4
7000系のなかでも鋼製車(中期更新車)・アルミ車(後期更新車)は外見から見て7000系とは思えないようなリニューアルの施工が特徴です。

[7007編成:鋼8両編成(神戸線)]
FE39D1DE-F1E8-4A4C-BBE1-71B1BE58724E
2009年より更新工事が再開された7000系は、鋼製車で3パターン、アルミ車で1パターンの更新改造が行われ、7007編成と7008編成では種別行先表示装置のフルカラーLED化、前照灯の角形シールドビーム化(のちに角枠形LED式に換装)、標識灯の9000系列方式化、正面窓枠の8000系列方式化、内装の9000系列方式化といった大規模な改造を実施しました。

[7008編成:鋼8両編成(神戸線)]
626982C4-3BE0-4A4D-9047-742FFB0A14B4
このグループでは、9300系(9303編成以降)、9000系と同じ2面式のLCD車内案内表示装置を搭載、停車駅案内と電子広告が同時に動作するようになっているほか、通常中央ドア付近にある非常通報・通話装置の車端部への移設、座席間への仕切り設置など9000系列で採用されたデザインが大きく反映されています。この改造を行うために5100系(c#5112)を使用したモックアップ作成という大掛かりなテストも行われたようです。

[7009編成:鋼8両編成(神戸線)]
4745EDAD-001A-4DD4-B59D-09F129887548
前2編成の改造が異常だったことを物語っているのが7009編成のリニューアル改造です。前面は6000系ワンマン対応車と同じように貫通ドアワイパーの電動化が行われた以外は手が加えられておらず、車内も3色LED式車内案内表示装置(8200系・8000系40番台・8300系後期車・9300系初期車同様にドア直上に配置)の使用、側面窓のパワーウィンドウ化不施工など大きく簡略化されています。

[7010編成:鋼8両編成(神戸線)]
B23AE6BD-E9A2-47BB-8E8C-1BB037BABC59
その後更新工事が施工された7010編成・7020編成では7007編成同様の内装変更(パワーウィンドウのぞく)、前面の車番設置位置変更、前面ステップの大型化を実施し、観光特急用のリニューアルを施工した7006編成以外の鋼製車単独編成では最後のリニューアル工事となった。

[7011編成:アルミ8両編成(宝塚線)]
80D4011B-B881-4D29-8993-41795EDBED7F
7011編成〜7019編成、7021編成〜7027編成、7031編成〜7037編成は本格的なアルミ車の量産車としてデビューし、「アルナ」の得意分野である「アルミ」が阪急の鉄道車体において標準化していくきっかけとなっていきます。

[7012編成:アルミ8両編成(神戸線)]
A945D9B3-989F-44F6-86A8-372EE0B65BAD
阪急では8300系の一部と8200系、8000系40番台でしか本格採用されなかったボルスタレス台車(SS-102A・SS-002A)を初めて全車両に採用したのがこの7012編成です。2008年に現在使用している「FS-069A・FS-369A」に換装する工事を施工していますが、この台車は5200系(5000系・3300系と5100系・5300系の間に製造された冷房試作車両で、現在も大半が現役の同世代車両と比べ早期に引退した)の廃車解体後に正雀工場内で保管されていたものを流用している。

[7013編成:アルミ8両編成(神戸線)]
3B28B8D2-DF6E-4C94-B0EF-1622E3607DC1
7013編成を皮切りに開始された7000系アルミ車のリニューアル改造では、主力になりつつある1000系の設計を反映している。電装機器は界磁チョッパよりも環境性能に優れた「IGBT-VVVF」と静粛性に優れた「PMSM」の組み合わせを採用、車内においてもLCD案内表示器が1000系と同じ1面・横長式のものになるなど現代の環境要求に合わせたスタイルとなった。

[7014編成:アルミ8両編成(神戸線)]
E4E25C9F-FE23-46EB-BE76-5F04C9225D9A
7014編成のリニューアル改造はアルナ車両とともに「近畿車輛」でも施工され、先頭車2両は正雀工場、中間車6両は徳庵工場でそれぞれ改造され正雀で編成を組み直された。中間車のうち2両は7006編成用に追加製造されたアルミ車体の車両を流用しており、現状の7000系0番台では唯一『8両を組みながら中間車の由来が違う』特殊な組成となっています。
 
7015編成〜7019編成、7020編成〜7027編成はこのあと別の記事にて解説します。 

まえ


もくじ


つぎ



コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html
 
鉄道コム

PVアクセスランキング にほんブログ村