4
阪急電鉄の現行車両のデザインは、1960年にデビューした2000系・2300系を軸に改良を重ねながら現在に至るまで受け継がれている。

【阪急1000系列(〜1950年代)】
1950年代を代表する車両だった1000系(初代:阪急で初めてWN駆動方式を本格採用)・1300系(初代:阪急で初めてガルダン駆動方式を本格採用)・1010系(1000系を基にした量産車)・1100系(1010系の宝塚線仕様)・1200系(機器流用車、庄内事件を受けて製造され宝塚線の大型車5連運転を可能にした)・1600系(阪急最後の機器流用車)、阪急車両技術の近代化や輸送力(特に宝塚線)の大幅な増強を実現することに成功した。その一方、基本的な車両デザインは従来車両と大差がなく、「今乗っている車両は新型車両です」という趣旨の車内広告を出す事態に陥っている。


【阪急2000〜5000系列(1960年代〜1970年代前半)】
5501A9EE-0A19-45C3-8DDC-8A330470277B
1960年に導入された「2000系列」は、戦前から採用されてきたデザインを大幅に刷新、以降の阪急車両は現在導入中の1000系列(2代目)に至るまで改良を重ねながら基本デザインが受け継がれている。

7076605E-39BD-4E54-825C-B7DF6BE30952
京都線では、大阪市営地下鉄6号線(現在の大阪メトロ堺筋線)に乗り入れる専用車両として導入された3300系、5300系に手動式行先表示幕を設置した状態で竣工した。(画像は能勢電鉄1700系、阪急2000系を能勢電鉄に譲渡した際3300系と同じ前面(行先表示幕は電動式)に改造された)

EE2FEBE1-A829-4AC3-943F-DA518E0F0232
その後、阪急電鉄では営業運転時に先頭となる車両(2300系〜5300系:2800系・5200系を除く)で6000系・7000系・7300系同様の灯火配置に変更する改造を施工、これらの車両は標識灯・尾灯がアダプターを介して取り付けられた。その後、5000系ではリニューアル改造を施工された際に標識灯の形状を8000系と同じタイプに換装している。

【阪急6000・7000系列(1970年代後半〜1980年代)】
1FDACC59-A8E2-4B20-AF54-CFA8CE4C0C7A
阪急6000・7000系列は1970年〜1980年代、阪急で本格的に電気指令式ブレーキを採用しはじめた頃の車両特有のスタイルが特徴であり、列車種別・行先表示装置を本格的に設置することによりそれまで尾灯を兼ねていた標識灯を個別に設置、窓下に配置した。特に京都線特急用車両である「6300系」では飾り帯を新たに設置、それまで正面では見分けのつかなかった特急仕様車とそれ以外の差別化が可能となった。
14F78101-05FD-403C-B615-117063234A1C
 
【8000系列以降(1990年代〜)】
6EE1E5D0-59D2-4006-AEEC-1F89916C9D7B
昭和天皇崩御の1週間前にデビューしたことにより、名実共に『昭和最後の新形式』となった8000系、その正面デザインは『額縁』スタイルとよばれる仕様を採用し以後平成時代の阪急車両はこのスタイルが一般的な仕様となっていく。

CB595EFB-B850-49D7-B594-7CEE18C6163E
2000年代に入り製造された9000系列は、それまでの車両とは異なり日立製作所のアルミ車「A-Train」の標準規格を採用し後退角を大きくするなどスピード感のあるスタイルとなった。

51B5622E-2EAE-4D57-8CC8-5FE7D8284105
現在阪急で導入が進む1000系列(2代目)は、増解結を行わない8両固定編成で使用することを前提としてシンプルなデザインを採用した。。そのため前衛的なデザインが特徴だった8000・9000系列とは異なり落ち着いた姿をしている。
 

それでは、阪急6000・7000系列の歴史とその基本的な形式グループを次の記事で解説する。


もくじ


つぎ
・・・現在制作中・・・


コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム 

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村