4
JR西日本は2020年8月27日までに発表した公式プレスリリースで、ICOCA未導入区間のうち、きのくに線全線、関西線の全線、七尾線全線、福知山線全線、山陰本線の一部・播但線の一部・舞鶴線の一部・伯備線の一部にも対象範囲を拡大することを発表した。

944C0D76-3301-426B-9753-D876D60A2E0E
七尾線で導入される予定の「521系(JR西日本公式プレスリリースより)」、七尾線ときのくに線では新型車両に搭載、関西線では従来車両に増設される車内改札機によるICOCAサービスが導入される。また、そのほかの区間では駅に設置される自動改札機・ICカード専用簡易改札機によってICOCAが利用可能となる。

【2021年春にICOCAサービスを開始する予定の区間】
七尾線:津幡駅〜和倉温泉駅間
関西線:亀山駅〜加茂駅間のICOCA・TOICA未導入駅
きのくに線:紀伊田辺駅〜新宮駅間のICOCA未導入駅
福知山線:篠山口駅〜福知山駅間
山陰本線:園部駅〜胡麻駅・綾部駅・福知山駅・和田山駅・八鹿駅・江原駅・豊岡駅・城崎温泉駅
播但線:(寺前駅)・生野駅・竹田駅・和田山駅
舞鶴線:綾部駅・西舞鶴駅・東舞鶴駅
伯備線:備中高梁駅〜新見駅間のICOCA未導入駅

このうち、きのくに線と七尾線では新型車両「227系・521系」による従来車両の完全置き換えにあわせてICOCAサービスの利用が開始される予定で、石川県・和歌山県ではJR所属の国鉄型電車が完全引退することになる。
A83167F2-E6C3-47DC-9FA0-8E6AFD14221E
105系(画像左側)、和歌山線から撤退により引退したはずの4ドア車も一部がきのくに線で使われている。103系(常磐緩行線・営団東西線乗り入れ対応車)独特の前面スタイルが見られるのもあと僅かだろうか。


コメントを投稿される際は必ずご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/uppi_natettyan/archives/22094005.html

鉄道コム


【解説:ICOCA】
JR西日本が発行しているFeliCa規格のプリペイドICカード乗車券、もともとは京阪神アーバンエリアを対象として使用されてきたが、現在では北陸・近畿・岡山・広島・米子と香川(JR四国管内)を中心に使用することができ、全国交通系ICカード(PiTaPa・Suica・TOICA・SUGOCAほか)対象エリアでも使用することが可能。近年の拡大エリア(和歌山線・境線)では車載型IC改札機によるICOCA導入が行われた。