『阪急7000系が複雑怪奇な状態になっている件』




 
2017年秋にはじめて「阪急6000系」「阪急7000系」を特集した記事を投稿して以来、約3年間のあいだに組成や運用形態に大きな変化が生じている。そして、本ブログでは概ね半年ごとにその変化を追跡してきたのだが、ついに『第5シーズン』を投稿していくことになった。


CE753005-2929-489B-B49B-E2546B3C970D


2020年8月1日時点における阪急6000系、阪急7000系、能勢電鉄7200系、いわゆる『阪急6000・7000系列』の現状を解説する。また、5期目に突入したことを記念して今回は『6300系・7300系』の現況についても紹介する。

















第1〜第4シーズンはこちらへ。