4
阪急2200系では「電機子チョッパ制御」を採用し「回生ブレーキ」による省エネルギー化を目指そうとしました。しかし、阪急電鉄が導入したのは「電機子チョッパ制御」ではなく『界磁チョッパ制御』による回生ブレーキの導入でした。そのために導入されたのが「7000系」です。

[7000系:略史]
6000系・6300系では5100系・5300系と主要機器(主制御基や主電動機など)について共通の電装品を採用、ワンハンドルマスコンによる長時間無停車運転に対応可能な車両としてデビューしました。しかしながら従来方式の車両における最高運転速度は110km/hであり、将来的な最高速度の引き上げには対応できませんでした。7000系系列は新しいタイプの制御システムである「界磁チョッパ制御」を導入し最高運転速度を115km/hに引き上げることが可能となり(京都線「特急」では9300系の導入完了により最高速度を115km/hに引き上げ、神戸線「特急」は9000系の導入開始により最高速度を115km/hに引き上げ)、神戸線・京都線では「特急」を含むあらゆる列車種別で使用されています。

[7000系:形式概要]
7000系は2両・4両・6両・8両とさまざまな編成パターンが存在しており、それだけ多くの形式が存在しています。

〈制御電動車〉
7000形:大阪梅田方の制御電動車、パンタグラフ・主制御機を搭載している。
7100形:宝塚・新開地・京都河原町方の制御電動車、補助電源・空気圧縮機を搭載。

〈制御付随車〉
7150形:7100形と同様に宝塚・新開地方の先頭車ではあるものの主電動機を搭載しておらず台車も付随台車であるFS-069Aを使用している。
7050形:2250形→6050形・6150形を経て7000系に編入された制御付随車。

〈中間電動車〉
7500形:中間電動車。補助電源・空気圧縮機を搭載している。
7600形:中間電動車。パンタグラフ・主制御基を搭載している。

〈中間付随車〉
7550形:中間付随車。主な電装機器は搭載されていない。
7550形90番台:電動台車であるFS-369Aを使用している電装解除車。空気圧縮機・補助電源を搭載。
※「90番台」は本来の形式区分との違いを説明するために便宜上つけたものです。書類上は7550形です。

〈7000系の現況〉
7000系は製造途中からアルミ車体の編成・車両に製造が切り替えられ、オール鋼製車、アルミ・鋼製車の混在編成、オールアルミ車という車両材質だけで3パターンの編成が存在する。両数・材質・更新状況から様々な編成の組み合わせが生まれているのがこの形式の特徴となっています。

【7000系の編成概説-1】
7000系は37編成が存在、うち34編成が阪急電鉄の営業線上を走行しています。

 
[7000編成:鋼8連、神戸線]
F6A86F68-E655-4702-BC25-137C75B460DE
7000系のなかでも7000編成と7002編成、7004編成は6000系(6007編成・6015編成)と同じタイプのリニューアル工事を施工されており、外観は未更新車両と同一ながら車内は同時期にリニューアル工事を施工された車両と同じような姿となっているのが特徴である。

[7001編成:鋼6連、今津線]
AFA30761-8277-4C5D-B171-C565906A06D0
7001編成、7003編成、7006編成の3編成は0番台の鋼製車ながら6両編成で竣工した。この3編成は山陽電鉄線内への乗り入れ運用に充当されたのち、アルミ車体の中間付随車2両が新造され組み込まれ8両編成となり神戸線の運用に充当されることになった。現在の7001編成は中間車を20番台の8連化に転用し製造当時の編成に戻されたもので、6両で今津線の運用に入るほか8000系30番台とペアを組み神戸線の運用に入ることもある。

[7002編成:鋼8連、神戸線]
566A954A-ADC1-4FFD-BA4C-AFE64B77FC5F
7000編成と7002編成のリニューアル工事では、2002年よりも前に施工された車両の特徴として従来式の標識灯を使用している点が挙げられる。リニューアル工事では化粧板の濃色化や3色LED式の案内表示装置設置、フリーストップカーテン式の日除けへの換装といった接客設備の更新が主となっています。

[7003編成:鋼・アルミ混成8連、神戸線]
1BB4000B-7C77-430E-96AE-833AD00A0334
2017年に編成から抜かれていたアルミ車を組み込み直して8両編成に戻された7003編成は、6000編成とともに現在阪急でたった2編成しかいない鋼製車・アルミ車混結編成になっています。7003編成ではドアチャイムの設置にあわせて開閉予告灯を設置する工事を施工されており、リニューアル未施工の編成の中ではかなり特異的な編成といえる。

[7004編成:鋼8連、神戸線]
53B1DAC7-0002-45EE-A94C-8A8F0ACBD5A9
2003年にリニューアル工事を施工された7004編成では、9300系の導入で本格的に導入されるようになった『フルカラーLED』を標識灯に採用した。以降のリニューアル編成(5100系・7000系ほか)ではこの標識灯がデフォルトとなっていきます。

[7005編成:鋼2連、今津線]
5F7D5CD6-847A-46BF-AEDC-4BDD62A86779
7090編成とペアを組む7005編成は、8両で製造された編成が現在、2両づつさまざまな編成に分散した状態で組成されています。先頭車だけで構成された7005編成、中間電動車は7090編成、中間付随車(2両)は20番台の8連化に、中間付随車(2両)は7202編成に転用改造され本来の編成を組むことは確実に不可能な状態となっています。また、7005編成は阪神尼崎車庫への乗り入れ経験があり能勢電鉄7201編成を尼崎→正雀へと回送する際には牽引車として使用されました。

[7006編成:鋼6連、京都線]
3F2A2150-6B95-448E-9184-E66645A5EEDF
2019年に導入した観光特急『京とれいん雅洛』には神戸線・宝塚線・京都線どの路線でも使用できる7000系が使用されることになり7006編成が改造対象となった。この編成では、通勤形車両である7000系を「ご乗車されたときから京都気分」をコンセプトに、各車両で日本の四季(春夏秋冬・初秋・早春)を季節の植物・季節の色をモチーフとした内装・外観へと生まれ変わりました。宝塚線・神戸線と同一の規格を採用していることからホーム有効長・車両および無線規格の関係で乗り入れることができない千里線(淡路以南)、伊丹線、甲陽線、能勢電鉄、今津線(西宮北口以南)以外の阪急全線に乗り入れることができ、実際に西宮北口発着の直通特急としても使用されたことがあります。
A27B0A85-8087-4FD2-980C-85662A07B0F8
F922228A-4CBA-4441-BE4B-B4BF284A8058
▲▲阪急京都線「京とれいん雅洛」、
▲阪急今津線で走っていた当時の7006編成、3色LED式の車内案内表示装置を搭載している7000系では唯一の未更新車だった。

7007編成以降の編成については次の記事にて紹介します。 

まえ


もくじ


つぎ



コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 阪急線へ
にほんブログ村