4
2200系で導入された車両技術を基に、車体の基本デザイン・ブレーキ方式が6000系、6300系、7000系、7300系の各形式へとフィードバックされ量産化された。その中でも宝塚線・神戸線向けの車両として製造された最初のグループが「6000系」である。

E6479D84-1848-49E1-B6D9-AE0B84E68A65
6000編成:宝塚線蛍池駅にて)

【6000系:阪急アルミ車はここから始まった】
「アルナ工機」、9000系以降の車両は日立製作所笠戸事業所で製造されているが、それまでの車両は1948年製の550から全てこのメーカーで製造された。『アルナ』という名前は文字通り「アルミ」と設立当時の社名「ナニワ工機」から取られており、鉄道・軌道車両(現在の「アルナ車両」)のみならずアルミ建材(現在の「LIXIL」)、鉄道車両・バス等の部品・備品(現在の「アルな輸送機用品」)、冷蔵・冷凍トラックの荷台(現在の「アルナ矢野特車」)など様々な製品を送り出してきた。

「アルナ」への社名変更は1970年のことなのだが、親会社である阪急がアルミ車を導入したのは1975年、6000系での試験採用からである。

[6000系の基本]
6000系は大きく分けると「鋼製車」と「アルミ試作車」の2つがあり、アルミ試作車である6000編成とそれ以外の鋼製車編成から構成されている。

[形式解説]
※形式区分における「〇〇番台」は該当形式との違いを説明するために便宜上つけたもの。書類上は「〇〇形」として説明される。

(制御車)
6000形:大阪梅田側の制御電動車であり、パンタグラフと主制御装置(5100系と同型)を搭載している。編成番号は基本的にこの車両を基準に呼称されます。
6050形:もともと「2250形(2250)」に割り当てられていた形式名。現在は7000系に編入されているためこの形式名を名乗る車両はいない。
6100形:宝塚・新開地方の制御電動車で、電動発電機や空気圧縮機を搭載。2両・3両・4両編成では6000形、6両・8両編成では6600形とユニットを組んでいるが、4両編成ではユニットを組む6600形がなく6500形が編成中にいる場合は制御付随車扱いになる。
6150形:2250形(2251)を6000系に編入した際に割り当てた形式。
6100形50番台:6100形のうち、電装解除(主電動機の撤去)を実施し付随車化した車両。

(中間車)
6500形: 6000形とユニットを組む中間電動車であり、電動発電機・空気圧縮機を搭載している。8両編成では製造当初3両目に入っていたが、2両目に来るよう組み直された。
6550形90番台:6500形の電装解除車であり、6150形(伊丹線)や6690形、6590形はFS-369A電動台車を装着している。
6600形:6100形とユニットを組む中間電動車で、パンタグラフと主制御器を搭載、通常6600形と6100形は下2桁が同一番号で揃えられているが6614だけはある理由からユニットを組む車両が異なっている。8両編成では当初6両目に配置されていたが、のちに7両目に来るよう組成変更が行われている。
6550形690番台:6600形の電装解除車で、完全に付随車化された車両とパンタグラフ1基のみを残した車両の2つが存在している。 パンタグラフ1基残存車は6150形(伊丹線)への電力供給を行うためにパンタグラフと高圧引き通し線を残した状態で3両目に組み込まれています。
6550形:中間付随車、3両編成に組み込まれている車両には空気圧縮機が搭載されている。6560形・6750形・7550形は形式に関係なく組成されることがあり3形式間でたびたび組み込まれる編成が変わることもある。
6750形:2200系中間車が6000系に編入された際に割り当てられた形式名、編入時点で中間付随車となっていたため元の形式名にかかわらずこのグループに組み込まれている。 

【編成解説】
6000編成:8両編成(宝塚線)
E6479D84-1848-49E1-B6D9-AE0B84E68A65
6000編成は、阪急史上初めてアルミ車だけで組成された編成である。はじめ6001編成の4・5両目としてアルミ試作車の中間付随車が竣工(1976年)、その後アルミ車体の6両が追加製造(1977年)され阪急初のオールアルミ車編成となった。現在は7両目に鋼製車の「6614(6014編成の中間電動車)」が入っている。これは本来の中間電動車(6600)が車体更新実施に向けた状態調査のため脱車された際に6014編成から6614を代車として編入したものであり、2011年に6600が廃車されたため以後そのままの組成となっている。

6001編成:4両編成(伊丹線:予定)
2021C035-D525-4387-9F9D-CD36CAFE4F01
(宝塚線時代)
6001編成は1976年製造の6両と1977年製造の2両(アルミ試作車がいた場所に組み込み)で組成された8両編成でしたが、2020年に中間付随車4両を編成から脱車、伊丹線仕様の形態に改造された。
《シーズン4時点からの変更点》
組成:6001・6501・6691・6551(2020年9月〜:伊丹線での運行を予定)
組成変遷(1):6551・6561・6571・6581(→休車)
組成変遷(2):6601・6101(電装解除→6691・6151) 

6002編成:8両編成(能勢電鉄)
899E5246-964B-416F-A4E6-98CE220D2209
(前照灯換装前に撮影)
6000系では唯一能勢電鉄に所属している編成であり、8000系や1000系に混じり特急日生エクスプレスの運用に入っているほか、宝塚線の他編成とともに普通・準急・急行としても使用されている。

6003編成:8両編成(宝塚線)
BA997AE1-FDE0-4E16-94D4-D586285BC25A
(前照灯換装前に撮影)
おそらく6000系では唯一大規模更新・所属変更を受けずに宝塚線を走っている編成で、阪急6000系ではもっともオリジナルに近い姿・組成をしている編成となっています。

6004編成以降は次の解説していきます。 

まえ


もくじ


つぎ



コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村