避難用通路として使用されている。

10F1B3AF-0090-420E-A087-7EDC68F5316A
58945777-134F-4E30-8D62-CC4254338B79
西口改札口、こちらは地下1階(ホームは地下2階)に改札口があり、窓口が設置されている。

13932B08-05DD-4A7F-A3C3-918078461461
2D6D1EBF-BFD1-46E5-94F6-51AF5A342842
北口改札口、北口はホームと改札口が直結した構造となっており、2019年以降導入型(大阪梅田・園田・嵐山・川西能勢口の各駅で確認)や従来型(阪急の大多数の駅で設置されている)とは異なるタイプのものが使用されている。この構造になっているため、エレベーターは「嵐電ホームー地上ー阪急改札口」で設置されています。

35BB84F1-BFCB-460F-88AB-1B37FA862113
2E304788-BF16-4FB3-93DD-637E2655384D
南口改札口、こちらは地上に改札口があり、嵐電ホームへは階段とスロープで、阪急ホームへは階段とエレベーターでそれぞれアクセスしている。

372D95CE-A85B-4A4F-A2AC-86D7BB469918
阪急2号線(下り:大阪梅田・天下茶屋方面)ホーム有効長は8両。

254DAE99-305E-4956-8235-3999B6DC9C30
阪急1号線(上り:京都河原町方面)

C19C9E2F-D0D8-4966-9334-4EB4F752266D
阪急駅名標、「さいいん」の駅名が使用されている。

D991463E-5FF5-4E97-8900-CBE7A1561169
嵐電下り(嵐山方面)、2017年に阪急北口の供用開始に合わせて設置された新ホーム。

213BA09C-17DB-41C3-98F6-E42BE60B0E95
嵐電上り(四条大宮方面)、こちらも有効長は2両で、2017年にホーム入口を阪急南口と一体化するリニューアルを施工された。

C08B6A5E-1397-4603-855E-9FB53B3492D0
旧下りホーム、もともと有効長が2両だったが、現下りホームの運用開始に伴い供用停止され当時のホーム入口付近は撤去された。

9C7CA94E-8EF6-4098-99D7-6DEA366B7058
京福西院車庫、京福唯一の車両基地であり、営業用車両・事業用車両はこの車庫を拠点に車両の整備を行っている。

3599D9CF-10A1-4B20-8DC1-309EDCD9EF12
西院駅のホームは四条通りを挟んだ千鳥配置で設置されており、第3種踏切(踏切警報機・踏切信号あり)が設置されている。

F500738F-30BB-4F2B-93A4-B5BD0FD567E5
踏切警報機、京三製作所製の電鐘式警報機が電柱に取り付けられており、電車が通るたびに独特な警報ベルの音を響かせている。

BE432771-0326-47CF-9C40-E389505EC658
嵐電駅名標、阪急よりも短い「さい」が駅名として使用されている。
 

【駅情報】
駅名:西院駅(さいいん・さい)
所属路線:阪急京都線・京福嵐山本線
駅番号:HK-83/A2
所在地: 京都市右京区西院高山寺町/中京区壬生仙念町
駅構造:阪急(地下駅:相対式2面2線)・嵐電(地上駅:相対式2面2線千鳥配置)
開業日:嵐電(1910年3月25日)、阪急(1928年11月1日)

撮影日:2020年1月





コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム 




【駅詳説】
 [なぜ読み方が違う?]
西院駅は「さいいん」と呼ぶ場合と「さい」と呼ぶ場合、計2通りの呼び方が存在している。というのも、「西院」というのは淳和天皇(在位:823〜833)の離宮『淳和院』の別名であり、鎌倉時代ごろには「さいいん・さいゐん」と呼ばれていた。「さい」の地名が出てきたのは戦国時代、「西院城(戦国時代、小泉氏が洛中に設置した城)」が『さいのしろ』と明記されている資料があり、江戸時代駅周辺の地名は『さい』と呼ばれていた。地名「西院」の読み方が決着したのは1934年、京都府の告示により『さいいん(1988年の町村制で発足した自治体名)』と読むことが正式に決定された。一説には、「さい」という読み方が「賽(さい)の河原(佐比の河原:かつて庶民葬送が行われたいたとされる)」を連想させるとして縁起が悪かったとする記述が存在する(川島令三:「全国鉄道事情大研究」より)。


[阪急:実はターミナル]
阪急の西院駅は、昭和天皇の「即位礼紫宸殿の儀」に合わせるため地上駅として設置された。新京阪鉄道(天神橋〜西院)の終着駅として設置された西院駅はまだ地上駅であり、1931年に大宮駅が開業した際、西院〜大宮間を地下化するために現在の四条通り直下へと移転することになった。